残高スライド方式と通常リボルビング払いの返済方法の違いについて

 このエントリーをはてなブックマークに追加

残高スライド方式と通常リボルビング払い方式の返済方法に違いはあるのか?

残高スライド方式と通常リボルビング払い方式の返済方法に違いはあるのか?

カードローンの返済方法には、残高スライド方式が採用されている場合が一般的です。

この方式とクレジットカードなどで使われている通常リボルビング払い方式と比較しながらその違いやメリット・デメリットを見てみましょう。



カードローンの残高スライド方式とは

現在、カードローンでもっとも一般的な返済方法のひとつが、

残高スライド元利定額リボルビング方式

です。

「残高スライド方式」には、

  • 「元利定額リボルビング方式」
  • 「元金定額リボルビング方式」

があります。

この2つの返済方法は「定額」の部分が、「元利(つまり利息が毎月一定)」「元金(つまり借りているお金が毎月一定)」という違いがありますが、

同じ部分の残高スライド式リボルビングに関しては、借入残高によって段階的に「を毎月の最低返済額が増減(スライド)」する方式ということになります。

毎月の返済分が終わった時点で、「借入残高」が変わります。(普通は減る)その金額に対して金利年率の数字にしたがって利息の計算がされ、次の返済日までの計算をしていきます。

ですので、毎月元金が徐々に減るので利息も徐々に減ることにはなります。

クレジットカードの返済ではあまり聞かず、カードローン・キャッシング独特の返済方法と言えます。


分割払いとの違い


リボ払いと分割払いは違った仕組みです。

詳しくはこちらのページで解説していますので参考にしてみてください↓

参考 ・リボ払いと分割払いの違いや仕組み


返済イメージをシミュレーション


プロミスやアイフルなどの消費者金融のサイトでは、「を返済シミュレーション」ができますので、利用してみるとわかりやすく理解できます。


↑topに戻る

クレカに多い通常リボルビング払い方式とは

通常のリボルビング払い方式は、クレジットカードの利用で用いられている返済方法です。

クレカでショッピングの限度額内であれば、明日複数回買い物をしても、借入残高の合計が増えるだけで毎月の返済額を一定にすることができます。

※イメージ画像

例えば、「限度額50万円で毎月返済額1万円のリボルビング方式」であれば、最初に10万円分ショッピングをして、返済額は毎月1万円で、その後追加で20万円分のショッピングしても、返済額は毎月1万円のままとなります。

そして、リボルビング払いや分割払いでは、追加返済が出来ない仕組みが多いので、

毎月の返済額が増やすことができない分、必然的に返済回数は伸びていきます。

返済回数が伸びるにつれ、手数料の利息は増えていきます。

クレジットカードでは、通常のリボルビング払い方式が採用され、カードローンでは、このリボルビング払い方式に対し、さらに「残高スライド方式」という要素が入ってくるということになります。

質問などがありました当サイトでも受付していますの、メールで問い合わせをしてください。

当サイトのメールアドレスはこちら。

↑topに戻る

残高スライド方式のメリットと注意点

カードローン各会社によって借入残高による毎月の最低返済額が決められていますが、残高スライド●●定額リボルビング方式は、返済が進んで借入残高が減るにつれ、毎月の最低返済額も減少していくルールになります。

残高スライド元利定額リボルビング方式画像

「楽天銀行 スーパーローン」の毎月返済額

利用限度額 毎月の返済額
10万円以内 2000円
10万円超30万円以内 5000円
30万円越50万円以内 10000円
50万円超100万円以内 15000円
100万円超150万円以内 20000円
150万円超200万円以内 30000円
200万円超250万円以内/td> 35000円
250万円超350万円以内 40000円
350万円超400万円以内 45000円
400万円超500万円以内 50000円
500万円超600万円以内 60000円
600万円超700万円以内 80000円
700万円超800万円以内 100000円

※残高スライド元利定額リボルビング方式である「楽天銀行スーパーローン」の毎月の返済額

これは毎月自動的に引き落としされる最低返済額であり、残高が減ると毎月の支払返済負担が少なくなるのがメリットですが、

毎月の最低返済額が減る分、返済期間が伸び結果、トータルで支払う利息の総額が増えやすくなります。

残高スライド元利定額リボルビング方式は、繰り上げ返済ができるので、できるだけ余裕があるときに返済を行い、早期に返済を終わらせることで、利息の支払金額を抑えることができます。できます。

※早期完済が上手なキャッシングのポイントです!

カードローンでは任意返済もいつでも可能ですので、ボーナスなどがありいつよより多く返済できる余裕のある時は、積極的に返済して、残高を減らすと、利息総額も減ることになります。

残高スライド●●定額リボルビング方式では、追加で借入をすることも可能です。


先ほどの楽天銀行カードローンの毎月の最低返済額でなら、借入残高25万円のときに追加で40万円を借入した場合は、借入残高65万円となり、毎月の返済額は5千円から1万5千円へと増加します。


記事執筆


カードローンおすすめ比較ドットコム編集部

実際にカードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行勤務経験者が集まって記事執筆・監修を行っています。
●twitteアカウント カードローンおすすめ比較.com編集部


実際にカードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行勤務経験者が集まって記事執筆・監修を行っています。
●twitteアカウント カードローンおすすめ比較.com編集部


↑topに戻る

ページの先頭へ戻る
TOP