あなたに合った返し方をきちっと知っておけばカードローンでお金を借りても安心して返済ができます

あなたに合った返し方をきちっと知っておけばカードローンでお金を借りても安心して返済ができます

「カードローンとは?」わかりやすく解説



 このエントリーをはてなブックマークに追加
カードローンの返し方(返済方法)を比較

カードローンの返し方(返済方法)

についてわかりやすく解説します。

カードローンの返し方(返済方法)にはいくつかの方法があります。

カードローンの返し方(返済方法)は大きく分けると次の方法があります。

  • インターネットを使う方法
  • ATMを使う方法
  • カードローン会社に振込をする返し方
  • 金融機関口座から自動振替えにする返し方
  • アプリを使う方法

これらの方法があるカードローン会社を比較して一番おすすめの返し方(返済方法)は?などを中心に解説しています。

またカードローンの返済を上手におこなう「コツ」についても解説しています。※特に知っておきたいのは「利息を早く減らす」ためのコツです。

ぜひ最後まで読んでみてください。

カードローンの返し方の方法や手順

カードローンでキャッシングをした場合、必ず返済をする必要があります。

それは、ほとんどの方が理解されているかと思いますが、このページでは「カードローンで借りたお金の返し方の方法」について詳しく解説します。

銀行系カードローンと消費者金融系カードローンを比較しながら解説します。


返し方のイメージ


まず全体的な「借入金の返し方のイメージ」としては、次のようになります。

カードローンで返済する返し方のイメージ

「毎月の返済」は各カードローン会社によって「最低返済額」が決められています。


「毎月の最低返済額分」は必ず月に1回返済期日におこないます。ただし、「任意返済」で最低返済額分が返済できた場合は、次は翌月分の返済となります。※一部のカードローン会社は、任意返済で最低返済額をクリアしてもさらに返済が必要な会社もあります。

次に「具体的な返し方(返済方法)」についての解説します。


「口座から自動引き落とし」による返し方(返済方法)


毎月の最低返済額を返済する場合の方法です。

決まった「返済日」に銀行などの金融機関口座から引き落としがおこなわれます。

ただし「口座から自動引き落とし」の返済分は、毎月の決まった最低返済額の返済のみとなります。

「任意返済」や「追加返済」に関するお金の返し方ついては、この方法以外を使って返済します。


ATMでの返し方(返済方法)


まずはATMを使った返済方法です。


提携コンビニエンスATMで返済


大手カードローン会社の共通する返済方法として、コンビニにあるATMで返済する方法があります。

  • セブンイレブン→セブン銀行ATM
  • ローソン→ローソン銀行ATM
  • ファミリーマート・デイリーヤマザキ(ポプラ・サンドラッグ等)→E-NETATM
  • ミニストップ→イオン銀行ATM
  • ※リンクをクリックすると各コンビニATMのタッチ画面操作、取り引き時間等が見れます。

街中にはいたるところにコンビニがありますので、使い勝手としては一番便利だといえます。※ただし、紙幣での返済のみが多い。


カードローン会社の店舗ATMで返済


各カードローン会社の関連ATMが使えます。

例えば、消費者金融系カードローンの場合は、次のようなATMです。


銀行系カードローンなら、次のようなATMです。


なお、楽天銀行カードローンはネット銀行ですので自社店舗はありませんが、コンビニATMや銀行ATM等多くの会社と提携しています。



ATMの使い方や手数料について


各カードローン会社によって、「使えるATMのサービスの違い」があります。こちらのページでATMの正しい使い方などをまとめてわかりやすく解説していますので参考にしてみてください。↓



インターネットを利用した返し方(返済方法)


ほとんどの大手カードローン会社には、「WEB管理画面」というサービスがあります。

カードローンを利用する際に、このWEB管理画面にログインをして次のような情報を確認することができます。


  • 月々の返済日の確認
  • 借入残高・利息の状況
  • 増額の申し込み
  • 登録情報

さらに、「借入・返済」をおこなうことも可能となっています。

最大のメリットとしては、「ほぼ24時間対応可能」という点です。外出先でも家にいても、パソコン・スマートフォンがあれば簡単に操作ができます。


インターネットを使ったお金の返し方の手順


インターネットを使ったお金の返し方を利用する場合、「ネットバンキング」の利用が可能な銀行口座を開設している必要があります。

多くの場合は「ペイジー」というシステムを使っています。公式サイトで利用可能な銀行を確認できます。


手順としては次のとおりです。


1、所持しているネットバンキング可能な銀行口座に返済金額を入金しておく。

2、各カードローンWEB管理画面で暗証番号を入力してログイン後、「返済」を選び、手順に沿って「ペイジー」で返済をおこなう。



画面の指示に沿って操作すれば簡単にできます。


カードローン会社に振込をする返し方(返済方法)


各カードローン会社の返済専用口座に振込をする方法です。一般的な振込と同じやり方です。


アプリを利用した返し方について


一部のカードローン会社では「アプリ返済」という返し方(返済方法)があります。

スマートフォンにカードローン会社専用のアプリをダウンロードすれば、「カードを持っていなくてもスマートフォンを使って返済ができる」という仕組みです。ただし、アプリはインターネットを使って管理画面にログインするためのツールですので、基本は「インターネット返済」と同じ方法です。

詳しくはこちらのページをご覧ください。


もちろん借入もアプリで可能です。

このようにカードローンで借りたお金の返し方はそれぞれの利用者にとって便利な方法が用意されています。

↑topに戻る

カードローンの利息負担を減らす上手な返し方(返済方法)のコツとは?

カードローンの上手な返し方(返済方法)のコツを解説します。


返済期日前でもOK!早めに返済する


カードローン会社では毎月の返済期日と最低返済額が決まっています。

この返済期日に最低返済額を返済をすればそれでいいのですが、もし「返済期日の5日前に返済した場合どうなるのか?」というと、


ことになります。

ほとんどのカードローン会社では「任意返済が可能」となっています。ですので、返済期日前に返済ができる時は、1日でも早く返済する方がお得な返し方となります。


余裕のある時は多めに返済する


カードローンの毎月の返済額と返済期日は各カードローン会社ごとに決まっていますが、カードローンでは「決められた返済額以上の返済」もできます。

しかも、「期日関係なくいつでも返済は可能」です。

資金に余裕があるときは積極的に返済することで、利息の負担が軽くなります。カードローンのお金の返し方としては、とても賢い返済方法となります。


一括返済もいつでも可能です


「キャッシングの残高をすべて一括返済」したい時もいつでもできます。

たとえ少しでも借入残高が残っていれば、その金額に対してわずかであっても金利・利息が発生します。

「数日後にまた借入が必要」な時でも、いったん一括で返して借りるようにすれば次の借入までは利息が完全に0円となり負担がありません。



このようにできるだけ「こまめに返済」をおこなうのが、利息負担を軽減する上手な返し方のコツです。

これらの返済方法は、カードローンの返し方として非常に重要な項目です。「返済額が減らない」「利息が減らない」と感じる方は、まずはこれらの方法を試してみてください。


できるだけ手数料を支払わないようにする


大手カードローン会社の場合「ATMを使って返済」をすることができますが、ATMによっては利用手数料が無料の場合と有料の場合があります。

例えば、アコムではセブンイレブンにあるセブン銀行ATMやローソンにあるローソン銀行ATMといった提携コンビニATMで返済ができますが、利用手数料として110円〜210円がかかります。(借入の場合も同じ)

しかし、次のような返し方をすれば利用手数料はかかりません。

  • 店頭窓口で返済
  • 自動契約機むじんくんATMで返済(アコムの場合)
  • インターネットから返済
  • 口座引き落としで返済

といった返し方の方法を使えば手数料は無料です。※アコムの指定銀行口座へ振込の場合は、振込手数料がかかります。



※アコムカードローン動画解説「お金の返し方(返済方法)」

ちなみに以下のカードローン会社であれば、提携コンビニATMでの借入・返済とも利用手数料は無料となっています。


※2021年7月現在

↑topに戻る

返済シュミレーションで利息と返済回数と返済期間を調べる

カードローンで借りたお金の返し方で、最も具体的な数字で返済状況を確認することができる方法が「返済シュミレーション」です。

「返済シュミレーション」は、自動計算機能を使って次の項目を確認できます。

  • 毎月の返済額の「元金と利息の内訳」
  • 返済回数
  • 毎月の残高
  • 総利息支払い金額


例、10万円を金利18.0%で3ヵ月借りる場合(3回分割払い)の返済シュミレーション


アコムの返済シュミレーションを使って返済回数(返済期間)・返済額・利息を算出してみましょう。

回数 返済金額 内訳
1(1ヵ月目) 34,338円 元金32,838円
利息1,500円
残高67,162円
2(2か月目) 34,338円 元金33,331円
利息1,007円
残高33,831円
3(3か月目) 34,338円 元金33,831円
利息507円
残高0円
累計 103,014円 元金100,000円
利息3,014円
残高0円
※「残高」は元金の支払い額のみが減少します。

アコムの返済方式は「定率リボルビング」と呼ばれる返済方式です。

※クリック・タップで拡大↓

アコムカードローンのお金の返し方「定率リボルビング」の内容

※対して「残高スライドリボルビング方式」という返済方式もある。

上の画像に示されているように、毎月の最低返済金額は一定のパーセンテージ率を乗じて計算がおこなわれます。しかし、この方法はあくまでも「最低返済額」を算出するものです。

例えば先ほどの10万円を借りた場合の返済シュミレーションの事例では、月々の返済金額は30,000円以上です。しかし、「定率リボルビング」で計算すると、1回目(1ヵ月目)の返済額は次のようになります。

100,000円×(借入金額の4.2%以上)=4,200円→アコムの場合百円単位は切り上げのため、5,000円となる。

したがって、毎月約30,000円を3回分割で返したいと考えている方にとっては、このとおりに返済をしていると「借入残高がなかなか減らないな」と感じてしまうはずです。

このように返済シュミレーションにより、利用する人にあわせて賢く上手に返済ができる返し方がわかることもあります。

カードローンのお金の返し方は、「計画性をもっておこなう」ことが重要です。

返済シュミレーションは各カードローン会社の公式サイトで利用できるようになっています。特にカードローンで数十万円のお金を分割で返済する場合は、借りる前に必ず返済シュミレーションをしておきましょう。

↑topに戻る

借金の返し方で最も気を付けるべき点

カードローンを利用するということは、「借金をする」ことです。

「返し方のコツ」がわかっていても、次のようなことが起こってしまうと利用者にとってはデメリットが発生してしまいます。

  • 返済期限を過ぎてしまいカードローン会社から返済の確認ができない案内がきてから返済する
  • うっかり返済をするのを忘れて遅れてしまう
  • 延滞を繰り返してしまった
  • 計画性のない「返済できない」ような多額の借金をしてしまう

カードローン会社は常に利用者の返済状況の確認をしています。

「カードローンの返済遅れ・延滞」はカードローンの継続利用の審査に悪影響を及ぼします。最悪の場合は「契約解除」となってしまう場合もあります。

ですので「うっかりして返済が遅れた」といったことは1回たりともないようにするのがマストです。

また、返済不能になってしまうくらいの借金をしてしまうのもNGです。万が一「返済できない」ような多額の借金をしてしまった場合は、まず「返済相談窓口」に連絡をしてください。

カードローンで借りたお金が返せない時の「返済相談窓口」



収入に見合った借入金額を決めて、計画性をもってカードローンを利用することも「上手な返し方」のコツにつながります。

↑topに戻る

おすすめのカードローン会社を比較

カードローンには、消費者金融系カードローン銀行系カードローンの2つがあります。

それぞれのおすすめpoint(ポイント)を比較しながら解説します。


消費者金融系カードローンの特徴やおすすめポイントについて


大手消費者金融系カードローンの特徴としては、

  • 即日融資が可能
  • 無利息期間サービスがある

といった点が挙げられます。さらに、

一般的に審査のハードルが銀行系より低い

といわれています。

※ただし「カードローンの審査」はある程度の共通ルールがあります。それらをクリアできていないと、どの会社に申し込みをしてもローン審査にはとおりません。




おすすめのカードローン会社


大手消費者金融系カードローンでおすすめの会社は以下のとおりです。

  • JCBカードローン
  • アコム
  • アイフル
  • レイクALSA(レイクアルサ)
  • SMBCモビット
  • プロミス

サービスも充実しておりおすすめできます。



銀行系カードローンの特徴やおすすめポイントについて


大手銀行系カードローンの特徴としては、「消費者金融系カードローンより金利が低い」という点が挙げられます。

大手消費者金融系カードローン会社の多くは、上限金利年率が17%〜18%となっていますが、大手銀行系カードローン会社の場合は、上限金利年率14%台となっています。


おすすめのカードローン会社


大手の銀行では、

  • 三菱UFJ銀行バンクイック
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 楽天銀行カードローン

といった会社が、使い勝手もよくおすすめできます。




地銀系・ネット銀行系カードローンについて

最近では「地銀系カードローン」もキャンペーンや利便性などのサービス充実してきています。



※クリックすると詳細をご覧いただけます。

ただし、地銀系カードローンの場合、申込条件として「お住まいの地域・勤務先の地域」が限定されている場合が多くあります。該当しない場合は申し込みができません。

またネット銀行では「セブン銀行カードローン」も人気があります。

これらのカードローン会社をランキング形式でおすすめしている総合ページはこちら↓

↑topに戻る

返済に関するよくある質問と回答FAQ

カードローンの返済方法を教えてください

コンビニ・銀行等のATM返済、インターネット返済、自動引き落とし、振込などがあります。※詳しくはこちら

  


「キャッシングの返し方」のコツみたいなものはありますか?

カードローンのキャッシングでの返済で最も気を付けるべき点は「利息をできるだけ減らす」ことです。そのためには返済をこまめにおこなうことが重要です。残高を早く減らすことはもちろん、たとえ1日でも早く返すといったことに注意して返済していくのがコツです。※詳しくはこちら

  


返済時の元金と利息はどのようになっていますか?

利息については「金利と借入金額と借入日数」によって決まります。これらをもとに返済シミュレーションをおこなえば、毎月の返済額や、元金と利息の内訳等の計算ができ確認することができます。※詳しくはこちらのページ

  



記事執筆


カードローンおすすめ比較ドットコム編集部

実際にカードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行勤務経験者が集まって記事執筆・監修を行っています。
●twitteアカウント カードローンおすすめ比較.com編集部


実際にカードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行勤務経験者が集まって記事執筆・監修を行っています。
●twitteアカウント カードローンおすすめ比較.com編集部

↑topに戻る

ページの先頭へ戻る
TOP