銀行か消費者金融か?アルバイトでもお金を借りることができるカードローン会社を比較調査してみました。

銀行か消費者金融か?アルバイトでもお金を借りることができるカードローン会社を比較調査してみました。

「カードローンとは?」わかりやすく解説



 このエントリーをはてなブックマークに追加
「カードローンを利用したい」と考えているアルバイトの方へお届けする解説

ローンカードは「アルバイト」の人でも使えるの?の疑問や知っておくべき情報を解説します。

カードローンはアルバイト・パートでも使えるの?学生でもOK?

当編集部宛に「アルバイトでもカードローンって申し込みできますか?」という質問がよくあります。

結論から申しますと、


当編集部が調査して見つけた個人向け無担保カードローン会社なら、アルバイトの方でも借りられるのは間違いありません。

ただし、カードローン会社によっては、不可となっている場合もあります。ですので、この2つのカードローン会社を見極めることができる情報をお伝えします。


このページでは、アルバイトの方がカードローンを申し込む場合の注意点として以下の情報を解説しています。

  • 利用条件
  • 審査について
  • 申し込み可能なおすすめの会社
  • 注意点

ぜひ最後まで読んでみてください。

アルバイト・パートの方の申し込み必須条件

「アルバイトをしている方がお金借りる方法」をtwitterで調べてみました。




このように、「アルバイト先からお金借りる方法」を考えている方が多いようです。しかし、「アルバイト先からお金借りる方法」は決しておすすめできるものではありません。なぜなら、「アルバイト先からの信用を失う」ことも考えられるからです。

「お金に対して無頓着では?」と思われてしまうと、アルバイトの継続や昇進に影響も出るかもしれません。もしどうしてもお金を借りる必要があるなら、「個人向け無担保カードローン」の申し込みを考えてみてください。

また「お金を使う使途」によっては、さまざまなローンサービスがありますので参考にしてみてください。↓


このページでは、「アルバイトの方がカードローンでお金を借りる方法」について詳しく解説します。


カードローンの申し込み条件


「アルバイトの方」や「パートをしている主婦(主夫)の方」が申し込み可能なカードローンはありますが、次の要件は必ず満たしている必要があります。

  • 年齢が20歳以上
  • 継続して安定した収入がある


この2つはアルバイトの方もそうでない方もカードローンの申し込みでは必須と考えておいて間違いありません。


アルバイトを始めたばかりの場合は?


「アルバイトを始めてまだ日が浅い」という場合でも、カードローンの申し込みは可能です。


20歳以上の学生の場合はどうなるのか?


アルバイト・パートで継続的な収入がある方でも「社会人か学生」の立場の違いがあるでしょう。

「20歳は超えているが、アルバイトの大学生」の場合はどうなるのか?については、個人向け無担保・無保証カードローンでの学生の場合で調査をしてみると、

可の場合と不可の場合があります。

特に銀行系カードローンの場合は、「アルバイトをしていても、学生は不可」となる場合が多いといえます。

例えば、栃木銀行カードローン学生の申し込みは不可となっています。

しかし、最近ではアルバイト学生でも申し込み可能となっている大手銀行系カードローン会社が増えてきています。

三菱UFJ銀行バンクイックカードローン※解説はこちらや、楽天銀行カードローン三井住友銀行カードローン千葉銀行カードローンなどの会社では、アルバイト学生でも申し込みが可能です。

また、大手消費者金融系カードローン会社のアコム、レイクALSA(レイクアルサ)、アイフル、プロミスSMBCモビットといった、テレビCMを行っている人気の会社も、アルバイト学生でも申し込みが可能です。

詳しくは、目次・アルバイトでも申し込みOKのおすすめのカードローン会社をご覧ください。

↑topに戻る

申し込みの手順や押さえておきたいポイント

アルバイトの方もそうでない方も、カードローンを利用するならまず、申し込みをおこなう必要があります。スムーズな申し込みができるようにおさえておきたいポイントをご紹介します。


申し込み方法について


カードローンの申し込みで一番利用されている方法は、WEB申し込みです。

アコムカードローンをインターネットから申し込む手順

現在のほとんどの大手カードローンでは、インターネットを使ってスマートフォン・パソコンから申し込みができます。普段から使っている方も多いため簡単に申し込みができます。



アコムカードローンは申し込みから契約までが早い


「アコムカードローン」ではWEB申し込み後、「ローン審査結果が最短30分と短時間でわかる」サービスを提供しています。

アコムカードローンは審査時間が最短30分でわかる

アコムカードローンは「短時間でお金借りる方法を希望される方」におすすめです。もちろんアルバイトの方でも申し込みが可能です。


申し込みの手順


1、各カードローン会社の公式サイトにアクセスして申し込みページから申し込みをおこなう。

どんなカードローン会社がおすすめ?↓


2、カードローンの申し込みをおこなうとまず、仮審査の結果がメールや電話で連絡がきます。


3、仮審査を通過した場合は、本審査がおこなわれます。必要書類をそろえてカードローン会社に送ります。本審査用の必要書類として本人確認書類を送ります。※身分を証明する書類となります。


「身分を証明する本人確認書類」として使える種類については、こちらのページで詳しく解説しています。↓


送る方法はインターネットや郵送があります。

  • 画像をアップロード
  • FAX
  • 郵送


「キャッシングを急ぐ場合」は郵送以外の方法で

紙媒体の本人確認書類の写しを郵送で送る場合は、書類が届くまで数日かかります。

申し込み後即日融資をしたい場合は、審査結果を早くするために、ネットを使った画像のアップロードかFAXで送るようにしましょう。

また大手消費者金融系カードローンなら、審査結果は最短30分〜という早さですのでおすすめです。アルバイトをしている方でも申し込み可能な会社が多くあります。↓



 


4、本審査の結果がメールで連絡が来ます。審査を通過すれば、契約を行い利用が可能となります。

なお、ローン審査に関する詳しい情報は、目次・カードローンの審査でのポイントをご覧ください。


キャシングの方法


カードローンの契約後に「キャッシングをする方法」としてよく利用されているのが「コンビニATM」です。詳細はこちらのページを参考にしてください。↓


↑topに戻る

カードローンの審査でのポイント

先ほどの「アルバイト・パートの方の申し込み必須条件」で解説した通り、現在のカードローン会社では、アルバイトの方でも申し込み可能な会社はたくさんあります。

しかし、カードローンの利用には「ローン審査」があります。この審査を通過しなければ、どんな方も「キャッシング」の利用はできません。

そこで、ローン審査の内容について要点的なポイントを知っておいてください。そうすれば、申し込み時に失敗する確率も減り、スムーズなローン審査通過を期待できます。


審査の内容について


カードローンの審査では次の項目が実施されます。


  • 申込書の内容確認
  • 個人信用情報の照会(JICCやCICといった信用情報機関でローン系の履歴を調べる)
  • 在籍の確認のための連絡


個人信用情報機関の照会とは?

個人信用情報機関とは、金融系の履歴をストックしている機関です。「国が定めた機関」であり、カードローン会社はこの機関を使って個人信用情報の照会を行います。

カードローンの審査では現在・過去の個人向けローン等の履歴を確認することが決まりとなっています。

その理由の1つとしては、「申込者に他社の借り入れがあった場合、新たにカードローンで融資を>受けることで返済に支障をきたさないか?」を調べるためです。

個人向け無担保カードローン会社は「年収の3分の1を超える借り入れ総額となる貸付をしてはならない」ことになっています。

※総量規制という法律。厳密には貸金業である消費者金融系カードローン会社に適用されるものですが、銀行系カードローン会社もこの基準を社内基準として扱っていると言われています。

したがって、カードローン会社は新たなカードローンの申し込みがあった際には必ず個人信用情報の照会を行い、「今現在の借り入れがあるのか?あるならいくらあるのか?」を確認し、審査の判断に利用しています。

※今現在借り入れがあっても、年収に対して貸付総額に余裕があれば、審査通過の対象となります。

※カードローンの貸付の他にはクレジットカードの利用状況なども対象としています。


アルバイトの学生の方でも、パートの主婦(主夫)の方でも、正社員・派遣の方でも仕事の内容にかかわらず、同じように照会が行われます。

  • ローン系サービスが全く初めての利用
  • 現在借り入れ残高はない

という方は、特に気にすることはありません。しかし、次のような方は「ローン審査通過」においてネックになる場合があります。

  • 「すでにカードローンの契約が3社以上ある」
  • 「クレジットカードの滞納がある」
  • 「過去に債務整理がある」
  • 「過去に任意整理がある」


「簡易審査」について


カードローンで人気の高い「アコム」の公式サイトには、「3秒診断」という簡易審査があります。

アコムカードローンの簡易審査「3秒診断」

  • 年齢
  • 年収
  • 他社カードローン借入金額

この3つの情報を入力するだけで、「借入ができるかどうか?の目安」がわかります。簡易審査の結果、借入ができる可能性がある場合は次のような画面が表示されます。

アコムカードローンの簡易審査結果

ただし、この3秒簡易審査は、借入を検討するための目安であり、「実際の借入時の審査結果と異なる場合」がありますので、留意しておきましょう。


在籍確認についてはこちらのページを参考にしてみてください。↓




融資限度額について


審査時には、借りることのできる最大の金額(融資限度額と呼ばれる)も決定されます。

一般的に年収が低いアルバイトの場合、「100万円以上といった大きな限度額を望むことは難しい」と考えておくと間違いないでしょう。

年収にもよりますが、10万円〜30万円までくらいが平均的です。50万円超え、100万超えの融資限度額は難しいと考えておきましょう。

融資限度額が低めに設定される理由として、正社員より離職となる確率が高いので、そういったカードローン会社側のリスク回避という理由もあります。


利用実績を見て「融資限度額増額」や「金利引き下げ」も

カードローン会社は、初めてのユーザーと契約をした場合、まずは融資限度額を低めに設定し、半年〜1年程度利用実績を確認していると言われています。

問題なく利用されている利用実績がわかれば、再度審査をおこなうことで、金利引き下げや貸付限度額の増額の提案をカードローン会社から連絡を受け取れる可能性もあります。

また、利用者側から増額の希望もできます。その場合もカードローン会社で再度審査がおこなわれ決定されます。

↑topに戻る

最初はお得な無利息期間のある会社をおすすめします

このあとにアルバイトやパートの方でも申し込み可能なカードローン会社を詳しくご紹介しますが、特におすすめしている会社の特徴として、初めての契約の場合、契約後30日間〜はお金を借りても金利利息は0円というサービスのある消費者金融系のカードローン会社があります。


金利は高いが、審査通過率は高い

実は消費者金融系カードローン会社は、金利が高い分、「アルバイト」や「パート雇用」の方でも審査でのネックが少ないともいえます。

このあとのページでご紹介する「アコムカードローン」や「アイフルカードローン」のローン審査通過率は40%台と発表されています。

これが銀行系カードローンになると、30%台に下がります。

消費者金融系カードローンは、銀行系カードローンと比較して金利は高いですが、利息の計算をしてみると次のような数字になります。

  • 銀行系カードローン上限金利年率14%
  • 消費者金融系カードローン上限金利年率18%

と考えて、利息の計算をしてみます。

3万円を30日間借りた場合の利息比較

  • 3万円×14%×30日間÷365日=約345円
  • 3万円×18%×30日間÷365日=約443円

となりその差はたった約98円です。「この金額なら問題ない」と考えられるのではないでしょうか?

特に今回のようにアルバイト・パート雇用・年収の低い学生といった方が、「初めてカードローンを申し込む場合」は、消費者金融系カードローンに比較的メリットが大きいと考えられます。

ではそれらの会社も含めて次の目次の、アルバイトでも申し込みOKのおすすめのカードローン会社で詳しく解説します。

↑topに戻る

アルバイトでも申し込みOKのおすすめのカードローン会社

では、アルバイトの方でも申し込み可能なおすすめの会社をご紹介します。

まずアルバイトやパート雇用、年収の低い学生の場合は、大手消費者金融系カードローンがおすすめとなります。

理由としては以下の2つのメリットです。

  • 初めての契約なら無利息期間サービスがある
  • 審査通過率が銀行系より高い


おすすめできる大手消費者金融系カードローン会社



アコム

アコムはアルバイト・パート雇用・年収の低い学生の方でも申し込み可能です。はじめてアコムと契約される方なら30日間の無利息サービスが付いています。

アコムの金利や審査等、詳細はこちらを参考にしてください。↓

アコム参考情報

 


レイクALSA(レイクアルサ)

レイクALSA(レイクアルサ)もアルバイト・パート雇用・年収の低い学生の方でも申し込みが可能です。

無利息期間が業界最長の最高180日間のサービスもあります。※融資金額5万円までの場合。

レイクALSA(レイクアルサ)の金利や審査等、詳細はこちらを参考にしてください。↓


 


プロミス

「プロミスカードローン」もアルバイト・パート雇用・年収の低い学生の方でも申し込みが可能です。

初めての方限定の無利息期間が30日間あります。またカードを使わずスマートフォンアプリを使ってセブン銀行で借り入れ・返済ができる、最先端のカードレスキャッシングもできます。



 


アイフル

アイフルもアルバイト・パート雇用・年収の低い学生の方でも申し込みが可能です。はじめてアイフルと契約される方なら30日間の無利息サービスが付いています。


 


SMBCモビット

SMBCモビットもアルバイト・パート雇用・年収の低い学生の方でも申し込みが可能です。

無利息サービスはありませんが、審査時間が最短30分と業界では1,2を争う早さです。

SMBCモビットの金利や審査等、詳細はこちらを参考にしてください。↓


 


JCBカードローンFAITH(フェイス)

最後に「JCBカードローンFAITH(フェイス)」をご紹介します。JCBはクレジットカードでよく知られています。クレジットカードでも「キャッシングができるサービス」があります。しかし最近新しくJCBカードローンFAITH(フェイス)のサービスが始まりました。

最大の特徴としては「金利がかなりの低金利で利用できる」ことです。消費者金融系カードローンでありながら、上限金利は銀行系カードローンより低い12.5%になっています。

JCBカードローンFAITH(フェイス)の金利や審査等、詳細はこちらを参考にしてください。↓



おすすめできる銀行系カードローン会社


金利の低い銀行系カードローンで検討したい方は次の会社がおすすめです。



すべてアルバイト・パート雇用・年収の低い学生の方でも申し込みが可能です。


学生は不可でも、アルバイト・パートは可能な会社



借り換えにも利用可能


今ご紹介したカードローン会社に「借り換える」ということも可能です。

例えば、今現在どこかの銀行系カードローンと契約をしている場合、それを解約して、無利息期間を利用するために、消費者金融系カードローンに借り換え(または乗り換え)での申し込みも可能です。

また逆に、今消費者金融系カードローンと契約をしていて、「金利の見直し」をして銀行系カードローンに借り換えをするのもいいでしょう。


↑topに戻る

アルバイトの方の注意点及びよくある質問と回答FAQ

「アルバイトでお金借りる」時によくある質問と回答FAQをご覧いただけます。

アルバイト・パートでの収入でカードローンを利用できますか?
 

できます。年齢が20歳以上、アルバイト・パートでも継続して安定した収入がある方なら申し込みが可能です。ただし実際の契約には「ローン審査」があります。※詳しくはこちら


  


「アルバイトをしている学生」でも申し込みは可能ですか?
 

可能です。アルバイト学生でも、カードローンの選択肢は広いです。アルバイト学生の場合でも、カードローンの利用ができる会社が増えています。※詳しくはこちら


  


実際に「キャッシング」をする時の方法は?
 

銀行振込・ATM機・といった方法があります。特に大手のカードローン会社はコンビニに設置されたATMと提携しているので、使い勝手が良いです。ただしマイ銀行口座に振込依頼をした場合は、振込手数料が0円でお得です。


  


記事執筆


カードローンおすすめ比較ドットコム編集部

実際にカードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行勤務経験者が集まって記事執筆・監修を行っています。
●twitteアカウント カードローンおすすめ比較.com編集部


実際にカードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行勤務経験者が集まって記事執筆・監修を行っています。
●twitteアカウント カードローンおすすめ比較.com編集部


↑topに戻る

ページの先頭へ戻る
TOP