限度額50万円以上か以下か?でカードローンの収入証明書不要・必要が決まります

「カードローンとは?」わかりやすく解説



 このエントリーをはてなブックマークに追加
「カードローンのローン審査で」収入証明書が必要か不要か?

カードローンの収入証明書

とは、カードローンを新規で申し込む際にユーザーの収入を証明するため提出する書類です。※提出が不要になる場合もあります。

収入証明書が必要となる理由は、カードローンの審査では申し込みユーザーの年収を金融機関がチェックする必要があるためです。

年収をチェックすることで借金をしたときの返済能力の指標になります。

そして、最終的にカードローンの貸付限度額(契約限度額上限)が算出され、契約時に決定されます。

当サイト編集部に次のような質問が届きました。「収入証明書が提出できないので不要にする方法はありませんか?」

その回答は、実はカードローンの申し込みをする際、があるのです。

ある条件で申し込みをすれば、この収入証明書の提出を不要にすることができます。

このページでは、収入証明書を不要にできる理由や条件と、逆に必要な場合の収入証明書の提出書類の種類を詳しく解説します。

また収入証明書不要で契約できるすすめのカードローン会社などを分かりやすく解説します。

ぜひ最後まで読んでみてください!

カードローンの申し込みで「収入証明書不要か必要かに分かれる条件」とは?

カードローン会社は契約をする際にローン審査をおこないます。そして「どのくらい返済能力があるか?」を年収によって決定しています。※「審査なし」というカードローン会社はありません。

年収によってはカードローンの申し込みをしても契約不可となる場合もあります。ですので、年収証明書は大事な提出書類になります。※所得証明書とも呼ぶ。

しかし、条件によっては「カードローンの申し込みでの収入証明書は必要ナシ!」になる場合があります。しかも、割と多くのユーザーに当てはまる条件ともいえます。

「消費者金融系カードローン」の収入証明書が不要となる条件は、次のような場合です。

  • 収入証明書書類提出なし・・・申し込み時の借入限度額が50万円以下の場合
  • 収入証明書書類提出あり・・・申し込み時の借入限度額が50万円以上の場合

これらの条件によって「収入証明書不要なのか、必要となるか?」が決まってきます。

ほとんどのカードローンでは、「借入限度額50万円以下」なら収入証明書の提出は不要にできます。50万円以上なら書類を提出する必要があります。

「収入証明書がない」「面倒だから提出しないでおきたい」という方は、50万円以下の限度額の申し込みを考えてみましょう。

要するに「借入限度額を大きくしてたくさんお金を借りる場合は収入証明書が必要ですよ」ということです。

これらの条件は「アコムやプロミス、アイフル、SMBCモビットといった大手消費者金融系カードローン」や「一部の大手の銀行系カードローン」でもほぼ同じ条件です。

収入証明書がいらないのであれば、カードローンの申し込み時に提出書類を1つ省略でき手間や時間が省けます。


借入限度額50万円以下でも収入証明書が不要とならない場合


ただし消費者金融系カードローン会社の場合、借入限度額を50万円以下で申し込みをしても、収入証明書書類提出が必要となる場合があります。その条件は次のとおりです。

  • 「カードローンを申し込む時の利用限度額」と「すでに他社の貸金業者からの借入の合計額」が100万円を超える場合

大手消費者金融カードローンのレイクALSA(レイクアルサ)の場合、次のようになります。

※クリック・タップで拡大↓

レイクALSA(レイクアルサ)カードローンの収入証明書提出が必要な場合と不要な場合

この条件は大手消費者金融系カードローンのアコム・アイフル・プロミス・SMBCモビットについても同じ条件となっています。※中小消費者金融会社でも同じです。

ちなみに、銀行系カードローンの場合はこの条件は明確に記載をしていない場合もあります。しかし消費者金融系カードローンと同様に、各銀行におけるローン審査の自社規制により、借入限度額50万円以下の申し込みでも収入証明書の書類提出を求める場合もあります。※詳しくは目次・銀行には「収入の証明書類提出」に法的義務はないが不要ではない理由を参照。

また、銀行ローンの「フリーローン」の収入証明書の書類提出の必要性についてもカードローンと同様です。ただし、銀行や国がおこなっている「教育ローン」といった低金利ローンの場合は、収入証明書の提出が必要となっています。

さらに一度収入証明書を提出すると、3年以上経過した時点で「新しい収入証明書の書類提出のお願い」の連絡が届きます。



クレジットカードでは収入証明書は必要?


「マスターカード」や「楽天銀行クレジット」といった「クレジットカードの申し込み」の場合、収入を証明する書類提出は不要の場合がほとんどです。※ただし、キャッシング機能を付ける場合に提出しないといけない場合があります。

貸付限度額を50万円以上に希望したいという方は、次の目次の・収入証明書として必要な書類の種類と提出方法。キャッシング編をご覧ください。※カードローン契約後に「融資限度額の増額」を希望する時にも収入証明書の提出が必要な場合があります。ですので一度必要書類を確認しておくことをおすすめします。

↑topに戻る

収入証明書として必要な書類の種類と提出方法。キャッシング編

例えば消費者金融のアコムカードローンでは、収入証明書として次の書類のうち一つを提出することになっています。

  • 源泉徴収票
  • 給料明細書
  • 納税通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書書

この提出書類の種類は、ほとんどの銀行系カードローンおよび大手消費者金融系カードローンの会社に当てはまります。


所得証明書とは?


具体的には、市区町村役場(出張所含む)または税務署で取得できる収入証明書類となります。

※クリック・タップで拡大↓

カードローンの申し込み時に提出する所得証明書とは


アコムは貸金業法に基づく提出義務があります


ちなみにアコムカードローンでは、貸金業法第13条に基づき、

  • 「アコムからの借入希望額50万円を超える場合」
  • 「他社を含めた借入総額が100万円を超える場合」

について収入証明書の提出義務が発生します。



ポイント 偽造はNG

当然ですが、これらの書類を偽造すると公文書偽造により処罰されます。絶対にしてはいけません。


提出方法


収入証明書の書類提出には次のような方法があります。

  1. スキャンまたは撮影をしてメール送信・WEB送信をする
  2. FAX
  3. 郵送

「1・2」については、「即日融資」をしてもらう場合に必要な方法です。すぐにカードローン会社に提出できるので、審査時間も短くてすみます。※「即日融資」ができないカードローン会社もあります。


↑topに戻る

収入証明書に関するよくある質問と回答FAQ

カードローンの申し込みをする時、収入証明書は必要ですか?

一般的に、銀行・貸金業ともに、50万円以上の借り入れを希望する場合には収入証明書が必要となります。(その他にも条件があります)※詳しくはこちら

  


収入証明書として認められる書類は?

どのカードローン会社でも源泉徴収票は適用されています。その他としてアコムの例でいうと「給料明細書・納税通知書・所得証明書・確定申告書書」があります。※詳しくはこちら

  


WEB申し込みの際、収入証明書の書類提出の方法は?

WEB申し込みを採用しているほとんどのカードローン会社では、収入証明書の撮影画像をメール送信する方法で提出ができます。さらにFAXか郵送で書類提出できるカードローン会社もあります。※詳しくはこちらのページ

  


↑topに戻る

カードローンなのに「カード発行不要」となる条件もあります!

レイクALSA(レイクアルサ)やプロミスの消費者金融カードローンには、カード発行が不要となる「カードレス契約」があります。

カードレスの場合、WEB管理画面から借入希望をおこない「銀行や金融機関口座のATM」からお金を出金します。


「専用アプリ」なら金融機関口座ATM以外の借入も返済もできる


「カード不要」だと「コンビニATMが使えないので不便」と考える方もいるかもしれません。その場合「スマートフォンに専用アプリをダウンロードしてキャッシングする方法」もあります!

プロミスのスマホアプリが使えるコンビニATM
※「プロミスカードローン」のスマホアプリが使えるコンビニ。

「スマホアプリ」が使えるコンビニATMは次のとおりです。

プロミス セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMで借入・返済が可能
レイクALSA(レイクアルサ) セブン銀行ATMで借入・返済が可能

参考として「プロミスカードローンのアプリの使い方」もご覧ください。↓



「WEB完結」が条件


ただし「カード不要」で申し込み・契約をする場合、「Web完結」が条件になります。「WEB完結」についてはこちらのページを参考にしてください。


「レイクALSA(レイクアルサ)」・「プロミス」のカードローンも、借入限度額が50万円以下であれば収入証明書の提出不要です。※ただし、「他社貸金業の借入金額も含めて100万円以下の場合」。

ですので、「即日融資」を希望される方でも契約を早く進めることができます。

またレイクALSA(レイクアルサ)は、消費者金融系・銀行系カードローン業界で「無利息期間サービスが一番長い」メリットもありますので、おすすめのカードローン会社です!


↑topに戻る

銀行には「収入の証明書類提出」に法的義務はないが不要ではない理由

銀行カードローンの収入証明書に関する法律はどうなのか?について解説します。

収入証明書の提出義務は、貸金業法に基づく融資をおこなうノンバンクのみに適用されるので、銀行法に基づき融資をおこなう銀行カードローンには適用されません。


法的義務は無いものの自主的に金融機関が収入証明書の提出規定を設けている


銀行は金融機関社内規定に基づく理由で、収入証明書の提出の必要・不要を決めています。

銀行法では収入証明書の提出を義務付けておらず、収入証明書の提出はあくまでも銀行の社内規定に基づき返済能力調査が必要だと判断される場合に限られます。

このため銀行カードローンへ申し込みをする際には、申込先の銀行によっては収入証明書以外にも提出を求められる内容も異なります。

現時点での銀行の貸付条件に書かれている収入証明書関連の条件を調べてみると、「50万円以上の借入限度額の場合は収入証明書の提出が必要」となっています。

したがって50万円以下の借入限度額の場合は収入証明書の提出が不要ということになります。

つまり、貸金業法で定められている内容を遵守している傾向があるといえます。

ただし、銀行カードローンの収入証明書の提出基準は社内規定であるため、50万円以下の借入限度額であっても収入証明書が必ず不要とは限りません。

例えば、楽天銀行のスーパーローンでは、基本的には50万円以下の貸付限度額でも、「収入証明書の必要はなし」という記載をしていません。

では、どのような貸付限度額設定でも必ず収入証明書を提出しなければならないのか?といいますと、そうではないようです。

実際に楽天銀行のカードローン事業部にそのあたりを電話で問い合わせたところ、

かならず収入証明書の提出を求めていることはありません。審査の経過において必要と判定がされた場合のみ、提出をお願いしています。

という回答でした。

実は楽天銀行スーパーローンのカードローンの2012年時の商品詳細には「100万円以上の借入限度額の場合は収入証明書の提出をお願いします」と書かれていました。

しかし、現在ではこの記載はありません。

だからといってすべてのユーザーに収入証明書の提出を求めているとも書かれていません。また50万円以上の場合とも書かれていないため、場合によっては60万円でも、70万円であっても条件次第では収入証明書の提出は不要となることも考えられます。

例えばローン審査おける個人信用情報や銀行情報照会などで次のようなエビデンスがある場合です。

  • 収入が安定している
  • 収入が高い
  • 他社借入が0円
  • 過去に金融事故がない
  • カードローンやクレジットカードなどの支払い遅れ、遅延がない

これらの評価点の高い方であれば、「収入証明書の提出は不要」という条件で契約ができるとも十分考えられます。

このように、銀行の場合は基本的には「金融機関社内規定に基づく」取り決めで決定されていることになります。


各カードローン会社の収入証明書提出の必要条件について


実際に各銀行では、どのような条件で収入証明書の書類提出を求めているのか?について大手銀行の事例を調べて比較してみました。


@三菱UFJ銀行バンクイックカードローンは50万円超の借入限度額を希望する場合のみ収入証明書の書類提出が必要

三菱UFJ銀行の「バンクイックカードローン」では、50万円迄の借入限度額を希望する場合には、収入証明書提出は不要です。

50万円を超える借入限度額設定を希望する場合、法律上の提出義務は無いものの三菱UFJ銀行の社内規定により、ローン審査に使用するため収入証明書の提出を求めています。

このため、希望する借入限度額設定を50万円以下に変更すれば、収入証明書の提出義務は無くなるわけです。


Aりそな銀行カードローンは申込み限度額50万円超のみ収入証明書の書類提出が必要

りそな銀行カードローンの収入証明証の提出が必要な場合と不要な場合

50万円以下なら収入証明書の提出は不要。借入限度額によって収入証明書の書類提出が必要・不要が明確です。


Bイオン銀行カードローンは収入証明書の書類提出は不要

借入限度額に関連した「収入証明書・所得証明書の必要・不要に関する記載」はありません。しかし、「審査結果により収入証明書の書類提出をお願いする場合がある」と書かれています。したがって、借入限度額に関係なくローン審査によって収入証明書の提出が必要か、不要かを決定しています。


Cジャパンネット銀行カードローンは収入証明書は必要な方のみ提出

はっきりとした借入限度額の記載はありません。しかし、「収入証明書の提出が必要な方」という項目があります。したがって、ローン審査の状況により提出の有無を決める社内規定があると考えられます。

 


比較してみると、収入証明書の書類提出の条件は各銀行によってさまざまであることがわかります。

↑topに戻る

ローン審査の「勤務先に在籍確認の電話」が不要になるカードローン会社

カードローンのローン審査では、「勤務先に在籍確認」をおこなうことが必要とされています。

勤務先の在籍確認の方法は一般的に「電話」でおこなわれます。申し込み者本人が電話口に出るか、もしくは勤務先の電話受付にて本人が在籍していることがわかれば確認終了となります。

カードローンの申し込みが初めての方はほとんどの場合、在籍確認の電話がおこなわれます。確認が取れない場合は、ローン審査に通らないので注意しておきましょう。※ローン審査の状況によっては、在籍確認の電話が必要ない場合もあります。


勤務先の在籍確認の電話が不要になるカードローン会社


SMBCモビットカードローンは、一定の申し込みの条件をクリアすれば勤務先の在籍確認の電話が不要となります。※電話ではなく書類での確認となります。したがって「在籍確認なし」というわけではありません。

詳しい解説はこちらのページをご覧ください。↓


SMBCモビットは「借入・返済時に三井住友銀行ATMが無料で利用できる」点もおすすめポイントです。


記事執筆


カードローンおすすめ比較ドットコム編集部

実際にカードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行勤務経験者が集まって記事執筆・監修を行っています。
●twitteアカウント カードローンおすすめ比較.com編集部


実際にカードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行勤務経験者が集まって記事執筆・監修を行っています。
●twitteアカウント カードローンおすすめ比較.com編集部


↑topに戻る

ページの先頭へ戻る
TOP