カードローンですぐ借りれる会社のおすすめポイントを比較してご紹介します。

 このエントリーをはてなブックマークに追加
カードローンですぐ借りれる会社はある。注意点も知っておく。

カードローンですぐ借りれる

方法はあります!しかも時間的には、次のように「短時間」です。

  • 申し込みから審査結果まで・・・約1時間強
  • 審査結果後、契約・現金振り込みまで・・・約1時間強

合計で長く見積もっても3時間あれば、カードローンですぐ借りれる可能性は大です!

すぐ借りれるおすすめのカードローンは次の会社です。

  • アコム
  • レイクALSA(レイクアルサ)
  • アイフル
  • SMBCモビット

つまり即日融資ができるのは消費者金融ですね。

どこを選ぶか?についてはこのあとの各会社のメリットなどの解説を読んでいただければいいのですが、その前に、すぐに借りれない人の条件があることもまずは知っておいてください。

それがクリアできる方なら、カードローンですぐ借りれる可能性は非常に高くなります!

ぜひ最後まで読んでみてください!


すぐ借りれるはずがローン審査に通らない時。あなたは大丈夫?

カードローンですぐにお金を借りようと思っていても、申し込み後のローン審査に通らなければ、カードすら持つことはできません。

ローン審査に通るためにはまず次の条件を確認してください。

  • 年齢が20歳以上
  • 無職でない方・専業主婦・主夫でない方
  • 安定した継続的な収入がある方(バイト・学生も可)
  • ブラックでない方

1から3についてはすぐに確認が取れるでしょうが、4つ目の「ブラックでない方」についてが非常に重要です。


ブラックとは?


すでにカードローンやクレジットカードを利用している方、あるいは、過去にカードローンやクレジットカードを利用していて、次のような状況である方です。

  • 債務整理をしたことがある
  • 任意整理をして返済中
  • 毎月の返済が遅れたり、遅延を繰り返していた
  • カードローンの借金を踏み倒しした

これらの条件に当てはまる方のことを指しています。

また、ブラックではなくても、次のような条件になってしまっている方はまずローン審査は不通過となります。

  • すでに3社以上のカードローンを所持している
  • 年収の3分の1以上の借り入れがすでにある

ブラックという言葉が少しイメージ的には適切か?という問題あるのですが、そこはいったんおいておき、今あげた条件の方は、残念ですがまずカードローンの審査には通りません。

ですので、このページを見て申し込みをするのはおすすめできません。


言わなければばれないでしょ?


いえ、これらの情報は「個人信用情報機関」において、貸金業のカードローンやクレジットカードの履歴としてすべて記録されています。

そして、カードローンの審査ではこの情報は必ずチェックされています。

これらはすべて国の法律で決められています。

かなり厳しいんじゃない?とお考えの方もおられるかもしれませんが、これらの法律は消費者がお金を借りすぎてしまって返済が苦しくなったり、過去と同じ過ちを繰り返すリスクを取り除くため消費者を守るために考えられた法律です。

ですので、今解説をしたローン審査に通らない条件に当てはまる方は、すぐにお金を借りたくてもいったん立ち止まってください。

カードローンの借り入れで債務整理、任意整理をした方は少なくとも5年はローン審査に通らないと考えてください。

毎月の返済の遅延を繰り返してしまった方は、少なくとも1年以上は経過してることが理想です。

さて、今現在カードローンの借り入れがあって、年収の3分の1以上を借りているという方は、総量規制という法律に基づき、新しいローンカードを作ることはできない場合がほとんどです。


まず、今の借金を地道に返済することを考える必要があります。借り換えをしたい場合も、やはり今の借り入れが年収の3分の1以上ある方はそれを減らさないとローン審査通過はできません。

カードローンの契約が3社以上あるという方は、お金を借りていなくても多重債務となりこちらもやはりダメです。

この場合は、例えばこのあとご紹介するアコムやレイクALSA(レイクアルサ)などの大手の安心できる会社のカードローンに乗り換えたいという希望の場合なら、

とにかく今のカードローンの契約を解除して、0社〜多くても2社にしてから申し込みを考えてください。


一度非承認を受けて、審査に通らなかった場合、短くても半年間は同じ会社に申し込み受付ができなくまります。

ですので、審査に通りやすい条件を整えてから申し込みことが必須です。

↑topに戻る

すぐ借りれるカードローンのおすすめ4選

ローン審査に通ればすぐに借りれる!

即日・当日融資・キャッシングが可能なカードローンのおすすめをご紹介します。

特に「無利息で借りれるサービス期間」がある会社は、すぐに借りたい方にとっては間違いなくメリットを受けることができます。

1点注意していただくことは、申し込み時間によっては当日融資が間に合わない場合がありますので、申し込みをする時間についてはしっかりと確認してください。

また、各社即日・当日融資をするための条件がありますので、できるだけわかりやすく解説しますので、しっかりと漏れのないように確認しておいてください。


アコム

アコムは三菱UFJフィナンシャルグループです。三菱UFJ銀行などと同じですので、大手の安心感があります。

アコムの貸付条件


貸付利率 3.0%〜18.0%(実質年率)
契約限度額 1万円〜800万円
返済方式 定率リボルビング方式
貸付対象者 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方※ なお、お取引中に満70歳になられた時点で新たなご融資を停止させていただきます。学生「※満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方」 ・主婦「※満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方」
審査時間 申し込み後最短15秒
融資スピード 最短1分・最短即日融資
提携ATM ■借り入れ・返済 セブン銀行、イオン銀行、三菱UFJ銀行、西日本シティ銀行、ローソン銀行ATM、イーネット、アコムむじんくん自動契約機ATM、北海道銀行、 東京スター銀行、八十二銀行、第三銀行、広島銀行、西日本シティ銀行、福岡銀行、親和銀行、熊本銀行、クレディセゾン
無利息サービス はじめての方なら契約日の翌日からWebで申し込むと60日間利息0円 、5万円まで180日間利息0円 ※いずれも契約額1〜200万円の場合 ※無利息期間経過後は通常金利適用。 ※他の無利息と併用不可。
担保・連帯保証人 担保…不要、連帯保証人…不要
会社名 アコム株式会社(ACOM CO., LTD.)
所在地 東京都千代田区丸の内二丁目1番1号 明治安田生命ビル
登録番号 関東財務局長(12)第00022号
電話番号 0120-07-1000(代表)
個人情報の取扱い 「個人情報の取扱いに関する規約」


アコムの金利表


ご契約極度額 適用金利(年率)
1万円〜99万円 7.7%〜18.0%
100万円〜300万円 7.7%〜15.0%
301万円〜500万円 4.7%〜7.7%
501万円〜800万円 3.0%〜4.7%
※2021年4月現在

担保は不要で無担保・無保証人でもすぐに借りれます。


レイクALSA(レイクアルサ)

他社と比較して無利息期間サービスが充実しています。「担保は不要」です。無担保・無保証人でもすぐに借りれます。


アイフル

担保は不要です。無担保・無保証人でもすぐに借りれます。無利息期間サービスもあります。


プロミス

三井住友銀行ATMが手数料無料で利用できます。無利息期間サービスもあります。担保は不要です。無担保・無保証人でもすぐに借りれます。


SMBCモビット

最後にご紹介するSMBCモビットですが、こちらの会社は当日すぐに借りることはできますが、無利息期間サービスはありません!

三井住友銀行ATMなら利用手数料は0円です。

担保は不要無担保・無保証人でもすぐに借りれます。

↑topに戻る

参考すぐ借りれる即日融資の具体的なメリット

即日融資のカードローン会社のメリットは、その日のうちに借り入れができ、その上申し込み手続きが簡単なところです。

申し込んで数十分で融資されるという、このスピード感は大きな利点と言えます。

申し込みなどの手続きをできるだけシンプルにし審査項目をスリム化させることで即日融資につながっております。


また申し込みもウェブ申し込みを採用しており、申し込みから契約完結まですべて手元にあるスマートフォンやパソコンで簡単におこなうことができ、平日時間のない人でも土日祝を利用して手続きができます。


ウェブ申し込みをすることによって、必要書類の提出もネット上で完結できますので来店不要で手続きが行えるのもメリットです。


そして、即日融資に対応しているカードローンの中には無利息サービス(初回契約時に限り30日間は無利息で金利手数料なし)を提供している金融会社もあります。

少額・短期の借り入れなら利息ゼロで完済できる可能性があります。

↑topに戻る

銀行カードローンの最短は翌日融資に注目

上記のような即日融資のカードローンのほとんどは「大手消費者金融」になり、銀行カードローンは即日融資に対応しておりません。

銀行が即日融資をおこなわない理由としては、申し込み者が反社会的勢力でないかチェックするためです。

これは、銀行では照会できませんので警察庁のデータベースに照会をかけます。

回答は翌営業日になるので、最短でも翌営業日にしか審査は完了しません。

銀行カードローンは2017年頃までは、即日融資可能な所もありました。

しかし、総量規制対象外という立場から過剰貸付によって多重債務や返済困難に陥る人の増加が社会問題となり、銀行が自主規制という形で即日融資をしないことに決めたのです。

ですので、お金がすぐ借りれる方法としては、貸金業の消費者金融ということになります。

しかし、翌日の融資でも間に合うという方は、銀行カードローンで借りることも検討もできます。

すぐ借りれることはだめでも、金利が低いという点では銀行カードローンにメリットがあります。

また、三菱UFJ銀行のバンクイックなどは、口座を開設していなくても、カードローンを利用できるなど、以前と比べて融通の利くサービス内容が増えています。

詳しくはこちらのページを参考にしてみてください。↓

↑topに戻る

即日キャッシングが便利なシーンはこんな時です!

すぐに借りれるカードローンがおすすめされていることが多い理由について解説します。

普段の生活の中でも、家賃や光熱費、期限が来ている購入商品のコンビニ振込の支払いなど、今日明日にお金の支払いが必要なシーンの時に手持ちの現金がない。。といったときなら、即日融資ができればお金をすぐに借りれます。

こういった即日融資の要望は日々結構多くありますが、今では一時的な借入がすぐにできるカードローン会社を比較して選べるくらいあるので、ぜひおすすめの会社で比較してみてください。

↑topに戻る

即日融資は金融会社にもメリットがある

即日融資は申し込み者だけでなく、金融会社にもメリットがあります。

かつてのカードローンの申し込みといえば、金融会社に連絡をして申込用紙に記入し、審査結果の連絡を電話か郵送で通知するといった流れが主流でした。

申し込みから契約まで何日も日数がかかっていましたし、金融会社側としても素早く事務処理ができなかったりと、手間がかかって大変でした。

インターネットや無人契約機で手続きができるようになったおかげで業務遂行が素早く行えるようになりました。

即日融資は申し込み者や金融会社双方にとって便利でメリットがあると言えるのです。

実際に、即日にお金を借りたい人が「カードローン」「即日」で検索されている回数が月間で約7,000回以上あります。

それだけ、即日融資は申し込み者にとって需要があるのです。

↑topに戻る

今後のカードローンの規制は厳しくなる!?

近年カードローンの利用者は増加傾向にあり、それと同時に債務整理者の数も増えております。

現在、カードローンの借り入れをしている人は約1,300万人いると言われ、10人に1人の割合です。

その中で、債務整理をした人は、300〜500万人で4人に1人となります。

これらの背景から、今後はさらにカードローンの借り入れに対する規制が強化され、厳しくなる可能性も高いと言えます。


しかし、至急現金が必要になるというシーンはいついつ、誰にでも起こりえる可能性はないわけではありません。

今、借り入れをすぐに必要としていなくても、規制がかかる前に、即日融資ができるカードローンの申し込みを済ませておき、カードだけでも所持しておけば、いざ緊急の時に「え?借りられないの?」というピンチを回避
できます。

↑topに戻る

よくある質問と回答FAQ

審査なしですぐ借りれるカードローンはありませんか?
基本的に審査なしのカードローン会社はありません。「審査通らない」場合はすぐ借りれることはもちろん、カードローン自体を利用することはできません。
「審査ゆるい」「審査甘い」カードローンはありませんか?
まず「審査ゆるい」「審査甘い」という定義を決定するのが難しいですが、基本的にカードローンの審査の大部分は国で決められた法律により行われていますので、特別「審査がゆるい」「審査が甘い」という会社はないと考えてよいでしょう。
「すぐ借りれる」以外でのカードローンの選び方でおすすめのポイントは?
カードローンを利用すると「金利・利息」が発生します。そのため「できるだけ低金利」の会社を選ぶのも1つの重要ポイントとなります。※詳しくはこちらのページ

記事執筆


カードローンおすすめ比較ドットコム編集部

実際にカードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行勤務経験者が集まって記事執筆・監修を行っています。
●twitteアカウント カードローンおすすめ比較.com編集部


実際にカードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行勤務経験者が集まって記事執筆・監修を行っています。
●twitteアカウント カードローンおすすめ比較.com編集部


↑topに戻る

ページの先頭へ戻る
TOP