審査での在籍確認の内容について。消費者金融、銀行カードローンでキャッシングするなら戸惑わないように知っておきましょう

審査での在籍確認の内容について。消費者金融、銀行カードローンでキャッシングするなら戸惑わないように知っておきましょう

 このエントリーをはてなブックマークに追加
カードローンの審査項目の在籍確認とは?

カードローンの審査での在籍確認

とはどのようなものでしょうか?

この質問が当サイトに割と多く届きます。

カードローンでの在籍確認とは、カードローンの審査が行われる中の1つのチェック項目です。

カードローンの申し込み書類に記載されている勤務形態・勤務先・会社名・など「仕事」に関する情報を確認するために、ローン審査ではほぼ100%行われるチェック項目です。

ですので、カードローンを利用しようと思えば、この在籍確認は無視できません。

このページでは在籍確認の方法・内容・を詳しく解説します。

これからカードローンの申し込みをしてローン審査を受けるという方の参考になりますので、

ぜひ最後まで読んでみてください!


カードローンの在籍確認はなぜ行われるのか?具体的な方法

カードローン会社で行われる在籍確認とは、お客様が申告された勤務先に今現在お勤めかどうか?を、審査担当者が電話確認することをいいます。

  • 会社員
  • 派遣社員
  • アルバイト
  • パート

上記のようにすべての勤務先が対象です。

貸金業・銀行どちらのカードローンの審査でもこの在籍確認は行われます。内容もほぼ同じ対応です。在籍確認がなしというカードローンはほぼありません。

在籍確認の目的としては、次のような理由です。

  • 虚偽や記入間違いの確認
  • 安定した収入の根拠の確認
  • 過去の借り入れでの会社名と同じか?の確認

カードローンでキャッシングをすれば当然、返済義務が発生します。その時、無理なく返済ができるのかどうか?の1つに「安定した収入があるかどうか?」がローン審査では重要となります。

それらを申告のあった勤め先の在籍で確認することになります。過去と同じ会社かどうか?もチェックしています。

また、以前にカードローンのキャッシングを利用していた場合には、その履歴がカードローン会社は確認ができます。

※カードローンやクレジットカードの利用履歴は国の法律で個人信用情報機関に報告・登録する義務がある。

もし転職していても大丈夫です。その時はカードローン会社から、「転職されましたか?」と聞いてくる場合もありますが、その通り事実を告げればそれで問題はありません。


在籍確認の具体的な方法・内容


もっとも多いのは、「直接勤務先に電話をして確認する」方法です。電話の内容としては、金融会社とばれないように個人名で電話がかかってきます。

「●●と申しますが、▲▲さんはおられますか?」

といった感じです。その時に会社内にいる場合は、取次が行われ直接会話をして、

「●●の会社です。在籍の確認が取れました」

と告げられてそれで終わりです。

必要書類などはありません。しかし、電話なしで確認が取れる方法もあります。※「電話なし」についてはこのページの最後に詳しい会社情報を紹介しています。


ローン審査に落ちることはあるのか?


在籍確認でローン審査に落ちるというのは、実際の確率から言うと非常に少ないです。一般的には、在籍確認は本ローン審査の最終段階で行われます。

通常は在籍確認の前に行われるローン審査の属性スコアリングの自動審査(過去のキャッシングでの借金での利用履歴の審査等)で否決になる確率の方が高くなります。

在籍確認に不備があって否決になる確率のほうが圧倒的に低いため在籍確認まで行けばローン審査通過は目前です。


しかし、在籍確認の段階でローン審査に落ちてしまうケースも存在してます。

電話をかけた際に誰も出なかったり、(再度確認の電話1回程度)勤務先の虚偽申告が分かった場合は否決となります。


勤務先に郵送物を届けて確認する場合もある


稀ですが、勤務先へ郵送物を送って、受け取りをする方法で、在籍を確認する会社もあります。

例えば親和銀行では、勤務先への確認の電話とともに、勤務先に「申込確認通知書」を郵送するといったような手順を入れています。

実際にカードローンを申し込みをする際は、どういった方法で在籍確認をしているのか?を、公式サイトで調べたり、問い合わせで聞いておくのがベストです。


クレジットカードに在籍確認はある?

楽天カードやvisacredit、ジャックスamericanexpress、セゾンカードなどの「クレジットカード」でも在籍確認が行われることがあります。

ただし、その割合は非常に少ないと言えます。

詳しくはこちらのページで解説があります。↓


↑topに戻る

在籍の確認の電話で会社にばれることはないのか?

在籍確認の電話で会社にカードローンの申し込みがばれることは少ないと考えて大丈夫です。

在籍確認の方法の内容としては、電話確認が一般的な方法です。

電話をかける際、プロミスやレイクALSA(レイクアルサ)などの消費者金融が在籍確認の電話をおこなう場合は、個人名で電話をかけます。

ですのでまず、カードローン会社からの電話と思われる心配はありません。

しかし100%バレないとも言いきれず、中には電話を受けた人がカードローン利用者や個人名で電話がかかってくる業種ではない場合には、バレる可能性も少なからずあるでしょう。

※これが銀行名だと銀行(bank)=借金ではありませんのでバレる可能性は低いとも言えます。

銀行のカードローンなら申込時に担当者に「個人名ではなく銀行名で」と相談してみるのもいいでしょう。

「どうしても電話の確認を避けたい」という方は次に条件次第で、電話なしの在籍確認ができる会社の情報を紹介して
いますので、参考にしてみてください。

↑topに戻る

在籍確認まで行くと審査落ちが少ないのはなぜか?

カードローンの審査での在籍確認は、審査の後半で行われます。

在籍確認が理由で審査落ちが考えられるとすれば、次のような場合です。

  • 虚偽の申告をしている
  • 勤務先への電話に誰も出ないことが数回続く

実際に元銀行員でカードローンの審査を担当していた方の話だと、在籍確認まで行けば、90%以上の確率でローン審査に通過しているという解説をしています。

このあたりをもう少し詳しく解説したページがありますので、参考にしてみてください。↓


↑topに戻る

急いでキャッシングなら。在籍の電話確認を「なし」にできるカードローン会社の条件

カードローンでキャッシングを急いでいる方も多いと思います。

そういった時は、「即日振込」ができるカードローン会社を選ぶべきです。

即日融資が可能なカードローン会社は次の会社です。

  • アコム
  • レイクALSA(レイクアルサ)
  • アイフル
  • プロミス
  • SMBCモビット

※ちなみに三井住友銀行やみずほ銀行、ネット銀行でポイントが貯まる楽天銀行などの銀行カードローンは即日融資ができません。

この中で「在籍確認の電話をなし!」の対応ができる会社があります。

それが、SMBCモビットです。SMBCモビットは貸金業のcardloanです。公式サイトにもはっきりと対応の内容が明記されています。


ポイント 在籍確認が不要なわけではない

在籍確認は必ずされるのですが、ここまで解説した「電話での確認」これがなしになるということです。

即日融資+在籍確認の電話なしとなれば、契約までより速やかに進むことは間違いありません。

たしかに電話連絡をなしにできれば、勤め先の会社や役所にばれる可能性はほぼ0と言えます。

このSMBCモビットの在籍確認の電話なしの具体的な方法については。こちらのページを参考にしてみてください。↓


↑topに戻る

在籍確認ついてよくある質問と回答FAQ

カードローンの審査には在籍確認は必ずあるのですか?
ほとんどの場合在籍確認があります。しかし、申し込み条件次第で在籍確認の電話がかかってこない会社もあります。具体的な方法は→※詳しくはこちら
在籍確認の電話で会社にばれることはないのですか?
アコムやアイフルなどの貸金業の在籍確認の電話では、会社名を名乗らず個人名で電話をかけることになっています。(銀行の場合は銀行名でかけることが多い。)※詳しくはこちら
個人事業主の場合、在籍確認はあるのですか?
個人事業主は勤め先ではなく、本人確認として電話がかかってくる場合が多いです。※詳しくはこちらのページ


記事執筆


記事執筆・監修 りく 女性

元アコムの社員。主に審査窓口としてお客様と誠実に対応していました。経験者だからこそ知っている価値の高いアドバイスを元にカードローンに関する必要な情報をみなさまにお届けしています。


記事執筆・監修 りく 女性

元アコムの社員。主に審査窓口としてお客様と誠実に対応していました。経験者だからこそ知っている価値の高いアドバイスを元にカードローンに関する必要な情報をみなさまにお届けしています。


↑topに戻る

ページの先頭へ戻る
TOP