ATMが使えると即日でカードローンのキャッシングが可能です。土日も使える手数料なしのお得な会社はどこ?

ATMが使えると即日でカードローンのキャッシングが可能です。土日も使える手数料なしのお得な会社はどこ?

 このエントリーをはてなブックマークに追加
カードローンのATM手数料が無料の会社ってありますか?の質問にお答えします!

カードローンのATM手数料について

カードローンの借入・返済をキャッシュカードを使ってATMで行った場合、手数料はいくら?を会社ごとに比較して、おすすめのカードローン会社をご紹介したいと思います!


今回ご紹介するカードローン会社は、

  • 消費者金融・・・アコム・レイクALSA(レイクアルサ)アイフル(同ファーストプレミアム)・SMBCモビット
  • 銀行・・・三菱UFJ銀行バンクイック・みずほ銀行・横浜銀行・楽天銀行スーパーローン

これら8社の安心できる大手カードローンが対象です。

ATMでできること


  • 現金の借入
  • 現金の返済
  • 残高確認
  • 利用明細書発行

などが可能です。特に手元に現金が必要な時は、コンビニなどにあるATMで借入を使うのがおすすめです。

ATMの使い方


カードローン会社から発行された入出金カードを機械に入れます。

あとはモニター画面を見て目的の内容を操作するだけです。

銀行のATMなどとほぼ同じ使い方です。

ではここから各カードローン会社で利用できるATMについて、

  • 規模感
  • ATM設置場所
  • ATM手数料

などを比較してみます!

ぜひ最後まで読んでください!


貸金業の消費者金融のカードローン借入・返済のATM手数料を比較

4社共、自社ATMの他にコンビニや銀行などの提携ATMが利用できます。

ATM手数料


会社名 ATM数(自社・提携共) 提携ATM手数料
アコム 1,000・51,737台 取引金額 1万円以下 返済/借入:110円 1万円超  返済/借入:220円(自動契約機むじんくんは無料)
レイクALSA(レイクアルサ) 不明 返済/借入 無料
アイフル(ファーストプレミアム) 461・100,587台 取引金額 1万円以下 返済/借入:110円 1万円超  返済/借入:220円
SMBCモビット 14万台 取引金額 1万円以下 返済/借入:110円 1万円超  返済/借入:220円(三井住友銀行はすべて無料。)

※2021年1月現在

主なATM設置場所


  • アコム・・・セブン銀行、イオン銀行、三菱UFJ銀行、E-net、クレディセゾンなど(うち借入のみ可能が4)
  • レイクALSA(レイクアルサ)・・・セブン銀行、イオン銀行、三菱UFJ銀行、E-net、クレディセゾンなど(うち借入のみ可能が4)
  • アイフル(ファーストプレミアム)・・・セブン銀行、イオン銀行、三菱UFJ銀行、E-netなど(うち借入のみ可能が2)
  • SMBCモビット・・・三井住友銀行、三菱UFJ銀行、セブン銀行、イオン銀行、E-netなど

4社を比較して、全体の設置台数に違いがありますが、どの会社にも全国にATMを多数保有する大手コンビニチェーンや都市銀行との提携があるため利便性は高いです。

土日も使えます。

レイクALSA(レイクアルサ)は主要コンビニのATMが使えてしかも、手数料が借入・返済共無料です。

SMBCモビットは、三井住友銀行のATMが手数料無料で利用できます。

また、アイフル(ファーストプレミアム)は、提携ATMとしてはアコムの半分程度ですが、マルチメディア端末LoppiとFamiポートの利用が可能です。

※返済のみに限ります。


手数料のお得感


  • 手数料が無料が一番多いレイクALSA(レイクアルサ)
  • 三井住友銀行のATMが無料のSMBCモビット

の2社がおすすめです。

レイクALSA(レイクアルサ)はスマートフォンでATM操作が可能


レイクALSA(レイクアルサ)では、カードレスでの利用が可能です。

スマートフォンを使ってATMにあるORコードを読み取ることで、カードと同じ操作ができます。(セブン銀行ATMのみで利用可能)もちろん借入・返済とも手数料も無料です!

↑topに戻る

銀行カードローンの借入・返済ATM手数料を比較

銀行カードローン4社の場合を比較してみます。

ATM手数料


会社名 ATM数(自社) ATM手数料
三菱UFJ銀行バンクイック 約8,300台(自行2018年) すべて無料
みずほ銀行 約5,600台(自行2018年) 無料(時間外以外)
横浜銀行 約417台(自行2018年) すべて無料
楽天銀行スーパーローン 0台(提携ATMのみ) 無料(提携ATMの場合)

※2021年4月現在

提携ATM


  • mufg三菱UFJ銀行バンクイック・・・セブン銀行、ローソン銀行、E-net→ATM利用手数料、時間外利用手数料はすべて無料
  • みずほ銀行・・・ゆうちょ銀行、、セブン銀行、ローソン銀行、E-net→110円〜330円
  • 横浜銀行・・・セブン銀行、ローソン銀行、イオン銀行、E-net→ATM利用手数料、時間外利用手数料はすべて無料
  • 楽天銀行スーパーローン・・・借入時 セブン銀行、ローソン銀行、イオン銀行、E-net、三井住友銀行、みずほ銀行→ATM利用手数料、時間外利用手数料はすべて無料 返済時 すべて無料

銀行の場合、個人的におすすめを推奨できるのは、三菱UFJ銀行バンクイックです!

店舗ATM台数も多く、提携ATMともATM手数料はすべて0円です。

横浜銀行もATM手数料だけ見れば0円となりますが、東京・神奈川にほぼ全店舗が集中しており、店舗ATMに限っては地域性を考えると利便性は落ちます。

しかし、全国展開のコンビニ系ATMもATM手数料は0円ですからカバーはできるかと考えます。※ただし横浜銀行の場合、カードローンの申し込み自体に地域性の制限があります。

詳しくはこちらのページをご覧ください。↓



1点興味深いのは楽天銀行スーパーローンです。

提携ATMの銀行が多いため、借入時手数料が一部有料のところがありますが、他の銀行のATM手数料無料のところはすべて同じように無料となっていて網羅されています。

しかも、三井住友銀行、みずほ銀行のATMが無料で使えるのでかなり広範囲といえます。

さらに返済時はすべて無料となりますので、一番使い勝手は良いといえます。


楽天銀行スーパーローンのネット借入は楽天銀行以外がお得?


興味深い点として、楽天銀行スーパーローンでインターネット経由でお金を借りる時のコツがあります。

振り込んでもらう口座を楽天銀行以外の口座にしたほうが手数料がお得になる場合があります。
※振込まれる時の手数料は無料です。

借りたお金を口座からの引き出しする際、楽天銀行は店舗ATMがないため、コンビニATMを使う必要がありますが、ここで手数料がかかる場合があります。(通常手数料無料になるのは月1回程度)

しかし、店舗ATMのある銀行口座からの引き出しなら、平日の普通の時間内ならまず手数料がかかることはありません。

インターネットから振込依頼をする手間が1つ増えますが、楽天銀行なら楽天ポイントなどが貯まるサービスもありますので、総合的に考えてみるのも良いかと思います。

↑topに戻る

インターネットでの振込依頼も便利

カードローンを外出先で使うならカードを使ってATMの利用が便利ですが、自分の銀行や信用金庫の口座に振込入金をしたいという時は、インターネットで振込依頼をおこなうこともできます。

例えば、クレジットカードの引き落とし日が明日だけど、まだ口座に入金ができていない!

という時などは、いちいち現金を用意することなく自宅でPCやスマートフォンを使ってWEBで口座振込ができるので、超便利です。

※ただし、カードローン会社に登録している自分の口座とクレジットカードの引き落としの自分の口座が違う場合は、もう1回振込の操作をおこなう必要があります。

一時的にキャッシング(お金を借りる)しているので、給料が入ったらできるだけ早く返済をして、

金利利息を少なくすることが節約のポイントです。

↑topに戻る

ATM利用手数料以外でカードローンサービスの比較してみるべき項目

今回は大手のカードローン会社8社を比較しています。

ATMの利用手数料や設置場所以外のメリットも考えて比較してみましょう。


消費者金融と銀行のカードローンの違い


大まかなメリット・デメリットの比較ご紹介します。

消費者金融カードローン 銀行カードローン
申し込み方法 オンラインWeb申し込みがある(大手) オンラインWeb申し込みがある(大手)
金利 高い(約18.0%) 低い(約14.5%)
審査とその時間 銀行よりやや開放的・30分〜と早い 消費者金融より厳格・長い
融資までの日数 最短即日 最短翌日
その他のサービス 無利息サービス(30日〜180日) 特になし


大手8社の共通するメリット


今回の大手8社、それぞれの共通するメリットとして、全国からインターネットを使ったWEB申し込みができるという点です。

わざわざ店舗にいって、対面申し込みをする必要がない点においては、カードローンを利用する際には大きなメリットと考えられます。

そして銀行カードローンの場合、今回比較対象にしている会社の中には、他の都市銀行や信用金庫と比較して、口座開設の必要がないという会社がある点です。

消費者金融は最初から口座はありませんので、問題ないのですが、都市銀行でも、山口銀行。鹿児島銀行
四国銀行、紀陽銀行などのカードローンも申し込みの場合、

必ず当行の口座を開設する必要があるという案内になっています。

しかし、三菱UFJ銀行バンクイック・楽天銀行スーパーローンなら、当行の口座開設なしでも申し込みが可能です。


消費者金融と銀行のそれぞれのメリット


消費者金融の最大のメリットは、

  • 審査結果が早く即日融資も可能
  • 銀行より審査が通りやすい
  • 無利息サービスがある

という3点です。

対して、銀行カードローンは、

  • 金利が低い

1点程度と私は思いますが、金利が低いという点は、実際にお金を借りた時には利息支払いが少なくて済むので重要なポイントとなります。

カードローン選びはATMの手数料や設置だけで判断するより、金利や審査の内容、即日融資、無利息サービスなど、もう少し特徴を知ってから選んでみることをおすすめします!

※カードローンの利用には審査があります。

↑topに戻る

各金融機関のカード型ローンの特徴や申し込みはこちら

ここまでご紹介したカードローン会社のさらに特徴をまとめているページをご紹介します。(申し込みページへのリンクもあります。)↓

visaカード・dcカード・エポスカード・オリコカードなどのクレジットカードにもキャッシング機能がついているカードがあります。

クレジットカードもコンビニATMや銀行ATMと連携している会社も多くありますので、検討してみるのもいいでしょう。

カードローンには審査があります


カードローンをこれから利用したい方は、審査の内容について必ず知っておく必要があります。

審査に通らなければ、カードローンもクレジットカードも利用することができません。

審査についての詳しい情報はこちらのページで解説していますので、参考にしてみてください。↓


↑topに戻る

よくある質問と回答FAQ

カードローンを利用する際のコンビニATM手数料はいくらですか?

アコム・レイクALSA(レイクアルサ)・プロミス・アイフル等、消費者金融系カードローンの場合は、借入・返済時に110円〜220円の手数料がかかります。三菱UFJ銀行バンクイック・楽天銀行・横浜銀行の銀行系カードローンの場合はすべて手数料が無料となります。※2021年1月現在。※詳しくはこちら

コンビニATM以外のATM手数料は?

会社によって違いがあります。大手消費者系カードローンでも無料で利用できるATMもあります。※詳しくはこちら

ATM以外を使って借入・返済ができますか?その場合手数料は?

大手のカードローン会社では、WEB管理画面にログインして、お手持ちの銀行や信用金庫口座などの振込による融資・返済の依頼ができる会社が多くあり、その場合、振込手数料が無料となっている会社が多くあります。※事例はこちら

 

記事執筆

 

カードローンおすすめ比較ドットコム編集部

実際にカードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行勤務経験者が集まって記事執筆・監修を行っています。

●twitteアカウント カードローンおすすめ比較.com編集部

 

実際にカードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行勤務経験者が集まって記事執筆・監修を行っています。

●twitteアカウント カードローンおすすめ比較.com編集部

 

↑topに戻る

ページの先頭へ戻る
TOP