このエントリーをはてなブックマークに追加
カードローンの審査で収入証明書が必要か不要か?

カードローンの収入証明書

とは、

カードローンを新規で申し込む際にユーザーの
収入を証明するため、提出する書類です。

収入証明書が必要となる理由は、カードローンの
審査では申し込みユーザーの年収を金融機関が
チェックする必要があります。

年収をチェックすることで、

借金した場合の返済能力の参考にされます。

そして、最終的に貸付限度額(契約限度額上限)
が算出され契約時に決定されます。

しかし、カードローンの申し込みをする際、

「収入証明書を不要」とできる条件

があります。

ある条件で申し込みをすれば、この収入証明書を
提出の必要を不要にすることができます。

その不要にできる理由や条件と、逆に不要でない
場合の収入証明書の提出書類の種類、

実際に収入証明書の提出不要ができるおすすめの
カードローン会社などを分かりやすい解説して
いますので、

ぜひ最後まで読んでみてください!


カードローンの申し込みで収入証明書不要と必要に分かれる条件とは?

カードローン会社は審査において、年収を
返済能力があるかないか?を1番の指標とします。

年収によってはカードローンの
申し込みをしても契約不可となる場合もあります。

ですので、提出書類としては最も大事な
書類となるわけですが、

カードローンの申し込みでの収入証明書は場合によっては、

必要ナシ!

になる場合があります。しかも、割と多くの
ユーザーに当てはまる条件とも言えます。

結論から言いますと、

  • 収入証明書なし・・・申し込み時の貸付限度額が50万円以下の場合
  • 収入証明書あり・・・申し込み時の貸付限度額が50万円以上の場合

によって収入証明書不要となるか、逆に必要となるか?
が決まってきます。

貸付限度額50万円以下なら収入証明書は不要に
できるカードローンがほとんどです。


50万円以上なら書類を提出する必要があります。

収入証明書がないわけではないけど、
提出が面倒という方は、50万円以下の
限度額の申し込みを考えてみましょう。

つまり簡単に言うと、たくさんお金を借りる、
または借りられる状態にしたいなら、

収入証明書が必要ですよということです。

この条件は最近では大手の銀行カードローンでも
アコムやプロミス、アイフル、SMBCモビット
といった大手貸金業の消費者金融でも
ほぼ採用されている条件です。

収入証明書が不要となると、

提出書類を1つ省けるので手間が減らせる
ことができます。

貸付限度額50万円以上を希望したい

という方は、次の提出書類の種類や提出方法
をご覧ください。

↑topに戻る

収入証明書として必要な書類の種類と提出方法。キャッシング編

例えばアコムでは、収入証明書として、

  • 源泉徴収票
  • 給料明細書
  • 納税通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書書

のうち一つを提出することになっています。

この条件は銀行カードローン(bankcardloan)や
大手消費者金融のキャッシングでもほとんどの
会社で当てはまってきます。

提出方法


これらの書類は、インターネットオンラインを使うなら、
スキャンまたは撮影(鮮明ならスマホでOK)をして、メール送信
すればリアルタイムで提出できます。FAXでもOKなところが
ほとんどです。これらは即日融資をしてもらう場合に役立ちます。

その他は郵送(postin)になります。

ポイント 偽造はNG

当然ですが、これらの書類を偽造すると
公文書偽造により、法的対応を受けること
もあります。

絶対にしてはいけません。

ポイント クレジットカードでは収入証明書は必要?

visacardやアメリカンexpressのようなクレジットカード
での申し込みの場合、収入証明書を付ける必要はほとんど
ありません。

(キャッシング機能を付ける場合で稀に必要な場合があります)

収入証明書が不要となる条件がある


カードローンでは希望借り入れ限度額が
50万円以下(未満)か?以上か?

によって収入証明書の必要性が変わってきます。

こちらでで詳しく解説しています。↓


↑topに戻る

収入証明書に関するよくある質問と回答FAQ

カードローンの申し込みをする時、収入証明書は必要ですか?
一般的に銀行・貸金業のどちらの場合も、50万円以上の借り入れを希望する場合には収入証明書が必要となります。(その他にも条件がります)※詳しくはこちら
収入証明書として認められる書類は?
どのカードローン会社でも源泉徴収票は適用されています。その他としてアコムの例でいうと「給料明細書・納税通知書・所得証明書・確定申告書書」があります。※詳しくはこちら
WEB申し込みでも収入証明書の提出はできますか?
WEB申し込みを採用しているほとんどのカードローン会社では、メール送信で画像提出が可能です。※詳しくはこちらのページ

↑topに戻る

カードローンなのにカード発行不要となる条件もあります!

レイクALSA(レイクアルサ)には、

カードレス契約

があります。

カードレスなので、銀行口座振り込みを
利用することができます。

そうすると、カード有だとコンビニATMが
使えるけど、カード無しになると、それが
できないの?

と思う方もいるかと思いますが、

スマホに専用アプリをダウンロードして
キャッシングする方法があります!

カード無しで借入・キャッシングをする場合は、
スマホを使ってセブン銀行ATMで借入・返済等
ができます。

レイクALSA(レイクアルサ)でも、50万円以下の
貸付限度額の場合、収入証明書の提出不要
ですので、

即日融資でも契約を早く進めることができます。

また無利息期間が消費者金融、カードローン業界で
一番長い期間のサービスを提供しています!


↑topに戻る

銀行では法的な義務はない。貸金業との違い

法的義務は無いものの自主的に金融機関が収入証明書の提出規定を設けている場合


銀行の収入証明書に関する法律はどうなのか?


といいますと、次の金融機関社内規定に
基づく理由で決めています。

収入証明書の提出義務は、貸金業法に
基づく融資を行うノンバンクのみに適用
されるので、

銀行法に基づき融資を行う銀行カードローン
には適用されません。

銀行法では収入証明書の提出を
義務付けておらず、

収入証明書の提出はあくまでも銀行の
社内規定に基づき返済能力調査が
必要だと判断される場合に限られます。

このため、銀行カードローンへ申し込みを
する際には、申込先の銀行により収入証明書
提出有無だけでなく提出が求められる条件も
異なります

とはいうものの、現時点での銀行の貸付条件に
書かれている収入証明書関連の条件を
調べてみると、

「50万円以上の貸付限度額の場合は収入証明書の提出が必要」

となっている条件が主体となっているようです。

つまり、貸金業法で定められている内容を
遵守している傾向があると言えます。

しかし、すべての銀行が同じではないようです。

例えば、楽天銀行のスーパーローンでは、
基本的には50万円以下の貸付限度額でも、

「収入証明書の必要はなし」

という記載をしていません。

では、どのような貸付限度額設定でも必ず
収入証明書を提出しなければならないのか?

といいますと、そうではないようです。

実際に楽天銀行のカードローン事業部に
そのあたりを電話で問い合わせたところ、

かならず収入証明書の提出を求めていことはありません。審査の経過において必要と判定がされた場合のみ、提出をお願いしています。

という回答でした。

実は楽天銀行スーパーローンのカードローンの
2012年時の商品詳細での記載では、

「100万円以上の貸付権度額の場合は
収入証明書の提出をお願いします」

と書かれていました。

それが、現在ではこの明示はなくなっています。

だからといってすべてのユーザーに収入証明書の
提出を求めているとは書かれておらず、

(また50万円以上の場合とも書かれていない)

場合によっては60万円でも、70万円であっても、
審査おける個人信用情報や銀行情報照会
などである程度収入のエビデンスが取れ、

他社借り入れなどが0円、また過去に金融事故もない、
カードローンやクレジットカードなどの支払い遅れ、
遅延などもないといった評価点の高い方であれば、

収入証明書の提出はなしという条件で契約が
できるとも十分考えられます。

このように、銀行の場合は基本的には
「金融機関社内規定に基づく」取り決めで
決定されていることになります。

※全体の「審査」の中の一環として、

「金融機関社内規定に基づく規定」として収入証明書がなしか?必要か?を規定しています。



各カードローンごとの収入証明書提出有無について


実際に各金融機関では、どのような収入証明書の
が求められているのでしょうか。代表的な金融業者の
例として、以下の3つを比較すると分かりやすいです。

@消費者金融のアコムは貸金業法に基づく提出義務

消費者金融のアコムでは、貸金業法第13条に
基づきアコムからの借入希望額50万円を超える場合と、

他社を含めた借入総額が100万円を超える場合のみ
法律に基づく収入証明書提出義務があります。



Aみずほ銀行は50万円超の利用限度額をご希望の場合のみ提出

2. ご本人の年収を確認できる書類のコピーとして、

  • 源泉徴収票
  • 納税証明書(その1・その2)(※2)
  • 住民税決定通知書または課税証明書(※1)

※ご希望の利用限度額が50万円以下の場合は不要です。

のいずれか1通を用意することとなっています。

ポイント 個人事業主の提出の義務は?

みずほ銀行の場合、個人事業主でも収入証明書の
提出の要・不要は同じ条件です。


「個人事業主、会社経営者の方は(※1)または(※2)のいずれかに限ります。」

とされています。


B三菱UFJ銀行バンクイックは50万円超の利用限度額をご希望の場合のみ提出

三菱UFJ銀行バンクイックでは、50万円迄の
利用限度額を希望する場合には、

収入証明書提出は必要ありません。

50万円を超える利用限度額設定を
希望する場合のみ、法律上の提出義務は
無いものの三菱UFJ銀行の社内規定により、

審査に使用するため収入証明書の提出を求めています。

このため、希望限度額設定を50万円以下に
変更すれば、収入証明書の提出義務は
無くなるわけです。

↑topに戻る

SMBCモビットのcardloanは三井住友銀行ATM手数料が0円

SMBCモビットのカードローンは、
SMBCコンシューマーファイナンスが
100%株主となっている会社です。

その関係で、カードローンの借入・返済において、

三井住友銀行のATMが利用手数料0円

で使えますので、三井住友銀行をよく使うという
方にはかなりおすすめのカードローンです!

記事執筆


記事執筆・監修者 カードローンおすすめ比較ドットコム編集部

実際にカードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行
勤務経験者が集まって記事執筆・監修を行っています。

●twitteアカウント カードローンおすすめ比較.com編集部

↑topに戻る

  このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る