貸金業のクレジットカード会社では在籍確認が行われないことが多い理由とは?に回答します。

 このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカードの在籍確認について

よく質問をされるのが、

クレジットカードの在籍確認の電話なしの会社はありますか?

という内容です。

クレジットカードの審査の在籍確認はあるのか?ないのか?

結論的には、

クレジットカードの審査では在籍確認の電話なしの場合がほとんどです。

ただし、「クレジットカードやカードローンの利用が
全く初めて」という方は在籍確認の電話が行われる
可能性はあります。

ここでいう在籍確認とは、消費者がカードローンやクレジットカードのサービスの申し込みを行った際に、貸金業者や銀行がおこなう審査の中の手順の一つです。

※クレジットカード会社は貸金業。

在籍確認をおこなうことで、申し込みで記載された勤務先会社での在籍を確認します。

年収の根拠となる確認事項とも言えます。

ほとんどの在籍確認は職場への電話で行われます。

しかし、在籍確認の電話ががほぼ100%行われる貸金業の消費者金融カードローン会社や銀行カードローンと異なり、

貸金業であるクレジットカード会社では在籍確認の電話を行わないケースも多く存在しています。

そうであれば、「気分的には楽になる」という方も多いのでは?と思いますが、

クレジットカードの作り方の重要なポイントとして、「ローン審査通る」「ローン審査通過しやすい」のとはまた別の話であることを知っておいてください。

また、特定の申し込みパターンや内容によっては在籍確認が実行される場合があります。

このページでは、クレジットカードの審査内容も含めて、在籍確認の内容等詳しく解説していきます。

ぜひ最後まで読んでみてください!


クレジットカードの在籍確認はカードローンより重要視されていない?

消費者金融などの貸金業系カードローンは直接お金を借入れるため貸金業法が適用されています。

カードローンは限度額は500万円〜1000万円といった高額のお金をは無担保・無保証で融資するサービスがほとんどですので、

貸金業者は貸し倒れにあった際のリスクが非常に高いため、在籍確認を重要し、収入の源をしっかりと見なければなりません。

※ちなみに銀行系カードローンもこのようにローン審査が行われます。


しかし、同じ貸金業者でもクレジットカードの在籍確認の電話はカードローンより重視されていないのが実情です。

その理由としては、最初の審査ではクレジット枠を最小限にされ、リスクを小さくしているからということが言えます。

また、クレジットカードの商品購入では、代金を立て替えてもらう仕組みの割賦販売法が適用されます。

※カードローンとの違いはこの適用される法律が違うということが理由にもなります。この違いにより在籍確認の重要性は異なります。

このショッピング枠の比重が大きいわけですが、クレジットカードで商品購入後、支払いが完了するまでは商品の所有権はクレジットカード会社にあります。

つまり商品が担保になります。仮に大きい立て替えがあっても貸し倒れリスクが低いという考え方を持っています。

また、クレジットカードにもキャッシング枠がありますが、こちらも、カードローンより借入枠が少額で、リスク的にはそう大きくないわけです。

※審査内容によってはキャッシング枠は0円で設定されます。

ですので、審査での在籍確認の電話は信用性の確認が明らかに必要である場合を除き、行なれないことが多いのです。

※キャッシング枠も欲しいとお考えの方は、クレジットカードよりカードローンで探すのも一つの方法です。

「クレジットカードより金利が低い」「お得なサービス」のある会社を比較してみてください。↓

実際に私が審査を行っていた内容


以前、私が銀行に勤めていた頃に、カードローンの融資申し込み審査を担当していました。

クレジットカードも扱っていましたので同じく担当していた時期がありました。

実際、申込内容に不備がなくショッピング枠のみの申込や他社からの借入等もない人には在籍確認は行っていませんでした。

私が所属していた支店では年間で約100件弱ほどの申込がありましたが、実際在籍確認をしたのは全体の1割ほどでした。

このようにクレジットカードは無担保融資額が少ない分、カードローンに比べると在籍確認をあまり重要視していないと言えます。

「転職したけど」「派遣社員だけど」という理由で、在籍確認の電話を気にしている方には、その心配は大幅に回避できると考えてください。

とはいうものの、クレジットカードの在籍確認の電話が0%というわけではないので、在籍確認の電話がある場合と、ない場合とでの内容を比較しながら、

次の解説でまとめてみましたので、ご覧ください。

↑topに戻る

クレジットカードで在籍確認の電話が実施される時とされない時のケース

在籍確認の電話が実施されないケース

申込の際、キャッシング枠を付帯せずショッピング枠のみで申込をした場合は、ほとんど在籍確認の電話はほぼ実施されません。

また、楽天カードやyahooカードのように即日発行を全面的に主張し、スピード審査を売りに出しているところは機械での自動審査になり、在籍確認をおこなう時間もないためそこで審査が通れば可決されます。

自動審査により信用力が確認できた人に対しては、在籍確認は必要なしとされ実施されない傾向にあります。

そもそもクレジットカードの大きな目的は、クレジット枠(購入時・サービス利用時のキャッシュレス)での利用が主体です。

クレジットカード枠は最初の申し込みでは大体30万円までのケースがほとんどです。

この場合、カードローンと比べると、貸し倒れのリスクは小さいと言えるため、スコアリングでの自動審査が通れば、在籍確認の電話はなしで審査通過できます。

しかし、在籍確認の電話がないからと言って、審査に通りやすいというわけでもありません。

クレジットカード・カードローンともにローン審査の内容は次のような仕組みになっています。↓



無職はNG


在籍確認の電話がないと言っても、申し込み用紙に無職と書いた場合は、どんな場合でも審査に通りません。


在籍確認の電話が必要とされるケース

クレジットカード申込時にキャッシング枠を同時に申込むと、在籍確認の電話が行われる可能性が高くなります。

これは無担保融資になるため、カードローン同様に返済能力が重視されます。

また、消費者金融や銀行カードローンでお金を借りている人も在籍確認の電話がある確率は高いです。


職種について


パート・派遣・学生アルバイト・公務員の方でも在籍確認が必要と判断された場合は、事業所や会社への電話で行われます。


職場不在の場合


不在でも在籍確認の終了ができます。

受付や代表の窓口で、

●●と申しますが、そちらの△△さんはおられますでしょうか?

ただいま△△は外出しております。

といったやりとりになった場合でも在籍確認が行われたことになり、不在だからと言って否決とはなりません。


会社名を名乗る?


在籍確認の電話でアコムやレイクALSA(レイクアルサ)といった会社名を名乗ることはりません。

電話をしている方の個人名を名乗ります。


特殊な場合


1つ特殊な事例で在籍確認が行われることがある場合の事例をご紹介します。

今回の申し込みで、個人信用情報機関に登録されている過去の履歴の勤務先とが違う場合です。

これは勤務先を嘘をついて書いたり、間違って書いたりした時にも確認のため本人にも質問が行われたりもしますので、勤務先・自営業の住所・携帯電話や自宅の電話番号などは間違わずに、そして虚偽のないように記入してください。
悪質な場合は当然審査に通過しませんので、気を付けておく必要があります。


増額したい場合は?

  • 前回の審査が1年〜2年以上経っている
  • 会社・勤め先・職業を変更している

という場合は、通常の審査と同じ扱いになるケースがあります。

※カード更新時にも再審査が行われる可能性があり、場合によっては在籍確認が必要とされる場合も、稀にあります。

では次に審査の中身について解説をします。

↑topに戻る

肝心の審査に通るためには何が重要か?

さてここまでは、クレジットカードの在籍確認について具体的なところを解説してきましたが、冒頭でもお伝えしている通り、在籍確認はあくまでも審査の中の1項目となります。

在籍確認なしで審査が行われたとしても、それで必ず審査に通るわけでは決してありません。

審査に通るためには、クレヒス(クレジットヒストリー)を十分認知して、申し込みをおこなうことが重要です。



個人信用情報の照会で不安要素がある場合


審査が行われる際の項目の一つとして、CICやJICC(個人信用情報機関)の照会というものがあります。


この機関では、各個人の過去のクレジットカードやカードローンの利用履歴が蓄積・登録されています。

クレジットカード・カードローン会社はこの機関に照会をおこなうことができ、(審査では照会をおこなうことが義務となっている)

  • 個人名・住所・勤務先・勤続期間・年収(各個人が自己申告で提出したもの)
  • 債務の整理の履歴
  • 返済の遅延・延滞・滞納履歴
  • 現在の利用しているクレジットカード・カードローンの状況

といった情報を確認して、新たにカード発行をしても問題がないか?を確認しています。

ここで何かしら「再度確認する必要がある」と判断された場合に、本人確認の電話などで確認作業が行われます。

また、在籍確認の電話についても同様で、「勤め先の会社が変わっていないか?確認しておく必要がある」という判断になった場合は、在籍確認の電話が行われる場合があります。

尚、各個人本人が個人信用情報に登録されている内容の開示を申請することもできます。

さらに審査の内容の詳細については、こちらのページを参考にしてみてください。↓


↑topに戻る

消費者金融での在籍の確認は?実際の経験者の解説

SMBCモビットは書類の在籍確認のみで、電話連絡はなしとなるケースがあります。

実際に消費者金融のアコムの無人契約機で勤められていた方の経験から在籍確認の手順や様子を解説しているページがありますので、参考にしてみてください。↓


このページでは、在籍確認の電話での多い質問、(代表電話はOK?・会社不在の場合・個人情報の取り扱い・会社名を名乗る?名乗らない?)といった方法をより詳しくまとめています。

↑topに戻る

よくある質問と回答FAQ

クレジットカードの申し込み後の審査では在籍確認の電話がなしの会社はありますか?
クレジットカードの審査では在籍確認の電話はない会社がほとんどです。ただし本人確認の電話で勤めの会社の情報を聞かれることがあります。また電話はなくても在籍確認自体は行っています。※詳しくはこちら
もし在籍確認の電話があった場合、何を聞かれますか?
在籍確認の電話では、本人が勤めていることが確認できれば、それ以外に聞かれることはほとんどありません。ただし本人確認の電話と在籍確認の電話を一緒におこなう会社では名前、生年月日、住所などの基本的な情報は聞かれる場合があります。※詳しくはこちら
クレジットカードの在籍確認の電話は会社名でかかってきますか?
ほとんどのクレジットカード会社は在籍確認の電話は会社名でかかってきます。※詳しくはこちら

記事執筆・監修


user

約10年間京都の銀行でリテール営業をメインとして預金・カードローンの受付・審査等を担当をしていました。経験者であるからこそわかるローンに関する知識を読者の方の「知りたい情報」に役立てることができれば嬉しいと思っています。中立的な立場で親身なアドバイスを心がけています。


user

約10年間京都の銀行でリテール営業をメインとして預金・カードローンの受付・審査等を担当をしていました。経験者であるからこそわかるローンに関する知識を読者の方の「知りたい情報」に役立てることができれば嬉しいと思っています。中立的な立場で親身なアドバイスを心がけています。


↑topに戻る

ページの先頭へ戻る
TOP