銀行系・消費者金融系カードローンを利用するなら繰り上げ返済で利息を減らすのがコツです。その方法を伝授します。

銀行系・消費者金融系カードローンを利用するなら繰り上げ返済で利息を減らすのがコツです。その方法を伝授します。

「カードローンとは?」わかりやすく解説



 このエントリーをはてなブックマークに追加
カードローンは繰り上げ返済が可能です!

カードローンの繰り上げ返済の方法や利息軽減のメリットとは

銀行系・消費者金融系のほとんどのカードローンでは繰り上げ返済が、いつでも・あらゆる方法でできます!!

その事例や方法をわかりやすくご紹介します。

ぜひ最後まで読んでみてください。



繰り上げ返済・繰り上げ一括返済のメリット

このページを読んでおられる方はすでにご存じかと思いますが、

ローンでお金を借りると金利が付き、利息が発生します。

そして、

  • お金をかりる期間が長ければ長いほど
  • お金を借りる金額が多ければ多いほど

利息の支払いは増えていきます。

ですので、出来るだけ利息を減らそうと思えば、まず借入期間を短くすることが重要となってきます。

※もちろん、そもそも融資金額を減らせるなら、そうしてください!

そのためにカードローンの利用では「繰り上げ返済」ができると、

利息の軽減に繋がり大きなメリットになります。

重要なのでもう一度言いますが、「繰り上げ返済」

これが、利息の支払いを少なくする最も重要なコツと言えます。


通常の返済と繰り上げ返済の意味の違い


カードローンでの通常の返済は、毎月1回決められた額を返済することです。

銀行系カードローンなら口座自動引き落としで返済をすることが決まりになっている場合もあります。(みずほ銀行等)

対して「繰り上げ返済」は、毎月1回の返済とは別に返済をおこなうことです。

現在の大手カードローン会社なら、利用者の都合でどんなタイミングでも繰り上げ返済が
可能です!

繰り上げ返済が多ければ多いほど、また金額が大きいほど借り入れ残高は早く減りますので、利息の負担も少なくなります。


一括繰り上げ返済も可能


カードローンで借りているお金を「すべて返済できる目途」が立てば、一括で返済して完済させることもできます。※いつでも可能。

仮に再度お金を借りるシーンが発生したとしても、まず一度完済しておけば、その間利息は発生しませんので、一括返済ができる時は、面倒と思わずいったんすべて完済しておくのが、カードローンの上手な利用方法です。


手数料などは必要なし


ほとんどのカードローンサービスでは、繰り上げ返済・一括返済にかかわる手数料などは発生しません。

「借り換え」の際にも役立ちます

何らかの事情でカードローン会社を変更したいというときも、いつでも手数料などはなしで一括繰り上げ返済を行い借り換えることもできるので、メリットを最大限生かせます。

※一部の住宅ローンなどでは繰り上げ返済をする場合は手数料が発生する会社もあります。


利息のシミュレーションで計算しておく

これからカードローンを利用するかもしれない方に上手返済をするためにお勧めしておきたいのが、事前に返済シミュレーションをしておくことです。

カードローン会社の公式サイトには、自動返済シミュレーションが用意されているところもあります。

このサービスを利用すれば

  • いくら借りるのか?
  • 金利は?
  • 返済回数は?
  • 毎月の返済金額は?
  • 総利息の支払い金額は?

などが一目瞭然でわかります。



豆知識 繰り上げ返済で注視する点

すべての銀行ローンや消費者金融ローンで繰り上げ返済ができるわけではありません。

繰り上げ返済サービスができる会社を選びたい場合は、次の点に注意してローンを選びましょう。


クレジットカードのキャッシングリボ払い


クレジットカードにもキャッシングサービスがある会社がありますが、会社によって「キャシングリボ払い」では繰り上げ返済ができない場合があります。


証書貸付


証書貸付とは、簡単に言うと、「カードを使わないローン」です。

このパターンのローンは、フタバ・フクホー・アローといった中小消費者金融系ローンに多い貸付方法です。

この2つの項目に注意して、繰り上げ返済ができるカードローン会社を選ぶようにしてください。



では次に「繰り上げ返済の方法」について
詳しく解説します。

↑topに戻る

カードローンの繰り上げ返済の方法について

SMBCモビットという消費者金融系カードローンがあります。

SMBCモビットで繰り上げ返済をしてみた

このカードローンで実際に繰り上げ返済をしてみました!

その時のやり方を解説します。


提携ATMを使う


SMBCモビットは提携ATMとして、三井住友銀行があり、ATMが手数料無料で使えます。

SMBCモビットのカードローンを三井住友銀行ATMを使って繰り上げ返済する方法

※操作画面の案内通りに進めれば簡単。

画面の案内にしたがって操作すれば、ものの数分で繰り上げ返済が可能でした!


コンビニのATMも提携しています!


  • セブンイレブン(セブン銀行)
  • ローソン(ローソン銀行)
  • ファミリーマート(e-net)

などのコンビニに設置されているATMでも一括・繰り上げ返済が可能です。

ただし、2021年7月現在は利用手数料がかかります。この金額やSMBCモビットについての詳しい情報はこちらのページを参考にしてみてください。↓



他の消費者金融系カードローンでも繰り上げ返済は可能!


SMBCモビットと同じように、

  • アコム
  • レイクALSA(レイクアルサ)
  • アイフル
  • プロミス

といったカードローン会社でも、簡単に繰り上げ返済はできます!※会社名をクリックすればその会社の詳細をご覧いただけます。


銀行振込での繰り上げ返済


銀行口座をお持ちの方は、SMBCモビットの預金口座に振込を使って繰り上げ返済をすることもできます。※振込手数料がかかわる場合があります。

↑topに戻る

繰り上げ返済をしたい時のカードローン会社の選び方

カードローンを比較してみると、各会社でちょっとした違いを発見できます。

カードローン会社を選ぶ際に比較をしてどんな違いがあるか?をご紹介します。


金利が高いか低いか?


金利については一般的には、

銀行系カードローンの方が消費者金融系カードローンより低金利

ということがわかりました。



すぐに融資を受けることができるか?(即日融資)


銀行系カードローンは翌日融資が最短です。場合によっては、2,3日〜1週間かかるという銀行もざらにあります。

※審査にかかる時間の影響が大きいものです。


消費者金融系カードローンは大手なら即日融資ができるところがほとんどです。

参考 ページタイトル「カードローン即日融資の方法。人気があり安心な会社は?の質問に答えます!」※解説ページはこちら

これからカードローンの利用をお考えの方は、これらの違いを理解してあなたに合ったカードローン会社を見つけてみてください。


ランキングを付けるとしたら


もし筆者がカードローン会社の選び方でランキングを付けるとすれば優先順位は次のようになります。

  • 1位 安心できる大手の会社
  • 2位 金利が低い会社
  • 3位 無利息期間がある会社
  • 4位 即日に借りることができる会社
  • 5位 ATM手数料が無料で利用できる会社

1位と2位はマストですが、4位の即日融資に関しては、申し込みをしたその日にお金を借りたいユーザーであれば1位になることもあるでしょう。

2位の金利が低い会社は銀行系カードローンとなります。銀行は預金で預けられているお金を活用して貸し出しを行いますので、

金利を低く抑えることができます。詳しくは詳細な解説ページに一覧がありますので参考にしてください。↓

無利息期間があるかないか?

実は一部のカードローンでは無利息期間サービスが付帯している会社があります。

このサービスもカードローンを選ぶ際にとても大きなポイントになります。次に詳しく解説します。

↑topに戻る

キャシングが初めての方必見!無利息期間のある会社をうまく活用

無利息期間のあるカードローン会社はずばり大手の消費者金融系の会社です!


無利息期間とは?


各カードローン会社と初めて契約をする際に契約後一定期間は無利息・金利なしで融資を受けることができるサービスです。

ですからその間は利息が0円です。

さらに無利息期間のあるカードローンの詳しい内容はこちらのページを参考にしてみてください。↓


↑topに戻る

カードローンの申し込みをしてみたい方

ではここで簡単に申込の流れをご紹介しておきます。※申し込みの詳細については、

専門の解説があるページをリンクしておきますので、もっと詳しく知りたいときは、参考にしてください。


利用条件を確認しておきましょう。


次の利用条件がすべてクリアできない場合は申し込みはできません。

  • 年齢が20歳以上の方
  • 安定した収入が継続してある方

各カードローン会社によってはその他にも条件が付いている場合がありますので、必ず申し込み前に確認しておきましょう。


申込方法


インターネットでWEB申し込みが圧倒的に便利です。実際に多く使われている方法です。


土日祝の申し込みも可能です。


申込自体は土日祝でもおこなうことは可能です。

さらに大手消費者金融系カードローンなら、土日祝に審査も行われて(最短30分〜1時間程度)すぐに契約・融資ができます。

※消費者金融系。詳しくはこちらで紹介している会社を参考。↓



申し込み後、審査通過で契約が完了


申込をおこなうとカードローン会社にて審査が行われます。

審査に通過すれば、契約ができカードローンを利用することができます。




借入限度額について

カードローンでは「いくらまで借りられるか?」の上限が審査によって決められます。

この上限の金額は年収や過去のローン・クレジットカードなどの履歴などによって、ユーザーが無理なく安全に借入・返済ができるであろう額を審査で決めています。

↑topに戻る

よくある質問と回答FAQ・お金の相談窓口

カードローンの繰り上げ返済について
よくある質問と回答FAQをまとめました。

カードローンの繰り上げ返済はできますか?
大手のほとんどの銀行系・消費者金融系カードローン会社では繰り上げ返済がいつでも可能となっています。※詳しくはこちら
繰り上げ返済のメリット・デメリットを教えてください
メリットととして大きいのは「借入残高を早く減らすことで利息を軽減できる」ことです。デメリットについてはほぼないと考えてよいでしょう。仮に多少無理をして繰り上げ返済をした場合、カードローンならあらためて借り入れがいつでもできます。とにかく借入残高を早く減らせば利息は少なくて済みます。
一括でカードローンの借入をすべて返済して完済することはできますか?
一括繰り上げ返済もいつでも可能です。※詳しくはこちらのページ
カードローンの繰り上げ返済をするとき手数料は発生しますか?
繰り上げ返済をするために手数料が発生することはありません。ただし提携ATMでの返済の場合、通常の返済と同じようにATM手数料がかかる場合があります。手数料は各会社によって金額が変わります。※詳しくはこちらのページ

各カードローン会社への電話での質問も
可能ですので、わからないときは
遠慮することなく質問してみましょう。

お金の相談について


もしカードローンを利用して質問や
疑問が生じたときは次の機関に
相談をしてみましょう。


万が一カードローンで返済に困ったときはいくつかの相談窓口があるので、活用してください。

返済方法の見直しなどの提案を受けることができる場合もあります。

電話での相談も可能です。

記事執筆


カードローンおすすめ比較ドットコム編集部

実際にカードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行勤務経験者が集まって記事執筆・監修を行っています。
●twitteアカウント カードローンおすすめ比較.com編集部


実際にカードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行勤務経験者が集まって記事執筆・監修を行っています。
●twitteアカウント カードローンおすすめ比較.com編集部


↑topに戻る

ページの先頭へ戻る
TOP