銀行や消費者金融のカードローンでの金利利息の計算方法と得するアイデア

「カードローンとは?」わかりやすく解説



 このエントリーをはてなブックマークに追加
カードローンの金利で利息の計算をする方法

カードローンの金利による利息の計算方法

消費者金融や銀行などの金融機関からカードローンなどでお金を借りる際は必ず金利年率が設定されています。

そして借入金額×金利年率の計算式で年間の利息が計算され、その計算に基づきカードローン利用者は利息を支払います。

カードローンを使ってキャッシングした方が支払う利息、これが金融機関の利益になる数字です。

この利息はできるだけ上手に減らしたほうが、カードローンユーザーは得をします。

上手に利息を減らしてもカードローン会社は損をすることはありません。儲けが減るだけですので、遠慮することなく利息軽減のための計算をしっかりと覚えておいて実行してください!

ここで最初に触れておきたいのが金利と利息の違いであります。

カードローンを利用している多くの人があまり金利や利息のことを理解していません。

※理解できているという方はこの解説はすっとばして次の金利による利息計算の事例に進んでください!

  • みずほ銀行カードローンの金利と借り入れ条件
  • 三井住友銀行カードローンの金利と借り入れ条件
  • 注意点カードローンには審査があり一定時間も必要
  • 重要審査通過のための借入残高・借入件数・年収の目安


カードローンの金利とは?

借入をする際には、金利と利息の意味や計算方法をしっかり理解をしておかないと、最終的にかなりの高利息を支払ってしまうことになります。


カードローンの金利について


まず金利とは、お金を借りる際に支払う利息を計算するために決められる数字です。

元金(借入額)に対して、金利(年率)を掛け算すると、1年間お金を借りた場合に支払う利息の金額が計算できます。


カードローンの金利上限


また、金利は借入額により国の法律(利息制限法)で上限金利が決まっています。

貸付金額が10万円未満の場合は20%、10万円以上100万円未満は18%、100万円以上は15%となっております。

ですので金融機関は融資をする際は、20%以上の金利年率は設定することはできません。


一方、利息というのは借主が貸主に対して支払うお金のことを言い、借入額に金利を掛けて算出します。

では実際に事例を使って、金利に対しての利息の計算・シュミレーションを見てみましょう。

↑topに戻る

金利利息と元金の計算式と毎月の返済シュミレーション

カードローンでお金を借りることは、いわゆる借金です。これは数千万円を借りる住宅ローンや、200万円、300万円を借りることもある車ローン等と同じで、

金利に対して利息がかかり借りたお金にプラスして返済をしていくことになります。


返済シミュレーション借入金額10万円の場合の金利計算


計算方法としましては、

例えば、金利(利率は年利で表示されていることが一般的)18%で10万円借入した場合は、1年間で10万円×18%で18,000円の利息が発生します。

1日に換算すると、

18,000円÷365日=約49.31円

です。


金利計算のシュミレーション借入金額50万円の場合


借入額50万円で期間3年、金利18%だと仮定して、試算すると、

50万×18%×180日÷365日=44,383円

となり、これが利息の総額にあたります。

ただし、一日でも延滞してしまったら遅延利息として大体のカードローン会社で設定されている20%の金利分の利息が取られます。

利息は利息制限法により上限20%と法律で決まっているのでそれ以上取られることはありません。


返済は元金+金利利息で毎月支払う


カードローンの返済では、必ず元金に利息をプラスして返済していきます。

また、カードローンの返済は、最低毎月必ず1回はおこなうことになるので、返済負担となる「月々の返済額」もしっかりと計算・確認しておく必要があります。


借入条件


  1. 借入金額 5万円
  2. 毎月の返済金額 2,000円
  3. 金利・・・年14.5%

この条件での、

  • 毎月の返済金額による元金と利息の内訳
  • 全利息額の支払い金額
  • 支払い回数

は次のようになります。

※クリック・タップで拡大↓

借入金5万円14,5%の金利による元金と利息の返済シュミレーション

では次に金利の条件を変えて比較してみましょう。

  1. 借入金額 5万円
  2. 毎月の返済金額 2,000円
  3. 金利・・・年18.0%

とした場合は次のようになります。




「残高スライド元利定額返済方式」「残高スライドリボルビング方式」での注意点

消費者金融貸金業や銀行のカードローンでは、返済方法として「残高スライド●●方式」を採用しているところがほとんどです。

この方式は、「ご返済金額は、最終お借入後の借入残高によって決まります。」と書かれています。

基本的に「借入額が多いほど毎月の最低返済額も多くなる」ということです。

逆に「継続して返済をして借入残高が減ってくると毎月の最低返済額が下がる」わけですが、この場合の注意点として、

先ほどの2つの条件では、毎月の返済金額は2,000円で固定されていますが、

例えばプロミスで、15万円の借り入れをした場合、最初の月は、プロミスで決められている借入残高15万円に対しての最低返済金額の「6,000円」を返済することになります。

元金が減っていき、借入残高が「13万円」になった場合、プロミスでは最低返済金額が「5,000円」に自動的に変わります。


これだと「毎月の返済金額が楽になった」ことにはなるのですが、返済額が減ると、それだけ借入期間も長くなるので、当然利息の支払い額は、「6,000円」を返済している時よりも多くなります。

ですので、今まで通り6,000円の支払いで支障がなければ、そのまま6,000円を払い続けていたほうが、早く完済できますし、利息総額も減り、負担が減りますのでその点は覚えておいてください。

特に銀行口座から引き落としを選択していると、引き落とされる返済金額も自動的に減りますので別途、ATMを使って繰り上げ返済などを行って、できるだけ早期返済・利息軽減を考えて返済を心がけてください。


※繰り上げ返済をするかしないか?はあくまでも本人に任意となります。

毎月の最低返済金額さえきっちりと期日に返済していれば、問題はありません。

↑topに戻る

SMBCモビットのカードローンの利息計算

利子を下げるならどこの会社がおすすめ?

「カードローンの金利利子を下げたい」と考えるなら、一般的には銀行系カードローンがおすすめです。

アコムやレイクALSA(レイクアルサ)といった、消費者金融系のカードローンの金利は、銀行系カードローンより、上限金利が高い設定になっています。

一般的なカードローン会社の年利率

  • 消費者金融系カードローン・・・年利率上限約18.0%
  • 銀行系カードローン・・・年利率上限約14%台

この理由の一つは、消費者金融系カードローンは、銀行系カードローンよりローン審査通過率が高いことがあります。

※安易な「審査ゆるい」とはまた違いますが、各会社の自主規制の部分で「利用者の申し込み条件など許容範囲は広い」という点もあります。

「お金を借りたい人」がキャッシングが出来ることを重視・優先で考えられた結果ですが、その分、債務不履行といったカードローン会社のリスクは高まるため、金利が高くなっています。

かたや、銀行系カードローンは金利が低めに設定されていますので、金利だけ見ると利用者にメリットはあります。

しかしその分、審査のハードルが高めで、ローン審査日数もかかります。

※ちなみに大手消費者金融系カードローンの審査結果は早く、緊急時でも即日融資に対応しています。また、「ローン審査なし」というカードローンはありません。


「いいとこどり」ができるカードローンはここ

ただし、大手のネット銀行楽天銀行スーパーローンや三菱UFJ銀行バンクイックの場合は、

審査結果は最短翌日、実際の借り入れも最短翌日にできるシステムになっています。

しかも、金利は消費者金融系カードローンより低いという、「いいとこどり」ができるおすすめのカードローンです!

特に三菱UFJ銀行バンクイックは、保証会社が「アコム」になっており、審査のほとんどをアコムが担当していますので、他の銀行系カードローンよりは「期待が持てる」と考えてもいいでしょう。


カードローンの「借り換え」をする


もし現時点ですでに金利の高いカードローンでキャッシングを行っている方は、こういった金利の低いカードローン会社に「借り換え」をすることが上手な借り入れのポイントとなります。

1万円程度のキャッシングなら、金利が高くても1ヵ月程度借りて利息は数百円ですが、仮に50万円や100万円、200万円の借り入れともなると、金利の違いで「数万〜数十万」の違いも出てきますので、金利を下げることは重要な要素となります。


また、増額を考えている人も、金利の低い会社に借り換えて増額を考えるのがベストです。

↑topに戻る

利息に関するよくある質問と回答

利息と毎月の返済はどのように計算しているのか?
毎月1回「お利息=利用金額×借入利率÷365日×利用日数」で算出します。残高があれば、同じように毎月計算が行われます。※詳しくはこちら
契約をしたらすぐに金利利息が発生するのか?
カードローンは契約をしただけでは利息(金利)は発生しません。借入をすれば金利・利息が発生します。
無利息で借りられるカードローンはありますか?
カードローン会社で借入をすると、必ず金利利息がかかります。ただし、一部の会社では条件によって無利息期間が設定されている場合があります。※詳しくはこちら

記事執筆・監修


user

約10年間京都の銀行でリテール営業をメインとして預金・カードローンの受付・審査等を担当をしていました。経験者であるからこそわかるローンに関する知識を読者の方の「知りたい情報」に役立てることができれば嬉しいと思っています。中立的な立場で親身なアドバイスを心がけています。


user

約10年間京都の銀行でリテール営業をメインとして預金・カードローンの受付・審査等を担当をしていました。経験者であるからこそわかるローンに関する知識を読者の方の「知りたい情報」に役立てることができれば嬉しいと思っています。中立的な立場で親身なアドバイスを心がけています。


↑topに戻る

ページの先頭へ戻る
TOP