とちぎんカードローンのおすすめポイントは無担保無保証、来店不要でWEB申し込みが可能といった点です。詳しく解説。

とちぎんカードローンのおすすめポイントは無担保無保証、来店不要でWEB申し込みが可能といった点です。詳しく解説。

 このエントリーをはてなブックマークに追加
栃木銀行カードローンを他社と比較。おすすめポイントはどこ?

栃木銀行カードローン

についてわかりやすく解説をします。

栃木銀行では、資金使途自由で幅広いお金の使い道ができるカードローンでキャッシングができるサービスを行っています。

その他、目的別の融資サービスも展開しており、地元栃木県の銀行として支持を獲得しています。

このページでは栃木銀行カードローンの、

  • 利用条件
  • 金利・利息
  • 申し込み方法
  • 借り入れ・返済方法
  • おすすめのポイント
  • 審査の内容

といった項目を中心に解説をしています。

ぜひ最後まで読んでみてください。

栃木銀行の会社概要とカードローンの利用条件

栃木銀行は地銀の金融機関として、栃木県に密着した銀行です。

『 First for You あなたとともに 』ファースト フォー ユー あなたとともに)というブランドスローガンを掲げて、利用者にとって一番身近な銀行になれることに努めています!

栃木銀行の経営理念


  1. 豊かな地域社会づくりに貢献し、信頼される銀行を目指します。
  2. 新たな時代に柔軟に対応できる強い体力の銀行として発展します。
  3. 明るい働きがいのある職場をつくります

栃木銀行の会社概要


創立 昭和17年12月
取締役頭取 黒本 淳之介
本店所在地 栃木県宇都宮市西2-1-18
資本金 274億8百万円
店舗数 88店舗・6ローンプラザ
ATMコーナー 204ヶ所・343台(含 店舗内・店舗外)
従業員数 1,653名(出向者を除いた就業人員数)

※2021年1月時点

栃木銀行カードローンの利用条件


利用可能な方
  • 契約時、年齢が満20歳以上、満69歳以下の方
  • 安定継続した収入のある方(ただし、年金収入のみの方はお取扱できません)
  • 居住地または勤務先が、当行の営業区域内の方※詳しくはこちら
  • 当行の審査を経て、指定の保証会社の保証が受けられる方
  • ほかに当行の無担保カードローンをお持ちでない方※ただし、本カードローンで既存取引のカードローンを切替できる場合はご利用いただけます。
お使いみち 自由。ただし、事業性資金、ギャンブル資金にはご利用いただけません。
借入極度額 10万円以上800万円以内(10万円単位)
利用限度額 借入極度額を上限とした利用限度額を設定。※当行、保証会社の審査により、借入極度額の範囲内で利用限度額が増減する場合があります。(契約期間中に利用限度額が0円になる場合があります。)
担保・保証人 保証会社 SMBCコンシューマーファイナンス(株)の保証を利用いただきますので、必要ありません。
保証料 保証料は当行所定の金利に含まれます。
融資利率 金利年率 年1.90%〜年14.50% 固定金利。契約の貸越極度額に応じて融資利率を設定。詳しくはこちら。
返済方法 定例の返済毎月6日(銀行休業日の場合は翌営業日)に前月末の借入残高に応じて、次の金額を返済用預金口座から自動引落し。返済について詳しくはこちら。
借り入れ方法 ATMからの借入。その他詳細についてはこちら。

カードローン以外のローンサービス一覧


  • 住宅ローン・・・金利変動型0.6%〜2.925%・10年固定金利選択型1.00%〜3.4%
  • マイカーローン・・・金利変動金利2.8%〜3.8%
  • 福祉車両専用マイカーローン・・・金利変動金利2.5%
  • リフォームローン・・・金利変動・固定1.7%〜4.5%
  • 進学ローン・・・金利変動金利2.1%〜3.8%
  • 不動産担保ローン・・・金利変動金利2.9%〜9.8%

↑topに戻る

「とちぎん」がおすすめの理由

栃木銀行カードローンのおすすめポイントについて解説します。

現金が必要な時に近くのATMが使える


カードローンの最大のメリットとしては、すぐに現金(キャッシュ)が必要な時ATMでさっと借りることができるといった点が挙げられます。

栃木銀行カードローンも、自行のATM・提携金融機関ATMを使ってほぼ24時間キャッシングをおこなうことができます。※日曜日・祝日のキャッシングも可能。

利用限度額が大きい


最大800万円までの限度額契約が可能です。※限度額については各自申し込み者の審査で銀行側が決定します。

使いみちが自由


普段の生活で必要となる現金のほどすべてで自由にカードローンを利用することができます。※事業性融資には利用不可。ギャンブル資金も利用不可。

来店不要でWEB申し込みが可能


PC・スマートフォンから24時間いつでも申し込みが行えます。※利用条件があります。

↑topに戻る

栃木銀行カードローンの注意点

栃木銀行カードローンを申し込む・利用する際の注意点を解説します。

申込み可能な条件は地域限定


都市銀行・地方銀行では、申し込みができる条件の一つに、申し込み社の住まい・勤務先地域を制限している銀行が多くなっています。


栃木銀行カードローンも申し込み者の地域制限があります。

居住地または勤務先が、当行の営業区域内の方に限らせていただきます。

となっており、それ以外の地域の方は申し込みができません。

WEBで24時間受付けとなっていても、限られた方のみが利用できます。

栃木銀行の営業区域


栃木県全域・茨城県・群馬県・埼玉県・東京都の一部の区域。


なぜ都市銀行は全国展開ができにくいのか?

理由の1つに審査と回収の問題があるからです。

カードローンの会員契約が遠方のユーザーになった場合、万が一債務不履行が発生した場合、それを回収するためのリソースや能力が不足しているからです。

この状況は栃木銀行にかかわらず、どの都市銀行・地方銀行にも見られる傾向です。

地域外の方はメガバンクのカードローンがおすすめ


大手メガバンクやネット銀行の場合は、全国からの申し込みが可能となっています。カードローンでおすすめは、


などがあります。

普通預金口座開設は必須


栃木銀行カードローンを申し込む際に、栃木銀行普通銀行口座を持っていなくても申し込みは可能ですが、最終的に返済口座として、普通口座を開設する必要があります。

※すでに栃木銀行普通口座を持っている方は、その口座を利用できます。

※振込の借入の場合は、普通預金口座に入金することが可能です。

ちなみに三菱UFJ銀行バンクイックなら、普通口座の開設は必須となっていませんので、手間がかからず申し込みが可能です。詳しくはこちら↓



提携コンビニATM手数料がかかる


カードが発行されれば栃木銀行店舗のATMから借り入れ・返済ができる仕組みです。

この場合は平日の決まった時間なら手数料無料です。


では、全国展開のような、提携コンビニATMなどでの借り入れ・返済はどうなのか?

については、カードローンの商品説明詳細に借り入れ方法として、「専用のローンカードを使用して当行および提携金融機関の現金自動取引機(ATM)による借入」と書かれていました。

提携金融機関については、ローソン銀行(ローソン)・セブン銀行(セブンイレブン)・イーネットATM(ファミリーマート・デイリーヤマザキ)・イオン銀行(ミニストップ)が含まれており、これらコンビニでの利用が可能となっています。


ただし提携金融機関での借り入れ(引き出し)・返済はすべて支払い手数料がかかります。

この辺りは全国展開している三菱UFJ銀行バンクイックカードローンや横浜銀行カードローンなどは提携コンビニATM利用手数料は無料となっており、他社金融機関と比較してやや不便となる点はいなめないでしょう。


↑topに戻る

栃木銀行カードローンの金利。他社銀行・消費者金融と比較

栃木銀行カードローンの金利について解説します。

栃木銀行カードローンの金利設定については、次のようになっています。

栃木銀行カードローンの金利テーブル(固定金利)


貸越極度額 店頭表示金利
100万円以下 年14.5%
200万円以下 年12.5%
300万円以下 年9.5%
400万円以下 年7.5%
500万円以下 年5.5%
600万円以下 年4.0%
700万円以下 年3.0%
800万円以下 年1.9%

他社銀行系カードローンと金利比較


他社の銀行系カードローンと金利比較(上限金利)をしてみました。

  • 栃木銀行・・・年14.5%
  • みずほ銀行・・・年14.0%
  • 楽天銀行(ネット銀行)・・・年14.5%
  • 三菱UFJ銀行バンクイック・・・年14.6%
  • 横浜銀行(都市銀行)・・・年14.6%
  • 千葉銀行(都市銀行)・・・年14.8%
  • 三井住友銀行(メガバンク)・・・年14.5%
  • セブン銀行(ネット銀行)・・・年15.0%
  • オリックス銀行(ネット銀行)・・・年17.8%

オリックス銀行を除けば、上限金利は年14.0%〜年15.0%の間となりほぼ同じような数字となります。


消費者金融系カードローンとの金利比較


貸金業である消費者金融系カードローンと金利比較(上限金利)をしてみました。

  • アコム・・・年18.0%
  • アイフル・・・年18.0%
  • レイクALSA(レイクアルサ)・・・年18.0%
  • SMBCモビット・・・年18.0%
  • プロミス・・・年17.8%
  • セゾンカード(クレジットカードのキャッシング)・・・年18.0%

栃木銀行カードローンの金利の方が低いことがわかります。


金利は銀行系カードローンの方が消費者金融系カードローンより全体的に低い


金利比較でわかるように、銀行系カードローンは(一部を除く)消費者金融系カードローンの金利より全体的に低いということがわかります。

栃木銀行カードローンも例外ではなく、消費者金融系カードローンより低い金利設定となっています。


金利が低いメリットは利息の支払いが少ないこと


このように各会社によって金利が違っているわけですが、そもそも金利とは何を表しているのか?といいますと、お借りたお金とその期間に対して支払う利息の計算式の数字を表しています。

例えば、1日お金を借りた場合の利息の計算式は次のようになります。

金利(年率)×借りたお金÷365日=1日の利息

1日以上借りる場合は、

金利(年率)×借りたお金×借りた日数÷365日=借りた日数分の利息
※または、金利(年率)×借りたお金÷365日×借りた日数=借りた日数分の利息
どちらでも可。


となります。

実際に数字を当てはめてみると、以下のようになります。


  • 栃木銀行カードローンで100万円以下の限度額の契約をした場合に、5万円を借りて、10日後に全額返済した場合の利息※100万円以下の契約→年14.5%の金利
  • 14.5%×50,000円×10日÷365日=約198円

  • となります。利息の支払いが198円ですので、10日後の返済時には、50,198円を返済します。

    これをもし、アコムでキャッシングをすると利息は次のようになります。

  • アコムカードローンで100万円以下の限度額の契約をした場合に、5万円を借りて、10日後に全額返済した場合の利息※100万円以下の契約→年18.0%の金利
  • 18.0%×50,000円×10日÷365日=約246円

  • 栃木銀行カードローンで金利年14.5%で借り入れをした場合と比較して、48円の差が出ました。


    大きな利息差がない場合は違ったメリットを選択してもよい


    このように、カードローンの場合、金利が高いと利息が高くなる仕組みになっていますので、できるだけ金利が低いカードローン会社を利用するとメリットがあります。

    ただ、先ほどの例のように、「48円の差」であるなら、そんなに負担イメージはないと感じる方もおられるはずです。

    その場合、例えばアコムなら、

    • 即日融資が可能
    • 契約から30日間の無利息期間サービスがある

    といったメリットがあることも検討材料として、あなたにとって一番ベストなカードローンはとこか?を考えるべきです。


    ただし、

    • キャッシングをする金額がもっと大きくなる
    • 借りる期間がかなり長くなる

    という場合は、先ほどの例より利息の差が大きくなりますので、まずは金利重視で考えるのが良い選択肢です。ですので、結論としては、

    借りる金額や借りる期間ごとに返済シミュレーションをして利息の比較確認をする

    利息の差が気にならなければ、他のメリットも比較してみて自分にとってメリットを感じるカードローン会社を選ぶ

    という手順にしておけば、自ずとあなたに合ったカードローン会社を選ぶことができます。



    不動産担保ローンという手もある


    金利だけに注視して低い金利サービスを探したい場合、カードローンではなく不動産担保ローンというサービスもあります。

    個人向けカードローンのほとんどが、無担保・無保証なのに対して、あえて手持ちの不動産を担保に入れて、お金を借りる方法となります。

    メリットは「大きな金利の引き下げ」が期待できる点です。

    担保といっても、「契約して約束通り返済ができれば不動産は担保から外れ持ち主の自由に扱う」ことができますので、不動産をとられるわけではありません。

    例えば、住宅ローンを組み場合は、その対象となる住宅はほぼ担保として抵当権をつけて貸付が行われます。仕組みはそれと同じと考えることができます。

    ※ただし生活に必要な住宅のローンは金利1%前後で融資を受けることができますが、一般的な不動産を対象としたローンの場合の金利は、カードローンよりは低くなりますが、住宅ローンよりは高くなります。

    例えば、空き家になった実家があって何の使い道もなくただ名義人になっているだけ、という不動産があり、少し大きな融資を考える必要があるといった場合には、不動産を担保にお金を借りることをで金利を大きく下げる方法をとることもできます。

    こういった方法を考えることで金利を低くすることも可能です。

    ↑topに戻る

    栃木銀行カードローンの審査の内容や時間は?

    栃木銀行カードローン審査について解説します。

    銀行の審査が割とハードルが高い理由


    まずは、審査のハードルについて解説します。

    一般的に銀行系カードローンの審査は、消費者金融系カードローンの審査と比較して、ハードルが高く、審査通過率は消費者金融系カードローンより低いとされています。

    審査のハードルが高い理由


    銀行は多くのユーザーの預金業務を行っています。

    そして銀行はカードローンのほかに、両替、各振込、保険業などもできるため、お金を貸す以外の業務も取り扱っています。

    つまり、多くのユーザーからの預け入れのお金を原資として融資や他の業務を行います。

    それだけにもし、融資での債務不履行が多く発生した場合、預金者からの信用度が下がってしまうのは決定的です。

    「ずさんな審査で融資をしている」と思われても致し方ない状況も考えられます。

    貸金業である消費者金融系カードローン会社は、預金業務はなく、貸付業務が専門です。自社の采配で融資資金を調達しています。

    この違いがあって、銀行系カードローンは審査ハードルが高いとされています。

    栃木銀行カードローンは保証会社と提携しているので審査のハードルは違う


    しかし、栃木銀行カードローンでは、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社という「保証会社」が保証しています。

    栃木銀行ま申し込み窓口ですが、自社での審査はほぼ行われません。

    ですので、審査の大きな流れとしては、SMBCコンシューマーファイナンスが審査をおこなうことになります。

    この様に、銀行系カードローンでも「保証会社」が万が一の保証を行っている場合は、通常の銀行系カードローンの審査よりは、審査通過率は高くなる傾向があります。

    さらに審査での内容についてはこちらのページで詳しく解説していますので、参考にしてみてください。↓

    参考 ページタイトル「カードローンの審査で7つの質問の回答。内容を比較しておすすめの会社はどこ?」・分かりやすい解説はこちら

    急いで借りたい場合は、消費者金融系カードローンがおすすめ

    ちなみに、栃木銀行カードローンの審査の結果連絡は、

    申込書受付後翌営業日〜4営業日程度

    となっています。※ただし、審査によっては2週間程度かかることもあります。

    このように銀行系カードローンの多くの会社は、審査期間が長くかかります。

    もし、カードローンでの借り入れを急いでいるという場合の方は、審査時間が最短30分〜程度で終わってしまう、消費者金融系のカードローンに申し込みをするのが断然おすすめとなります。

    審査時間に関しては銀行系カードローンと比較にならないくらい早く終了します。

    おすすめの消費者金融系カードローンはいくつかありますので、まずはこちらのページで比較をしてみてください。↓


    ↑topに戻る

    毎月の返済額と返済方法の種類

    栃木銀行カードローンの返済について解説します。

    返済方法


    • 定例の返済・・・毎月6日(銀行休業日の場合は翌営業日)に前月末の借入残高に応じて、決められた金額を返済用預金口座から自動引落し
    • 専用のローンカードを使用して当行および提携金融機関のATM(現金自動取引機)による随時任意返済(ただし、延滞している場合には、ATM(現金自動取引機)での返済はできません。)

    毎月の定例・約定返済の自動引き落とし返済額


    前月末日の借入残高 定額返済金額
    10万円以下 2,000円
    10万円超30万円以下 5,000円
    30万円超50万円以下 10,000円
    50万円超100万円以下 20,000円
    100万円超200万円以下 30,000円
    200万円超300万円以下 40,000円
    300万円超400万円以下 50,000円
    400万円超500万円以下 60,000円
    500万円超600万円以下 70,000円
    600万円超700万円以下 80,000円
    700万円超800万円以下 90,000円
    ※毎月6日(銀行休業日の場合は翌営業日)の借入残高、
    および利息の合計額が定額返済金額に満たない場合は、
    その合計金額を全額返済。


    注意点

    毎月の返済が延滞となった場合はカードローンで借入(自動融資含む)はできなくなりますので、「返済口座への入金返済忘れ」に気を付けてください。

    ↑topに戻る

    借り入れの方法

    栃木銀行カードローンの借り入れ方法を解説します。

    3つの方法があります。

    • 専用のローンカードを使用して当行および提携金融機関のATM(現金自動取引機)による借り入れ
    • 口座開設店での専用伝票による店頭での借り入れ
    • 振替貸付による返済用預金口座への入金

    この中で利便性があり、よく使われているのが、ATMの利用です。詳細な方法を解説します。

    栃木銀行ATM


    平日でも土日祝日でもカードローンの利用が可能です。

    • 平日・・・AM9時〜PM6時までは手数料無料
    • 土日祝・・・110円の手数料がかかります
    • ※カードローンの返済に関しては終日手数料無料


    他銀行で手数料無料のATM


    • 群馬銀行
    • 筑波銀行
    • 東日本銀行

    のATMも利用可能です。

    利用する場合、

    平日 8:45〜18:00

    は手数料無料でカードローンの利用ができます。※他の時間は110円の手数料がかかります。

    コンビニ提携ATM


    コンビニ提携ATM(ローソン銀行・セブン銀行・イオン銀行・E-NET(ファミリーマート・デイリーヤマザキ))での借入・返済が可能です。

    ゆうちょ銀行提携ATM


    ゆうちょ銀行でも借り入れ・返済が可能です。

    手数料について

    提携ATMについては、利用時間帯によって、110円〜220円の手数料がかかります。

    ※AM9時〜PM6時までなら110円。※残高照会は手数料無料。

    ↑topに戻る

    申し込み方法と契約手続き・融資までの流れ

    栃木銀行カードローンの申し込み方法から融資までの流れについて解説します。

    申し込み方法の種類


    栃木銀行カードローンの申し込み方法の概要です。

    • 栃木銀行本支店窓口
    • 栃木銀行ローンプラザ
    • FAX・・・栃木銀行ATMコーナーにそなえ付けのリーフレット裏面、仮審査申込書に必要事項をご記入のうえ、以下の番号にへ送ります。FAX番号0120-974-327
    • インターネット
    • 電話・・・フリーダイヤル 0120-953-576 電話受付時間:8:00〜20:00 (12/31は18:00まで、1/1は休業となります)携帯電話・PHSからも利用可能
    • 郵送

    一番よく使われているWEB申し込み方法について詳しく解説します。WEB申し込みは24時間受付しています。

    インターネットによる申し込み方法


    1、栃木銀行カードローン申し込みページを開きます。


    2、

    • 栃木銀行の普通預金口座をお持ちの方
    • 栃木銀行の普通預金口座をお持ちでない方

    の2つの窓口があるので、該当するリンクから申し込みを行います。

    栃木銀行カードローン申し込みページの詳細

    栃木銀行普通口座開設は必須

    申し込み時に栃木銀行普通口座が無くても申し込みは可能ですが、カードローンを利用するには、最終的に返済用口座として栃木銀行普通口座の解説は必須となっています。

    3、仮審査結果

    申し込み時登録したEメールアドレスに申込ページのURLをメールにて送付されます。

    同URLより必要項目入力後、撮影した本人確認書類・所得確認書類のデータを添付します。

    在籍確認


    勤務先へ在籍確認の連絡が行われます。

    必要な提出書類


    申し込み完了後、審査のために必要となる書類を用意して提出します。

    正式に必要な書類

    本人確認のための書類 運転免許証、パスポート、個人番号カードのいずれかひとつ・外国人の方は、在留カード、特別永住者証明書のいずれかひとつ
    勤め先および勤続(営業年数)を確認する書類 健康保険証
    収入を確認する書類※融資金額が50万円超の場合のみ提出 ・お勤めの方・・・源泉徴収票、住民税課税決定通知書、所得証明書のいずれかひとつ ・自営業の方・・・納税証明書(税務署発行印のあるもの)、住民税課税決定通知書、所得証明書のいずれかひとつ
    返済口座のお届印 栃木銀行普通口座のない方は、取引(お届け)予定印
    その他 審査上必要とする書類を提出していただく場合があります

    4、本審査の結果

    審査の結果は、申込書受付後翌営業日〜4営業日程度で連絡があります。ただし、審査によっては2週間程度かかることもあります。

    5、カード発行

    専用カードが申込みから約1週間程度で、自宅に郵送されます。

    6、融資の実行

    カードが届けばすぐにキャッシングが可能です。また、お客さまの希望により、ローンカードが手元に届く前であっても、本申込み時にカードローン口座開設時に借入金を普通預金口座に入金する希望をすることが可能です。

    ↑topに戻る


    問い合わせ先・相談窓口


    お電話でのお問合わせ


    フリーダイヤル 0120-29-6043

    受付時間


    • 平日(月〜金)9:00〜17:00
    • 土日祝10:00〜17:00
    • ※12/31〜1/3,5/3〜5/5を除きます。

    とちぎんローンプラザへ相談


    ローンセンター・ローンプラザで相談を受け付けています。詳しくはこちら。↓


    ↑topに戻る


    よくある質問と回答FAQのまとめ


    栃木銀行カードローンの管理画面のログイン方法を教えてください
     

    栃木銀行カードローンはWEB申し込みはできますが、WEB管理画面はありません。


      


    栃木銀行カードローンはコンビニATMで利用できますか?手数料無料ですか?
     

    コンビニ提携ATM(ローソン銀行・セブン銀行・イオン銀行・E-NET(ファミリーマート・デイリーヤマザキ))での借入・返済が可能です。手数料は有料となります。(110円〜220円)※詳しくはこちら


      


    栃木銀行カードローンの申し込みは誰でもできますか?
     

    利用条件に当てはまる方なら誰でも申し込みが可能です。(住まい・勤め先による地域要件があります)※詳しくはこちら


      


    記事執筆


    カードローンおすすめ比較ドットコム編集部

    実際にカードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行勤務経験者が集まって記事執筆・監修を行っています。
    ●twitteアカウント カードローンおすすめ比較.com編集部


    実際にカードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行勤務経験者が集まって記事執筆・監修を行っています。
    ●twitteアカウント カードローンおすすめ比較.com編集部


    ↑topに戻る

    ページの先頭へ戻る
    TOP