メリット的な口コミが多いアコムカードローンの評判。「契約」から「キャッシングの方法」を解説

メリット的な口コミが多いアコムカードローンの評判。「契約」から「キャッシングの方法」を解説

 このエントリーをはてなブックマークに追加
アコムの口コミでわかるメリット・デメリットの解説


を参考にすれば、公式サイトでは見えてこない特徴やメリット・デメリットなど、信頼の高い情報を知ることができます。

また当サイトでは元アコムの社員で審査担当をされていた方から、アコムカードローンの「知りたいこと」も紹介していただいています。

それぞれ価値ある「生の口コミ情報」を元に、アコムの利用者の参考になる体験談をご紹介していいきます。を元に、アコムの利用者の方の口コミとともにご紹介しています。

ぜひ最後まで読んでみてください。

※この口コミは、アコムの会社就職・採用・求人に関する口コミではなく、これからカードローンの利用をお考えの方向けの情報です。

アコムを利用した口コミ「転職から就職までの生活費」

「K・Mさん男性24歳」の方のアコムのクチコミをご紹介します。

アコムカードローンで初めて借りた「きっかけ」と「借り入れ金額」


今から3年前に転職をすることを決めました。当時私は結婚を考えていた女性がいました。

彼女と同棲してまだ数ヵ月でしたが、転職することはあらかじめ伝えて新しい職場で正社員として安定したら結婚を申し込もうと思っていました。

転職してから3ヵ月はとても忙しく収入も安定していました。しかし、ある時から仕事が減ったため残業がなくなり、毎日定時で帰宅するようになりました。さらに会社が強制的に休みを設けるなどしたため、収入が大幅に減少した時期がありました。

そのため、普段の生活費での出費が相当きつくなり、このままでは生活できないという状況になりました。

同棲してまだわずかな時期で、彼女から生活費をもらうことは期待できず、自分で何とかしなければと思いました。

アルバイトをしましたが、それでも生活費の支払いがおいつかない。そこで、何か良い方法はないか?とスマートフォンで調べていると、「Yahoo!知恵袋」にカードローンに関する口コミがありました。

「インターネットで申し込みが完結でき、借りるまでの時間がかからないカードローン」と口コミされていた「アコムさん」を選び申し込みをしました。初めの借り入れの設定は30万からでした。


「アコムの申し込み」から「審査まで」の様子について


私はアコムの無人自動契約機の店舗に入る勇気がありませんでした。誰かに見られたらいやだなという気持ちが消えることはなく、インターネットですべてを完結しようと思いました。

ネット上で「アコムとマスターカード一体型のカード」が契約できることを知り、迷わず申し込みをしました。

申し込みの内容ですが、まずスマートフォンの携帯電話を使って申し込みフォームに必要事項を入力しました。


  • 個人情報を細かく
  • 自分の職場の情報を細かく
  • 税込み年収
  • 給料日
  • 他社借り入れ状況
  • 会社の自分のシフトの休日
  • 保険証の種類

これらを入力していきます。すべて必須事項となっています。

そして「希望借り入れ金額」を求められます。私は「10万円」と記入しました。そして最後に「希望の暗証番号」を入力すると、申し込みは完了しました。

申し込みが完了すると、本人確認のための書類を提出します。私は「運転免許証のコピー」を使いました。


カード審査(まずは仮審査)がおこなわれます。その日のうちに担当者から私に電話がかかってきました。思っていたより連絡が早くて驚きました。)私の担当者は男性でした。

対応がとても丁寧で安心してお話を聞くことができました。申し込んだ時間が夕方だったため、「在籍確認が翌日になる」と告げられ、少しドキドキしながら次の日連絡があるまで仕事をしながら待っていました。

次の日の午後になってから電話があり、「本審査に通った」こと、「限度額は30万円」であること、「金利は18.0%」であることを知らされました。金利についてはアコムのホームページでも紹介されています。


※クリック・タップで拡大↓

アコムの金利表

※アコム金利の画像

ちなみにアコムの金利は銀行系カードローンと比較して高いです。それはわかっていたのですが、審査の通過率を調べるとアコムの方が審査通過率が高かったので、アコムを選びました。


アコムからお金を借りるとき。ATMとスマートフォン・PCでの管理画面の操作方法


契約後3日後くらいにカードが郵送で届きました。パッと見た感じは普通のクレジットカードです。もちろん「キャッシング」が可能です。このカードで提携コンビニ提携ATMから借り入れ・返済をしています。

私はセブンイレブンにあるセブン銀行ATMを主に使用しています。

※クリック・タップで拡大↓

アコムの口コミで紹介したアコムのカード。マスターカードのクレジット機能付き

※アコムカードの画像

アコムのカードローンを利用するときはATMにこのカードを挿入し、暗証番号を入力すると「借り入れか返済か?」が表示されます。借り入れの場合は「借り入れ」をタッチし、借りたい金額を入力するだけで取引が完了し現金がでてきます。また返済したいときは返済の項目を選択します。

アコムカードローンでの返済について


カードローンの利用状況は、スマートフォンを使ってアコムのホームページにある管理画面から「会員ログイン」して「マイページ」で確認が取れます。

会員ログインにはカード番号とパスワードが必要です。このパスワードは自分で設定が可能です。

※クリック・タップで拡大↓

アコムの口コミで紹介したスマートフォン管理画面ログインページ

※アコムログイン画像

ログイン後、この画面からご利用状況という項目をタッチすると自分の借り入れの状況が確認できます。クレジットカード一体型の場合は、「カードローン(キャッシング)」「ショッピング」の2種類で表示されます。

※クリック・タップで拡大↓

アコムの口コミで紹介したスマートフォン管理画面キャッシングの表示

※クリック・タップで拡大↓

アコムの口コミで紹介したスマートフォン管理画面クレジット返済の表示

※クレジットでのショッピングの返済

表示された「カードローン(キャッシング)」「ショッピング」それぞれのタブを押すと、それぞれでいくら使っているか、次の返済日はいつか、最低返済額はいくらかを簡単に確認することができます。

あといくら借りれるか?は「利用可能金額」で表示されます。またお金を借りている場合は、それぞれの「返済期日」と「最低返済額」が表示されています。最低返済額以上を返済期限日までに入金すればOKです。お金に余裕があるときは、月に何度返済しても大丈夫です。

「お金のやりくりがピンチ」の時にアコムで借りて、余裕のあるときにまとめて返済が可能です。これがカードローンの使い勝手の良いところです。

また、細かい設定をマイページのメニューから設定することもできます。

アコムの口コミで紹介したスマートフォンのマイページメニュー画面

※マイページメニュー画面

このマイページメニューの中の「書面の受取方法」で「ホームページで確認」を選択しておくと、契約内容が書面で郵送されませんので、誰かに知られる心配はありません。


今までに「アコムで実際に借りているシーン」はどんな理由か?


契約してからは、定期的にアコムのカードローンを利用してきました。

はじめは借り入れすることに抵抗があったのですが、会社の不景気は止まらず、出費は変わらないため、借り入れをする機会が増えました。

また、結婚も考えていたため借り入れを増やしたくなかったのですが、それより生活していかなければならないという気持ちが優先され、支払いが足りないときは2〜3万円単位で借り入れをしました。

幸いなことに月々の返済は一度も怠ったことはありません。

できればきちんと自分の収入の範囲内で生活したいと思っていますが、友人や会社の同僚から外食の誘いがあった時、手持ちのお金がないと1〜2万円くらい借りています。そして給料日に返済するようにしています。

また、クレジットカード機能付きのカードのため、ショッピングでも使用しています。クレジットカードの限度額は初めから50万円分あったので、お金の余裕ができた気になっていましたが、

「ショッピング」と「カードローンキャッシング」は別々の支払いになるため、お金を使い過ぎると返済金額があっという間に増えてしまうので、そうならないように心がけています。

ショッピングした分の支払いは自動的に「リボルビング分割払い」になりますが、利息手数料が発生しないように一括で返済するようにしています。


「アコムのキャッシング」での注意点


私にとってアコムのキャッシングは非常に重宝しています。きちんと返済していれば、借り入れ限度額枠が増額され、使える金額も大きくなっていきます。

ただ勘違いしてはいけないのは、借り入れで使えるお金が増えると、返済金額も増えてしまうということを認識できていないと、気が付いた時にはいつの間にか限度額いっぱいまで借り入れしてしまうということです。

私にもその経験があり、現在キャッシング枠は120万円ですが、何気なしに借り続けていたため、気が付いたら限度額いっぱいまでになってしまいました。

幸いなことに会社の景気も回復し、給与もボーナスも普通に出るようになったので、返済だけをすることに切り替えて早めの完済を目指してします。

ここでもう1つ注意点があります。返済すると、返済した分の金額が借り入れ残高から引かれて、また使える金額が増えます。それを自分のお金のように勘違いしていると、いつまでたっても返済が終わらなくなってしまいますので、気を付けています。


「アコムカードローン口コミ」まとめ


給料が減り、「生活がどうなるのだろうか?」と不安があった時にアコムで契約ができ、お金を借りることができて助かりました。

今は大変だった時お世話になったことに感謝し、返済することに重点を置いて生活しています。借り入れすることは私は悪いことだとは思っていません。きちんと返済していくことが何より大事だと思っています。

アコムカードローンを持っていれば、「生活費の支払いが苦しい時」などに利用ができますので、「契約ができる時」にしておいてもいいと思います。

ただし、借りたお金は返済しなければいけないので、借りすぎには十分注意する必要があります。返済されすれば、また借りることができるので上手に利用することができれば便利だと感じています。

※アコムの口コミは個人の感想です。


「K・Mさん男性24歳の口コミ」4つのポイントと補足解説


K・Mさんのアコムの口コミで押さえておきたい4つのポイントを当編集部がわかりやすくまとめてみました。


1、ストレスを感じない申し込み方法


アコムはスマートフォン携帯を使ってネット申し込みができるので、店舗などで社員と対面しなくても申し込みができる。
お金を借りるために、人とコンタクトをとることに抵抗がある方でも容易に申し込みができるので、利用しやすくなっています。※ただし審査がありますので匿名で申し込むようなことはできません。

他の「アコムの口コミ」でも、「スマートフォンやパソコンからの申し込み」の方が多くなっています。


「アコムカードローンの申し込み」に関する補足解説


メールアドレスがあれば申し込み時に登録ができます。(メールアドレスの登録は必須です)「アコムとのやり取り」はメール連絡でおこなわれます。電話で会話をしたくない方にもストレスを感じません。

契約後のお知らせもメールでのやり取りか、アコムのWEB管理画面で見ることができます。


2、審査時間が早い


「アコムのレビュー」では「その日のうちにアコムから連絡があった」とされていることから、審査結果までの時間は短いといえます。具体的な時間はアコムの公式サイトに「審査時間は最短30分」と書かれています。またアコムカードローンは審査時間が短いので、申し込み当日に借りられる「即日融資」もできます。

即日融資の具体的な方法についてはこちらのページを参考にしてください。↓

アコム参考情報


3、消費者金融系は銀行系カードローンより金利が高い


当編集部の調べによると、アコムを含めプロミスやレイクALSA(レイクアルサ)といった大手消費者金融カードローンの上限金利はおおよそ18%です。

三菱UFJ銀行バンクイックや三井住友銀行といった銀行系カードローンの上限金利は14%台となっています。

※借り入れ限度額が100万円以下の設定の場合、ほとんどで上限金利が適用されます。アコムの口コミでも「金利は18%」で契約されていますので、上限金利となっています。


4、クレジットカードと併用ができる


アコムの口コミでは「カードローンにマスターカードのクレジットカードが付帯」と書かれていますので、1枚のカードで「キャッシング」と「クレカ」の機能があり利便性が高い。※ただし審査の結果によっては付帯できない場合もあります。

↑topに戻る

その他のアコムの口コミやメリット・注意点を解説

今回ご紹介した口コミでは書かれていなかった「アコムカードローンの知っておくべきポイント」について、当編集部が補足解説をします。

アコムの借り方の口コミについて


アコムカードローンを使ってお金を借りる場合はいくつかの方法があります。口コミでは「セブンイレブンにあるセブン銀行ATMを使っている」と書かれていましたが、

同じ提携コンビニの「ローソンにあるローソン銀行ATM」「ファミリーマートにあるE-NETATM」でも借り入れ・返済が可能です。

その他、アコムと契約後、お金の借り方について詳しく知りたいという方はこちらのページを参考にしてください。(口コミではありませんが、分かりやすく解説を掲載しています。)↓


また、アコムで融資を受ける際に「カード」を使うか「振り込み」を使うか、どちらがおすすめ?をテーマにした解説もありますので、参考にしてみてください。↓



アコムカードローンのメリットや注意点


金利について


アコムは貸金業であるため、銀行系カードローンにに比べると金利が高くなっています。そのため、低金利カードローンを探す場合は、三菱UFJ銀行バンクイックや楽天銀行などのカードローンがおすすめです。

上限金利だけを比較すると、次のようになります。

貸金業系の会社 銀行系の会社
アコム・・・年18.0%
プロミス・・・年17.8%
アイフル・・・年18.0%
レイクALSA(レイクアルサ)・・・年18.0%
SMBCモビット・・・年18.0%
三菱UFJ銀行バンクイック・・・年14.6%
楽天銀行・・・年14.5%
千葉銀行(ちばぎん)・・・年14.8%
三井住友銀行・・・年14.5%
みずほ銀行・・・年14.0%

逆にアコムは「フクホー」「アーロー」といった中小規模の貸金業会社に比べると、若干低金利になっています。

しかも、フクホーやアローはカード型ローンではなく、「証書貸付」です。契約時に「一括借り入れ」します。いつでも使えるカードもありません。しかし、アコムならいつでも借り入れができるカードがあるので、少額のお金を借りることができます。また返済もすぐにできるので、利息を軽減しやすくなり利便性がよいと言えます。

審査について


カードローン会社の「審査通過率」は、銀行系カードローン会社よりアコムやプロミスといった貸金業カードローン会社の方が高くなっています。「審査通過が気になる」という方は、アコムがおすすめです。


カードローンでお金を借りる際の注意点


ローンでお金を借りすぎると、毎月の返済支払いが苦しくなってしまいます。返済の遅延や延滞や数回続くと、最悪の場合は任意整理や自己破産といった債務整理を余儀なくされることもあります。

借り入れは事前の計画性をもって、必要最低限のお金だけを借りるようにしてください。これはアコムに限らず、カードローン全般に言えることです。


「アコムの学生の利用」について


今回の口コミは社会人の方の口コミをご紹介しましが、学生の方の口コミもあります。↓


「学生ローン」はアコムカードローン以外にもたくさんの会社があるようですが、金利面、申し込みのやりやすさなどの面で比較された口コミを見た場合、やはりアコムは人気があり支持されているようです。また新卒といった若い年代の社会人の方でも、20歳以上で安定した収入があれば申し込みは可能です。

その他にYahoo!知恵袋にもアコムの口コミを見つけることができます。


この2つのサイトの口コミでは、

  • 「カードローンの返済を延滞」をしたとき
  • 「カードローンの限度額増額」を希望したとき

などテーマによってきっちりと評価されている内容が多くわかりやすくなっていて評判が良いサイトです。そのためアコムの評価をするのにも役立つので積極的に調べてみてください。

↑topに戻る

他のカードローン会社の口コミを比較

アコム以外でよく知られている大手消費者金融系カードローンです。


これらのカードローン会社の口コミやサービスの特徴も確認しておくと、選択肢も広くなりあなたにとって一番おすすめのカードローンが見つかりやすくなります。

↑topに戻る

アコム公式サイトに質問・相談したいとき

アコムカードローンの利用を考えている方で、わからないことがあれば事前にアコムに質問・相談をすることができます。

はじめての方の相談窓口


フリーダイヤル 0120-07-1000

口コミと併用して積極的に活用されることをおすすめします。

↑topに戻る

おまとめローンはあるのか?

当編集部の調べによると、アコムの口コミを探している方の理由として、「おまとめローンの利用」があります。

「おまとめローン」とは複数のカードローン会社から借り入れがある借金を1つのカードローン会社
にまとめることができるサービスです。「借り換えローン」とも呼ばれます。

おまとめローンは、「多重債務者」にとって多くのメリットがあり、申し込みをしてみたいという方がおられます。

アコムではおまとめローンのサービスがあります。

利用者が少ないため口コミを探すのは難しいのですが、アコムの「おまとめローン」については、公式サイトに専門ページがありますので、参考にしてみてください。↓


↑topに戻る

よくある質問と回答FAQ

アコムの口コミを見れるサイトはありますか?

いくつかのサイトでアコムの口コミが紹介されています。※詳しくはこちら

  


アコムの審査は早いと聞いていますが、口コミではどうでしょうか?

アコムの審査スピードは早いという口コミが多いです。申し込みに不備があったりしない限り、公式サイトに書かれているように最短30分〜ということで理解しておいて問題ありません。

  


急いで利用したい場合、一番早い申し込み方法は?

インターネットを使ってスマートフォン・PCから申し込む方法がおすすめです。またアコム店舗まで来店できる方は、お近くの自動契約機(むじんくん)にて契約までを進める方法でも短時間でおこなえます。

  


元アコム社員がお届けするアコムの解説

当編集部に記事作成にご協力いただいている、りくさんは元アコムの審査受付担当をされていました。

その経験からアコムカードローンに関するアドバイスをいただいております。


記事執筆


カードローンおすすめ比較ドットコム編集部

実際にカードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行勤務経験者が集まって記事執筆・監修を行っています。
●twitteアカウント カードローンおすすめ比較.com編集部


実際にカードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行勤務経験者が集まって記事執筆・監修を行っています。
●twitteアカウント カードローンおすすめ比較.com編集部


↑topに戻る

ページの先頭へ戻る
TOP