銀行や消費者金融でお金借りる人は返済ができるかどうか?必ず審査されますので事前に内容を把握しておきましょう

銀行や消費者金融でお金借りる人は返済ができるかどうか?必ず審査されますので事前に内容を把握しておきましょう

「カードローンとは?」わかりやすく解説



 このエントリーをはてなブックマークに追加
お金を借りるときの審査について


お金借りる時ローン審査あるんでしょ?

当サイトに多い質問の一つです。

個人がお金を借りる場合、よく利用されるのがカードローンです。そのカードローンの申し込み時にはローン審査あがあります。このローン審査が通らないと「お金借りる」が実現しません。

ですから、お金を借りたい人はローン審査に対して不安な気持ちがあります。

そこでこのページではその不安をできるだけ解消できるように、通過できるポイントやコツといったところを解説します。

「お金借りる」が上手にできるための基本的な指南です。

ぜひ最後まで読んでみてください。



「お金借りる審査」はそんなに甘くなはい?「かりる」ための条件や方法

冒頭でも解説した通り、「個人でお金借りる」を実現するために最も簡単な方法として利用されているのがカードローンです。

しかし、申し込み前に「ローン審査が甘い・緩いところはないのか?」と考える人が一定数おられるのですが、そのあたりの考え方を順にご説明していきます。

カードローンの審査通過率は?甘いのか厳しいのか?


ローン審査通過率について参考になる数字を調べてみました。

例えば貸金業で人気のアコム、プロミス・アイフル株式会社では、約40%〜48%となります。※これら3つの会社はIR情報で発表しています。

この数字を見て審査が甘いのか厳しいのか?ということは判定できませんが、申し込み者の約半数の人がローン審査に通過しているということです。

この確率もってすれば、今このページをご覧になっているあなたも、「お金借りる」を実現したいと思っているならカードローンの審査に通過できる可能性は十分にあるということです。


ローン審査落ちしないためのポイント


利用条件


各カードローン会社には申し込み前の利用条件があります。これをクリアしていないと100%ローン審査には通過できません。


この条件に当てはまらない人はそもそもカードローンの申し込みはできない人なので、利用はできません。


ローン審査が通りやすい人


  • 今現在借り入れをしていない
  • 安定した収入がある
  • 過去にカードローン・クレジットカードで借金をして債務整理・任意整理をしていないまたは返済を遅延するようなことはしていない
  • 同じ会社での勤続年数が1年以上の人

これらの条件が揃っていれば、ローン審査通過の可能性は高いと言えます。

カードローンの審査に関する重要な情報はこちらのページで詳しく解説していますので、ぜひ読んでおいてくださいませ。↓



お金借りるを実現するための方法


とにもかくにも申し込みが必要です。大手の会社ならスマートフォンかPCを使ってインターネットから申し込みが可能です。


これですとわざわざ店舗に行くことは不要です。※万が一インターネットが苦手という方は、郵送やFAXでも申し込みも可能な場合があります。


申し込み時の必要書類


本人確認証の写しが必要です。本人確認証とは運転免許証や社会保険証などがそれにあたります。



50万円以下なら収入証明書は不要

借り入れをしたい金額が50万円以下なら、収入証明書という書類が不要です。※50万円以上の申し込みをしたい場合は必要。

 


ではさらに契約後のお金の借り方について解説します。

↑topに戻る

どうやってお金を借りるの?

大手の銀行系・消費者金融系カードローンのお金の借り方について、基本的な部分を解説しておきます。

いわゆる「キャッシング」をする具体的な方法です。


ATMを利用する


コンビニや提携ATMから現金を引き出す方法です。

この方法のメリットは「いつでもどこでもカードがあれば簡単にキャッシングができる」という利便性があります。

ただし、ATM利用手数料がかかる場合もあります。各カードローン会社のATM手数料の比較を行った解説ページがありますので、参考にしてみてください。↓



口座振込を利用する


ほとんどの大手カードローン会社では、借り入れをしたいお金をユーザーが持っている銀行口座に振込をしてくれます。※この場合は振込手数料は、無料の場合が多いです。


アプリを利用する


一部のカードローン会社では、スマートフォンを使ってアプリをダウンロードして、カードなしで提携コンビニATMからキャッシングができるサービスがあります。

一例としてプロミスのアプリキャッシングの方法を解説していますので、一度ご覧になってみてください。↓


↑topに戻る

おすすめのカードローン会社は?

カードローン会社は大きく分けると、次の2つに分かれます。

  • 銀行系
  • 貸金業系


銀行と貸金業との違い


会社としての違いは次のようなことが挙げられます。

  • 銀行は銀行法、貸金業は貸金業法と適用される法律が違う
  • 銀行は預金業務が行えるが、貸金業は行えない

大手の会社は上場している会社がほとんどでそれ相応のコンプライアンスが決められていますので、お金借りるをおこなう上でも評判の良い安心・安全な会社といえます。


銀行系カードローンでお金を借りる


大手で人気どころでは、三菱UFJ銀行カードローンバンクイック(※詳細はこちら)横浜銀行みずほ銀行などがサービスを提供しています。



貸金業系カードローンでお金を借りる


大手では、テレビCMでもよく見かけるアコムやプロミス、レイクALSA(レイクアルサ)といった消費者金融系が人気です。


利点


「即日融資が可能」という点が最もアピールされているメリットです。※銀行では基本的に申込日から早くて翌日かそれ以降の借り入れとなります。

今日・明日にでもキャッシュが必要と言う場合は、まずは消費者金融系に申し込んでみるのがおすすめです。


↑topに戻る

カードローンの審査に通った後の注意点

さてここまでお金借りるを実現するためのローン審査の内容について解説しました。

ローン審査通過のポイントをしっかりと押さえ、申し込みをして契約までできたのち、実際にお金を借りた後に知っておかなければいけない注意点があります。

お金借りるの実現はむしろ、ローン審査よりこの借り入れ後のルールのほうが重要とも言えますので、しっかりと理解しておいてください。


融資を受けると金利・利息が発生する


安心・安全な金融機関からお金を借りるということは借金をするということです。

そすると金利が設定されて、利息というものを金融機関に支払います。

例えば住宅ローンや車のローンの貸付などでも融資を受けた際は金利が設定されて、毎月の返済時に利息を支払っています。

それと同じで、カードローンも金利・利息はついてきます。

ですので、利息の計算もシミュレーションして、お金を借りた際にどのくらい利息を支払うのか?を確認しておきましょう。



借り入れ後に必要な毎月の返済の額


カードローンを利用すれば、毎月の返済が必要となります。

毎月の給料や収入から一定額の返済をすることになりますので、生活費の出費とのバランスを確認しておく必要がります。

無理なく返済していけるか?はとても重要です。

毎月の返済額は各カードローン会社によって多少違いがあります。


金利利息なしが期間限定であるカードローン会社

ここでとっておきのお得情報をご紹介します。

アコムやプロミスといった大手消費者金融系のカードローンには、

初めての契約の方限定で契約後30日間〜180日間はお金を借りても金利なしで利息が付かない

という借り方があります。

詳しくはこちらのページで解説していますのでご覧ください。↓



クレジットカードとの併用での注意点


クレジットカードの主な利用方法としては、日々の支払いをまとめて月1回で一括で手数料0円で支払うというものです。

この方法は支払いの手間を省く利便性に優れていますが、月1回の清算のため、どの位お金を使っているか?を把握するのが難しくなります。

そのため、クレジットカードの請求が来た時に思ったより支払額が多くなっていて、カードローンの支払いや、その他の出費と合わせると赤字・予算オーバーとなってしまうこともよくある事例です。

クレカも一時的にお金を借りているのと同じことなので、すべての出費を把握して計画的にお金を使うことを意識してください。

↑topに戻る

お金借りるについてよくある質問と回答

お金借りる審査について、質問と回答をまとめると以下のようになります。

お金を借りる時審査なしで申し込みはできませんか?
カードローンでお金を借りる場合はできません。※詳しくはこちら 個人間で貸借契約する場合は審査なしでできますが、リスクもあります。※詳しくはこちら
個人事業主・法人代表でもードローンでお金を借り入れますか?
借りることが可能です。法人はその代表取締役個人がお金を借りることができます。
すでにお金を借りています。借り換えができるカードローンの審査はどのような感じでしょうか?
審査のやり方としては同じです。ただし借りている状況によって審査に通らない場合があります。例えば現在の借り入れ金額が年収の3分の1を超えている場合などは今の借金をある程度減らしてからでないと、借り換えができないことが多いです。(総量規制を基準とした審査の考え方による)借りすぎに十分注意して、借りすぎる前に早めに借り換えの申し込みをおこなうのがおすすめです。※詳しくはこちらのページ


記事執筆


カードローンおすすめ比較ドットコム編集部

実際にカードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行勤務経験者が集まって記事執筆・監修を行っています。
●twitteアカウント カードローンおすすめ比較.com編集部


実際にカードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行勤務経験者が集まって記事執筆・監修を行っています。
●twitteアカウント カードローンおすすめ比較.com編集部


↑topに戻る

ページの先頭へ戻る
TOP