知っておいて損はない!アコムのキャッシングでATMカードと銀行口座振込の違いとそれぞれのメリットについて

知っておいて損はない!アコムのキャッシングでATMカードと銀行口座振込の違いとそれぞれのメリットについて

 このエントリーをはてなブックマークに追加
アコムのキャッシング振込かカードか?どちらを使えば便利か?

アコムのキャッシングについて、公式サイトでは載っていないメリットや審査の内容、30日無利息期間の活用方法などを解説します。

アコムの申し込みをこれから考えているという方にとっては大変ためになる情報です。
また他のキャッシング会社についてのおすすめ度比較情報もあります。

ぜひ最後まで読んでみてください。

即日キャッシングするならカードより口座振込がおすすめの理由

アコムのキャッシングでの借り方の方法としては、主に

  • アコムのカードを使ってATMで取引
  • 銀行などの金融期間口座振込で借り入れの依頼をして口座から現金を引き出す

の2つの方法があります。

1、外出せずアコムから借りたいとき


急いでアコムから借りたいが、外出する時間がないという人は、スマートフォンやパソコンなどのインターネットから申し込みを行い、インターネットを使って借りることができる「振り込み融資」で借りましょう。


インターネットからの申し込み、>インターネットを使って振り込み融資依頼を選択した場合、アコムは審査時間内なら最短1時間程度で融資金を受けられます。ただし、インターネットからの申し込みでは、

  • 本人確認書類等をスマートフォンのカメラ機能を使って送るので、インターネットの操作にある程度慣れている必要がある。
  • 振込融資は受け取る銀行口座によって違いがある

といった点に注意しなければいけません。

書類の提出には会員ログインや専用アプリからアップロードする必要があります。写真をとって、アップロードしますので、スマートフォンを持っているほうが望ましいです。

振込融資は、楽天銀行ならほぼ24時間受けとることができますが、その他の銀行では受け取り時間に制限があります。特に気を付けたいのが土曜日・日曜日の扱いです。

楽天銀行、三大メガバンク、ゆうちょ銀行は休日の日中なら受け取れますが、ほかの銀行では休日に受け取れず、翌銀行営業日扱いになるので注意が必要です。

今すぐ融資金を借りたいのに、受け取り銀行口座よっては間に合わなくなりますので、自身が持っている銀行口座がいつに受け取れるのか、必ず調べてから申し込みを行いましょう。

入金時間はかなり早いです。↓


口座振込手数料は無料

何といっても銀行口座振込の場合、手数料が無料という点が大きなメリットです。

アコムのカードを使ってコンビニATMを利用する場合、ローソン銀行やセブンイレブンのセブン銀行が使えるので便利ですが、110円〜220円の手数料が発生します。

2、融資を急いでいないので、インターネットを極力使わないで借りたいとき


融資を急いでいないのであれば、無理にインターネットから申し込みをする必要はありません。アコムでは電話と郵送でも申し込みを受け付けています。

書類の受け渡しに時間をとられ、アコムカードが届くまで1週間以上かかることがありますが、昔ながらの慣れた方法で手続きをおこなうことができます。

3、アコムの店舗自動契約機むじんくんを利用する


こちらの方法も申し込み当日にカード発行からキャッシングまでを素早く完結できます。手順については次の目次で解説します。

↑topに戻る

アコムの借入申し込みでの審査内容・手順

アコムのキャッシングの申し込みをする場合は、まず審査があります。

スマートフォンから申し込み


アコムの審査でおすすめなのは、スマートフォン・PCからの審査申し込みです。

審査結果は最短30分です。実際のキャッシングなら、先ほど即日キャッシングするならカードより口座振込がおすすめの理由で解説した方法で最短1時間程度で借入が可能です。

属性スコアリング審査のポイント


  • 現在の借入件数
  • 借入金額はどのくらいか?
  • 年収に対しての貸付限度額の枠
  • 過去のキャッシングやクレジットカードの利用状況で問題はないか?

等が審査されます。

参考 ページタイトル「カードローンの審査で7つの質問の回答。内容を比較しておすすめの会社はどこ?」・解説はこちら

本人・在籍の確認の電話の対応方法や注意点


インターネットでの審査申し込みの場合、本人確認と在籍確認の電話があります。

注意する点については先に確認しておいてください。↓


無人自動契約機で申し込みから審査までをやってしまう方法


外出をしてアコムの店舗まで行けるという方は、無人自動契約機とATMがあるのむじんくんを利用することもできます。

必要書類を持参して、店舗まで行けば、その場で申し込み・審査と契約までできます。そしてその場でカードも発行されますのでATMですぐにキャッシングができ現金を受け取れます。その時間はおおよそ30分〜1時間程度です。

無人契約機での手順・流れや営業時間についてはこちらのページで詳しく解説していますので参考にしてみてください。↓


↑topに戻る

借入・返済方法コンビニATMや口座振込の方法

さてアコムの審査が無事通り実際にキャッシングする際のポイントも解説をしておきます。

こちらの参考ページをご覧ください。↓


↑topに戻る

アコムのインターネット管理画面・借入残高確認方法

毎月の返済日の前にメール通知がもらえます


アコムやその他のカードローンでキャッシングをすれば、必ず毎月最低金額の返済をする必要があります。

この返済をついうっかり忘れてしまう、または長期滞納・遅延をして場合は、利用者の信用度が落ちてしまい、カードローン会社から

  • 追加の融資ができなくなる
  • 契約解除

といった対処をされてしまうことがあります。

※返済遅れをすると電話やメールで督促の通知がきます。督促が来たらまずすぐに返済をおこなうことが重要です。

1回程度の返済遅れなら、すぐに返済をすればまず問題ないですが、2回・3回と常習化すると契約解除等を行われて、キャッシングの利用ができなくなりますので、返済についてはきっちりと期日を守って利用することが、上手にキャッシングをおこなう秘訣です。

※ちなみにクレジットカードの利用でも返済について遅延・支払い遅れを数回してしまうと、カードローンと同じように使えなくなります。

↑topに戻る

金利年率で利息の返済シュミレーションを自動計算できます

アコムの公式サイトには、返済シミュレーションができるページが用意されています。

  • 返済回数
  • 返済金額
  • 利息金額

などが一目でわかりますので、事前の返済計画を立てることが可能です。↓


↑topに戻る

アコムのキャッシングでよくある質問と回答

アコムは無利息期間はありますか?

あります。契約した次の日から30日間は無利息でキャッシングができます。※詳しくはカードローンおすすめ比較推奨ランキング無利息期間おすすめを参考。

  


コンビニでアコムは使えますか?

使えます。ローソン銀行やセブン銀行等主要コンビニATMで利用が可能です。※詳しくはこちら

  


アコムの審査は厳しいですか?

どこの会社もカードローンの審査基準を公表はしていませんが、大手消費者金融系カードローンとほぼ同じ審査内容になると考えることができます。したがってアコムの審査だけが厳しい・厳しくないといったことはないでしょう。※審査内容の詳細についてはこちら

  


アコムとプロミスのキャッシングどちらがおすすめですか?

どちらも消費者金融系カードローンで条件等に大きな差はありません。特徴を解説しているページで確認することができます。※プロミスの特徴はこちら ※アコムカードローンの特徴はこちら

  


↑topに戻る

アコムの問い合わせ窓口・電話での質問方法

アコムでは初めて利用される方には、アコムの問い合わせは、フリーダイヤルです。

「初めて申し込みをする方」「すでにアコム会員になっている方」で2つの電話番号があります。

はじめてのお客さまのお問い合わせ

フリーコール 0120-07-1000

すでに会員になられている方の各種お問い合わせ先です。

フリーコール 0120-62-9215

増額の相談などもできます。

疑問点や質問があれば問い合わをして確認し、すべて解決してからキャッシングを利用しましょう。

↑topに戻る

大手の安心なキャッシング・カードローン会社を比較

消費者金融系カードローン同士で申し込みやキャッシングする際の内容を比較してみましょう。

アコムのキャッシング以外でもあなたに合ったカードローン会社が見つかるかもしれません。↓


↑topに戻る


銀行系と消費者金融系キャッシングの比較


銀行系と消費者金融系キャッシングの比較を行った場合、銀行系カードローンのメリットとしては、金利が低いという点が挙げられます。

銀行系カードローンにはどんな会社があるのか?

参考情報がありますので、気になる方は一度確認してみてください。↓


記事執筆


記事執筆・監修 りく 女性

元アコムの社員。主に審査窓口としてお客様と誠実に対応していました。経験者だからこそ知っている価値の高いアドバイスを元にカードローンに関する必要な情報をみなさまにお届けしています。


記事執筆・監修 りく 女性

元アコムの社員。主に審査窓口としてお客様と誠実に対応していました。経験者だからこそ知っている価値の高いアドバイスを元にカードローンに関する必要な情報をみなさまにお届けしています。


↑topに戻る

ページの先頭へ戻る
TOP