このエントリーをはてなブックマークに追加
カードローンの金利による利息の計算方法

カードローンの金利で利息の計算をする方法

消費者金融や銀行などの金融機関からカードローンなどで
お金を借りる際は必ず金利年率が設定されています。

そして借入金額×金利年率の計算式で
年間の利息が計算され、その計算に基づき
カードローン利用者は利息を支払います。

カードローンを使ってキャッシングした方が支払う利息、

これが金融機関の利益になる数字です。

この利息はできるだけ上手に減らしたほうが、
カードローンユーザーは得をします。

上手に利息を減らしてもカードローン会社は
損をすることはありません。儲けが減るだけですので、

遠慮することなく利息軽減のための計算を
しっかりと覚えておいて実行してください!

ここで最初に触れておきたいのが金利と
利息の違いであります。

カードローンを利用している多くの人があまり
金利や利息のことを理解していません。

※理解できているという方はこの解説は
すっとばして次の金利による利息計算の事例
に進んでください!

みずほ銀行カードローンの金利と借り入れ条件
三井住友銀行カードローンの金利と借り入れ条件
注意点カードローンには審査があり一定時間も必要
重要審査通過のための借入残高・借入件数・年収の目安


カードローンの金利とは?

借入をする際には、金利と利息の意味や
計算方法をしっかり理解をしておかないと、
最終的にかなりの高利息を支払ってしまう
ことになります。

カードローンの金利について


まず金利とは、お金を借りる際に支払う
利息を計算するために決められる数字です。

元金(借入額)に対して、金利(年率)を
掛け算すると、1年間お金を借りた場合に
支払う利息の金額が計算できます。

カードローンの金利上限


また、金利は借入額により国の法律(利息制限法)
で上限金利が決まっています。

貸付金額が10万円未満の場合は20%、
10万円以上100万円未満は18%、
100万円以上は15%となっております。

ですので金融機関は融資をする際は、
20%以上の金利年率は設定することは
できません。


一方、利息というのは借主が貸主に対して支払うお金のことを言い、借入額に金利を掛けて算出します。

では実際に事例を使って、金利に対しての
利息の計算・シュミレーションを見てみましょう。

↑topに戻る

金利利息と元金の計算式と毎月の返済シュミレーション

金利計算のシュミレーション借入金額10万円の場合


計算方法としましては、

例えば、金利(利率は年利で表示されている
ことが一般的)18%で10万円借入した
場合は、1年間で10万円×18%で18,000円の利息が
発生します。

1日に換算すると、

18,000円÷365日=約49.31円

です。

金利計算のシュミレーション借入金額50万円の場合


借入額50万円で期間3年、金利18%だと仮定して、
試算すると、

50万×18%×180日÷365日=44,383円

となり、これが利息の総額にあたります。

ただし、一日でも延滞してしまったら
遅延利息として大体のカードローン会社
で設定されている20%の金利分の利息が
取られます。

利息は利息制限法により上限20%と法律で
決まっているのでそれ以上取られることは
ありません。

返済は元金+金利利息で毎月支払う


借入条件

  1. 借入金額 5万円
  2. 毎月の返済金額 2,000円
  3. 金利・・・年14.5%

この条件での、

  • 毎月の返済金額による元金と利息の内訳
  • 全利息額の支払い金額
  • 支払い回数

は次のようになります。

※クリックで拡大↓

借入金5万円14,5%の金利による元金と利息の返済シュミレーション

では次に金利の条件を変えて比較してみましょう。

  1. 借入金額 5万円
  2. 毎月の返済金額 2,000円
  3. 金利・・・年18.0%

とした場合は次のようになります。


画像を入れる


「残高スライド元利定額返済方式」「残高スライドリボルビング方式」での注意点

消費者金融貸金業や銀行のカードローンでは、
返済方法として「残高スライド●●方式」を
採用しているところがほとんどです。

この方式は、

「ご返済金額は、最終お借入後の借入残高によって決まります。」

と書かれています。

基本的に「借入額が多いほど毎月の最低返済額も多くなる」
ということです。

逆に「継続して返済をして借入残高が減ってくると
毎月の最低返済額が下がる」わけですが、

この場合の注意点として、

先ほどの2つの条件では、毎月の返済金額は
2,000円で固定されていますが、

例えばプロミスで、15万円の借り入れをした場合、
最初の月は、プロミスで決められている
借入残高15万円に対しての最低返済金額
の「6,000円」を返済することになります。

元金が減っていき、借入残高が「13万円」になった場合、
プロミスでは最低返済金額が「5,000円」に自動的に変わります。


これだと「毎月の返済金額が楽になった」ことに
はなるのですが、返済額が減ると、それだけ借入期間も
長くなるので、当然利息の支払い額は、「6,000円」を
返済している時よりも多くなります。

ですので、今まで通り6,000円の支払いで
支障がなければ、そのまま6,000円を払い
続けていたほうが、早く完済できますし、
利息総額も減り、負担が減りますので
その点は覚えておいてください。


特に銀行口座から引き落としを選択していると、
引き落とされる返済金額も自動的に減りますので
別途、ATMを使って繰り上げ返済などを行って、

できるだけ早期返済・利息軽減を考えて
返済を心がけてください。


※繰り上げ返済をするかしないか?は
あくまでも本人に任意となります。
毎月の最低返済金額さえきっちりと期日に
返済していれば、問題はありません。

↑topに戻る

SMBCモビットのカードローンの利息計算

楽天銀行スーパーローン・三菱UFJ銀行バンクイックがおすすめの理由

消費者金融のカードローンは審査も厳しくなく、
また即日融資にも対応しているため金利は
高めに設定されており、

かたや銀行カードローンは審査も厳しく
借入まで数日かかるため、金利はやや
低めに設定されております。

↑topに戻る

利息に関するよくある質問と回答

利息と毎月の返済はどのように計算しているのか?
毎月1回「お利息=利用金額×借入利率÷365日×利用日数」で算出します。残高があれば、同じように毎月計算が行われます。※詳しくはこちら
契約をしたらすぐに金利利息が発生するのか?
カードローンは契約をしただけでは利息(金利)は発生しません。借入をすれば金利・利息が発生します。
無利息で借りられるカードローンはありますか?
カードローン会社で借入をすると、必ず金利利息がかかります。但し、一部の会社では条件によって無利息期間が設定されている場合があります。※詳しくはこちら

記事監修


記事執筆・監修者 S・T 元銀行員 男性

約10年間京都の銀行でリテール営業をメインとして預金・
カードローンの受付・審査等を担当をしていました。
経験者であるからこそわかるローンに関する知識を
読者の方の「知りたい情報」に役立てることができれば
嬉しいと思っています。中立的な立場で親身なアドバイスを
心がけています。

↑topに戻る

  このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る