カードローンの申込には身分証明書の確認が必要です。元アコムの社員が審査での状況を詳しく解説します。

 このエントリーをはてなブックマークに追加
アコムの申し込みで身分証明書

の写しを提出する際に、

  • やってはいけないこと
  • 審査にメリットのある身分証明書の種類

などについて、元アコム社員で無人契約機
での審査担当だった私が詳しく解説します。

カードローンの契約の手続きでは、

身分証明書の写しの提出は、本人確認での信用を確認するために重要な書類

です。

これはアコムに限らず、他の消費者金融や
銀行カードローンでも共通する内容です。

審査がスムーズにいけば、より早く契約を
行うことができます。

アコムやレイクアルサ(ALSA)などの
即日融資が可能なカードローンで、

急いで契約を考えておられる方は、身分証明書の
写しの提出で失敗のないようにしてもらいたいので、

ぜひ最後まで読んでみてください。



アコムのカードローンの審査のときの身分証明書の種類

アコムや他のカードローン会社で契約を
するときには、仮審査後の本審査において
公的な身分証明書の
提示が必須になります。

私が勤めていたアコムで決められていた、
身分証明書の種類は、

  • ・運転免許証
  • ・マイナンバーカード
  • ・パスポート
  • ・特別永住者証明書
  • ・在留カード
  • ・保険証と他一点(公共料金の領収書、住民票、納税証明書などから一点)

などの公的+民間の書類関連となっています。

学生証は使えるのか?


アコムでは大学生や短期大学の方も、

20歳以上で安定した収入(アルバイト)と返済能力を有し
アコムの基準を満たす方なら契約できます。

そこで、よくある質問として、

身分証明を学生証だけでできますか?

アコムの身分証明書は学生証では扱えない

という質問があるのですが、

結論から言うと、学生証だけでは身分証明として
扱えないという決まりですので、

先ほどの扱える身分証明書の中からどれかを
選んでください。

↑topに戻る

最も信用が高い身分証明書は「運転免許証」

この中で一番信用が高いのは、

運転免許証

です。

これはアコム以外のレイクアルサ(ALSA)や
プロミス・アイフル※詳細はこちらといったカードローン会社
でも共通でしょう。

本人の顔、本人の住所、氏名、生年月日

がこれ一枚で確認ができます。

また運転免許証を取得できるということは、
自動車学校にお金を払い、試験を受けて
合格したということの信用もあります。

カードローンは信用で契約をします。

運転免許証を持っているということは、
大きな信用のひとつになります。

審査で一番メリットのある身分証明書は、
運転免許証になりますので、

もし運転免許証お持ちであれば、
他の身分証明書ではなく、

運転免許証の写し

を提出することをおすすめします。

↑topに戻る

さらに「運転免許証+保険証」でより対応時間が早くなります

さらに、審査で信頼度を上げるための方法として、

私がアコムに勤めているときの経験では、

運転免許証一点よりも、保険証を一緒にお持ちいただく

と、住所を二点で確認ができるので、

このお客様はこの住所にお住まいなんだな

ということがより確実に確認でき、審査時間も
早くなり、契約までの時間もより短く、スムーズに
いくことが多かったです。

さらに、保険証の種類が

「社会保険証や組合保険証」

である場合は、

「会社の確認」もできて、さらに信用が増します。

また、

「運転免許証と社員証」

をお持ちいただいた場合も、

会社の名前を確認することができ、

身分証明書の確認のときにお勤め先もしっかりと
確認することができますので、

信用度がアップしますので、審査の心象が大変よくなります。

即日で借りることを強くお考えの方などは、できるだけ
審査時間や契約までの時間を短くできれば、
メリットがありますので、ぜひ参考にしてみてください。

※「保険証で借りれるか?」というとそれでも大丈夫です。

↑topに戻る

パスポート一点では信用度が低い

身分証明書の種類で最も信用が高いのが、
運転免許証ですが、

逆に少し信用が落ちてしまう身分証明書は、

パスポート一点

の場合です。

パスポートは全世界共通の身分証明書と
なるのですが、自宅の住所の確認ができません。

また、申し込みの際に勤務先を書いている
にもかかわらず、

  • なぜパスポート一点のみなのだろう?
  • 保険証や他の身分証明書はなかったのだろうか?

と審査側はどうしても考えてしまいます。

ですので、パスポートを身分証明として
提示する場合には、一点けではなく、

マイナンバーカードや保険証

などを提示して、

住所を確認できる

ようにすると、お客様のお住いの住所が確認でき、
安心感が上がり割とスムーズに審査を進めることが
できます。

その結果、審査時間も契約までの時間も最短に
近づきます。即日融資を希望されている方は
参考にしてみてください。

※「免許証なし」「保険証なし」でも確認はできます。
但し少し時間がかかる場合があります。

※マイナンバーカード、個人番号についての
注意点がありますので、次の項目で解説します。

↑topに戻る

身分証明書の提出で必ず注意しておく点

カードローンの審査での身分証明書の
写しの提出の際、

マイナンバーカードや個人番号の取り扱い

について注意点を2つ書いておきます。

個人番号(マイナンバー)の記載がある書類は番号を塗りつぶす

個人番号カード(マイナンバーカード)には
「個人番号」が記載されています。

アコムやレイクアルサ(ALSA)、銀行カードローン
などの審査での本人確認書類として、

マイナンバーカードの写し

を提出する場合は、

個人番号を塗りつぶすなど、見えないようにして
提出するようにしてください。

また、個人番号は住民票に記載されてる場合もあります。

アコムでは、住民票の写しの提出時については、

個人番号と本籍地の記載も塗りつぶすようにしてください。

とされています。

「個人番号」は区役所や役場などの公的機関で
本人確認として使うことができるものですが、

個人番号だけでは悪用される心配なほぼないとされています。


しかし、個人番号+その個人のあらゆる情報が
加味されていくと特定の人物が絞られてくる
可能性はあります。

また、余談になりますがツイッターなどで
「マイナンバーを取りました!」という内容で、
カードの画像を公開している方がいますが、

これは法律違反になる可能性があります。



このように、個人番号は公的機関や決められた民間
での利用(源泉徴収関連で会社への提出)など以外で
使われないよう、自ら管理する必要があります。


ちなみに、アコムの審査での本人確認書類として、
「通知カード」は取り扱いはされていません。

 


住民票は交付されてから3ヶ月が期限です

もう1点、住民票を取得した場合の有効期限の注意点です。

住民票を交付すれば交付した日付が入ります。
一般的に住民票には有効期限があり、

証明書取得された日から3か月

となっています。

例えば2019年1月1日に区役所等で住民票の
写しを取得した場合は、2019年3月末日まで
が効力がある期間です。

これは2020年でもルールは変わっていませんので、
公募された日付を確認して提出するようにしましょう。

↑topに戻る

審査では証明書の提出以外にアコムからの本人確認の電話がある

本人確認の審査では、

身分を証明する書類の写しを提出することと、
実際にアコムから本人に電話をかけ、

  • 申し込みの意思表示の確認
  • 融資を受けたい希望の金額
  • 急いでいるのかどうか?

などを電話でお聞きすることを行います。

この作業によりアコムなどの金融機関側では、
実際に申込者方と電話での連絡がつながる
ことを確認できます。

審査での電話での確認は本人確認以外に、
在籍確認の電話が行われることになっています。

在籍確認については、こちらを参考にしてみてください。↓


審査をスムーズに通過するための知識


さらにカードローンの審査では、本人確認・
身分証明書の提出以外にも、いくつかの項目があり、

それらを全てクリアしなければいけません。

無事契約が滞りなくできるように、

審査の内容については、事前に知って
おくと必ずためになりますので、

次のページで確認しておいてください。↓


↑topに戻る

アコムのむじんくん自動契約無人機店舗なら申し込み・身分証明書提出・借入まで可能

むじんくん自動無人契約機なら、

  • 申し込み手順のすべて
  • カード発行
  • 同じ場所に設置されているATMで即日融資

までが可能です。

アコムのむじんくん自動契約機で身分証明書を提出

但し、

  • 店舗は多くはない
  • 駐車場がないところが多い
  • すべての書類をそろえて持参。忘れると契約ができない
  • 万が一むじんくん店舗に入る時に知り合いに見られてしまう
  • モニターで見られている

といったデメリット的な要素もあります。

インターネット・オンラインでパソコンやスマホで申し込みが最も多い


実際にアコムのカードローンの申込の場合、
パソコンやスマホからインターネットを使って
申し込みをされている方が1番多くなっています。

「身分証明書の提出」であれば、カメラやスマホで
書類を撮影して、アコム専用のメールアドレスに
メール送信すればokです。

※アコム専用のメールアドレスは、カードローンの
申込直後に、アコムからメールで申し込み確認メール
がきますので、

そのメールアドレスに返信という形で行います。

さらに、メールの内容には、

身分証明書の提出方法や、申し込みから
契約までの流れが詳しく記載されています。

※土日でも審査は行われます。

FAX・郵送でも可能


インターネットが苦手という方は、
FAXまたは郵送での身分証明書の提出
も可能です。

FAX番号 0120-32-2345

郵送の場合は、近くのアコムの店舗に設置
された専用封筒があるので、これを取りに
行って使います。

むじんくん店舗に行くなら、そこで契約も可能

どうせ、アコムのむじんくん自動契約機に行く
のであれば、

その場で、

申し込み→必要書類提出→その場で審査→数十分で結果→カード発行→借入

という手順をすべて済ませることも可能です。

その際は、身分証明書や収入証明書を忘れずに必ず持参してください。

※収入証明書は必要な場合のみ。詳しくはこちら↓


むじんくん自動契約機にはATMもありますので、
借入・返済の支払いもできます。

ATMはコンビニも使えますが、1回利用につき
110円〜220円手数料が必要です。(借入・
返済共。むじんくんはATM利用手数料0円)


↑topに戻る

質問があればアコム問い合わせ窓口・コールセンターを利用する

ここまで混むのカードローンの申込の際に必要な
本人確認のための身分証明書について関連する

ためになるお話をさせていただきました。

他に聞きたいことや、分からないことがある場合は、
アコム公式の問い合わせ窓口へ電話をして確認して
下さい。

アコムの問い合わせは、

  • 初めての方の場合
  • 既に会員になっている場合

の2つがあります。

はじめてのお客さまのお問い合わせの場合は、

アコム コールセンター

です。

はじめてのお申し込みに関する
質問や相談を、フリーコールにて
受けけられます。

不明な点があれば、下記フリーコールまで
問い合わせください。

アコムの問い合わせ窓口電話・営業時間

  • フリーコール 0120-07-1000
  • 受付時間:平日 9:00〜18:00

既に会員になられている方の現在のお取引
状況など各種お問い合わせ先です。

フリーコール 0120-62-9215

疑問点や質問があれば問い合わせ確認しましょう。

↑topに戻る

まとめとよくある質問&回答

身分証明書はその人の身分を証明してくれるものです。

行政機関でも、年収の証明書や税金の証明書などを
取得する際には、運転免許証などの身分証明書の
提示を求められます。

身分証明書の確認は、アコムやカードローンの
審査でも同じように求められます。

特に、カードローンの契約はお金を貸す
サービスなので、より利用者の信用度を
確認しておく必要があるため、

身分証明書で確認できることが多いと、
安心して会社側は審査を行えます。

これからカードローンの申込の考えている方は、
身分証明書の重要度について認識をしておいて下さい。

よくある質問と回答


アコムで認められている身分証明書の種類は?
運転免許証・マイナンバーカード・パスポート等です。他の種類と注意点も知っておいてください※詳しくはこちら
アコムのアップロードで身分証明書を提出する方法を教えてください
申し込み後アコムから送られてくるメールのURLから移動すると専用ページがあるのでそこからアップロードできます。携帯・PCどちらでも利用可能です。※詳しくはこちら
身分証明書をすぐ提出後、審査結果と融資までの時間は?
審査結果の連絡は最短30分です。その後、銀行振込で即日融資が可能です。またむじんくんでカードを発行してATMから借入もできます。※詳しくはこちら
アコムは身分証明書の本人確認書類をFAXで送信できますか?
できます。FAX番号は0120-32-2345です。収入証明書の余白に5桁のお客さま番号を記入。※詳しくはこちら 会員の場合はログインページより書類をアップロードできます。
むじんくん自動契約機で申し込む場合、身分証明書は必要ですか?
必要です。必ず持参して店舗にお越しください。※詳しくはこちらのページをご覧ください。 収入証明書が必要な場合も忘れずにご持参ください。※詳しくはこちら

記事監修


記事執筆・監修者 りく 女性

元アコムの社員。主に審査窓口としてお客様と誠実に対応していました。
経験者だからこそ知っている価値の高いアドバイスを元にカードローンに関する
必要な情報をみなさまにお届けしています。

↑topに戻る

  このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る