ここがメリット!アコムカードローンがおすすめできる理由とは?

「カードローンとは?」わかりやすく解説



 このエントリーをはてなブックマークに追加
アコムのカードローンの審査や金利を詳しく解説

アコムのカードローンの特徴やメリットをお伝えします!

カードローンサービスを提供する会社はたくさんありますが、その中でもアコムは「ローン審査の通過率が高い」ため、多くのユーザーが利用しているカードローンです。

また「無利息サービス」があり、初めてアコムのカードローンを利用する方は「30日間金利0円」で借入をすることができます。

解説ポイントは次の7つです。

  • ローン審査の手順・温度感
  • 金利設定
  • 無利息サービスのすすめ
  • 申し込んだその日から借入ができる
  • 申し込みの手順
  • 返済の方法・重要性
  • 口コミ・体験談を知る

まずは基本的なポイントを理解しておきましょう。

このページなら、「アコムカードローンならではの上手な借り方」もわかります。

ぜひ最後まで読んでみてください!


アコムってどんな会社?特徴やメリット


アコムは三菱UFJ銀行と同じ、「株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ」の貸金業の会社です。

アコムは大手の金融機関ということで、初めてお金を借りるという場合でも安心して利用することができます。

「アコムカードローンのテレビCM」もよく見かけ、知名度も高い会社であり、同じ貸金業者・消費者金融の中でも評判は上位にランクする会社です。

会社名 アコム株式会社(ACOM CO., LTD.)
所在地 東京都千代田区丸の内二丁目1番1号 明治安田生命ビル
登録番号 関東財務局長(12)第00022号
電話番号 0120-07-1000(代表)
上場証券取引所 東京証券取引所(市場第一部)※株価はこちら
事業内容 ローン・クレジットカード事業・信用保証事業(子会社エム・ユー信用保証株式会社)・その他
個人情報の取扱い 「個人情報の取扱いに関する規約」

もちろん、アコムは貸金業として国からの登録を受けています。



圧倒的な規模の全国展開


定期的にテレビCMを行い知名度も抜群です。アコムカードローンだけで1日で何千万円もの融資が行われています。アコムにそれが出来る理由の一つが、WEBサイトの利便性が圧倒的に良く、充実している点です。

PC・スマートフォンからインターネット申し込み受付が可能で、全国のユーザーを対象にしています。中小の貸金業社ではなかなか出来ないサービスです。

「アコムカードローンを初めて利用する人」であっても、最大限の企業努力が行われるため、お金を貸すことが出来るのです。

一般的に消費者金融系カードローンは、銀行系カードローンに比べ金利は高いですが、アコムカードローンならではの特徴やサービスもあります。


アコムカードローンが初めての方の特典


アコムカードローンの特徴の1つとして、契約が初めてのユーザーは「30日間金利0円サービス」が適用され、契約日の次の日から30日間は無利息で借入ができることです。


銀行カードローンではほとんどないサービスなので評価が高いです。

※アコム公式動画WEB限定CM「ダンシングアコム(ダンスフルVer.)」篇」



ちなみに無利息期間を利用して、家電などもお得に購入している方もいます。



振込なら即日融資が可能


アコムはどの申し込み方法を選んでも、申し込み当日の融資が可能となっています。ローン審査時間も最短30分と短く、しかも来店不要ですから、急いでお金を借りたいユーザーにとっては大きなメリットがあります。


クレジットカードとの併用も可能


アコムのカードローンマスターカードのクレジットカード機能付き

アコムのカードローンは、クレジット会社のACマスターカードとセットにすることができます。クレジットカードとローンカードを1枚にまとめることができるので、お財布がかさばることもありません。

※アコム公式動画「キャッシュレスおじさん」




申し込み方法


カードローンサービスを提供するアコムでは、ユーザーが手間をかけずにお金を借りられるよう、PCやスマートフォンを使ってWEBから簡単に申し込みができる仕組みになっています。

ちなみにアコムカードローンの申し込み方法は、次の4種類です。

  • ウェブ申し込み
  • 店頭窓口
  • 自動契約機(むじんくん)
  • 電話申し込み

それぞれ手順が異なります。※詳しい申し込み方法はこのあとに解説しています。

↑topに戻る

アコムのカードローンは最短で即日融資が可能です。

ショッピングや期限のある支払いのため、急いで「キャッシング」が必要な方でも、

申し込み後、ローン審査は最短で30分で結果がわかり、契約まで最短1時間程度で完了できます。



カード発行前に即日融資をする方法


「WEBで申し込み」の方法でアコムと契約した直後は、「カードがまだ手元にない」状態です。カードを受け取るにはアコムの店舗「自動契約機(むじんくん)」でカード発行するか、後日郵送で受け取る方法があります。カードを所持するまでは「ATMでの借入」はできませんが、アコムカードローンの借入方法には「金融機関口座に振込み」があります。

「申し込み後すぐに即日融資」を受けたい場合は、「カードを使わず口座開設している金融機関への振込み依頼」をおこなえば、すぐにお金を借りることができます。「利用できる金融機関」については、このあとの「アコムのお借入ご利用方法と振込実施時間」の解説をご覧ください。

↑topに戻る

金利はいくら?計算の方法や手順

アコムカードローンの金利について解説します。

金利はいくら?


アコムのカードローンの金利利率は「年率3.0%〜18.0%」となっています。

アコムカードローンの金利表


ご契約極度額 適用金利(年率)
1万円〜99万円 7.7%〜18.0%
100万円〜300万円 7.7%〜15.0%
301万円〜500万円 4.7%〜7.7%
501万円〜800万円 3.0%〜4.7%
※2021年7月現在

「アコムカードローンの金利」と「銀行カードローンの金利」を比較すると、アコムカードローンの方がやや高めの設定となり、支払い利息も高くなります。

しかし、一般的には「金利が高いカードローン会社の方がローン審査通過率が高い」状況です。したがって、アコムは銀行系カードローンよりローン審査通過率が高くなっています。

また、このあとに解説しますが、アコムカードローンには「初めて利用する人なら30日間の無利息期間サービス」がありお得感もあります。

「それぞれのカードローン会社のメリット」がありますので、優先したいメリットを利用者が決めて選ぶのがおすすめの方法です。


利息の計算方法


アコムのカードローンの返済方法は、リボルビング払いです。

金利分の利息は「借入金額残高」に対して計算されます。そして、元金と利息を合算して毎月返済を行います。

金利と借入金額がわかれば、「利息計算」ができます。利息を計算する手順としては、計算式を使えば簡単に算出できます。

計算式は次のようになります。

借入金額×年率金利×借入日数÷365日=利息金額


●3万円を借りて金利が18%の場合「1ヵ月の利息」の計算式


3万円(借入残高)×18%年率金利×30日(借入日数)÷365日(1年で割る)=約443円(30日分の利息)

利息計算はすべてアコムの会社側で自動で行われますので、ユーザーは何もする必要はありません。また、この利息の計算方法は他の消費者金融系・銀行系カードローンと共通です。

「返済シミュレーション」を使うと、毎月の返済額・返済回数・元金・利息の内訳などが簡単に確認できますので、利用してみましょう。↓


↑topに戻る

無利息期間なら金利利息手数料0円

先ほどアコムのカードローンの「金利」と「利息の計算方法」を解説しましたが、実はアコムのカードローンには、「期間限定で利息が0円」で返済が楽になるとってもお得なサービスがあります。

アコムカードローンの申込が初めての方限定で、契約日の翌日から30日間は現金を借りても、金利手数料0円で借りることができます。

3万円を借りても、 30万円を借りても、契約限度額上限以内であれば、 「30日間は金利手数料0円」です。です。


「短期間だけお金を借りたい方」には、かなりおすすめなサービスです。


同じカードローンの「プロミス」・「レイクALSA(レイクアルサ)」にも無利息期間があります



アコムと同じ消費者金融の「プロミス」や「レイクALSA(レイクアルサ)」にも無利息期間があります。レイクALSA(レイクアルサ)には、スマートフォンが使えるスマホアプリをダウンロードして、今はやりのカードレスで借入・返済ができる方法もあります。

アコム以外の他社情報はこちらのページを参考にしてみてください。↓

↑topに戻る

毎月の返済額はいくらになるのか?

カードローンでお金を借りると、返済日までに毎月最低金額の返済が必要になります。

この返済が遅れたり、忘れたりすると、追加融資の停止・契約解除などの可能性が出てきますので注意が必要です。

アコムのカードローン場合、毎月の最低返済金額は、次のような計算式で決められます。アコムの公式サイトでは、「定率リボルビング方式」と書かれています。

定率リボルビング方式とは、「最後に借入されたお借入残高」に「一定の割合」を掛けて返済金額を計算する方法です。

計算された金額が、最少返済金額となり、「その金額と同じ」か、「その金額以上」の返済をおこなうこととなっています。

つまり分割払いであることに違いはありません。この解説だけでは少しわかりにくいので、わかりやすい表で解説します。

ご契約極度額 一定の割合
30万円以下の場合 借入残高の4.2%以上
30万円超、100万円以下の場合 借入残高の3.0%以上
100万円超の場合 借入金額の3.0%以上 借入金額の2.5%以上
借入金額の2.0%以上
借入金額の1.5%以上

※クリック・タップで拡大↓

アコムの毎月の返済額の決まり方

「契約極限額20万円」で10万円を借りると、借入残高の4.2%以上の返済が必要となります。その場合、

「2年以内20回リボルビング払い」の返済計画を立てると、元金と利息を合わせて「毎月6,000円の返済」となります。

なお、アコムの公式サイトなら、返済シュミレーションを使って色々な「借入・返済パターン」を確認できます。事前確認をしたい場合は、参照してみてください。↓


一括返済払いや追加返済払いも可能


アコムのカードローンは、「借入しているお金をすべて返済できる」状態が整った場合、いつでも一括返済をおこなうことが可能です。また、返済シュミレーションで計算された毎月の返済額は、「最低の返済額」です。ですので、「最低の返済額以上の返済ができる」場合は「、日時を問わずいつでも追加返済が可能」となっています。


↑topに戻る

アコムカードローンの申し込み・契約の流れ

アコムのカードローンを申し込む場合の手順について解説します。


申し込みができる人の条件


アコムのカードローン申し込みをおこなう前に、利用条件を確認してください。

  • 20歳以上69歳以下の方で安定した収入と返済能力を有する方
  • 専業主婦でない方(専業主婦とは「働いていない・収入がない」主婦・主夫の方)
  • その他のアコムの基準を満たす方

まずはこの条件に当てはまっているか?を確認しましょう。1つでも条件を満たしていない方は、申し込みはできません。


WEB(ウェブ)での申し込み方法


パソコン、スマートフォンからインターネット経由でアコムカードローン公式ホームページに行けば簡単に申し込みができます。


スマートフォン・パソコンから申し込みする手順


  • 1. スマートフォンORパソコンからインターネット経由で、アコムの公式ホームページへアクセス
  • 2. 「申し込みボタン」をクリックまたはタップする
  • 3. 必要情報を入力
  • 4. ネットでローン審査申込の完了
  • 5. アコムから送られてくるメール内のURLからWEB管理画面にログイン
  • 6. 必要書類の提出方法をチェック
  • 7. 必要書類の提出
  • 8. ローン審査結果の回答連絡
  • 9. 「契約手続きのお願い」という内容のメールを確認
  • 10. 「同意」を選択
  • 11. 契約完了
  • 12. 自動契約機(むじんくん)、店頭窓口、または郵送でローンカードの受け取り

WEB申し込みの場合、「ローンカードで即日に融資を受けたい場合」ローンカードを受け取るために、契約完了後すぐにアコムの店舗「自動契約機(むじんくん)」に行く必要があります。

これが面倒が場合は、「銀行等の金融機関口座に振込」をしてもらいましょう。ローンカードがなくても借入ができます。


アコムの店舗での申し込み方法


「インターネットを使っていない」「スマートフォン・パソコンが使えない」人は、アコムの店舗で申し込みができます。アコムの店舗は2種類あります。

  • 1、自動契約機(むじんくん)
  • 2、店頭窓口(受付でアコムの社員と相談をして手続き)

「2」の場合はアコムの社員のアドバイスにしたがって申し込みをおこないます。人と会いたくないという方には、「1」の自動契約機(むじんくん)をおすすめします。


アコムの自動契約機(むじんくん)から申し込みをする手順


  • 1. アコム公式ホームページから最寄りの自動契約機(むじんくん)を検索
  • 2. 必要書類を持参の上、営業時間内(※土曜日・日曜日・祝日関係なく、原則8:00〜22:00、年末年始は除く)に自動契約機(むじんくん)へ行く
  • 3. 画面の指示に従い、必要情報を入力していく

  • アコムの自動契約機(むじんくん)の画面

  • 4. 必要情報の入力が完了したら、機械の端末に「提出書類」を読み取らせる
  • 5. ローン 審査の開始
  • 6. ローン審査結果の回答
  • 7. 「契約内容通知書」が印刷されるので受け取る
  • 8. その場で即ローンカードが発行される

自動契約機(むじんくん)では、「即日ローン審査」「即日ローンカード発行」ができ、設置されているATMより借入をすることができます。

店舗での申し込みの場合に注意すべき点は、必ず必要書類を揃えて持参することです。書類に不備があると、再度申し込み手続きが必要となります。

特に「即日融資」を希望される方は注意が必要です。


アコムの店頭窓口から申し込みをする手順


  • 1. アコムの公式ホームページ内、「店舗・ATM案内」から最寄りの店舗を検索
  • 2. 必要書類を確認して準備する
  • 3. 営業時間帯に店頭窓口へ行く
  • 4. アコムのスタッフの指示に従い、申込書を記入
  • 5. 必要書類の提出
  • 6. その場でローン審査を開始
  • 7. ローン審査完了
  • 8. ローン審査結果の連絡が入る
  • 9. 契約書を確認の上、契約手続きの完了
  • 10. その場でローンカードを受け取る

店頭窓口で手続きを進める場合、平日9:30〜18:00までとなっておりますので営業時間内に来店する必要があります。また、土曜日・日曜日・祝日は営業時間外ですので注意が必要です。



電話から申し込みをする手順


  • 1. アコムフリーダイヤル(0120-07-1000)へ電話をかける(※即日のローン審査回答は18:00までの受付完了分のみ)
  • 2. 「新規で申込したい」と伝える
  • 3. スタッフの指示に従い、必要情報を回答する
  • 4. ローン審査の開始
  • 5. ローン審査結果の回答
  • 6. インターネット、店頭窓口、自動契約機(むじんくん)、郵送、FAXのいずれかの方法で契約手続きを完了させる
  • 7. 店頭窓口、自動契約機(むじんくん)、郵送のいずれかの方法でローンカードを受け取る

ここでの注意点は2つあります、

1、「即日融資の場合18時までに手続きを完了しなければならない」ことです。18時以降では、翌営業日のローン審査回答となります。 (※即日のローン審査回答は18:00までの受付完了分のみ)

2、ローン審査完了後、契約をする際には5つの方法から手続きをおこなう必要があります。したがって結局は電話以外の方法を使うことになります。

最初から5つの方法のどれかで申し込む方が手間が省ける可能性があります。

 


アコムのカードローンでは、これらの申し込み方法のどれを選んでも「即日融資が可能」です。ショッピングや旅行先などで急ぎでキャッシングをしたい人にとっては大きな利点と言えます。

ちなみに現代では電話・店舗よりWEB申し込みがほとんどです。また、アコムのカードローンの申し込みにおいて必要な書類は下記の通りです。


本人確認書類について


下記のうちいずれかの書類を用意し提出します。(いずれも原本の写しが必要です)。

  • 運転免許証
  • マイナンバー(個人番号)カード
  • 住民基本台帳カード(顔写真ありのもの)
  • 健康保険証


収入証明書について


下記のいずれかに当てはまる場合は、収入証明書の提出を求められます。


  • アコムカードローンで希望する利用限度額が50万円を超える場合
  • アコムカードローンで希望する利用限度額と他社の借入額の合計が100万円を超える場合

収入証明書の種類については以下の中から選びます。


  • 源泉徴収票(最新年度のもの)
  • 給与明細書(直近1ヵ月〜2ヵ月分)+賞与がある場合は賞与明細書(直近1年分)
  • 市民税・県民税額決定通知書(最新年度のもの)
  • 所得証明書(最新年度のもの)
  • 確定申告書の第一表(最新年度のもの)


ローン審査について


申し込みが終わればアコムからのローン審査結果を待ちましょう。

「カードローンのローン審査の内容」について知りたい方は、はこちらのページを参照してみてください。↓

アコムのローン審査参考情報

アコムカードローンのローン審査時間は最短30分ですので、銀行系カードローンのローン審査と比較すればかなり早いのがメリットといえます。


学生はカードローンのローン審査に通りにくい?


学生の方は、「カードローンのローン審査通過率」が低いと思われがちですが、それは間違いです。20歳以上でアルバイトなど継続した安定収入があるなら、カードローンの契約はできます。

学費をアコムカードローンで借りて完済している方もおられます。


ただし、年収が低い場合が多いので、毎月の返済の負担を軽減するために貸付限度額は低めになります。

↑topに戻る

アコムのローン審査は厳しい?甘い?

アコムなどの消費者金融・銀行のカードローンの申し込みのローン審査はどういった内容なのか?を理解しておいてください。↓


アコムカードローンのローン審査は厳しくも甘くもないです。つまり、ローン審査の内容はほぼどのカードローンでも同じ内容になりますし、特別な温度感はないと考えておきましょう。

※覚えておきたいのは、「ローン審査に通らない人の条件」です。↓


↑topに戻る

アコムはコンビニATM利用可で土曜日・日曜日の利用も可

アコムのカードローンは主要コンビニATMと提携しておりいつでも利用できます。

  • セブンイレブン・・・セブン銀行ATM
  • ローソン・・・ローソン銀行ATM
  • ファミリーマート他・・・ENET(イーネット)ATM

土曜日、日曜日、祝日やゴールデンウィークといった連休でも追加借入や返済・任意返済も可能です。


アコムの提携ATM手数料


ATM種別 取引金額 手数料
アコムのATM すべての金額 0円
提携ATM 10,000円以下 110円
提携ATM 10,001円以上 220円

※参考動画「アコムカードローンなら土日・祝日でもお金を借りることが出来ます!」




自動契約機(むじんくん)ATMは利用手数料0円


自動契約機(むじんくん)の店舗にも、ATMが設置されています。このATMを使えば、借入・返済とも利用手数料は0円です。

自動契約機(むじんくん)の使い方についてはこちのページを参考にしてみてください。↓



銀行口座振込なら「手数料0円」


アコムカードローンでは銀行や金融機関口座振込での融資も可能です。※振込手数料0円

最短1分で振込時間も早いので、すぐに借入したい時にも実用的です。(楽天銀行・ゆうちょ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行の口座)


アコムカードローンの「お借入ご利用方法と振込実施時間」


金融機関 曜日 受付時間と振込実施の目安
楽天銀行 月曜〜日曜・祝日 0:10〜23:50→受付完了から1分程度
ゆうちょ銀行
三菱UFJ銀行
三井住友銀行
月曜 ・0:10〜8:59→当日 9:30頃
・9:00〜23:49→受付完了から1分程度
火曜〜金曜 ・0:10〜23:49→受付完了から1分程度
土・日・祝日 ・0:10〜8:59→当日 9:30頃
・9:00〜19:59→受付完了から1分程度
・20:00〜23:49→翌日 9:30頃
振込実施時間拡大(モアタイム)金融機関
月曜〜金曜 ・0:10〜8:59→当日 9:30頃
・9:00〜17:29→受付完了から1分程度
・17:30〜23:49→翌営業日 9:30頃
土・日・祝日 ・0:10〜23:49→翌営業日 9:30頃
その他金融機関 (コアタイム)
月曜〜金曜 ・0:10〜8:59→当日 9:30頃
・9:00〜14:29→受付完了から1分程度
・14:30〜23:49→翌営業日 9:30頃
土・日・祝日 ・0:10〜23:49→翌営業日 9:30頃
※「営業日」とはアコムの営業日です。

また返済については、「提携コンビニATM」や「振込」等が使えます。いつでも任意返済ができ利息軽減につながります。※返済は利用手数料0円のインターネットバンキングを利用するのがおすすめです。

↑topに戻る


カードローンのメリットと上手な借り方をまとめてみました


当サイト編集部員の元銀行員の立場から考えると、銀行系カードローンはローン審査回答に一週間ほどかかります。(三菱UFJ銀行「バンクイックカードローン」は最短翌日融資可能)アコムのカードローンの即日融資という利点はかなり大きいです。

また、借入を誰にも知られたくない場合、銀行カードローンはウェブ申し込みはできるものの、契約書やカードは郵送になり、通帳の口座開設なども必要です。

そのため、「家族に知られてしまう可能性も高い」です。

一方、アコムカードローンは申し込みから契約完結まですべて郵送物なしで行えるので家族に知られてしまう心配もありません。


「借りるとき」「返済するとき」の方法


  • 口座振込(借入・返済)
  • ATM(借入・返済)
  • インターネットバンキング(借入・返済)

等があります。

借入の際、対応している「金融機関口座振込」はたくさんあります。

また、提携ATMは主要コンビニを利用可能です。ただし利用手数料(1回につき110円・220円)が必要です。

ですので、上手な借り方としては利用手数料を無料にできるインターネットバンキングで自分の金融機関口座を登録し振込をしてもらうのがおすすめです。

アコムカードローン参考情報


借入限度額までならいつでも借りられます。


貸付限度額が50万円の契約の場合、例えば「今日5万円を借りる→10日後に追加で6万円を借りる」のように「借入合計が50万円以下であればいつでも現金融資」できます。

ですので、上手な借り方としては、一度に多額のお金を借りてしまうのではなく、必要な時に必要な分だけ最小限のお金を借りるようにすることです。

借入利息は、借りた金額が大きいほど、借りる期間が長いほど利息が増えます。「少額で短期間」で借りるのが、負担の少ない借り方です。


増額について

最初の貸し付け限度額については、ローン審査後にアコム側から提示があります。

その後、増額希望する場合は、WEB管理画面、もしくは電話にて申し込みが可能です。

また、カードローンの借入返済をきちんと行っていれば、「アコムからの信用」があがりますので、アコム側から「増額可能のお知らせ」がメールで届く場合があります。


実際の利用者の「口コミ」「体験談」を参考にする


利用者がどんな理由や方法でアコムのカードローンを使っているのか?を口コミや体験談で知っておきましょう。↓

アコムカードローン参考情報


↑topに戻る


カードローンの問い合わせデスク・電話窓口はこちら


アコムの問い合わせは、2つの方法があります。

  • 初めての方の場合
  • すでに会員になっている場合


はじめてのお客さまのお問い合わせ


フリーコール 0120-07-1000

はじめてのお申し込みに関するご質問やご相談を、フリーコールにて受付けしております。


すでに会員になられている方の各種お問い合わせ先


フリーコール 0120-62-9215

疑問点や質問があれば問い合わせをして確認しましょう。※カードの紛失等の連絡も可。


その他問い合わせ電話


  • 海外からの問い合わせ 03-3537-2366
  • お客様相談センター 0210-036-390


カードローン全般のの相談窓口



↑topに戻る


カードローンの解約の方法は?


万が一アコムカードローンを解約したい場合は、「お客さま相談センター」へ電話で希望を伝えると解約が可能です。


解約方法について


解約をしたい場合は、アコムカードローンの管理画面に「会員ログイン」し、問い合わせが可能です。

ちなみに会員ログインによる主な項目は、つぎのとおりです。

  • 利用可能額の確認
  • 増額のお申し込み
  • 次回のお支払い期限・返済金額のご確認
  • お届け内容のご変更

また、電話による「解約の相談や希望」もできます。

0120-036-390(フリーダイヤル)


解約は返済完了が条件


解約をしたい場合は、借入残高をすべて返済することが条件です。

もし返済ができずに困ったときは、まずアコムに相談をしてください。※電話番号は・カードローンの問い合わせデスク・電話窓口はこちらで確認。

↑topに戻る


まとめ&よくある質問と回答FAQ


申し込み方法はどんな方法がありますか?

申し込み方法としては、1、スマートフォン・PCでのインターネット申し込み2、店頭窓口自動契約機むじんくん3、電話4、郵送の4つ方法があります。※詳しくはこちら

  


申し込み時に収入証明書は必要ですか?

アコムでの利用限度額50万円以下の場合は必要なし。ただし、アコムでの利用限度額50万円以上・他社借入とアコムの限度額を合わせると100万円以上の場合は必要。※詳しくはこちら

  


申し込み時の身分証明書提出にはどんな書類が必要ですか?

運転免許証のコピー・マイナンバーカードのコピー等があります。マイナンバーカードに関しては注意点もあります。※詳しくはこちら

  


自動契約機(むじんくん)で契約と借入両方できますか?

その場で両方できます。ただし契約の場合必要書類等一式を忘れずに持参してください。※詳しくはこちら

  


アコムカードローンの「無利息期間」は何日間ですか?

初めての契約なら30日間は無利息で借入が可能です。注意点もあります。※詳しくはこちら

  



カードローン全般の相談窓口




まとめ


カードローンでお金を借りることは「借金」と同じです。

アコムのカードローンが、生活において「使い勝手が良い」といっても、無頓着にお金を借りていると返済が大変になります。

必ず返済義務があり、返済ができないと債務不履行となり、お金による個人の信用を落とすことにもなりかねません。どんな借金でも、事前に計画を立てて、無理のない返済になるように心がけてください。

記事執筆



記事執筆・監修 りく 女性

元アコムの社員。主に審査窓口としてお客様と誠実に対応していました。経験者だからこそ知っている価値の高いアドバイスを元にカードローンに関する必要な情報をみなさまにお届けしています。


記事執筆・監修 りく 女性

元アコムの社員。主に審査窓口としてお客様と誠実に対応していました。経験者だからこそ知っている価値の高いアドバイスを元にカードローンに関する必要な情報をみなさまにお届けしています。


↑topに戻る

アコム(ACOM)のカードローンでよくある質問と回答。公式では見えにくいアコムの申し込みの注意点や体験談他記事一覧

アコム(acom)で収入証明書提出が必要・不要な時。独自の提出方法や50万円と100万円の基準の違い

アコムの収入証明書について当サイト編集部員の「元アコムのローン審査」担当者が、アコムの収入証明書の正しい種類や提出方法についてご紹介します。初めてアコムのカードローンを申し込む際の収入証明書に関しては、次の条件によって提出不要・必要が変わってきます。アコムでの利用限度額50万円以下アコムでの利用限度額50万円以上他社借り入れとアコムの限度額を合わせると100万円以上・以下また、収入証明書の提出の方...

続きを読む
アコムむじんくんの使い方。自動契約機での審査や申し込みから契約・即日借入までの流れ

アコムには、むじんくん自動契約機の店舗が全国にあります。このむじんくん自動契約機では、カードローンの契約からカード発行までおこなうことができ、申し込み・審査・書類提出など、すべてを完結できるシステムとなっています。むじんくん自動契約機の使い方や契約までの様子を、アコムのむじんくん自動契約機で審査等を行っていた元社員が解説しています。さらに、アコムでは現在インターネットでの申し込み・即日振込もありま...

続きを読む
アコムカードローン「借り方」は4種類。おすすめの「借り方」を比較して調べました

「アコムでの借り方」にはどんな方法があるのか?を知っておきましょう。結論から言うと、契約後の「アコムの借り方」は大きく分けて4種類です。1、コンビニ・銀行・ショッピングセンター等の提携ATMを利用する借り方2、自分の金融機関口座に振込を依頼してATMから引き出す借り方3、アコム自動契約機(むじんくん)ATMを利用する借り方4、アコム店頭窓口を利用する借り方この4つのうち、当編集部が結論を出した一番...

続きを読む
アコムの身分証明書提出でやってはいけない注意点は?審査にメリットのある書類は?

アコムの申し込みで身分証明書の写しを提出する際に、やってはいけないこと審査にメリットのある身分証明書の種類などについて、元アコム社員で無人契約機での審査担当だった私が詳しく解説します。カードローンの契約の手続きでは、身分証明書の写しの提出は、本人確認での信用を確認するために重要な書類です。これはアコムに限らず、他の消費者金融や銀行カードローンでも共通する内容です。審査がスムーズにいけば、より早く契...

続きを読む
アコムの無利息金利0円の借入適用期間は30日間。申し込み上の注意点を理解しておこう

アコムには無利息期間があります。無利息期間の意味とは「初めて借りる場合に無利息(金利0円)で融資を受けられるお得なサービス期間」のことを指しています。無利息期間の日数は、契約後「30日間」です。この「無利息期間サービス」があることが、アコムのカードローンが人気である理由の一つです。ただし、アコムでこのサービスを正しく受けるためには、いくつかの注意点もありますので、このページで意味や仕組みを分かりや...

続きを読む
質問!アコムキャッシングはカードか振込かどちらが便利?の回答です。金利無利息の活用

アコムのキャッシングについて、公式サイトでは載っていないメリットや審査の内容、30日無利息期間の活用方法などを解説します。アコムの申し込みをこれから考えているという方にとっては大変ためになる情報です。また他のキャッシング会社についてのおすすめ度比較情報もあります。ぜひ最後まで読んでみてください。このページの目次 [ 開く ]・即日キャッシングするならカードより口座振込がおすすめの理由・アコムの借入...

続きを読む
アコムの在籍確認でよくある質問の回答。電話なしの必要書類は?

アコムの在籍確認について元アコムの自動契約機むじんくんで審査を担当していた私が経験談から解説します。※ちなみに「アコム自動契約機むじんくん」の店舗内には社員はいません。備え付けの電話でのやり取りを受付する業務です。在籍確認とはお客様が申告された勤務先に、今現在お勤めかどうか?を、担当者が直接電話をして会社・職場に在籍の確認をとることをいいます。在籍確認をされるということに不安はあると思いますが、お...

続きを読む
アコムカードローンの口コミ2021年から知っておくべき4つのポイントを他社と比較しました

アコムカードローンの「口コミ」を参考にすれば、公式サイトでは見えてこない特徴やメリット・デメリットなど、信頼の高い情報を知ることができます。また当サイトでは元アコムの社員で審査担当をされていた方から、アコムカードローンの「知りたいこと」も紹介していただいています。それぞれ価値ある「生の口コミ情報」を元に、アコムの利用者の参考になる体験談をご紹介していいきます。を元に、アコムの利用者の方の口コミとと...

続きを読む
  このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る
TOP