このエントリーをはてなブックマークに追加
カードローンの審査では、

在籍確認の電話

があります。

在籍確認の電話は避けたいと言う方に、
それをなしにできるとっておきの方法
をご紹介します。


結論から言うと、

消費者金融のSMBCモビットでWeb完結の申し込み

をすれば、、在籍確認の電話はなしにすることができます。

また、過去にカードローンを利用して、
その情報が残っている場合は、
在籍確認の電話がない場合があります。

  • 勤務先の電話がどうしても気になる
  • 会社にカードローンの申込みをバレたくない

カードローンの審査の在籍確認の
電話をなしにしてみたいなら、

このページをぜひ最後まで読んで参考にしてみてください!

※ただし、カードローンの審査において、在籍確認がなし
という事はまずありません。在籍確認はされるものの、
「電話での確認はなし」ということです。

ですので、在籍確認の電話がなしだからといって、
申し込みの記入において、勤務先の虚偽や偽りの
情報を書くのはNGです。


在籍確認の電話なしになるカードローンの審査申し込みのパターンが2つある

カードローンでお金を借りるときの審査では、

在籍確認

というものがほぼ必ず行われます。


その目的としては、

カードローンの申し込みの際に

  • 年収
  • 勤め先

を書く必要があるのですが、

その年収がきちんと担保されているかどうか?
を調べるため、金融機関が勤務先の在籍を電話で
確認したいからです。

カードローンの申し込みで、この在籍確認の
電話を回避したいと考える方は割と多くおられます。

そこでこのページでは在籍確認の電話が
かかってこないパターンを2つご紹介します。

※在籍確認がもうひとつよくわかっていない。。
という方は、こちらのページで詳しく解説しています。↓


↑topに戻る

過去・現在にカードローンを利用している人は電話無しの可能性あり

過去・現在において

カードローン・クレジットカードを利用している場合、

その履歴は個人信用情報機関で
登録されています。

この登録は国が法律で決めているもので、
金融機関の貸しすぎ防止や、キャッシング・
クレジット利用者の返済義務の履行を
確認するために行われるものです。


貸金業のカードローンの場合、すでに年収の3分の1を
ユーザーが借りていれば、それ以上の融資はしては
いけない決まりです。

(貸し過ぎによる債務不履行の防止。総量規制と
呼ばれる。また債務整理等を行ってブラックと呼ばれる
対象になっていると借りられない。)

今では銀行カードローンのキャッシングに
おいてもこの、年収の3分の1という数字を
自行の独自基準としている会社がほとんどです。

カードローン会社は審査においては、
個人信用情報を照会する決まりがあります。

そして過去に履歴があれば、それを参考情報
として確認します。

ということは、一度金融機関から審査を受けて
通っていれば、すでに、勤めている会社、年収の
申告がされていることになります。

従って、その情報をもとに「在籍の確認」が
終了できる場合があります。

目安として1年以内の情報であれば、再確認
なしで在籍が確認できたとされるパターンが
あります。

この場合なら、今回の審査においては、
在籍確認の電話は行われないことになります。

ただしこの場合は、確実に在籍確認の電話が
100%ないということは言えません。

各カードローン会社の考え方にもよります。

では、確実に在籍確認の電話をなしにする
方法を次にご紹介します。

↑topに戻る

SMBCモビットは条件付きで在籍確認の電話をなしにする

SMBCモビット

は上場企業のSMBCコンシューマファイナンス(株)が100%
出資している大手貸ノンバンク貸金業カードローンブランドです。


SMBCモビットでは、

  • WEB完結申し込み
  • 登録口座(振込・引き落とし口座)が決められた金融機関

の場合なら在籍確認の電話をなしにできるとしています。

※クリックで拡大↓

SMBCモビットのカードローンの審査で在籍確認の電話をなしにする条件

実際にSMBCモビットの利用者の口コミでも、
「在籍確認の電話なしにできた」という内容の
ものは多くあります。

※SMBCモビットの在籍確認の電話をなしにする条件

消費者金融には、プロミスやアコム、レイクアルサ(レイクALSA)
などの人気の会社がありますが、

このルールをはっきりと公式サイトに書いているのは
他社と比較してみてみると、現在のところSMBCモビット
だけです。※ 2020年12月現在。

あなたがもし、在籍確認の電話は避けたいとお考えなら
条件が揃っているか?を再確認してみてください。↓

・SMBCモビット公式サイトはこちら

SMBCモビットのその他の知っておくべき点


SMBCモビットのメリットはたくさんあります。

例えば、中小の消費者金融業者と比べて、
審査結果が非常に早く最短で30分となっています。

また、即日融資も可能です。銀行振込か、
三井住友銀行自動契約機でカードを発行
してすぐに借り入れが可能です。

よくある質問と回答


SMBCモビットに申し込む際に質問の多い
内容や、その他注意点は以下の通りです。

SMBCモビットは学生でも申し込めますか?
申し込み可能です。年齢が満20歳〜69歳の安定した定期収入のある方ならアルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も申込できます。金利の高い学生専用のサラ金学生ローンと比較して申し込みを検討しましょう。
SMBCモビットの金利はいくらですか?
年3.0%〜年18.0%となっています。アコムやレイクALSA(レイクアルサ)などの大手消費者金融とほぼ同じ相場です。
SMBCモビットでお金を借入する際のATMはどこが使えますか?
1番おすすめは三井住友銀行のATMです。SMBCモビットのカードなら、借り入れ時も返済時もATM利用手数料は0円です。それ以外の提携ATMなら、三菱UFJ銀行、主要コンビニの銀行ATMなどが使えます。※詳しくはこちらのページ
SMBCモビットの申し込みの際に収入証明書は必要ですか?
借入限度額50万円以下、もしくは他社との借り入れ金額との合算が100万円以下なら収入証明書は必要ありません。

さらにSMBCモビットの詳細については、
こちらのページを参考にしてみてください。↓


さらに詳しくは公式ページをご覧ください↓

・SMBCモビットの公式サイトはこちら

レディースローンはありますか?


女性の方に多い質問ですが、SMBCモビットに
おいては、レディースローンはありません。

但し、専業主婦の女性などで、SMBCモビットの貸し付け条件で
決められている、「20歳以上の安定した収入のある方」

に当てはまらない方は対象外となります。

SMBCモビットの審査は甘いですか?厳しいですか?


SMBCモビットの審査が目立って甘いということありません。
だからといって他の金融機関より厳しいと言うこともありません。

クレジットカード機能はありますか?


モビットには、「SMBCモビットnext」
という特別なカードがあり、

カードローンでありながら、クレカと同じ
機能を搭載できます。※mastercard (マスターカード)

またクレカ機能のほかに、「Tカード」としても
使える機能が搭載されます。

公式は公式サイトをご覧ください。↓

・SMBCモビットの公式サイトはこちら

無利息期間はありますか?


SMBCモビットには無利息期間はありません。

無利息期間を比較した場合は、次の
カードローン会社がおすすめです。

アコム・レイクALSA(レイクアルサ)・プロミス・アイフル

※無利息期間のあるカードローンの詳細はこちら↓


問い合わせ連絡先


フリーダイヤルがあります。こちらです。

0120-03-5000

カードローンで借金をする場合は、計画性をもって
使うようにしましょう。

↑topに戻る

カードローン審査で在籍の確認以外に無しにできる項目はある?

当サイトのよくある質問で、カードローンの
在籍確認をなしにすること以外にも、

「なし」にできる項目・メリットがあるかどうか?

の質問にお答えました!

審査をなしにできますか?


できません。カードローンの利用申し込み
をすると、必ず審査は行われます。

金利をなしにできますか?


カードローンでお金を借入すれば、必ず
金利・利息がかかります。

ただし、消費者金融ではカードローンの
申し込みが初めての方限定で、期間限定の
無利息サービスがあります。

会社名や特徴はこちらのページで解説しています。↓

収入証明書をなしにすることはできますか?


できる方法があります。貸付限度額を50万円以下
で契約すれば、ほとんどのカードローンでは、
収入証明書の提出が不要となります。


ATM手数料なしにできる会社はありますか?


あります。

ここで紹介しているSMBCモビットや、
レイクALSA(レイクアルサ)はATM手数料が
無料の方法があります。


↑topに戻る

クレジットカードに在籍の確認の電話はあるのか?

楽天カードやキャレントなどのクレジットカードの
申し込みの際、在籍確認の電話はあるのか?

という質問がありました。

結論としては、

クレカでの在籍確認の電話はまずありません。

そのあたりの詳しい情報はこちらの
ページで解説していますので参考に
してみて下さい。↓


※ちなみに住宅ローンでも在籍確認の電話はまずありません。
書類確認で完了します。

記事執筆


記事執筆・監修者 カードローンおすすめ比較ドットコム編集部

実際にカードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行
勤務経験者が集まって記事執筆・監修を行っています。

●twitteアカウント カードローンおすすめ比較.com編集部

↑topに戻る

  このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る