基礎知識があれば安心。カードローンで失敗しないための解説は必見です。

 このエントリーをはてなブックマークに追加
カードローンとは?

についてわかりやすく解説します。

カードローンとはについて詳しく解説。金利・返済・審査の仕組み

カードローンとは、金融機関が個人に対しておこうな融資の一つで、使用目的が自由で、担保を必要としない融資サービスのことです。

カードローンを利用するにはいくつかの条件をクリアする必要があります。それらの内容を理解すれば、実際にカードローンを契約することも可能です。

カードローンとは?を理解するためには、これらの条件を知っておくことです。

このページでわかりやすくご紹介していきますので、ぜひ最後まで読んでみてください。




そもそもカードローンって何?を簡潔にまとめると


まずはカードローンとは?について主な概要を解説します。

※そのあとに各項目ごとの詳細な解説を行っています。


使途目的の特徴


ローンには教育ローンなどの目的が限定されるローンと、資金の使用用途が自由なフリーローンがあります。

カードローンは融資金を何に使ってもよいという点でフリーローンの一つです。


カードローンの種類


カードローンサービスを扱っている金融機関は消費者金融系と銀行系があります。

カードローンは主に銀行と消費者金融がおこなっていますが、金利や限度額、融資スピードなどで違いがあります。


担保・保証人


現在のカードローンはほぼ担保・保証人の必要がありませんので、万が一の債務不履行があってもリスクは最小限に抑えられます。

保証人が必要ないので、他の人に保証人になってもらう依頼をする必要もありません。


ローン審査を受ける


契約前に必ず審査が行われます。審査では主に個人に対する信用の確認が行なられます。

名前・住所・性別・年齢・生年月日などの個人の基本情報や勤務先・年収・希望融資金額などを申し込み用紙に記入し提出します。

金融機関はその情報を元に、個人信用情報機関という国の定める機関に照会を行いつつ、融資ができるかどうか?の最終判断をしていきます。

審査ではその他提出書類として、

  • 本人確認書類(運転免許書・健康保健証等)
  • 収入証明書(50万円以上の借入をしたい場合)

などの提出の必要があります。


借り入れができる金額


契約するときに貸付限度額が決められます。その範囲内で借入ができます。

貸付限度額の幅は1万円〜1000万円程度です。

貸付限度額は審査によって決まります。


メリット・デメリット


メリットに関しては次のような点です。

  • カードを使って、または銀行口座振込を使って手軽にお金を借りられる
  • 緊急にお金が必要な時に現金を引き出せる
  • (借入)カードを所持していても経費・年会費等は発生しない
  • 一定の返済金額を分割式に返済ができる(ただし金利利息がかかる)返済中でも貸付限度額以内なら何度でも追加融資ができる


その他の特徴


初めてのカードローンで借入れを急いでいる場合には、金融機関によっては即日融資に対応ができます。


カードローンの上手な使い方


節度を持って限度額の範囲内で使用していれば特に問題は発生しません。

月末に支払いが重なり、給料日までにどうしても現金が足らないというときなどには短期間の利用だけするようにしてください。

どのローンでもお金を借りる場合、借りている期間(日にち)が長ければ長いほど利息が高くなるという仕組みです。

ですので、1日でも早く返済することが負担を軽減できる上手な使い方です。そして期日までに返済することが重要です。

キャッシングコーナーやコンビニエンスストアのATM・インターネットの管理画面から返済することもできますので、手間がかかるということはほとんどありません。

ではここから、さらに詳細について分かりやすく解説していきます。

↑topに戻る

カードローン融資のローン審査の流れ

カードローンを利用するには、必ずローン審査があります。

審査の流れとしては次のようになります。

  1. 申し込み(最近はWEB申し込みが多い)
  2. 本人確認・・・多くは電話での確認
  3. 属性スコアリングの審査・・・個人信用情報への照会。
  4. 過去の借り入れ状況の履歴や今の借入金の有無などを調べる
  5. 在籍確認・・・多くは電話での確認

必要な書類


  • 本人確認・・・運転免許証のコピー・健康保健所のコピー等
  • 収入が確認できる証明書・・・源泉徴収票・給与明細書の写し等

それぞれの深掘りの解説については、各専用ページを参考にしてみてください。↓


↑topに戻る

お金を借入すると金利に対しての利息が発生する

カードローンでお金を借りると、利息の支払いが発生します。

利息の計算方法は、借りている金額にカードローンで設定されている金利年率を乗じます。

そうすると、1年間の利息がわかりますので、それを365日で割り、1日の利息を算出し、実際に借りていた日を乗じます。

定期的な返済は1ヵ月ごとなので、約30日で計算され利息を上乗せして元金返済を行います。

次に実際の利息のシミュレーションをご紹介します。

↑topに戻る

返済条件・方法返済の重要性とは?

主な返済のルール・条件は、「残高スライド式」返済となります。

借り入れ残高に応じて、最低返済額を毎月1回返済していきます。


毎月の返済額は、基本的に借入金額が多いほど、返済額も多くなります。会社によって多少違いがあります。


また、カードやネットからの振り込みを使って任意返済がいつでも可能です。

ついうっかり返済を忘れて遅延や延滞をしてしまうと、その後の利用が制限されたり、契約解除をされてしまいますので、返済の約束を守ることは重要です。

ローンは早く返すほど利息負担が減りますので、返せるときには積極的に返済していきましょう。


返済の方法


各会社によっていくつかの方法があります。

振替、各会社の専用ATM、キャッシングコーナーやコンビニエンスストアのATMで返済することも
できます。

↑topに戻る

利息のシミュレーション

例えばカードローンで5万円を借りた場合、金利年率が18%の設定であれば、

50,000円×18%=9,000円

となります。これが1年間5万円を借りっぱなしで借りた場合の利息です。

そして365日で割ると、

9,000円÷365日=約24.6円

これが5万円借りた時の、1日の利息です。

30日後に全額返済する場合は、

24円×30日=720円

この金額を利息として上乗せし、50,720円の返済をして完済となります。

さらに詳細はこちらのページで解説がありますので、参考にしてみてください。↓


↑topに戻る

アコム・プロミスなどの消費者金融系カードローンとは?

アコム・プロミスといったカードローンは貸金業の許可を持っている消費者金融系の会社です。

※対して銀行系カードローンがあります。銀行系カードローンについては後に解説
します。


メリット


融資がスピーディで、大手の会社では無利息期間を設けているところもあります。

申し込みしたその日に即日融資が可能初めての申し込みなら無利息期間がある審査のハードルが低いといった点です。


デメリット


消費者金融系は銀行系と比べて金利が高くなっています。

消費者金融系カードローンのおすすめの会社はこちらで詳しく紹介しています。↓


↑topに戻る

みずほ・楽天・三菱UFJなどの銀行系カードローンのおすすめポイント

銀行系カードローンのおすすめポイントは、何といっても「低金利」という点です。

※消費者金融系カードローンと比較した場合。



  • 福岡銀行カードローン 金利 年3.0%〜年14.5%
  • 三井住友銀行カードローン 金利 年4.0%〜年14.5%
  • りそな銀行カードローン 金利 年3.5%〜年13.5%
  • アコムカードローン 金利 年3.0%〜年18.0%
  • プロミスカードローン 金利 年4.5%〜年17.8%

大手の信頼感のある銀行系カードローンとしては、


等がおすすめです。


ローン審査は厳格で厳しめ


ただし、審査の対応に関しては、アコムやプロミスなどの消費者金融系カードローン会社と比べると、ハードルは高くなるというのが一般論です。

大きな理由としては、貸金業と比較して銀行は、低金利であるため、利潤が少なく、万が一の貸し倒れがあった際に、被害が大きくなることが挙げられます。

その他に、銀行という企業の性質上、金融機関の業務の健全性および適切性の確保において、金融庁から厳しい目で監視されている点も関連しています。

個人向け無担保カードローンにおいては、ユーザーへの過剰な貸し過ぎによる債務不履行は回避するべき責任なども重んじています。

銀行系カードローンのおすすめの会社をこちらのページで紹介しています。

参考にしてみてください。↓


↑topに戻る

即日キャッシングのできるカードローンとは?

消費者金融系カードローンは、銀行系カードローンと比較して、金利が高いという点がデメリットとなりますが、

アコムやプロミス、レイクALSA(レイクアルサ)・SMBCモビット・アイフル
等の消費者金融系カードローンの最も注目したいメリットは、

融資を急いでいる時に申し込み→借り入れが即日でできることです。

銀行系カードローンは最短で「翌日融資」です。

融資を受けたい、つまりキャッシングで現金を用意したい場合、緊急での事情がある状況の方も多くおられるはずです。

「融資までの最短時間」を優先する必要がありますので、そんな時には、消費者金融系カードローン一択となります。

即日融資ができるおすすめのカードローンはこちらで詳しく紹介しています。↓


↑topに戻る

カードローンとクレジットカードの違い

カードローンは融資・借金ですが、クレジットカードの一括払いや分割払いは、カード型の割賦販売法であり、商品サービスが違います。

※会社の営業許可は同じ貸金業です。

クレジットカードの詳細はこちらのページが参考になります。


↑topに戻る


ヤフー知恵袋でカードローンのFAQを調べてみる


ヤフー知恵袋を利用すれば、カードローンに関するさまざまなQ&Aが掲載されています。

知りたい内容を検索すれば、関連情報を見ることができますので、参考にして見ましょう。↓



カードローンとは?よくある質問と回答


カードローンを利用する目的やできることはなんですか?
さまざまな事情で現金が必要な時、銀行や貸金業者からお金を借りることができます。融資・キャッシングとも呼びます。※詳しくはこちら
カードローンは誰でも利用ができるのですか?
利用できる人には条件があります。「20歳以上の人」「定期的な収入がある人」など、カードローン会社によっても多少違いがあります。※詳細はこちら。 また申し込みを行えば審査があり通過することが必要です。※審査についての詳細はこちら
カードローンを利用する際に注意する点はありますか?
カードローンの利用は融資なので、借りたお金を決まった期日に返済することが必要です。返済方法や仕組みなどを事前に確認しておきましょう。※詳しくはこちら
カードローンでお金を借りると手数料などが発生しないのですか?
カードローンには金利の設定がされており、金利に対しての利息を支払う必要があります。金利は各カードローン会社によって違いがあります。※詳しくはこちら

記事執筆


カードローンおすすめ比較ドットコム編集部

実際にカードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行勤務経験者が集まって記事執筆・監修を行っています。
●twitteアカウント カードローンおすすめ比較.com編集部


実際にカードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行勤務経験者が集まって記事執筆・監修を行っています。
●twitteアカウント カードローンおすすめ比較.com編集部


↑topに戻る

カードローンとは?をわかりやすく。金利・返済・審査の仕組み記事一覧

カードローンの収入証明書不要か必要か?基準となる金額は「50万円」と「100万円」の2つがあります

カードローンの収入証明書とは、カードローンを新規で申し込む際にユーザーの収入を証明するため、提出する書類です。収入証明書が必要となる理由は、カードローンの審査では申し込みユーザーの年収を金融機関がチェックする必要があります。年収をチェックすることで、借金した場合の返済能力の参考にされます。そして、最終的に貸付限度額(契約限度額上限)が算出され契約時に決定されます。しかし、カードローンの申し込みをす...

続きを読む
カードローンの借り換えはメリット・デメリットに注意。金利や審査の内容について

カードローンの借り換えを考えている方へ。もし今のキャッシングの借り換えができれば、金利・返済で大きなメリットがあります。しかし、実際にカードローンの借り換えをする場合、すんなりとできる場合とそうでない場合があります。このページでは、借り換えのメリット・デメリット審査に関すること注意する点を考えながら、元都市銀行に勤務していた筆者が、最適なカードローンの借り換えができる方法を解説していきます。ぜひ最...

続きを読む
クレジットカードの在籍確認なしはあるのかの質問の答え。カードローンとは違う?

クレジットカードの在籍確認についてよく質問をされるのが、クレジットカードの在籍確認の電話なしの会社はありますか?という内容です。結論的には、クレジットカードの審査では在籍確認の電話なしの場合がほとんどです。ただし、「クレジットカードやカードローンの利用が全く初めて」という方は在籍確認の電話が行われる可能性はあります。ここでいう在籍確認とは、消費者がカードローンやクレジットカードのサービスの申し込み...

続きを読む
リボ払いとは?分割払いとの違いはある?ない?

リボ払いや分割払いという用語の意味は、クレジットカードやローンなどでの返済方法の種類のことです。どちらも、「一括払いより返済が楽」という共通のメリットがあります。その分、金利手数料を支払う負担金が発生します。どちらが得?というわけではありません。しかし、この2つには少しだけ違いがあります。リボ払いと分割払いでは、それぞれの支払い方法の仕組みが違います。少しの違いでも意外と大きな注意点もありますので...

続きを読む
カードローンの金利による利息の計算方法で最も得する事例を2つ教えます

カードローンの金利による利息の計算方法消費者金融や銀行などの金融機関からカードローンなどでお金を借りる際は必ず金利年率が設定されています。そして借入金額×金利年率の計算式で年間の利息が計算され、その計算に基づきカードローン利用者は利息を支払います。カードローンを使ってキャッシングした方が支払う利息、これが金融機関の利益になる数字です。この利息はできるだけ上手に減らしたほうが、カードローンユーザーは...

続きを読む
カードローンの返済シミュレーション。一番使いやすかった会社は?

カードローンの返済シミュレーションについていろいろと調べた結果をご紹介します。返済シミュレーションで何がわかるのか?返済シミュレーションの算出を上手に使うには?各カードローン会社の返済シミュレーションがあるのか?といったところをまとめてみました!カードローンを利用すると、毎月定期的な返済が必要になりますので、返済シミュレーションを見ておくと計画が立てやすくなります。また住宅ローンなどの返済計画を立...

続きを読む
元銀行員がカードローンのデメリットを考えてお知らせしたいこと

カードローンにもデメリットはあります!ウェブ上ではカードローンのメリットばかりが発信されていますが、あえてカードローンのデメリットの部分について元銀行員が実際に経験していることや考えていたことをご紹介します。辞めて初めて打ち明けることができる私の当時の思いを執筆したくて記事に載せてみました。ぜひ最後まで読んでみてください!※特にカードローン初心者の方はデメリットを回避するためにも参考にしてください...

続きを読む
カードローンの残高スライド方式と通常リボルビング払い方式の違いは?

カードローンの返済方法には、残高スライド方式が採用されている場合が一般的です。この方式とクレジットカードなどで使われている通常リボルビング払い方式と比較しながらその違いやメリット・デメリットを見てみましょう。●このページの目次・カードローンの残高スライド方式とは・クレカに多い通常リボルビング払い方式とは・残高スライド方式のメリットと注意点

続きを読む
カードローンは繰り上げ返済ができるの?利息を上手に減らす方法

カードローンは繰り上げ返済が可能です!銀行系・消費者金融系のほとんどのカードローンでは繰り上げ返済が、いつでも・あらゆる方法でできます!!その事例や方法をわかりやすくご紹介します。ぜひ最後まで読んでみてください。●このページの目次・繰り上げ返済・繰り上げ一括返済のメリット・カードローンの繰り上げ返済の方法について・繰り上げ返済をしたい時のカードローン会社の選び方・キャシングが初めての方必見!無利息...

続きを読む
カードローンで大事な「返し方」を7社を比較してランキングしてみました!

カードローンの返し方についてわかりやすく解説します。カードローンの返し方にはいくつかの方法があります。大きく分けると次の方法があります。インターネット返済ATM返済店舗振込返済アプリ返済これらの方法があるカードローン会社を比較して一番おすすめの返し方は?などを中心に解説しています。ぜひ最後まで読んでみてください。●このページの目次・キャッシングの返し方の方法や手順・カードローンの負担を減らす上手な...

続きを読む
  このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る
TOP