このエントリーをはてなブックマークに追加
バンクイックの金利

について解説します。

バンクイックカードローンの金利比較調査

バンクイックとは、三菱UFJ銀行カードローンの名称です。

バンクイックは大手銀行系カードローンとして、
最高峰といえる申し込みやすさ、使いやすさが
おすすめのポイントです。

そして、金利については、

年1.8%〜年14.6%

の間で融資が行われています。

このページでは、特にバンクイックの金利
について他社と比較しながらメリット・
デメリットを分かりやすく解説します。

ぜひ最後まで読んでみてください。


バンクイックの貸し付け条件と金利設定

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックは
銀行系カードローンの中でもサービスが充実
しており、かなりおすすめのローンです。

使い勝手もよく金利もカードローン全体
から見ればバンクイックは低い方と言えます。

まずは、三菱UFJ銀行カードローンバンクイックの
貸し付け条件の概要を見ておきます。

利用可能な方の条件 ●年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人の方。●原則安定した収入がある方
金利年率 年1.8%〜年14.6%
借入限度額 10万円〜500万円
最低返済額 月1,000円〜
担保・保証人 不要。但し保証会社(アコム(株))の保証を受けられる方

金利の数字について


業界差高水準の低金利で利用
できる三菱UFJ銀行カードローン。

バンクイックの金利設定は以下のように
なっています。

貸付限度額 金利(年率)
500万円以下 400万円超 年1.8%〜年6.1%
400万円以下 300万円超 年6.1%〜年7.6%
300万円以下 200万円超 年7.6%〜年10.6%
200万円以下 100万円超 年10.6%〜年13.6%
100万円以下 10万円以上 年13.6%〜年14.6%

初めてカードローンを利用される方は、
金利設定の仕組みがわかりにくいかと
思いますので、少し詳しく解説します。

金利が設定される基準


上の一覧表の解説をしますと、

「貸付限度額」というのは、カードローンを
契約する際に「いくらの金額まで借りられるか?」
の数字を示したものです。

※貸付限度額は審査によってカードローン会社が決定します。

ほとんどの個人向けカードローンでは、
この「貸付限度額」の数字に対して、
金利が割り当てられます。

バンクイックでは上の表のとおり、例えば
「限度額100万円以下 10万円以上」
で契約をした場合、金利(年率)は
「年13.6%〜年14.6%」の間の中で決定
されるということになります。

キャッシングをした際の利息計算


金利が影響するのが、キャッシングを行った
際の利息の金額です。

利息は金利が低いほど少なくなり、
カードローン利用者の負担が少なくてすみます。

バンクイックでの利息の計算方法は、

借り入れ金額(借入残高)×金利×借入期間・日数÷365日=利息

で計算されます。(他のカードローン会社もほぼ
この計算方法)

※この後金利の違いによって実際にどのくらい
利息が違うのか?の事例を紹介して
いますので、読み進めてください。

毎月の返済時には元金と利息を合わせて返済します。

返済シミュレーションを使うと自動計算され、
毎月の元金と利息の数字がわかります。


金利の確認方法


カードローン利用時に、「今適用されている金利を
確認したい」時は、WEB会員ページで確認ができます。

金利を引き下げたいとき


金利を引き下げたいときの方法としては、

三菱UFJ銀行バンクイックに電話をして金利引き下げの希望をする

ことです。

その時は「金利を下げる」ために
カードローン会社に「再審査の依頼」
をします。

しかし、金利引き下げのために「ある程度の条件」
が整ってから電話する方がベストです。

※金利設定に影響する貸付限度額の
増額も含めて、バンクイックに限らず、
カードローン会社は審査によって決定します。

カードローンを利用後、

  • 年収が上がった
  • 利用している履歴状況が良い(返済の延滞や遅延をしていない等)
  • 当初にあった他社の借り入れがなくなった
  • 最初の申し込み時から半年以上程度経過している

という状況になれば、「金利引き下げ」
「貸付限度額増額」ができる可能性が
大きくなります。

結果として貸付限度額が上がれば金利引き下げ
の可能性は十分にあります。

また、利用期間が数年レベルになり、返済の延滞や
遅延等がなければ、「金利引き下げ交渉」も
ある程度視野に入ってきます。

状況の変化があれば、貸付限度額増額の
再審査を希望することをおすすめします。

その時は「金利を下げる」ためにも
カードローン会社に「再審査」の依頼を
検討しましょう。

※審査結果によっては金利の変更が
できない場合もあります。

さらに他社カードローン会社の金利と
バンクイックの金利とを比較してみた
結果を次の解説でご紹介します。

↑topに戻る

バンクイックと他社との金利比較

三菱UFJ銀行バンクイックカードローンの
金利と他社のカードローンと金利を調べて比較
してみた結果をご紹介します。

バンクイックの金利は、

年1.8%〜年14.6%となっています。

人気カードローンとの金利比較


まずは人気のある銀行系カードローンと比較
してみましょう。


人気消費者金融系カードローンと比較してみましょう。


結果として、上限金利(金利の高い方)
を比較すると、バンクイックカードローンと
他の銀行系カードローンとでは、すべて
年14%台となっており、大きな違いは
ありません。

※セブン銀行カードローンを除く。

しかし、消費者金融系カードローンと比較すると、
銀行系カードローンの方が全体的に金利が低い
ことがわかります。

これらを踏まえると、バンクイックのカードローンは、
金利面にメリットがある
ということが言えるでしょう。

金利の違いによる返済負担の比較

カードローンの金利が年18.0%と年14.0%での
違いによる利息の違いを計算するとこのように
なります。

例 5万円を30日間借りた場合の返済金額

●金利18.0%の場合


5万円×18.0%×30日÷365日=約739円(利息)。よって返済額は50,739円。

●金利年14.0%の場合


5万円×14.0%×30日÷365日=約575円(利息)。よって返済額は50,575円。

164円の違いです。この返済額の数字だけを見ると
そんなに大きな違いはないと感じるかもしれませんが、

1年間毎月5万円を30日間、借り入れ・返済を
繰り返した場合は、164円の12倍の差となります
ので、ちりも積もれば山となることも知って
おいてください。

元本と利息の返済の内訳


毎月の返済時には元金と利息を支払っています。

その内訳を調べるためには、

返済シミュレーションを使えば、毎月の
返済額の元金と利息の数字がはっきりと
分かりますので参考にしてみてください。↓


他社カードローンに乗り換える


積極的に金利の見直しをして、金利の低い
カードローン会社への借り換えも検討してみてください。

もし、今利用しているカードローンが三菱UFJ銀行
バンクイックカードローン以外であり、金利比較を
すると、高い金利で借りている可能性が高いという
状況であれば、

バンクイックに乗り換えることを検討
するのもベストです。

金利が低ければ返済もぐっと楽になります。

↑topに戻る

三菱UFJ銀行カードローンバンクイックの金利以外のメリット

バンクイックの金利は特に「消費者金融系
カードローンの金利と比較して低い」
というメリットがあります。

その他のメリットについてもご紹介します。

三菱UFJ銀行ATMやコンビニATMが手数料無料で使える


まず当編集部が考える、キャッシングの利用時に
大きなメリットがある点について解説します。

バンクイックカードローンでの借り入れ・返済に
ついては、「いつでも無料でATMの利用が可能」
となっています。

全国の三菱UFJ銀行店舗ATM・提携コンビニATM
が無料で利用できます。

土曜日・日曜日・祝日であっても、利用が
可能です。


インターネット借り入れ・返済も可能


三菱UFJダイレクト(インターネットバンキング)
WEB管理画面にログインをして、借り入れ金額を
希望して自身の銀行口座に振り込み依頼できます。
※返済も可能

インターネット管理画面での振込手数料も
ATMと同じくすべてで無料となっています。


手数料無料なので任意返済が負担なくスムーズに

この利用手数料・振込手数料が無料という
サービスがおすすめの理由として挙げられるのは、

こまめな任意返済が負担なくできるので、
借り入れ残高を早く減らして、利息の負担を
軽くしやすいという点にあります。

バンクイックを含めカードローンの利用時には
返済をできるだけ早く行うことが、

キャッシングを上手に行うためのポイントです。

カードローンでのお金の返済方法に
ついては、こちらの解説を参考にして
見てください。↓


バンクイックは毎月の返済額が小額


返済に関する点で、バンクイックのメリットを
もう一つご紹介します。

バンクイックの利用時の毎月の返済額については、
以下のようになっています。

借入残高 最小返済額
10万円以下 2,000円
10万円超〜20万円以下 4,000円
20万円超〜30万円以下 6,000円
30万円超〜40万円以下 8,000円
40万円超〜50万円以下 10,000円
50万円超 お借入残高が10万円増すごとに2,000円を追加

10万円以下の借入残高の場合、
最高でも2,000円の返済で済みますので、

無理なく返済を続けられる金額
となっています。

※ただし、返済期間が長いほど利息の
支払総額が大きくなるので、資金に余裕が
できた場合は、こまめに任意返済をして
利息を減らしましょう。

毎月の返済日について

バンクイックは「35日ごとのご返済」「毎月指定の返済日」
の2つから選べます。おすすめしたいのは「毎月指定の
返済日」です。

日にちを決めておけば、返済忘れが少なくなります。
また、返済日はバンクイック利用者の希望日によって
決まりますので、給与後などに任意で設定も可能です。

↑topに戻る

三菱UFJ銀行カードローンの審査と即日融資について

三菱UFJ銀行バンクイックカードローンの
審査について解説します。

審査の難易度


通常、銀行系カードローンは、プロミスやアイフル
といった消費者金融系カードローンに比べて、
審査難易度は高いと言われています。

しかし、三菱UFJ銀行バンクイックの場合、
個人の方がバンクイックを無担保・無保証で
利用するための、「保証を行う会社」
として、消費者金融である(株)アコム
入っています。

※アコムはバンクイックと同じ
「MUFG三菱フィナンシャル・グループ」
です。

ですので、審査の大半の事項はこの「アコム」が
行い審査結果の判断を行っています。

銀行系カードローンより審査難易度が
低いと言われている消費者金融の「アコムの審査」
に準じたものであれば、審査通過率も通常よりは
高くなることが期待できます。

審査スピード


銀行系カードローンの多くは、審査結果が早くて3日、
遅い場合は1週間程度というのが常識でした。

しかし、三菱UFJ銀行バンクイックカードでは
「審査が早い」のが大きな特徴の一つです。

最短であれば、申し込み日翌日には審査結果が
分かり、契約が完了できます。

また、まだカードが手元になくても、振り込みを
利用すれば、契約後すぐに融資が受けられる
体制が整っています。

※2020年時点の銀行系カードローンの審査時間は
どの銀行も「最短翌日」と早くなっています。

※即日融資には対応していません。↓



テレビ窓口によるカード発行につて

テレビ窓口によるカード発行


通常の場合、郵送でカードが送られてきますが、
すぐにカード発行をしたいという場合は、

三菱UFJ銀行の店舗に設置されているテレビ窓口
を利用すれば、その場でカード発行が可能です。


↑topに戻る

電話問い合わせ・相談窓口

バンクイックカードローンに関する
問い合わせ窓口を調べるといくつかの
方法がありました。


窓口がカードローン会社の中でもかなり充実して
いますので、おすすめしたい会社であることは
間違いありません。

申し込みに関する問い合わせ


フリーダイヤル 0120-959-555

(平日9:00〜21:00、土・日・祝日9:00〜17:00(12/31〜1/3を除く))

バンクイックを利用中の方の問い合わせ・相談


※住所・勤務先変更などの連絡を含む

フリーダイヤル 0120-76-5919

(平日9:00〜21:00、土・日・祝日9:00〜17:00(12/31〜1/3を除く))

海外からの問い合わせ


+81-50-3786-5919(通話料有料)

(平日9:00〜21:00、土・日・祝日9:00〜17:00(12/31〜1/3を除く))

↑topに戻る

よくある質問と回答FAQ

金利は何パーセントですか?
バンクイックカードローンの金利は年1.8%〜年14.6%です。※詳しくはこちら
バンクイックの金利は高いですか?低いですか?
バンクイックは三菱UFJ銀行がサービスを行っている銀行系カードローンです。他社銀行カードローンと比較するとほぼ同じ金利設定です。アコムやレイクALSA(レイクアルサ)といった消費者金融系カードローンと比較すると金利は低いと言えます。各金利の比較はこちら→※詳しくはこちら
ATMは使えますか?
借り入れ・返済時に三菱UFJ銀行や提携コンビニATMが無料で利用可能です。※詳しくはこちらのページ
返済金額はどうなっていますか?
10万円以下の借入残高の場合最小返済額は2,000円となっており、負担は小さいといえます。※詳しくはこちらのページ
即日融資は可能ですか?
申し込み当日の借り入れはできません。最短で翌日融資が可能です。※審査状況によって変わります。※詳しくはこちらのページ

記事執筆


記事執筆・監修者 カードローンおすすめ比較ドットコム編集部

実際にカードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行
勤務経験者が集まって記事執筆・監修を行っています。

●twitteアカウント カードローンおすすめ比較.com編集部

↑topに戻る

  このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る