公的機関発行の運転免許証は信用度が高いのでお金を借りる時の必要書類に使えます。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

免許証だけでお金を借りることはできるのか?できないのか?

 

免許証だけでお金借りることってできますか?

 

という質問が当サイトでは多いのですが、結論から言うと、本人確認書類として運転免許証だけでお金借りることはできます。

 

ただし、

 

  • お金を借りる方法は「カードローン」
  • 「申し込み」ができる条件をクリアしている
  • カードローン会社の「審査に通過」する

 

少なくともこの3つの条件を踏まえての話です。

 

ここから「運転免許証でお金借りるの方法」「その際の注意点」を詳しく解説します。

 

ぜひ最後まで読んでみてください。

 

※ちなみに「免許証だけでお金借りる」以外として、「保険証でお金を借りられた」ということも可能。詳細を解説しています。

 

 

「免許証だけでお金借りる」は「運転免許証」が必須です。

カードローンがあれば個人融資として現金借入ができます。

「カードローンでお金を借りる」場合はまず「申し込み」をします。そして「本人確認」をおこなうにあたり「運転免許証」を利用します。

審査に使われる


カードローンを利用する際は申し込み時に必要書類として、「運転免許証のコピー」か「運転免許証を撮影した画像」をカードローン会社に提出します。

「運転免許証以外の免許証」では、ほぼお金を借りることはできません。

何故、運転免許証だけでお金借りるができるのか?


国から発行されている


「運転免許証」は、「国から発行されている公的な免許証」であり、顔写真・現住所を確認する書類として信頼性が高いと言えるからです。


※逆に運転免許証を紛失してしまうと、車に乗れないのはもちろん、悪用される恐れもあります。「免許証紛失」が分かった時点ですぐに警察署に行って紛失届を出す必要があります。運転免許更新センターなどの場所で再取得しましょう。※手数料がかかります。

顔写真がある


顔写真がついているので、本人確認書類としては証明力が高いものです。

↑topに戻る

運転免許証以外の「本人確認用の書類」はあるのか?

「免許証だけでお金借りる」だけに100%こだわる必要はありません。

「免許証」に限ると「運転免許証」になりますが、「証明書」となれば運転免許証以外にも方法があります。

運転免許証以外なら、「身分証明書」があればお金を借りられるカードローン会社もあります。

アコムやアイフルのカードローンでは、運転免許証以外でも「パスポート」「保険証」「マイナンバーカード」といった身分証明書のコピーなら本人確認の必要書類として使えます。

運転免許証以外で「本人確認用の必要書類として認められる場合」は次のとおりです。

パスポート


お金を借りる際免許証以外で使える本人確認資料「パスポート」

パスポートは、顔写真と住所が記載されており国際的に通用するライセンス証明書です。


保険証


本人確認として健康保険証があればお金を借りることもできる

「お金を借りる」ための本人確認書類は顔写真がついていないものでも使えるものもあります。「保険証のコピーでお金を借りる」ということも可能です。


アコムとアイフルの「運転免許証以外の本人確認の種類」について


アコムの場合


※クリック・タップで拡大↓

アコムでお金借りる場合。運t年免許証と他の関係書類

  • パスポートのコピーや画像
  • 保険証のコピーや画像
  • マイナンバーカード(表面のみ)のコピーか画像



参考情報


アイフルの場合


※下記の書類について、Aから「2点」用意する、または、Aから「1点」Bから「1点」を用意する。
※後日、自宅へ「簡易書留」が送付されますので受取りが完了すれば確認終了。

    ●A
  • パスポート(※所持人記入欄があるもの)
  • 運転経歴証明書
  • 健康保険証
  • 在籍カード
  • 特別永住者証明書
  • 住民基調台帳カード
  • 本人様名義の銀行口座※返済方法が口座引き落としに限定
  • 各種保険証
  • 国民年金手帳
  • 母子健康手帳
  • 住民票
  • 戸籍謄本
  • 住民票記載事項証明書
  • ●B
  • 公共料金領収書(電気・ガス・水道・NHK・固定電話)
  • 国税・地方税の領収書
  • 納税証明書

※外国籍の方は「在留カード」または「特別永住者証明書」「外国人登録証明書」を用意。


※アイフル公式動画サイト「WEB申し込み(カード受け取り・融資までの流れ)


参考情報

給料明細は使えないの?


「カードローンでお金借りる」申し込みをする場合、「給料明細」といった「収入証明書」については、「本人確認」として使うことはできません。

ただし「借入限度額50万円以上」を希望する場合は、本人確認とは別に「給料明細といった収入証明書」が必要となります。




運転免許証だけでクレジットカードの申し込みはできる?

「お金借りる」ができるクレジットカードの申込でも、運転免許証のみで本人確認が可能です。

例えば「セゾンカード」の本人確認書類は次の種類のものが使えます。

※クリック・タップで拡大↓

お金借りることもできるクレジットカードの本人確認書類は運転免許証やパスポートが使える

↑topに戻る

「免許証だけでお金借りる時」に注意・留意しておく点と申し込みの方法・手順

注意しておく点

運転免許証の「表裏」をコピーまたは撮影


カードローンでお金借りる時の申し込みで運転免許証を利用する場合は、表と裏を必ずコピーまたは撮影して提出しましょう。

現住所と運転免許証の住所が違う


引っ越しなどをして住所が変更されている場合、運転免許証の住所も変更されていないと本人確認書類としては使用できません。

警察署に行けば、免許証の裏面に新しい住所を印字してもらうことができますので、先に住所変更の申請をしておきましょう。

※運転免許所の住所変更申請には「住民票」などの必要な書類があります。前もって確認してから警察署にいきましょう。

運転免許証の有効期限が過ぎているとダメ


有効期限が切れているいるものは使えません。更新を忘れると運転免許証自体が使えなくなるので気を付けましょう。※有効期限となる誕生日の1ヶ月前から更新ができます。

他人の免許証でお金を借りることはできません


必ず「申込者本人の運転免許証のコピー」を送って申し込みをしてください。

カードローンの申し込みで「本人確認のため他人の保険証を提出してお金を借ようとする」ことはNGです。「虚偽の申請をした」とみなされる恐れがあります。

なぜ運転免許証のコピーを提出する必要があるのか?という理由は「正しくカードローン審査を行うためにお金を借りる本人を確認」するためです。

他人になりすまして免許証を使うことは絶対NGです。逆に「なりすましに協力するために免許証を他人に預ける」こともダメです。

※悪質な場合は警察沙汰になりかねませんので絶対にやめておいてください。


街金はOK、闇金は利用してはいけない


このあと紹介しているおすすめの大手カードローン会社以外で運転免許証でお金を借りられる中小ローン会社(街金)もあります。

「街金」であっても「正規の貸金業者」なら、違法ではないのでお住まい周辺にある「街金」で借りても問題はありません。

ただし、「闇金」と呼ばれるものは「違法な利息をとる悪質な業者」なので借金をしてはダメです。


お金を借りるコツとして、「金利のパーセンテージを比較して低い方で借りるのが利息が少なくて済む」のでおすすめです。

※「サラ金」は「ヤミ金」とは違います。サラ金はサラリーマン金融のことで、正規の消費者金融のことを指します。



留意しておく点


カードローン会社の審査があります


「運転免許証だけでお金借りることができる」と言っても、それはあくまでも「提出する必要書類」についてのお話です。

お金を借りるためのあらゆるローンの利用では必ず「事前に審査」が行われます。この審査を通過しなければ、ローン契約はできません。審査さえ通貨できれば「免許証だけで借りられる」といっても過言ではないでしょう。

例えば「無職でお金借りる」というのは、審査が通りません。その他、「審査に通過しないと考えられる理由」としては次のようなものが挙げられます。


  • 20歳以下の人
  • すでに「年収の3分の1以上」のお金を借入している
  • 3社以上のカードローン会社から借入している
  • 過去に長期延滞を繰り返したり債務整理をした人

これらに該当する方は、「審査にて落とされてしまう可能性が非常に高い」ので、できればカードローンの申し込みは避けてください。

「カードローンの審査ってどんな内容なのかよくわからない」という方は、こちらのページなどで分かりやすく解説していますので、必ず読んでおいてください。↓



カードローンの審査では本人確認以外にも「勤務先の在籍の確認」の電話がある


カードローンでお金を借りるなら、本人確認として運転免許証等の写しの提出をします。

さらに、申し込み時には「年収」を記入する必要があります。会社員や公務員の方は「給与をどこからもらっているか?」を明確にするために、勤務先の記入も必要です。

その情報を元にカードローン会社は「勤め先への電話確認」を行います。

このあとに解説する「カードローン審査」の一環として「在籍確認」があることも知っておきましょう。そうすればスムーズに審査が進みます。




カードローンの申し込み手順


カードローンの融資貸付を受けるためには、一連の申し込み手続きが必要です。手順はこちらのページで詳しく解説していますので参考にしてみてください。↓




カードローンでお金借りるなら銀行と消費者金融があります


「運転免許証でお金借りる」ことができるおすすめのカードローン会社には「銀行系と消費者金融系」の2つがあります。

審査・金利・返済面で比較するとそれぞれメリット・デメリットがあります。どちらを選ぶかを検討してみましょう。↓



運転免許証だけでお金借りるができないパターンもある


カードローンは「運転免許証だけでお金借りる」ことができる可能性が高いのですが、その他のローンでは「絶対に不可能」な種類もあります。

「運転免許証だけでお金借りる」が可能な場合 「運転免許証だけでお金借りる」が不可能な場合
カードローン 住宅ローン・自動車ローン・不動産担保ローンなど ※詳しくはこちら

必ずしも「運転免許証だけでお金借りるができるわけでない」ことも理解しておきましょう。

↑topに戻る

「おすすめのカードローン会社」をチェックしておく

では実際に「免許証だけでお金借りる」ができるおすすめのカードローン会社をご紹介します。

「免許証だけでお金借りる」の意味をしっかり理解するにはこちらをご覧ください。

いずれの紹介する会社でも、審査の必要書類として運転免許証コピーを提出すれば申し込みができます。※パスポートや健康保険証でも可能です。カードローン会社によって申し込み方法に違いがありますので、各ホームページで確認しましょう。


大手消費者金融系のおすすめカードローン会社



といった、テレビCMなどでも人気な会社は安心してお金を借りることができます。またWEB申し込みもあり、土日祝の休日でも24時間申し込みが可能なので、申し込みがしやすくなっています。


おすすめは「アコム」


これら大手消費者金融系カードローン会社は審査結果の時間も早くわかります。例えばアコムなら、「最短30分で審査結果がわかる」仕組みになっています。また学生・主夫・主婦の方でも、安定した収入があれば審査を受けられキャッシングも可能です。

また、アコムなら銀行カードローン会社と比較して審査通過率が高くなっているので、「運転免許証だけでお金借りる」なら一番におすすめしたい会社です。



アコムで免許証だけでお金借りるができた体験談


先日当サイトの「免許証だけでお金借りる」の解説を参考にされた方の体験談をお話しします。その方は「銀行の生命保険料を支払うため」にすぐにお金が必要でした。

その時「免許証だけでお金借りる」方法でアコムのカードローンと契約をされて、無事保険料の支払いを完了されたそうです。




カードローン会社の詳しい特徴やメリットの情報はこちらのページでも解説しています。(「プロミス」やレイクALSA(レイクアルサ)といった大手カードローン会社の紹介もあります)↓



銀行系のおすすめカードローン会社


銀行にもカードローンはあります。

おすすめは大手銀行カードローンです。

※クリックすると各カードローン会社の詳細ページをご覧いいただけます。

といった銀行があります。

申し込み方法や詳しく内容はこちらのページもご覧ください。↓


実際に借り入れをする際は、金利利率や返済の仕組みについても知っておく必要がありますので、こちらのページも必ず読んでおいてください。↓



審査通過の可能性について

一般に公開されている各カードローン会社の審査通過率を見ていると、消費者金融系の方が銀行系より審査通過率が高いことがわかります。

したがって、「審査通過の可能性」を優先するなら、「消費者金融系カードローン」がおすすめです。

↑topに戻る

「免許証でお金借りる」のよくある質問と回答

できるだけ早くお金を借りるおすすめの方法は?
 

個人向け無担保カードローンがおすすめです。運転免許証のコピーを提出して申し込みをすれば、すぐに審査を受けることができます。※おすすめのカードローン会社はこちら


  


本当に免許証だけでお金借りることってできますか?
 

個人向け無担保カードローンなら、申し込み条件がクリアできれば運転免許証のコピーを本人確認書類として提出し、その後審査に通れば、すぐにお金を借りることは可能です。※詳細はこちら


  


運転免許証以外の証明書類でお金を借りることはできますか?
 

可能です。パスポート・保険証・マイナンバーカードなどで代替えできます。※詳しくはこちらのページ


  


↑topに戻る

「免許証だけでお金借りる」ができないパターン

お金を借りる方法はさまざまです。今回は運転免許証だけでお金借りるができるパターンをご紹介しましたが、運転免許証だけでお金借りるができない場合は次のようなローンです。

 

  • 主に銀行の会社や住宅金融支援機構が取り扱う「住宅ローン」
  • 主に貸金業の会社や銀行の会社が取り扱う「カーローン」
  • 主に貸金業の会社や銀行の会社が取り扱う不動産担保ローン

 

これらのサービスは「運転免許証だけでお金借りる」ことができません。その理由は「担保の用意が必須」となるからです。そのため「担保査定」もあり、本人確認をするための運転免許証の写し以外の書類も用意し提出しなければいけません。また契約完了までの時間も長くなります。

 

「個人向け無担保カードローン」は担保を必要としません。なので、運転免許証の写し以外の書類を用意する必要はほぼありません。(50万円以上の貸付限度額の場合は収入証明書が必要。)よって契約までの時間も短くなります

 

カードローンは「運転免許証だけでお金借りる」ことができる唯一の方法です。

 

アコムカードローンは、50万円以下の貸付限度額なら「運転免許証だけでお金借りる」ができます↓

 

 

 

記事執筆

 

カードローンおすすめ比較ドットコム編集部

実際にカードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行勤務経験者が集まって記事執筆・監修を行っています。

●twitteアカウント カードローンおすすめ比較.com編集部

 

実際にカードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行勤務経験者が集まって記事執筆・監修を行っています。

●twitteアカウント カードローンおすすめ比較.com編集部

 

↑topに戻る

ページの先頭へ戻る
TOP