このエントリーをはてなブックマークに追加
安全お金借りる

為にはどうすればいいでしょうか?

安全にお金を借りるための方法と注意点

このような質問が当サイトに届きました。

個人がお金借りる方法としては、

  • 金融機関で借りる
  • 友人や親に借りる

大きく分ければこの2つです。

この2つのうち安心・安全にお金借りるが
実行できるのは金融機関で借りる方です。

その理由と、安全にお金を借りるための
手段と方法を具体的にご紹介したいと
思います。

また、最も危険なお金の借り方も
解説します。

是非とも最後まで読んでみてください。



「お金借りる」時安全でない方法と理由

友人や親にお金借りるは安全でない

というと少し語弊がありますが、この
場合の理由を解説すると、

個人間同士のお金の貸し借りは法律上のルールを順守できない

という可能性があるからです。

例えば、この後解説する、「安全にお金借りる」
方法として、正規の銀行や貸金業からお金を
借りる方法を解説しますが、

金融機関から借り入れをする場合は、

  • 申し込み条件の取り決め
  • 審査の実行
  • 契約書の取り交わし

など、貸す側と借りる側の両者が
不利益とならないように、最善の
方法を尽くします。

これを個人間同士でお金の貸し借りを行うと、
借りた側・貸した側両者にとってデメリットや
リスクが発生しやすくなります。

そして、トラブルが生じどちらかが
犯罪に進んでしまう場合もあります。

ネットを使った個人間でお金を借りるのは危険


ツイッターなどSNSで「お金貸します」という
投稿を見かけることがあります。

友人や親にお金を借りるなら、
相手のことを知っているのでまだ
危険度は少ないですが、

こういった投稿をしている相手は見知らぬ人であり、
アカウントだけではどんな人なのか?が全く
わかりません。

安易に反応して、お金を借りる
ことをすると、最悪の場合犯罪に
巻き込まれることも考えられ、最も
危険な方法です。

安全にお金を借りるためには、借り手は
融資を行う貸し手がどんな存在なのか?を
正しく認識する必要があります。

少なくとも「金融機関からお金借りる」ことを
実行できれば、次のようなトラブルの元も
問題なく回避することができます。

金融機関には守るべきルールがある


  • 金利が相場より高い 国が決めている利息制限法により明確な相場のもと決定する
  • 口約束で契約書を交わさない 必ず契約書を発行し取り決めを行う
  • 返済能力がどのくらいあるのか?見えない 審査が行われ、返済不履行にならないよう貸付上限が守られる
  • 返済の方法や取り決めが徹底されていない 毎月の返済額・返済方法が決められ明細書も発行できる
  • 不当な取り立てを行う 銀行法・貸金業法などの法律により違法な取り立ては厳しく監視される

つまり「安全にお金借りる」ためには、

「国や都道府県に登録の届けを出している
金融機関から、法律に基づいて融資を
行っている会社」を利用することが、

最も適切であると言えます。

また、貸す側も安全・安心でなければ
お金を貸すことはありません。

例えば、金融機関がお金を貸すとき、

  • 他社からすでに多くのお金を借りており新規借入をすると返済できない
  • 現在の年収では借り入れ金の返済と生活費の出費を維持できない

といった条件を持っている人には、安心・安全に
お金を貸せないという判断を下す場合もあります。

返済が滞ってしまいそうな人にお金を貸すと
いう事は、借りた当人が破産してしまうことを
助長することにもなり、

借りた側にとっても安全な融資とは言えないのです。

「安全にお金借りる」ためにはまず、

返済能力の範囲内の金額でお金を借りる
ことができることが必須と言えます。

では次に、安全な金融機関とは?について
解説します。

↑topに戻る

安全・安心な金融機関はどこなのか?

銀行


一番なじみの深い金融機関と言えば銀行でしょう。

銀行では預金や損害保険なども扱っています。

銀行は各管轄財務局に登録をする必要があります。
国から金融機関として認定されている会社ですが
安全・安心と言えます。

貸金業


貸金業の場合は、よく知られているところで言うと

  • クレジットカード会社
  • 消費者金融会社

が該当します。

貸金業社も貸金業を行う場合には、銀行と同じように
財務局又は都道府県に登録をしなければいけません。

安心・安全な会社です。

大手から小規模まで多くの貸金業社がありますが、
大手の有名なところでは、


といったところがよく知られています。
※各会社名をクリックすると詳細ページ
に移動します。


ヤミ金は安全にお金借りるができない

国や都道府県に貸金業の登録をせず、
違法にお金を貸しているようなところがあります。

それがヤミ金です。いわるゆヤミ金と呼ばれるような
ところでお金を借りることは、

100%安全とは言えません。

日本政策金融公庫


国が行うお金を借りるためのサービス機関です。
こちらは個人事業主や法人会社がお金を借りる
ことができる金融機関です。

例えば先日個人でアパート経営をしている
私の友人が、建物のリフォームの資金を
借りるために日本政策金融公庫で申し込みをしました、

ろうきん


ろうきん(労金)は労働金庫の略です。

労働組合や生協が運営している
協同組織の福祉金融機関です。

労働金庫法という法律が適用されています。

銀行のように預金もできる金融機関です。

「お金借りられない」ときの最終手段


すでに借金があり、返済のために「絶対・なんとか・
どうしてもお金借りる必要がある」という時に
「何をしても結局追加でお金借りられない」
という場合は、

一旦「お金借りる」ことはなしにして、
「債務整理で助けてもらう」という方法
もあります。↓


「違法なヤミ金」や「SNSの個人融資の勧誘」
などでお金借りることを考えるより、こちらの
方が「よっぽど安全」ということは間違いありません。

↑topに戻る

カードローンを利用するシーンや申し込み方法

最も安全で割と簡単にお金を借りる契約が
できる方法としておすすめなのが、

カードローンです。

  • 一時的にお金を借りたい
  • 1日だけお金借りたい

といった状況でも「安全にお金借りる」ことが
できる方法です。

個人的にお金を借りるならカードローン


カードを1枚持っていれば、近くのコンビニや
ATM設置機からキャッシングがさっとできる
利便性の高い方法です。


特に、給料日前でお金がない時など、
クレジットカードが使えない場所での

  • 光熱費の支払い
  • デート代の支払い
  • 会社仲間・友人との飲み会
  • 交通機関の支払い
  • 旅行先での買い物での支払い
  • 現金値引きがあるお店
  • レジャー施設や文化施設などの入場料

と言ったような現金が必要な時には
大変便利です。

使用使途は「フリー」


ここで紹介しているカードローンなら、
どんな理由でもお金を借りることができます。
※但し事業性の借り入れはNG

例えば、1年前に私の知り合いは、5万円の
バイクの購入資金が必要な時にカードローンを
利用しています。

逆にカードローンがあまりおすすめできない
シーンとしては、

  • 車の購入
  • 不動産や新築中古の住宅の購入

での資金です。

これらは相対的に大きな金額の融資となります。

ですので、金利が高いと利息の支払いが
とても大きな数字となるので、

できるだけ金利・利息は低くなるように
考える必要があります。

銀行などの金融機関では、カードローンとは別に
「カーローン」「住宅ローン」というサービスを
扱っており、金利設定が低くなっています。

これらの購入のお金を借りる場合は、
専用のローンを利用するようにしてください。

学生でもお金借りることはできるの?

学生の方でも「お金借りる」ことは十分可能です。

一部上場の安心なカードローン会社で人気の
「アコム」の利用条件は次のようになっています。

  • 貸付対象者・・・20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

つまり学生の方でもアルバイトなどで
安定した収入と返済能力があれば、
申し込み資格があり、審査通過も
可能となります。

また、主婦や主夫の方でも同じように安定した
収入があれば「お金借りる」ことは可能です。

※但しこの後の解説にある審査に通過する
必要があります。

逆に「社会人」でも「無職」という方は、「申し込み
資格はない」ということになります。


申し込み方法


スマホ・携帯からWEB申し込みするのが主流です。


最近は「スマホアプリ」で申し込みができる
会社もあります。

その他郵送店舗窓口でも可能です。

審査があります。


「審査なし」というカードローン会社はなく、
申し込み資格があっても「審査通らない」
という方は残念ながら「お金借りられない」
ということになります。

審査のやり方についてはこちらを
ページを参考にできます。↓


審査の甘い厳しいを探すことは
あまり考えなくても大丈夫です。↓


※但し「カードローンでお金借りられない」という
ことになっても、それが「その人を評価する」ものでは
ありません。

「コロナ禍」の影響で「緊急で・どうにかして
お金借りたい」という方は、「国の生活費や
事業資金対策」の方を検討してみてください。↓


↑topに戻る

おすすめできるカードローン会社の選び方は?

ではここで改めてカードローンで
安全にお金借りることができる会社
解説します。

消費者金融系カードローン


即日でお金を借りたいときは、
銀行系ではなく貸金業の消費者金融系
を利用すれば可能です。

人気の会社は?


詳しくはこちらのページを参考にして
みてください。↓


※但し申し込み時間により翌日になる場合もあります。

クレジットカード会社のキャッシング


本来クレジットは分割払いや毎月の支払いを
一括払いで支払う時のためによく使われる
カードですが、

消費者金融系のカードローンと同じような
キャッシング機能も付帯しているものもあります。

SMBCグループのセディナのクレカにも
キャッシングができる契約がついています。

銀行系カードローン


消費者金融系カードローンより低金利で
キャッシングができます。但し審査については、

消費者金融よりチェック項目が多いので、
ハードルが高いかもしれません。

人気の会社は?


詳しくはこちらのページを参考にして
みてください。↓


ちなみにこの3つの会社ならすべて、
「安全にお金借りる」が実現できます。

↑topに戻る

お金借りるときの注意点


カードローンで借りたお金は借金です


カードローンの借金ですので、

  • 金利に対して利息が付く
  • 返済は毎月定期的に行う

この2つの条件は最低限知っておく必要があります。

例えば銀行に預金をすれば、預けた側に
利子がつき、預金額以上のお金をもらえます。

これと逆で、お金を借りた場合は貸した側に
利子を払う必要があります。


万が一返済で苦しくなったら


例えば不慮の事故でアルバイトができず収入が一時的になくなった

といったとき、毎月の返済が遅れてしまう
ことのになる場合は、

金融機関に返済について相談することも可能です。

相談をすれば、

返済期限の延長や返済金額の見直しなどを
提案してもらえることが可能になるでしょう。

↑topに戻る

安全にお金借りる関連よくある質問と回答

個人が安全にお金を借りる最善な方法とそうでない方法を教えてください。
最善な方法は、国や都道府県に許可登録申請をしている金融機関の会社から借りることです。最善でない方法はヤミ金などの違法なところや、相手のよくわからない相手がSNSでお金を貸す投稿をしているようなところからお金を借りることです。詳しくはこちら
安全にお金を借りる手順としてはどのような方法でしょうか?
正式な許可登録のある金融機関では、カードローンの申し込み受付後審査が行われ、双方にとって不利益にならないことが認められれば契約が交わされます。その後お金を借りることができます。※詳しくはこちら
安全にお金を借りることができればその後注意点はないのでしょうか?
カードローンは借金ですので、金利・利息が付くという事と、そして毎月必ず返済をしなければいけないこと、この2点は注意しておくべき点です。※詳しくはこちらのページ

記事執筆


記事執筆・監修者 カードローンおすすめ比較ドットコム編集部

実際にカードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行
勤務経験者が集まって記事執筆・監修を行っています。

●twitteアカウント カードローンおすすめ比較.com編集部

↑topに戻る

  このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る