最新のおすすめ消費者金融系カードローン比較。メリット重視推奨ランキングもチェック!

 このエントリーをはてなブックマークに追加
カードローンは消費者金融がおすすめです。

大手消費者金融系カードローンはアコム・アイフル・プロミス・レイクALSA(レイクアルサ)が人気でおすすめ

その理由としては、

  • 審査結果が早い
  • 即日融資が可能
  • 無利息サービスがある

主にこの3つです。

実際におすすめの消費者金融のカードローン会社を比較してみましょう!

さらに、消費者金融のカードローンの注意点として、

  • 申し込み条件
  • 審査の内容

などの関連の解説もありますので、失敗をしないために、

ぜひ最後まで読んでみてください!

しっかりチェックをしておいてください。


おすすめのカードローン会社5社の特徴や比較


「おすすめの消費者金融カードローン」

を5社ご紹介します。

ご紹介する5社の消費者金融のカードローンは、何といっても、

  • 申込み後の審査スピードが早い、
  • 即日キャッシングが可能である、
  • 初めての方には無利息期間がある(その会社で初めての契約の場合)
  • 無担保・無保証

というメリット・利点があります。

5社とも同じような特徴ですが、違った点もありますのでぜひ比較してみてください。

まずは5社の消費者金融の

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • 所属グループ
  • 金利
  • 貸付限度額

の比較をご紹介します。

消費者金融名 即日融資 無利息期間 所属グループ
アコム 30日間 三菱UFJフィナンシャル・グループ
プロミス 30日間 SMBCコンシューマファイナンス
レイクALSA(レイクアルサ)  30日〜180日間 新生フィナンシャル
アイフル 30日間 なし
SMBCモビット なし SMBCコンシューマファイナンス

安心できる会社です


この5社は、国から貸金業の許可を取っている大手消費者金融会社であり、闇金業者ではない間違いなく安心な会社です。

  • アコム 関東財務局長(13)第00022号 日本貸金業協会会員 第000002号
  • プロミス 関東財務局長 (12) 第00615号 日本貸金業協会会員 第000001号
  • レイクALSA(レイクアルサ) 関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員 第000003号
  • アイフル 近畿財務局長(12)第00218号 日本貸金業協会会員 第002228号
  • SMBCモビット 関東財務局長(7)第01239号 日本貸金業協会会員 第002980号

金利の比較


消費者金融名 設定金利
アコム 3.0%〜18.0%
プロミス 4.5%〜17.8%
レイクALSA(レイクアルサ)  4.5%〜18.0%
アイフル 3.0%〜18.0%
SMBCモビット 3.0%〜18.0%

上限金利・下限金利ともそう大きな差はありません。

貸付限度額の比較


消費者金融名 貸付限度額
アコム 1万〜800万円
プロミス 1万〜500万円
レイクALSA(レイクアルサ)  1万〜500万円
アイフル 1万〜800万円
SMBCモビット 10万〜800万円

大きく違うのは上限の限度額ですが、カードローンのキャッシングで、500万円〜800万円の金額の借金の借り入れを希望する方はまれである為、この違いはあまり気にすることはないでしょう。

では各消費者金融会社のおすすめポイントをご紹介します。

アコム

消費者金融系カードローンアコムの特徴やメリット

まず最初におすすめの消費者金融会社は三菱UFJフィナンシャルグループのアコムです。

今回おすすめの中では一番歴史が長い会社です。

テレビCMのスポンサーにもなっていることが多いので、名前は知っている方も多いかと思います。

アコムの貸付条件


サービスを利用できる方 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
融資額の範囲 1万円〜800万円
貸付利率(実質年率) 3.0%〜18.0%※貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。
遅延損害金(年率) 20.0%
返済方式 定率リボルビング方式
返済期間・回数 返済金額4.2%以上の場合

最終借入日から最長3年0ヵ月・1〜31回
返済金額3.0%以上の場合

最終借入日から最長4年11ヵ月・1〜51回
返済金額2.5%以上の場合

最終借入日から最長5年9ヵ月・1〜60回
返済金額2.0%以上の場合

最終借入日から最長8年7ヵ月・1〜89回
返済金額1.5%以上の場合

最終借入日から最長9年7ヵ月・1〜100回

必要書類 運転免許証等※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
担保・保証人 不要


レイクALSA(レイクアルサ)

消費者金融系カードローンのおすすめ2位レイクALSA(アルサ)

2社目のおすすめの消費者金融会社は、新生フィナンシャル株式会社のレイクALSA(レイクアルサ)です。

新生フィナンシャル会社概要


商号 新生フィナンシャル株式会社 Shinsei Financial Co., Ltd.
本社 〒101-8603 東京都千代田区外神田三丁目12番8号
創業 1994年10月
資本金 1億円
株主 株式会社新生銀行
事業内容 パーソナルローン、信用保証、その他
貸金業登録番号 関東財務局長(9) 第01024号
所属団体 日本貸金業協会000003号

レイクALSA(レイクアルサ)の大きな特徴は、何といっても無利息期間の長さが最長という点です。

ほとんどの消費者金融のカードローンは、無利息期間30日間となっていますが、レイクALSA(レイクアルサ)の場合、キャッシングの金額にもよりますが、30日間・60日間・180日間の3つのどれかが適用される仕組みです。


レイクALSAの無利息サービス貸付条件


@WEBで申し込むと初回契約翌日から60日間無利息期間適用。

※ご契約額が1〜200万円の方が対象です。
※WEB経由で申しこんだ方が対象です。
※Web申込でも契約額200万円を超えた場合30日間無利息となります。
※WEB以外で申しこまれた場合は、初回契約翌日から30日間は無利息となります。


A借入額5万円まで180日間無利息期間適用。

※ご契約額が1〜200万円の方が対象。

※いずれの無利息サービスも初回契約翌日から無利息期間適用。
※無利息期間経過後は通常金利適用。
※30日間無利息・60日間無利息・180日間無利息は併用不可。
※初めての方限定

・Web以外(自動契約機や電話)で申し込んだ場合は30日間無利息を選択できます。
・Web申込でも契約額200万円を超えた場合は30日間無利息のみ利用が可能

レイクALSA(レイクアルサ)の返済例


借入残高によって毎月の返済額が
変わってきます。

利用残高 毎月の最低ご返済額 返済回数
1〜100,000円 4,000円 36回以内
100,001〜200,000円 8,000円 36回以内
200,001〜300,000円 12,000円 36回以内
300,001〜400,000円 13,000円 60回以内
400,001〜500,000円 14,000円 60回以内
※契約金額により、毎月の最低返済額が異なる場合があります。

さらにレイクALSA(レイクアルサ)の返済方法や
返済額についてはこちらのページに詳しい解説が
あります。→※詳しい解説はこちらをクリック

他の消費者金融カードローン会社と比較した詳細情報はこちらをご覧ください。↓



SMBCモビット

画像挿入

※利用限度額50万円以下、かつ他社を含めた借入総額100万円以下の場合

SMBCモビットのおすすめポイント


SMBCモビットのキャッシングでの大きな特徴は、申込時に「WEB完結申込」を選択することで、電話連絡や在籍確認、郵送物なしの申込み・契約ができる点にあります。

  • 「カードローンに申し込みたいけど、職場や家族に利用を悟られたくない」
  • 「夜間の仕事のため、カードローンの在籍確認の電話を受けることができない」

といった事情をお持ちの方に、SMBCモビットは特におすすめです。

  • SMBCモビットのメリット
  • ・WEB完結申込みで、電話連絡なし・郵送物なしのスピード手続きが可能
  • ・安定した収入があれば、パート・アルバイトでも申込みOK
  • ・三井住友フィナンシャルグループ(SMBC)グループのため、安心して借入できる
  • ・振込キャッシング、自動引き落としの手数料が無料

  • SMBCモビットのデメリット
  • ・無利息期間がない
  • ・専業主婦の申込みは不可
  • ・10秒簡易審査が「正式申込みの事前審査」のため注意が必要
  • ・他社消費者金融カードローンと比べ、自動契約機の設置台数が少ない
  • ・銀行カードローンと比較して金利が高い

さらに詳細な内容はこちらのページで詳しく解説しています。↓


プロミス

プロミスもアコム同様、テレビCMを積極的に行っている会社ですので知名度が高いです。

プロミスのメリットの一つは、30日無利息期間が契約の次の日からではなく、借り入れをした日から30日間無利息が始まります。

ですので、「キャッシングを行うまで少し間がある」という方は、プロミスで先にカードローン契約をしておいて、必要な時にキャッシングをすれば、
その日から30日間無利息が始まります。



アイフル

画像挿入

※利用限度額50万円以下、かつ他社を含めた借入総額100万円以下の場合

アイフルは「審査最短30分、即日融資可能、無利息期間あり」といった、消費者金融カードローンに求められる基本スペックをしっかり備えたカードローンです。

また、アイフルは申込みから借入までWEB完結することができ、条件を満たせば郵送物なしで借入が可能となります。

「家族に内緒で契約をしたい」という方に、アイフルはおすすめです。

  • アイフルのメリット
  • ・審査最短30分、即日融資が可能
  • ・新規申込者限定で「30日間利息0円サービス」を利用できる
  • ・郵送物不要でカード受取が可能
  • ・女性専用のフリーダイヤルがあるので女性でも安心して利用できる

  • アイフルのデメリット
  • ・専業主婦の申込みは不可
  • ・銀行カードローンと比較して金利が高い
  • ・提携先ATM利用時は、所定の手数料負担が必要

↑topに戻る

即日で借り入れできる仕組みと方法

消費者金融のカードローン(cardloan)は、即日(申し込み当日)でも融資を受けることができます。

実は、銀行のカードローンでは即日融資がありません。(2021年1月現在)

ですので、消費者金融のカードローンは、急いで借りたい・キャッシングがしたい方に一番のメリットがあり、一択となります。

但し、即日融資を受けるには知っておくべき条件があります。

この詳細についてはこちらのページで詳しく解説していますので、参考にしてみてください。↓


↑topに戻る

主婦・専業主婦でも借金の申し込みは可能?

消費者金融のカードローンは、主婦(主夫)の方でも、パート・アルバイト等をしていて、安定した収入があれば、申し込み・借り入れは可能です。

専業主婦(主夫)は、安定した収入がないということになるので、キャッシングの申し込みはできません。

↑topに戻る

消費者金融カードローンは学生でも借りれるの?

貸金業の消費者金融のカードローンは、

学生(大学生)でも申し込み・借入ができる会社がほとんどです。

ここで紹介している5社も学生(大学生)の申し込みは可能です。

但し、

  • 20歳以上の学生
  • アルバイト・パートなどで安定した収入がある

方に限られます。

↑topに戻る


消費者金融系カードローンのよくある質問と回答


消費者金融系カードローンでのよくある質問と回答を様々な角度からご紹介します。

消費者金融系カードローンは利用しても安心ですか?

法律で定められている国や都道府県に登録している消費者金融系のカードローンなら怖がる心配はありません。強引な取り立てなどもありません。昔は「サラ金」などと呼ばれグレーなイメージがありましたが、大手上場企業の会社もあります。銀行などが株主となっている安心な大手消費者金融がおすすめです。※詳しくはこちら

  


消費者金融系のカードローンの注目するメリットは?

銀行系カードローンでは即日融資を行っていない会社がほとんどですが、大手の消費者金融系のカードローンなら即日融資が可能です。※詳しくはこちら。また、無利息期間サービスがあり一定期間金利0円で借りることが可能です。※詳しくはこちら

  


アコムやレイクALSA(レイクアルサ)・アイフルといった消費者金融系のカードローンの審査はどのように行われますか?

申し込み後(WEBでも可能)「本人確認・個人信用情報照会・在籍確認」にて審査が行われます。審査に通過すればその日に契約・借入も可能です。審査に関しての詳しい情報はこちら→※カードローンの審査について

  


カードローンの相談について


消費者金融系・銀行系のカードローンを問わず、カードローン 利用に関しての相談やお金の悩みがあれば次の団体へお問い合わせ ください。


↑topに戻る

審査での在籍確認には前もって準備が必要

さて、カードローン(cardloan)でキャッシングの利用する際には、必ず審査があります。

まずカードローンの申し込みをWEBオンラインで行うと、消費者金融会社は本人確認のための電話を行い、そして、審査に移ります。

その審査の一つに「在籍確認」があります。

この在籍確認は、申し込み内容に書かれている、勤務先に実際に在籍しているのか?を調べる項目です。この在籍確認に正しく対応するために、前もって知っておく内容があります。

詳しくはこちらのページで解説していますので、必ず参考にしておいてください。↓


ちなみに審査では在籍確認の他にも、信用情報機関への照会が行われます。

信用情報機関には主に「CIC」「JICC」の2つがあり、ローンやクレジットカードに関する履歴や個人情報が国の法律に基づいて共有されています。

参考

・CICとは?

JICCとは?

↑topに戻る

総量規制をオーバーしていると借りれない

総量規制という法律があります。

この総量規制とは、貸金業者に適用されている法律で、消費者金融が該当します。

消費者・ユーザーが借りることのできる額の総額に制限を設けている内容となっています。(個人向け無担保ローン(loan)が対象)

具体的には、貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合新規の借入れをすることができなくなるというものです。

ですので、年収の3分の1以上の借り入れ契約(総貸付上限額)、または実際に借りている総額がある方は、貸金業(消費者金融)に新規申し込みをしても、審査にはまず通りません。

この法律は、年収の3分の1という借り入れを行った場合は、生活に支障をきたすであろう基準の額とも言えます。

ですので、カードローンの利用者自身が、この数字に近づきすぎないよう、計画性を持って利用する自覚が必要です。

クレジットカードは適用されるのか?


クレジットカード(creditcard)会社は貸金業の登録を持っています。従って、americanexpressやvisacardがあるクレジットカードも、総量規制の対象となります。

但し、クレジットカードで現金を借りる場合(キャッシング)は対象であり、クレジットカードで商品やサービスを購入する場合(ショッピング)では対象外となっています。

銀行カードローンはどうなのか?


銀行(bank)の個人向け無利息カードローンの場合、銀行法が適用されます。銀行法には総量規制の内容は含まれていません。

しかし、先ほどもお伝えしたように、銀行であってもカードローンでのキャッシングは年収の3分の1を基準として、それ以上の貸付は、消費者の生活に支障をきたすという認識をもって、独自の指標で貸し付けを行わないようにしています。

銀行のカードローンの総量規制の考え方については、こちらのページで詳しく解説していますので、参考にしてみてください。↓


実際に銀行・消費者金融の審査では、「属性スコアリング審査」において、銀行・消費者金融の借り入れ残高・貸付上限契約金額の両方を見て、合算してし審査対象にしています。

↑topに戻る

消費者金融は金利に過払い金の心配はないのか?

カードローンなどのローン(loan)には必ず金利が設定されています。キャッシングをすれば、金利に対しての利息の計算が行われて、元金にプラスして支払うことになります。

この金利・利息に関して「過払い金」というものがあるのでは?と考える方がおられます。

過払い金とは、今の利息制限法が適応される以前に法律できめられた金利以上を、貸金業者が設定して、利息を多くとっていた部分のことを指しています。


今現在では、法律は遵守され、どの貸金業者も利息制限法に基づいて、金利設定をしているので、過払い金が発生することはありません。今回ご紹介している5社なら100%問題はありませんので、安心してキャッシングの申し込みを検討することができます。

金利利息が気になる方は、一度シミュレーションしてみてましょう。割と簡単にできるようになっています。↓


↑topに戻る

消費者金融VS銀行カードローンおすすめランキング

消費者金融系と銀行系のカードローンを比較するとメリット・デメリットに違いがあることが分かります。

消費者金融系カードローンは、

  • 審査結果が早く、ハードルが低い
  • 無利息期間サービスがある
  • 即日融資が可能

といったメリットがあります。

しかし、銀行系カードローン(cardloan)と消費者金融のカードローンの金利を比較してみると、キャッシングした際の金利に関して言うなら、

銀行系カードローンは消費者金融系と比較して利率年率が低金利

という面があり、金利のメリットとしては銀行系カードローンがおすすめと言えます。

上限金利(一番高い設定の金利)で見ると、消費者金融の場合は、約18.0%前後に対して、

銀行のカードローンは約14.0%台となっています。

審査時間には2日〜1週間程度かかる銀行カードローンですが、低金利を一番の選択肢の理由にするなら検討していただくとGOODです。

消費者金融系と銀行系カードローン、それぞれを色々な角度から推奨できるおすすめランキング形式で解説しているページも参考にしてみてください。↓


ちなみに、消費者金融系カードローンについては、このページでご紹介していますが、銀行系カードローンで人気のあるおすすめの会社は、

  • 楽天銀行スーパーローン
  • 三菱UFJ銀行バンクイック
  • みずほ銀行カードローン
  • 横浜銀行カードローン

などの銀行です。

三井住友銀行やじぶん銀行などと比較してもこれらのカードローンにはメリットがあります。

これら銀行のカードローンも会社ごとにそれぞれ違う特徴もありますので、比較して自分に合った会社を選んでみてください。

各社の特徴やメリットはこちらのページで詳しく解説していますので、参考にしてみてください。↓


記事執筆


カードローンおすすめ比較ドットコム編集部

実際にカードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行勤務経験者が集まって記事執筆・監修を行っています。
●twitteアカウント カードローンおすすめ比較.com編集部


実際にカードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行勤務経験者が集まって記事執筆・監修を行っています。
●twitteアカウント カードローンおすすめ比較.com編集部


↑topに戻る

消費者金融系カードローンがおすすめの理由を人気のある5社で比較!記事一覧

同じカードローンでも消費者金融系と銀行系の違いを理解しておこう!

消費者金融系と銀行系のカードローンの違いについて。お金に困った時のピンチを救ってくれるおすすめの方法が、カードローンの活用です!カードローンとは、金融機関やカード会社等が提供している個人向け融資サービスのことです。しかし、カードローンには銀行とノンバンク(消費者金融・信販会社)に大きく分けられ、これらの貸し付条件には大きな違いもあります。例えば、代表的な違いは、金利の違い審査の違い無利息期間の違い...

続きを読む
フタバとアコムの審査を比較。おすすめはどちらのローンなのか??

フタバローンの審査をアコムと比較した結果を解説します。フタバもアコムも同じ貸金業社であり、消費者金融系のローンです。しかし、アコムは株式上場している大手金融会社、フタバは中小企業の金融会社であり、ビジネスの規模感としては大きな差があります。では審査のハードルに違いがあるのか?について比較をしてみました。当サイトにはフタバとアコムの審査についての質問も多く寄せられているのですが、この質問の結論から申...

続きを読む
フクホーならコンビニ契約書受け取りで即日融資がおすすめ。手順を画像解説

フクホーなら即日でコンビニでの契約書の受け取りが可能です。そしてコンビニで契約書を受け取り後、即日融資もできます。フクホーは個人向け無担保キャッシングができる中小の消費者金融系ローン会社です。このページでは、フクホーのキャッシングの契約書をコンビニで受け取るための手順解説と、キャッシングサービス全体を他の消費者金融や銀行系のカードローンと比較しながら、おすすめできるメリット、逆におすすめできないデ...

続きを読む
アプラスとレイクALSA(レイクアルサ)の金利を比較。おすすめはどっち?

アプラスとレイクALSA(レイクアルサ)の金利を比較してみました!実はアプラスとレイクALSA(レイクアルサ)は同じ新生銀行グループの貸金業のローン会社です。同じ新生銀行グループにカードローンが2つもあるのはなぜなのか?そしておすすめはどっちなの?というあたりを、金利の比較も含めて、このページで詳しく解説します。ぜひ最後まで読んでみてください。このページの目次 [ 開く ]・重要 ローンカード(ア...

続きを読む
アローキャッシングと大手カードローン会社と比較。おすすめできる・できないパターンを分析

個人向け無担保ローン会社「アロー」のキャッシングについて解説します。アローとは、愛知県にある「中小貸金業社」です。対して大手貸金業社で有名・人気なカードローン会社には、アコムアイフルレイクALSA(レイクアルサ)プロミスSMBCモビットといった会社があります。これらの大手消費者金融カードローン会社とアローとを比較し、アローのおすすめできるポイントと、逆におすすめできないポイントをまとめてみました。...

続きを読む
セディナとプロミスのキャッシングを比較。同じSMBCGPだけどおすすめはどっち?

セディナとプロミスのキャッシングを比較してみました。セディナ(SMBCファイナンス)とプロミス(SMBCコンシューマファイナンス)は同じSMBCグループですが、セディナは主に100種類以上のクレジットサービスを展開している会社です。クレカでお金を借りる際は、「キャッシングリボ」を使って借りることができます。※しかしセディナにも新しくキャッシング専用のカードローンサービスが始まっています。(本文で詳...

続きを読む
  このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る
TOP