コンビニATMや振込・携帯・スマホを使ってお金を借りることができる安心で便利な方法を詳しく解説します。

 このエントリーをはてなブックマークに追加
お金借りるすべて

を解説します。

お金を借りるためにはどうすればいいのか?

  • 「お金借りる手段」
  • 「個人がすぐにお金を借りる最も簡単な方法」
  • 「申し込む方法」
  • 「審査」
  • 「金利と利息」
  • 「借入れと返済の方法」
  • 「おすすめのカードローン会社」
  • 「相談の方法・よくある質問と回答」

などを詳しく解説します。

ぜひ最後まで読んでみてください。



お金借りる手段をまとめてみました

「お金借りる」ならどのような方法があるのか?
を順にまとめてみました。

  • 1、プライベート 友人や付き合っている女性・男性・親・親戚から生活費を借りる
  • 2、政府系団体 日本政策金融公庫や商工組合中央金庫から生活費や事業資金を借りる
  • 3、民間金融機関 ゆうちょ銀行・三菱UFJ銀行などの銀行や信用金庫・ろうきんといった団体から個人向けフリーローンで借りる
  • 4、民間金融機関 貸金業の消費者金融会社でカードローンで自由に使えるお金を借りる、クレジットカード会社のキャッシングで自由に使えるお金を借りる
  • 5.民間金融機関 貸金業・銀行から事業資金融資・ファクタリング請求書担保融資で借りる
  • 6.民間金融機関 貸金業・銀行から不動産担保ローン・住宅ローンで「担保あり」で借りる
  • 7.民間金融機関 貸金業・銀行から車を担保にしてカーローンで借りる

これらは一例ですが、このように「お金借りる」
と一言で言っても、目的によっても違いがあり
多くの方法があります。

これらの中でお金を借りるための方法として、
最も簡単で借りられるまでの時間が早い視線で
見た時のおすすめの方法は、

貸金業系・銀行系のカードローン

です。

このカードローンはお金借りるの需要が
最も多いのです。

例えば、

ヤフー検索で「お金借りる」と検索すると、

1番上位には、ヤフーファイナンスの
「最短融資で選ぶ国内カードローン」
という表示がされます。

つまり、カードローンが「お金借りる」で一番
求められていて、お金を借りるおすすめの方法
という事です。

ではそのカードローンの仕組みや
特徴・活用方法について解説します。

↑topに戻る

個人でもすぐにお金を借りるための最も簡単な方法

お金を借りるのは夢のまた夢?なんて
いうことはありません。

カードローンは個人でお金借りるが最も身近な方法です。

カードローンとは?


銀行と貸金業の消費者金融が行っている
融資サービスです。カードを使って、

現金が必要な時にいつでも手軽に借入が
できるシステムです。

キャッシングともいわれています。

個人向け無担保・無保証


カードローンの始まりは1980年代といわれて
いますが、このころは「有担保・有保証人」
という条件が一般的でした。

しかし、2020年の今現在では「無担保・無保証」
でカードローンが利用できるのが当たり前の
サービスとなっています。

これにより、

  • 不動産などの担保を入れる
  • わざわざ保証人を探す
  • いざというときマイホームを競売、他人(保証人)に迷惑をかける

といったリスクはすべて解消されます。

カードがあれば急ぎの時もすぐにお金を借りることが可能


いざという時でも、カードさえ作っておけば、
今日・明日でも、土日でもコンビニのATMからや銀行口座に振込
でお金を借りることができます。

カードローンはまさに個人が「お金借りる」
ことができるメリットの大きい方法です。

※目次でご紹介した不動産担保ローンや
住宅ローン・事業融資などはカードローン
とは違い、あえて担保を付けて融資を
受けるものもあります。
その理由は金利と利息のところで詳しく
解説します。

↑topに戻る

実際に申し込む時。WEB申し込み・店舗での方法

カードローンを利用するならまずは
申し込みをします。

申し込み可能条件


一般的な申し込み条件は次のようになっています。

  • 20歳以上の方(年齢上限もあります。各会社で少し違いがあります。
  • 継続的に安定した収入がある方(アルバイト・パートの方でもOK。無職はNG)
  • 保証会社の保証を受けられる方(審査で結果が分かります)

「細かい条件」は少ない印象です。

但し一部の銀行やろうきんでは、「申し込み者の住まい・
勤務先が限定されている」場合があったり、独自の
要件をつけているところもありますので、

各会社の商品詳細を確認する必要があります。

申し込めない人の条件


1、20歳になっていない人

18歳までの中学生・高校生は申し込みはできません。
また正社員・派遣社員・フリーター・大学生でも
20歳未満の方は申し込みができません。

2、働いていなくて収入がない人

無職・ニートで収入がない、勤め先もないという
方は基本的に申し込みができません。

これら該当者は申し込みをしても、審査まで
いかずこの時点で却下となります。

その他「こういう人は審査に通らない」
というパターンもありますので、
こちらのページで確認を御願いします。↓


※専業主婦の場合、無職となる
のですが、銀行系カードローンの一部の
会社では、配偶者の収入をもって
配偶者貸付という制度を使える
場合があります。

インターネットを使ったWEB申し込み方法


スマホ・パソコンで申し込みができる会社が
多くあります。


※ネットを利用していいない方は店舗窓口での
申し込みも可能です。

必要書類


申し込みには「本人確認ができる書類」
を提出します。例として運転免許証や
保険証などの写しです。


無事申し込みが終われば、金融機関の方で
審査が行われます。次に審査について解説
をしておきます。

↑topに戻る

カードローンでお金借りる時の審査の内容

カードローンでお金を借りるときは、
必ず審査が行われます。

この審査に通過して初めてカードローンの
契約ができます。

「審査なし」というカードローン会社はありません。

審査通らない場合

審査に通らない方は、残念ながら「カードローンで
お金借りる」ということはできません。

その場合、「審査甘い」といったキーワードで
WEB検索をする方もおられるようですが、

カードローン会社の審査は会社によって多少の
違いはあるものの、国が定める基本的な審査方法
があり、大きく違わないのでほとんど期待は
できません。

返済に関して無理なく行うことができるか?
が重要となり、無理をして「お金借りる」ことで
利用者にとって生活での金銭負担が大きく
ならないように決められています。

↑topに戻る

どんなローンでもお金を借りると金利に対して利息が付く

審査を通過してカードローンの契約ができれば、
すぐにお金を借りることができるのですが、

お金を借りる場合、金利・利息が設定されています。

金利とは、お金を借してもらうため金融機関に
支払う手数料の利率です。


クレジットカードでリボ払いや分割払いをした
時に付く手数料利率と同じ意味です。

借りているお金と金利と借りている日数によって
利息の計算を行い、手数料として返済します。


金利が安くなる方法


金利安いということは利息(利子)の支払いが
少ないといううことと比例します。

カードローンで金利が安い・低いという
条件は次の通りです。

  • 貸付限度額が高い・多い契約をする
  • 消費者金融系より銀行系のカードローン

その他金利が安くなるパターンとして、

先ほど、目次お金借りる手段をまとめてみました でお話したように、

ローンには

  • 不動産担保ローン 
  • 住宅ローン
  • 事業融資ローン
  • 商工ローン

などのように、有担保・有保証人を
付けて融資を受ける方法があるといいました。

なぜか?というとこれがまさに金利が安くなる
ための方法といえます。

担保・保証人を付ければ、仮に債務者が破産・
倒産しても、返済の代わりにお金を回収できる
条件が付いているので、

金融機関は融資を行う際のリスクが低くなります。

その分、金利を安くしておきましょうという
条件をのむことができるといった仕組みです。

逆にお金借りる側は家を強制的に売却したり、
保証人に迷惑をかけるといったような、
リスクが大きくなるわけです。

このように金利・利息はリスクの大きさによっても
変わってきます。

↑topに戻る

借入れと返済の方法

では、カードローンの借入れと返済の方法や仕組み
について解説します。

方法はATMとネットが主流


借入れ・返済で多く使われているのは、

  • コンビニなどのATM
  • インターネットを使ってスマホ・PCで口座振込依頼

といった方法です。

スマホを使ってカードレス決済


スマホにアプリをダウンロードして、
コンビニATMからスマホで借入れ・返済
を行うこともできます!

レイクアルサ(レイクALSA)プロミスアイフルの消費者金融系

セブンイレブンに設置されているセブン銀行が
有名です。

お金借りるのはいくらまで?


契約時に「貸付上限額」が決められるので、
その金額までは借りることが可能です。

返済をきっちりと行っていると、貸付上限額を
増額できる案内が来る場合もあります。

返済の重要性


お金借りるということは、もちろんそれを
月々返済していくことが100%マストです。

返済の決まりと仕組み


毎月元金と利息を合わせた最低金額の返済
必要です。

例えば、レイクALSA(レイクアルサ)なら、

利用残高 毎月の最低ご返済額 返済回数
1〜100,000円 4,000円 36回以内
100,001〜200,000円 8,000円 36回以内
200,001〜300,000円 12,000円 36回以内
300,001〜400,000円 13,000円 60回以内
400,001〜500,000円 14,000円 60回以内
※契約金額により、毎月の最低返済額が異なる場合があります。

このように、借りている残高によって毎月の
最低返済金額が決まり、期日に遅れることの
ないように返済します。

↑topに戻る

安心できるおすすめの人気カードローン会社を条件別に提案

カードローンでお金を借りるなら、
まず大手の安心できる会社を
おすすめします。

さらに、カードローン会社にはそれぞれ独自の
特徴やサービスもあります。

最短即日ですぐにキャッシングができる会社


銀行系カードローンでは即日融資は
行われていませんので、消費者金融系一択となります。

  • アコム
  • レイクALSA(レイクアルサ)
  • アイフル
  • プロミス
  • SMBCモビット

またこれら大手消費者金融系では
「無利息期間サービス」もあります。
(一時的に限定期間は無利子0円で
「お金借りる」ができます)

レイクALSA(レイクアルサ)で初めてお金を借りる場合5万円まで180日間無利子・無利息0円

レイクALSA(レイクアルサ)で初めてお金を借りる場合は5万円まで180日間無利息サービスが続く


低金利の銀行系カードローンで借りてみたい方


  • 三菱UFJ銀行バンクイックカードローン
  • みずほ銀行
  • 横浜銀行
  • 楽天銀行

これら条件から希望のカードローン会社を
選択するのおおすすめです。

推奨ランキングでチェック


上記のカードローン会社には、他にもそれぞれの
特徴や得意分野があります。

項目ごとに比較して、推奨ランキング形式
で解説しているページがありますので、
こちらも参考にしてみてください。↓

↑topに戻る

「お金借りる」を実践できた人の口コミを見てみよう

お金を借りることができた「実践者」の方が
実際にどのように借りることができたのか?

「お金借りる」が目的のの理由や手順・
審査の内容を口コミを集めてみました。

是非とも参考にしてみてください。↓

〇参考カードローンの口コミ情報


↑topに戻る


お金借りる相談の方法・よくある質問と回答


電話相談の方法他サポート情報


事前・契約後も相談ができるサポートが
あります。各社のサポート体制については
以下のページをご覧ください。↓


〇サポート情報参考


よくある質問と回答


お金を借りる方法を教えてください。
借りたいシーンによって様々な方法があります。個人融資・事業融資・無担保・有担保・銀行・消費者金融等いくつかの条件を選択して最適な方法を選びます。それら条件によっておすすめのお金の借り方も変わってきます。※詳しくはこちら
お金を借りる時審査があるのですか?
審査があります。目的としてはお金を借りた後、滞りなく返済ができるか?無理な借入になってないか?などをチェックするためです。内容としては 1、現在の借入件数・金額 2、過去のローン等の履歴 3、勤務先の確認などの審査が行われます。※詳しくはこちら
お金を借りた後はどうすればいいですか?
毎月分割返済(あるいは一括返済)していきます。金利に対しての利息が付きますので、元金と合わせて返済を行います。個人向けカードローンでは追加融資も可能です。※おすすめのカードローンはこちら

記事執筆


記事執筆・監修者 カードローンおすすめ比較ドットコム編集部

実際にカードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行
勤務経験者が集まって記事執筆・監修を行っています。

●twitteアカウント カードローンおすすめ比較.com編集部

↑topに戻る

お金借りるなら銀行か即日か?の質問におすすめの方法を審査・返済面で回答記事一覧

免許証だけでお金借りることってできますか?の質問と分かりやすい回答を解説!

免許証だけでお金借りることってできますか?という質問が当サイトでは多いのですが、結論から言うと、本人確認書類として運転免許証だけでお金借りることはできます。但し、利用するのはカードローン申し込み条件をクリアしている審査に受かる少なくともこの3つの条件を踏まえてのお話しです。ここから運転免許証でお金借りるの方法や注意点を詳しく解説します。ぜひ最後まで読んでみてください。●このページの目次・「免許証だ...

続きを読む
スマホ・携帯でお金を借りる方法は?の質問と回答。老若男女が使えるカードローンとは?

スマホ・携帯でお金を借りる方法は?という質問に回答する機会がよくあります。結論としては、スマホや携帯電話でお金を借りることは可能です!但し!スマホ・携帯でお金を借りるためには、カードローンに申し込みをして、審査を受けて契約を行う必要があります。ちょっと難しく聞こえるかもしれませんが、やることとしては簡単であり、しかも申し込みもスマホ・携帯やパソコンなどからインターネットを使ってWEB申し込みができ...

続きを読む
コンビニでお金を借りる方法と言ってもコンビニがお金を貸してくれるわけじゃない

コンビニでお金を借りることはできますか?という質問がありました。結論としては、コンビニでお金を借りることはできます!このページでは、その方法の回答の詳細として、コンビニでお金を借りるためにしなければいけない準備と手順どこのコンビニでお金を借りることができるのか?コンビニでお金を借りる方法や知識などをご紹介します。ちなみに個人の方が無担保・無保証のリスクが少ない方法でコンビニから現金が借りられる唯一...

続きを読む
安全にお金借りる方法は?の質問に経験者が回答とアドバイスをします

安全にお金借りる為にはどうすればいいでしょうか?このような質問が当サイトに届きました。個人がお金借りる方法としては、金融機関で借りる友人や親に借りる大きく分ければこの2つです。この2つのうち安心・安全にお金借りるが実行できるのは金融機関で借りる方です。その理由と、安全にお金を借りるための手段と方法を具体的にご紹介したいと思います。また、最も危険なお金の借り方も解説します。是非とも最後まで読んでみて...

続きを読む
お金借りるためには審査があると言われた。それって甘くないよね?の質問と回答

お金借りる時審査あるんでしょ?当サイトに多い質問の一つです。個人がお金を借りる場合、よく利用されるのがカードローンです。そのカードローンの申し込み時には審査あがあります。この審査が通らないと「お金借りる」が実現しません。ですから、お金を借りたい人は審査に対して不安な気持ちがあります。そこでこのページではその不安をできるだけ解消できるように、通過できるポイントやコツといったところを解説します。「お金...

続きを読む
「クレジットカードお金借りる」の疑問を解決!おすすめの会社は?

クレジットカードでお金借りる時について解説します。クレジットカードの場合、サービスの主体はショッピングなどでの「カードによるキャッシュレス支払い」ですが、「キャッシングリボ」を使ってお金を借りることも可能です。その場合の、金利手数料審査借り入れの方法おすすめのクレジットカード会社などを詳しく解説します。また「お金借りる」については、カードローンを選ぶのもおすすめです。クレジットカードとカードローン...

続きを読む
  このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る