あなたに合った返し方をきちっと知っておけばカードローンでお金を借りても安心して返済ができます。

 このエントリーをはてなブックマークに追加
カードローンの返し方

についてわかりやすく解説します。

カードローンの返し方を比較

カードローンの返し方にはいくつかの方法があります。

大きく分けると次の方法があります。

  • インターネット返済
  • ATM返済
  • 店舗振込返済
  • アプリ返済

これらの方法があるカードローン会社
を比較して一番おすすめの返し方は?

などを中心に解説しています。

ぜひ最後まで読んでみてください。


キャッシングの返し方の方法や手順

カードローンでキャッシングをした場合、
必ず返済をする必要があります。

それは、ほとんどの方が理解されている
かと思いますが、その「返し方の方法」
についてを詳しく解説します。

銀行系カードローンと消費者金融系カードローンを比較

しながら解説します。

ATMでの返し方


まずはATMを使った返済方法です。

提携コンビニエンスATMで返済


大手のカードローン会社の共通する返済方法として、

コンビニにあるATMで返済する方法があります。


が使えます。街中にはいたるところに
コンビニがありますので、使い勝手
としては一番便利だと言えます。

カードローン会社の店舗ATMで返済


各カードローン会社の関連ATMが使えます。

例えば、消費者金融系カードローンなら、

  • アコム→「自動契約機むじんくんATM」「三菱UFJ銀行ATM」
  • レイクALSA(レイクアルサ)→「新生銀行カードローンATM」
  • プロミス→「プロミス無人契約機ATM」「三井住友銀行ATM」
  • SMBCモビット→「三井住友銀行ATM」
  • ※クリックすると詳細をご覧いただけます。

銀行系カードローンなら、


尚、楽天銀行カードローンはネット銀行ですので、
自社店舗はありませんが、コンビニATM等多くの
銀行ATMと提携しています。


インターネットでの返し方


ほとんどの大手カードローン会社では、
WEB管理画面というサービスがあります。

カードローンを利用する際にも、この
WEB管理画面にログインをして、

  • 月々の返済日の確認
  • 借り入れ残高・利息の状況
  • 増額の申し込み
  • 登録情報

といった情報を確認することができます。

さらに、「借り入れ・返済」を行うことも
可能となっています。

最大のメリットとしては、「ほぼ24時間対応可能」
という点です。外出先でも家にいても、パソコン・
スマホがあれば簡単に操作ができます。

返済の手順

インターネットの場合、「ネットバンキング」
の利用が可能な銀行口座を開設している

必要があります。

多くの場合は「ペイジー」というシステムを
使っていますので、公式サイトで利用可能な
銀行を確認できます。


1、所持しているネットバンキング可能な銀行口座に
返済金額を入金しておく。

2、各カードローンWEB管理画面で「返済」を選び、
手順に沿ってペイジーで返済を行う。

画面の指示に沿って操作すれば簡単にできます。

口座自動引き落としでの返し方


毎月の最低返済額を返済する場合の方法です。

決まった期日に銀行口座から引き落としが行われます。

但し口座自動引き落としの返済は、

毎月の決まった最低額の返済のみ

となります。

「任意返済」や「追加返済」については、
この方法以外を使って返済します。

振込での返し方


各カードローン会社の返済専用口座に
振込方法です。一般的な振込と同じ
やり方です。

このようにカードローンのキャッシングの
返済方法はそれぞれの利用者にとって
便利な方法が用意されています。

アプリ返済について

一部のカードローン会社では「アプリ返済」
という返し方があります。

スマートフォンにカードローン会社専用のアプリを
ダウンロードすれば、「カードを持っていなくても
スマホを使って返済ができる」という仕組みです。

詳しくはこちらのページをご覧ください。


もちろん借り入れもアプリで可能です。

↑topに戻る

カードローンの負担を減らす上手な返し方のコツとは?

カードローンの上手な返し方のコツを解説します。

期日前でもOK!早めに返済する


カードローン会社では毎月の返済期日と最低返済額
が決まっています。この期日に返済をすれば
それでいいのですが、

もし仮に期日5日前に返済すればどうなるのか?

というと、

「返済金額に対しての5日分の金利利息が軽減される」

ことになります。

ですので、「期日前返済」ができる時は、1日でも
早く返済する方がお得な返し方となります。

※注意点 この「期日前返済」については、
カードローン会社によってルールが多少違います。
必ず返済前にルールの確認をしてください。

余裕のある時は多めに返済する


カードローンの毎月の返済額と期日は、
各カードローン会社ごとに決まっていますが、

カードローンでは「それ以上の返済」もできます。

しかも、「期日関係なくいつでも返済は可能」です。

資金に余裕があるときは、積極的に返済
することで、利息の軽減ができ負担が軽くなります。

一括返済も可能

「キャッシングの残高をすべて一括返済」
いつでもできます。

たとえ、「数日後にまた借り入れが必要」
いう場合でも、一旦一括返済してしまえば、

次の借入までは利息が完全に0円となり負担がありません。

例え少しでも借り入れ残高が残っていれば、
その金額に対して、わずかであっても金利・
利息が発生します。


このようにできるだけ、こまめに返済を
行うのが、利息負担を軽減する上手なコツです。

できるだけ手数料を支払わないようにする


大手カードローン会社の場合、「ATMを使って返済」
をすることができますが、ATMによっては利用手数料が
無料の場合と有料の場合があります。

例えば、アコムではセブンイレブンのセブン銀行や
ローソンのローソン銀行といった提携コンビニATM
で返済ができますが、利用手数料として110円〜210円
がかかります。(借り入れの場合も同じ)

しかし、

  • 店頭窓口で返済
  • 自動契約機むじんくんATMで返済
  • インターネットから返済
  • 口座引き落としで返済

といった返し方の方法を使えば手数料は無料です。

ちなみに、


については、提携コンビニATMでの借り入れ・
返済とも利用手数料は無料
となっています。

※2020年12月現在

返済で最も気を付けること

「返し方のコツ」がわかっていても、

「期日までの返済を忘れていた」「返済が滞ってしまった」

といった事態が発生すると、

利用者にとってはデメリットが発生してしまいます。

カードローン会社は常に利用者の審査をしています。

「カードローンの返済遅れ・延滞」はカードローンの
継続利用の審査に悪影響を及ぼします。

最悪の場合は「契約解除」となってしまう場合もあります。

ですので「うっかりして返済が遅れてしまう」といった
ことは1回たりともないようにするのがマストです。

また、返済が滞ってしまいそうなくらい、
借金を増やしてしまうのもNGです。

収入に対して借りることのできる金額を
決めて、計画性をもってカードローンを利用する
ことも上手な返し方のコツにつながります。

↑topに戻る

おすすめのカードローン会社を比較

おすすめのカードローンとしては、

消費者金融系カードローンと銀行系カードローン

の2つがあります。

消費者金融系カードローンの特徴やおすすめポイントについて


大手消費者金融系カードローンの特徴としては、

  • 即日融資が可能
  • 無利息期間サービスがある

といった点が挙げられます。さらに、

一般的に審査のハードルが銀行系より低い

と言われています。

※但し「カードローンの審査」はある程度の
共通ルールがあります。それらをクリアできて
いないと、どの会社に申し込みをしても
審査には通りません。


おすすめの会社


  • アコム
  • アイフル
  • レイクALSA(レイクアルサ)
  • SMBCモビット
  • プロミス

といった会社がサービスも充実しており
お勧めできます。



銀行系カードローンの特徴やおすすめポイントについて


大手銀行系カードローンの特徴としては、

  • 消費者金融系より金利が低い

という点が挙げられます。

大手消費者金融系カードローン会社の多くは、
上限金利年率が17%〜18%となっていますが、

銀行系カードローン会社の場合は、

上限金利年率14%台

となっており、銀行系の方が低くなっています。

おすすめの会社


大手の銀行では、

  • 三菱UFJ銀行バンクイック
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 楽天銀行カードローン

といった会社が、使い勝手もよくお勧めできます。


地銀系・ネット銀行系カードローンについて

最近では地銀系カードローン
キャンペーンや利便性などのサービス
充実してきています。


※クリックすると詳細をご覧いただけます。

但し、地銀系カードローンの場合、申込条件として
「お住まいの地域・勤務先の地域」が限定されている
場合が多くあります。該当しない場合は申し込みが
できません。

またネット銀行では「セブン銀行カードローン」も人気があります。

これらのカードローン会社を
ランキング形式でおすすめしている
総合ページはこちら↓

↑topに戻る

よくある質問と回答FAQ

カードローンの返済方法を教えてください
コンビニ・銀行等のATM返済、インターネット返済、自動引き落とし、振込などがあります。※詳しくはこちら
返し方のコツみたいなものはありますか?
カードローンのキャッシングでの返済で最も気を付けるべき点は「利息をできるだけ減らす」ことです。そのためには返済をこまめに行うことが重要です。残高を早く減らすことはもちろん、たとえ1日でも2日でも早く返す、または借り入れの日数を減らすといったことに注意して返済していくのがコツです。※詳しくはこちら
返済時の元金と利息はどのようになっていますか?
利息については「金利と借り入れ金額と借り入れ日数」によって決まります。これらをもとに返済シミュレーションを行えば、毎月の返済額や、元金と利息の内訳等の計算ができ確認することができます。※詳しくはこちらのページ

記事執筆


記事執筆・監修者 カードローンおすすめ比較ドットコム編集部

実際にカードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行
勤務経験者が集まって記事執筆・監修を行っています。

●twitteアカウント カードローンおすすめ比較.com編集部

↑topに戻る

  このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る