銀行や消費者金融のおすすめのカードローンで審査の甘いところはどこ?事実に基づいて比較取材しました

銀行や消費者金融のおすすめのカードローンで審査の甘いところはどこ?事実に基づいて比較取材しました

 このエントリーをはてなブックマークに追加
カードローンの審査は甘い?厳しい?は考えない方がよい理由

カードローンの審査は甘い?厳しい?

結論から言いますと、この疑問を論ずる必要はありません。

なぜならカードローンの審査は、どこの会社も甘い・厳しい関係なく内容はほぼ同じだからです。

アイフルやプロミスの消費者金融みずほや楽天の銀行カードローンでもほぼ同じです。甘いわけでも厳しいわけでもありません。

ですので、ローン審査の甘い厳しいは関係ありません。ローン審査で関係してくるのは、カードローンの申し込みをするユーザーの個人情報がポイントです。

  • 申し込みユーザーの利用条件のクリア
  • 本人確認のクリア
  • 個人信用情報の内容
  • 在籍確認のクリア

大きくはこの4つでローン審査通過・不通過が決まります。

結局のところ、カードローを利用したいと考えている人がやることは、まず利用条件をクリアしているか?を確認して、そして申し込むだけです。

では、ここからカードローンの審査に関して通過するかしないかを判断するための重要な部分をお伝えしていきます。

ここを読めば甘い会社を探す必要はありません。

ぜひ最後まで読んでみてください!


カードローンの審査内容・流れについて

ここからの解説を読めば、申し込みをしてローン審査が通る人、、通らない人がほぼ理解できます。

これがわかれば不安を感じることは必要なくなります。

甘いカードローン審査を探す必要はありません。もしかしたら、無駄な申し込みも回避できるかもしれません。

まずここからはカードローンの審査の流れに合わせて解説していきます。


申し込み条件


カードローンの審査を受けるためにまず申し込みの条件をチェックしましょう。

ほとんどのカードローンでは次の条件をクリアしている必要があります。

  • 年齢が20歳以上(年齢上限は金融機関会社によってさまざま)
  • 安定した収入が継続的にある
  • 個人情報の取り扱いに同意できる

最低この3つはクリアしておく必要があります。

クリアできているなら申し込みを行います。※クリア出来ていない場合は無駄になるので申し込みはやめておきましょう。

ネットを使ってスマートフォンかPCで申し込むのが簡単で早くおすすめです。

そのあとの詳細については、次に解説します。


最初の審査内容


@申込者の意思確認


申し込みが行われると、まずカードローンに申込みをすると金融業者から意思確認の連絡が入ります。(電話連絡での本人確認。連絡の入らない金融業者もあります。)


A仮審査(属性スコアリング審査)


カードローン会社はまず申し込み者の個人信用情報を確認します。

これを属性スコアリング審査といいます。自動審査で行われ、個人情報信用機関に申込者の信用情報の開示を要求します。

属性とは申込者の年齢や職業、居住形態など社会的に属する位置を示すものです。

現在・過去にカードローンやクレジットカードを利用していると、その時に申し込んんだ、ユーザーの氏名・住所・会社名・提示年収などが記録されているので、照会できます。

カードローンの審査では、この属性と信用情報で審査が通れば、本審査まで90%決まったと言っても過言ではありません。


返済能力の大小について


カードローンの審査において、もっとも重要視される項目は返済能力があるかどうかです。安定した収入がないとまず借入はできません。

ポイントは2つあります。

1、

アルバイトや派遣社員は、公務員や正社員などに比べればローン審査評価は低くなりますが、しっかりと毎月の収入があればローン審査に通過する可能性はあります。

返済できる金額が小さければ貸付限度額を10〜20万円程度と低く設定されてローン審査が通る事例があります。

2、

また、収入が多くてもすでに他社の借入件数や借入総額(貸付限度額も含む)が多ければ、その分は貸付枠から除外されます。消費者金融カードローンでは、年収の3分の1までしか借入ができないので総量規制の枠を越えていないかなどチェックされます。


銀行は総量規制と関係ないでしょう?


総量規制という法律は貸金業に適用されるものですので、たしかに銀行は総量規制対象外なのですが、

現在は銀行でも年収の3分の1までの貸し付けという数字を重視しており、貸金業の消費者金融とほぼ同じ基準になっています。

さらに、カードローンの審査での重要な部分はこちらのページで解説していますので、参考にしてみてください。↓


↑topに戻る

甘い会社があってもこんな人はまず審査に通らない!?

ここではカードローンの申し込みをしてもローン審査には通らないという方の条件をはっきりと書いておきます。


1、

20歳以下の人、無職で収入が無い人はまずカードローンの利用はできませんので、申し込まないようにしてください!


2、

すでにカードローンでキャッシングをしているという方で、3社以上の複数のキャッシング会社からお金を借りているという方は、そのままではローン審査に通らない可能性は非常に大きいです。

借入金額と借入件数もローン審査の対象になっています。

このあとご紹介する、初めての方限定の「アコムやレイクALSAの無利息サービス」等を利用したい場合は、まず、今のキャッシング会社を
解約して、1社程度にしてから申し込みを行ってください。


3、

今のキャッシングで返済の延滞が多い方はNGです!クレジットカードの支払いをいつも忘れるて遅れるという方も、新規のキャッシングの申し込みはやめておいた方が無難です。

これらの履歴も個人信用情報に記録されています。 ダメもとでも。。というのもやめておきましょう。

下手をすると今使えているカードローンやクレジットカードも契約を強制解除されます。

まずは今の返済・支払いをきちっと約束を守って履行できるようにしてください。


4、

カードローンの審査が甘いと言う関連サイトでは、よくブラックという言葉を目することがあります。ブラックと呼ばれる条件に当てはまっている人は、履歴が発生したその日から5年かそれ以上の期間は、カードローンの審査に通ることはありません。

ブラックに登録される条件の方は、カードローンを利用していた人で、自己破産などの債務整理や返済金額や利息の軽減ができる任意整理を行った人です。


5、

アコムやレイクALSAなどの貸金業でお金を借りる場合、年収の3分の1以上のお金は借りることができないので、※国の法律で決められています。

すでに年収の3分の1以上の借り入れがある方は、審査申し込みは見送ってください。

銀行カードローンの場合もほぼ同じ考えですので、申し込みは見送っておきましょう。


さらにカードローンの審査に通らない人の条件を詳しく書いてページがありますので、参考にしてみてください。↓


↑topに戻る

甘いわけではないけどおすすめは収入証明書不要・即日融資の会社

さてここまでの解説で「ローン審査に通る可能は高い」と感じる方に、おすすめの申し込み方法をご紹介します。

※決して審査が甘いわけでは無いですが、ハードルを低くするための方法です。


収入証明書不要で申し込む


もし今必要なキャッシングの金額が50万円以下で大丈夫な方は、必ず50万円以下の限度額で申し込んで見ましょう。

最近のカードローン会社は50万円以下限度額の申し込みに関しては、収入証明書の提出が不要となっている会社がほとんどです。

収入証明書とは、次のような書類です。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 収入証明書

場合によってはそろえる時に手間がかかるので、提出不要なら申し込みが簡素にできます。


急いでいる方は即日融資可能の会社


できれば申し込み当日に現金が貸してもらえる会社を使いたいとおお考えなら、貸金業の消費者金融一択です。

アコム・レイクALSA(レイクアルサ)・アイフル・プロミス

等の大手の信用度の高い安心できる会社なら、ローン審査時間も早くて、融資までに(即日の場合銀行口座振込になります)最短2時間〜3時間程度で融資を受けることができます。

↑topに戻る

楽天銀行と横浜銀行とみずほ銀行のカードローンの比較

カードローンで人気の銀行系カードローンについて解説します。

楽天銀行・横浜銀行・みずほ銀行の4つのカードローンについて違いを比べてみました。

銀行カードローンは即日融資ができません。しかし最短翌日融資ができるのが楽天銀行のカードローンです。

4つの中で唯一のネット銀行です。

みずほ銀行は金利が一番低いカードローンです。金利上限は年率14%になっています。

  • 横浜銀行・・・年率14.6%
  • 楽天銀行・・・年率14.5%

横浜銀行は最短即日融資が可能ですが、みずほ銀行と同じように、必ず横浜銀行の口座を開設する必要があります。

口座を持っている人であれば、審査の早いカードローンですが、条件によっては審査に時間がかかってしまいます。

さらに申し込みできる方の地域が限られています。

  • 次の地域に居住またはお勤めの方
  • 神奈川県内全地域
  • 東京都内全地域
  • 群馬県内の以下の市
  • 前橋市、高崎市、桐生市

また学生の方は不可となります。

しかし、主婦の方のような配偶者はご主人に安定した収入があれば申し込みが可能です。(配偶者貸付制度)

4つの銀行ともATM手数料がほぼ無料で利用できます。大手コンビニの、セブン銀行・ローソン銀行・ENETが利用できます。

全体的に銀行カードローンの魅力は貸金業のカードローンより金利が低いということです。

今借りているお金を借り換えするのに検討する魅力がありますので、ぜひ活用してみてください。


ポイント ネット銀行のオリックス銀行は?

ネット銀行で人気の会社の1つとして、オリックス銀行があります。

ローン審査時間と実際に融資ができるまでの期間については、公式サイトの中で、「速やかな審査に努めていますが、土、日、祝日が間に入る場合や申込状況、審査状況によって時間がかかる場合もあります。 」となっており、翌日融資は難しいことが伺えます。

また、上限金利が17.8%となっており、消費者金融と変わらない金利・利息となっています。

このようにすべてのネット銀行が翌日融資が行えるわけではなく、さらに銀行だからといって、必ず金利の貸付条件のメリットが大きいということも限られていません。

カードローンを選ぶ際はしっかりと比較して、納得のいく会社を選ぶようにしてください。

体験談や口コミを確認するのも、カードローンの比較に有効な1つの方法です。↓


↑topに戻る

初めてなら無利息サービスのあるキャッシングが一押し

貸金業の消費者金融なら、大手の人気のある会社なら即日融資が可能です。

しかも、初めての方限定で、無利息サービス期間がついています。

  • アコム・・・30日間
  • アイフル・・・30日間
  • プロミス・・・30日間

そして一番無利息期間が長いのが、レイクALSA(レイクアルサ)です。

  • レイクALSA(レイクアルサ)・・・60日(条件によって30日)〜180日間

という業界で一番長い無利息期間があります。

キャッシング会社のおすすめランキングでも上位の会社ですので、初めての方はぜひ検討してみてください。

最後にカードローンの審査について、ユーザーにとって魅力的なメリット。会社をご紹介介しておきます。


番外編 SMBCモビットのカードローンの審査内容は魅力的な部分とは


SMBCモビットはSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が運営する貸金業(消費者金融)です。

残念ながら無利息サービスは無いのですが、ローン審査でメリットがあります。


在籍確認の電話が必要なくなる


Web完結で申し込んで、残り2つの条件をクリアすれば、在籍確認の電話がなくなります。※在籍確認は提出書類や登録情報など、電話以外で行われる方法です。

また即日融資は少しの条件をクリアするだけで可能となっています。

詳細についてはこちらのページを参考にしてみてください。


↑topに戻る

カードローンの審査が甘いについてよくある質問と回答

カードローンの審査では何を見られるのか?
主に申し込み者本人の確認(本人確認提出書類)個人信用情報の照会(現在の借り入れ金の有無・過去のローンの履歴)などです。返済余力によって貸付限度額が決まります。※詳しくはこちら
カードローン会社によって審査の難易度は違うのか?
会社によって審査の違いは多少あります。したがって通過の難易度についても会社によって多少の違いがあると考えられます。ただし基本的な審査内容はほぼ同じですので、審査が甘いという期待は持たないほうがいいでしょう。※詳しくはこちら
クレジットカードの利用履歴もカードローンの審査に影響するのか?
影響します。クレジットカード会社は、カードローンの消費者金融と同じ貸金業です。銀行の個人向けの無担保・無保証のローンも含まれます。

記事執筆・監修


user

約10年間京都の銀行でリテール営業をメインとして預金・カードローンの受付・審査等を担当をしていました。経験者であるからこそわかるローンに関する知識を読者の方の「知りたい情報」に役立てることができれば嬉しいと思っています。中立的な立場で親身なアドバイスを心がけています。


user

約10年間京都の銀行でリテール営業をメインとして預金・カードローンの受付・審査等を担当をしていました。経験者であるからこそわかるローンに関する知識を読者の方の「知りたい情報」に役立てることができれば嬉しいと思っています。中立的な立場で親身なアドバイスを心がけています。


↑topに戻る

ページの先頭へ戻る
TOP