これから銀行カードローンを利用するなら総量規制に基づいた利用限度額を自身でチェックしましょう

これから銀行カードローンを利用するなら総量規制に基づいた利用限度額を自身でチェックしましょう

「カードローンとは?」わかりやすく解説



 このエントリーをはてなブックマークに追加
銀行カードローンの審査も総量規制が影響する理由とは

これから銀行カードローンの申し込みを考えているという方の中で、総量規制の影響を気にされている方へのアドバイスを解説します。

総量規制とは

2010年に施工された「改正貸金業法」によって新たにできた仕組みで、貸金業者(消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などお金を貸す商売を行なっている業者)を規制する法律です。


貸金業法の総量規制では、多重債務など多額の借入れから消費者を守るために、

年収の3分の1を超える貸付は原則禁止

とされていります。

※総量規制の対象は個人向けの貸付のみ

例えば、年収300万円の人が借入れできる総額は100万円となります。では、みずほ銀行カードローンや、ネット銀行の楽天銀行カードローンなどの銀行では総量規制は適用されるのでしょうか?

結論から言いますと、正式には銀行は総量規制の対象外です。

しかし、実際に私が都市銀行に勤めていた際には、銀行カードローンも総量規制を基本として審査を行っていました。

ではここから銀行カードローンと総量規制が関係する理由を詳しくわかりやすく解説していきます。

ぜひ最後まで読んでみてください。

総量規制が適用される場合はどんなシーン?対象外でも審査通過は別

総量規制は貸金業法で定められている規制です。


  • アコムやレイクALSA(レイクアルサ)などの消費者金融のカードローンからの借入れ
  • americanexpressや住友visaカードなどのクレジットカードのキャッシング枠

などの貸金業から借りる個人向け無担保ローンが対象となります。

※本来、信販会社(オリコなど)が提供する自動車ローンは無担保ですので総量規制の対象になりますが、自動車の所有権が貸金業者にある場合は総量規制の対象外となります。

Q,住宅ローンや自動車ローンの借入れがあり、借入れ残高が年収の3分の1を超えてしまいます。これ以上借りられなくなるのですか?
A,住宅ローンや自動車ローン(※)は、総量規制の適用除外となり、住宅ローンや自動車ローンがあるため、借入れ残高が年収の3分の1を超えていたとしても、総量規制には抵触しません。

※ 住宅ローン、自動車ローンについて

 住宅ローンや自動車ローンのうち、貸し手が銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協等の金融機関である場合、そもそも、貸金業法の適用がある貸付ではないため、総量規制は適用されません。


出展 ・金融庁総量規制について


また、複数の貸金業者から借入れがある場合は、すべての借入れの総額に総量規制が適用されます。

審査での影響は?


総量規制が適用されているアコムやプロミスなどのカードローンの審査では、年収の3分の1までを融資の上限とし、個人信用情報機関で借入れ総額をチェックされ、いくらまで貸付枠が残っているのか?を確認します。

もし年収の3分の1を超えているようなら貸付は行われず、審査結果は否認となります。

だからと言って、どんな場合でも年収の3分の1までは借りられるというものでもなく、雇用形態、過去のカードローンやクレジットカードの使用状況などを照らし合わせて、各社それぞれの審査や判断によって、返済能力を超えてしまう貸付は行なっておらず、総量規制内であっても、希望の貸付金額まで借りられないこともあります。

銀行カードローンの借入れも審査の対象


また今では銀行カードローンと消費者金融カードローンの個人借入れ情報はリンクしていますので、2業種ともの借入れ金額が対象となります。

これについては次に詳しくまとめて解説していきます。

↑topに戻る

銀行カードローンも総量規制を重視しているのはなぜか?

銀行カードローンは貸金業法ではなく、銀行法という別の法律によって定められています。

銀行法では総量規制についての明記はありません。したがって、年収の3分の1を超えて融資してはいけないという規則はありません。

しかし社会的認識として、一般消費者が実際のところ年収の3分の1以上のローンを組んでしまった場合、多重債務者が増え返済が滞るなどの悪循環が増えてしまうと考えられています。

実際に2018年あたりには、銀行側による個人向け無担保カードローンでの過剰融資が原因で、破産者数が増えてしまいました。

破産は消費者も銀行も双方に不利益やトラブルが生じるケースとなります。

ですので今では銀行カードローンも審査において、総量規制の示す年収の3分の1までを基準にしてそれ以上は貸付をしないという銀行がほとんどといことが言えます。

実際に私が勤めていた都市銀行でも、審査ではやはり総量規制の基準を重視していました。

また、この年収の3分の1という指標は、消費者金融、銀行それぞれの借入額を合算した基準です。

年収360万円の人が、

  • 消費者金融カードローン・・・120万円まで
  • 銀行カードローン・・・120万円まで

計240万円まで借りられるという考え方ではなく、

  • 消費者金融カードローンおよび銀行カードローン・・・120万円まで

ということになります。(現在では消費者金融会社と銀行で個人信用情報を共有して健全なカードローンサービスの提供を心がけています。)

銀行では独自の指標で融資の審査をしていますが、総量規制を超えての借金は、銀行カードローンでも難しいと言えます。

↑topに戻る

銀行カードローン・貸金業それぞれのメリット・デメリット

このようにカードローンの貸付額に関しては、総量規制の法律の適用・適用外関係なく年収の3分の1までの貸付というのが基本となるわけですが、

三井住友銀行や三菱UFJ銀行、みずほ銀行楽天銀行などの銀行カードローンと、貸金業にあたる、アコムやSMBCモビット、アイフルなどの消費者金融カードローンのどちらを選べばいいのか?についてメリット・デメリットという形で解説してみます。

まずメリットとしては、

  • 消費者金融には即日融資がある
  • 消費者金融は審査時間・期間が短い
  • 消費者金融には無利息サービス期間がある
  • 銀行カードローンは金利が相対的に低い

といった点が挙げられます。

あえてデメリットを言うならこの逆がデメリットといえます。

サービス面で共通する利便性


まず、申し込み時点で考えると、

  • オンラインを使ってPCやスマートフォンから申し込みができる
  • 申し込みなら土日祝問わずほぼ24時間対応

という会社がいくつもあるという点です。

借入れ・返済においては、

  • カードを使って(または振込依頼で)数分〜1時間程度でキャッシングができる
  • 限度額の範囲内で追加借入れがいつでも何度でもできる
  • 任意返済もいつでもできるので利息を少しでも減らすことができる
  • 借入れ・返済にコンビニATMを使うことができる


という利便性は、銀行カードローン・貸金業カードローンのどちらにも大体備わっている機能です。

楽天銀行ならカードローンの利用に対して楽天ポイントがもらえるといったメリットもあります。

楽天市場や街中での買い物の決済に使えるポイントですので、少しでもお得にキャッシングしたい方は上手に使ってみてはいかがでしょうか。これらを基準にして、あなたにとって最適なカードローンを選んでみてください。

銀行カードローンや消費者金融のカードローンのおすすめの会社を詳しくチェックしてみましょう。↓


↑topに戻る

すでにカードローンで借入れをしている方への負担軽減のアドバイス

このページに来て下さったユーザーの中には、すでにカードローンを利用していて、新規追加でカードローンを考えているという方もいらっしゃるかもしれません。

そういった方に1つの選択肢として、借換えを考えてみることをおすすめします。

借換えを考えてみる


借入れ金を増やすことを考えずに、まずは借換えを考えてみると、得をする方法はあります。

消費者金融から消費者金融の借換え


消費者金融の上限金利はほぼどこの会社でも18.0%(限度額100万円未満の場合)が基準です。

借換えをしても金利は変わらないのですが、アコムやプロミス、レイクALSA(レイクアルサ)、アイフルなどの大手の消費者金融には初めての方限定で無利息期間サービスが1回ついています。

おすすめはレイクALSA(レイクアルサ)※詳しい解説はこちらで、借入れ金額にもよりますが、最長180日間を無利息(借入金額のうち、5万円までが対象)で借りることができます。

これにより、一時的に利息を払わないで元金を減らすことができます。

レイクALSA(レイクアルサ)は、新生銀行カードローンATMなら利用手数料は0円です。(提携ATMは有料)↓


消費者金融から銀行カードローンに借換え


即日で借りる必要があり、消費者金融からお金を借りたという方なら、その後、完済するまでの利息を減らすために、銀行カードローンに借り換えるとメリットがあります。

銀行カードローンでは上限金利14%台となっています。

プロミスやアコムなどの消費者金融では上限金利年率が約18%で、100万円以下の貸付限度額での契約ならこの適用を受けているユーザーが多いはずです。

銀行カードローンの方が約4%ほど低い金利年率ですので、利息総額を減らすことができます。

 


カードローンやクレジットカードによるキャッシングは、計画性をもって利用することが大事です。

銀行カードローンや消費者金融のカードローンは、いざ現金が必要というときに手軽にキャッシングができる利便性がありますが、

カードローンを利用すると、借金ですので当然返済をしなければいけません。元金に金利利息が加わった金額を毎月返済する必要があります。


生活費を圧迫しないよう計画的に返済を進めていくには、自動計算ができる返済シュミレーションを使って、

いくら借りると毎月の返済額はいくらなのか?

を算出して、収支のバランスはどうなるか?という視線でチェックするようにしましょう。

完済までの目標期間を定めて、月々の返済額を決めてもいいと思います。

長期になればなるほど、多くの利息を支払うことになりますので、返済が十分に可能だという点を把握した上で借入れするようにしましょう。


↑topに戻る

銀行カードローン総量規制に関するよくある質問と回答

総量規制とは何ですか?
 

貸金業者が消費者に対して貸し過ぎないために設けられた新しい規制です。逆に言うと借りすぎの防止にもなり、お金の健全な生活を守るための重要な法律です。※詳しくはこちら


  


銀行カードローンのメリットは?どこの会社がおすすめですか?
 

全般的に銀行カードローンは消費者金融より金利面に関して比較的低い設定である点がメリットです。各銀行のおすすめ度を比較して選んでみることを推奨します。→※詳しくはこちら


  


学生でも銀行カードローンの申し込みはできますか?
 

銀行カードローンの場合、学生の申し込みができる会社とできない会社があります。(できない会社の方が多い)学生の方がカードローンの利用を考えるなら、消費者金融がおすすめです。ただしアルバイトなどで安定した収入がある方に限ります。※詳しくはこちらのページ


  


無職あるいは専業主婦だと銀行カードローンの申し込みできませんか?
 

安定した収入が継続的にある方が対象となりますので、無職の方が銀行カードローンの利用をするのは困難です。(※消費者金融も同じ)専業主婦の場合も無職と同じ扱いをしている会社がほとんどですが、一部銀行カードローンでは「配偶者貸付」(配偶者の同意を得て、自分と配偶者の年収を合算してその3分の1までの融資枠を得る)を認めている会社もあります。


  


記事執筆・監修


user

約10年間京都の銀行でリテール営業をメインとして預金・カードローンの受付・審査等を担当をしていました。経験者であるからこそわかるローンに関する知識を読者の方の「知りたい情報」に役立てることができれば嬉しいと思っています。中立的な立場で親身なアドバイスを心がけています。


user

約10年間京都の銀行でリテール営業をメインとして預金・カードローンの受付・審査等を担当をしていました。経験者であるからこそわかるローンに関する知識を読者の方の「知りたい情報」に役立てることができれば嬉しいと思っています。中立的な立場で親身なアドバイスを心がけています。

記事監修者 佐久間翠(さくま・みどり) 女性

大手生命保険会社勤務時にはファイナンシャルプランナーとして、お客様のニーズに応じたライフプランを作成し、保険・投資信託商品を提案。現在は、金融関連の記事を得意とするライターとして活躍するとともに、セミナー講師も務める。保有資格:2級FP技能士(AFP)、証券外務員2種


記事監修者 佐久間翠(さくま・みどり) 女性

大手生命保険会社勤務時にはファイナンシャルプランナーとして、お客様のニーズに応じたライフプランを作成し、保険・投資信託商品を提案。現在は、金融関連の記事を得意とするライターとして活躍するとともに、セミナー講師も務める。保有資格:2級FP技能士(AFP)、証券外務員2種


↑topに戻る

ページの先頭へ戻る
TOP