アコムの無利息期間サービスを最大限活用する方法。はじめての契約なら翌日から適用できる条件

アコムの無利息期間サービスを最大限活用する方法。はじめての契約なら翌日から適用できる条件

 このエントリーをはてなブックマークに追加
アコムには無利息期間があります。

アコムの無利息期間30日間を他社と比較

無利息期間の意味とは「初めて借りる場合に無利息(金利0円)で融資を受けられるお得なサービス期間」のことを指しています。

無利息期間の日数は、契約後「30日間」です。

この「無利息期間サービス」があることが、アコムのカードローンが人気である理由の一つです。

ただし、アコムでこのサービスを正しく受けるためには、いくつかの注意点もありますので、このページで意味や仕組みを分かりやすく解説していきます。

またアコムでは「無利息期間サービス以外」でも、さまざまなサービスが用意されており、「ユーザーにとって利用しやすい」環境が揃っています。※詳細はこのあとに解説します。

「今すぐ無利息で借入が必要」と言う方は、ぜひ最後まで読んで見てください!

※このページは元アコムの社員が解説しています。

アコムの無利息サービス期間が適用される申し込み方法と注意点

「アコムの30日間無利息期間サービス」を受けるための条件としては、「初回の申し込み・契約であること」です。「カードローンを初めて利用する」という方は、メリットがあります。

30日間は無利子0円のサービスが適用


アコムの30日間無利息期間サービスの内容は、「契約日の翌日」から30日間が金利0円適用期間となります。


インターネットで公式サイトから申し込む手順


アコムカードローンの無利息期間サービスを受けるためには、まず申し込みをおこなう必要があります。これがしっかりとできないと、契約ができません。

アコムのカードローンの申し込みで一番利用されているインターネットでのWeb申し込みの方法を中心に詳しく解説したページを参考にしてみてください。↓


※ちなみにマスターカードのクレジットカードを付帯する申し込みも可能です。


注意点


アコムカードローンの30日間無利息期間サービスを受ける場合の注意点が3つあります。

1、※無担保カードローンが対象です。アコムでは契約の種類としてクレジット・借換えローンなどがありますが、それらは対象外となります。

2、30日間の適用期間は「借入日の翌日」とは違います。「契約日の翌日」ですので、契約後すぐに借入をしない場合でも、無利息期間は毎日の経過ごとに減っていきます。30日間が過ぎると通常の利息がかかりますので、利息無料0円で返済したいと考えている方は注意が必要です。「カードローン契約をしても借りずに放置してしまう」ことは避けて、借入が必要になった時に契約をすれば、無利息期間サービスを有効に活用できます。

3、アコムが不適当と判断した場合は「無利息期間サービスが対象外」となる可能性があります。

↑topに戻る

アコムは即日融資も可能。振込でお金を借入できる

アコムの無利息期間は契約後30日間と期限があります。

ですので、同じキャッシングをするなら、できるだけ早く融資を受けられる方が、無利息期間サービスの恩恵を長く受けられます。


アコムでは即日融資が可能


アコムカードローンの申し込み後、審査は最短で30分、契約までは時間にして、1時間〜2時間程度で完了します。(本人確認書類や必要書類がすぐに準備できれば早く契約ができます。)

アコムは「即日融資」が可能なので、すぐに融資を受けられます。そうすれば、「30日間は無利息期間を使える」ことになります。


すぐに借入するおすすめの方法


アコムの提携しているコンビニATMで借入する場合、カードが発行されるまで借入はできないことになります。しかしアコムの場合、をしてくれます。

金融機関別の「曜日と受付時間と振込実施の目安」についてはこちらのページで詳しく解説していますので、参考にしてみてください。↓



アコム以外で即日融資ができるカードローン会社


ちなみにアコム以外の「即日キャッシングが可能なおすすめの大手消費者金融」は、次の3つです。

  • プロミス
  • レイクALSA(レイクアルサ)
  • アイフル

↑topに戻る

アコムの金利年率から返済シュミレーションで利息を計算

私がアコムに勤めていたとき、お客様から利息の計算方法のご質問をよく受けていました。

アコムには無利息期間サービスがありますが、契約後30日間が過ぎれば、通常通り金利が適用されます。アコム利用者の方の中には、無利息期間が終了しても、継続的に借入を利用することを考えている方もおられます。

カードローンで借入をした場合、お金を返すときに毎月必ず元金と利息を返済する必要があります。

実際にアコムのカードローンを利用してお金を借入した時の返済時における、金利年率と利息の計算をシミュレーションしてみましょう。

※30日間の無利息期間がある時とない時の比較の計算もやってみました。

アコムの金利年率


アコムの公式サイトには、わかりやすい金利年率表が掲載されています。

ご契約極度額 適用金利(年率)

1万円〜99万円

7.7%〜18.0%

100万円〜300万円

7.7%〜15.0%

301万円〜500万円

4.7%〜7.7%

501万円〜800万円

3.0%〜4.7%
※2021年3月現在

上の表のように、貸付限度額(アコムの場合はご契約極度額と表示)によって金利年率は変わっています。

ちなみにアコムなどの「消費者金融系貸金業者」は「利息制限法」という法律が適用されており、「貸付限度額が大きいほど、金利年率は低くなる」という決まりがあります。


数字を使った金利返済シュミレーション


では、実際に「どのくらいの金利だと利息はいくらになるか」をシュミレーションしてみましょう。

条件は以下のように設定します。

  • 10万円の利用
  • 1年を365日
  • 年利18.0%・14.0%の2パターン
  • 借入期間を1日と30日間の2パターン


利息の計算式


(借入額)×(年利)×(借入日数)÷(一年の日数365日)=1日の利息

上記の計算式で1日の利息を算出できます。

30日間の利息を計算する場合は、

(借入額)×(年利)×30日間÷(一年の日数)

として計算します。


年利18.0%で1日お金を借りるとどれぐらいの利息になるのか?

100,000円×0.18÷365日=49.315…

ほとんどのカードローンの場合、端数の小数点以下は切り捨てて計算されます。

10万円の利用だと一日の利息は49円になります。


年利18.0%で30日間お金を借りるとどれぐらいの利息になるのか?

30日分であれば、

100,000×0.18×30日間÷365日=1479.452…

1,479円が30日分の利息です。


年利14.0%で1日お金を借りるとでどれぐらいの利息になるのか?

年利14.0%で比較してみましょう。

100,000円×0.14×30÷365=1150.684…

 


30日分の利息は、年利14.0%だと1,150円、18.0%だと1,479円になり、329円の差があります。


「毎月の返済金額」の内訳


ちなみに毎月の返済時には「借入元金と利息をそれぞれ分けて」支払います。

例えばアコムの場合、借入残高が10万円であれば、毎月の最低返済金額は「5,000円」になります。ですので、年利14.0%の場合で、5,000円の返済金額の内訳は、

  • 元金・・・3,850円
  • 利息・・・1,150円

となり、返済後の借入残高は「96,150円」となります。次回の返済時には、「96,150円」に対しての利息を計算し返済金額を割り出す、これを繰り返して元金を減らしていきます。

 


次に、年利18%で無利息期間がない場合とある場合の6ヵ月(毎月1回、6回払い)を比較してみます。

この計算は少し難しいですが、自動返済シミュレーションを使えば、意外と簡単に割り出せますのでご説明します。


年利18.0%で無利息期間がない場合の毎月の返済金額の内訳※単位は円

※スマートフォンをお使いの方は画面を横にしてご覧ください。


回数 返済金額 元金と利息 残高
1回目 17,552 16,052+1,500 83,948
2回目 17,552 16,293+1,259 67,655
3回目 17,552 16,538+1,014 51,117
4回目 17,552 16,786+766 34,331
5回目 17,552 17,038+514 17,293
6回目 17,552 17,293+259 0
累計 105,312 100,000+5,312 0


年利18.0%で無利息期間がある場合の毎月の返済金額の内訳※単位は円※最初の無利息期間の返済金額は1万円とします

※スマートフォンをお使いの方は画面を横にしてご覧ください。

回数 返済金額 元金と利息 残高
1回目 10,000 10,000+0 90,000
2回目 18,818 17,468+1,350 72,532
3回目 18,818 17,731+1,087 54,801
4回目 18,818 17,996+822 36,805
5回目 18,818 18,266+552 18,539
6回目 18,818 18,539+278 0
累計 104,089 100,000+4,089 0

2つのシュミレーション結果を比較すると、次のようになります。

  • 無利息期間がない場合の「借入利息」・・・5,312円
  • 無利息期間がある場合の「借入利息」・・・4,089円

比較して分かるように、無利息期間がある場合は総支払額の利息が低くなりメリットがあります。借入金額が大きくなればなるほど利息の差は広がります。

消費者金融の利用を考えるときには、アコムといった「無利息期間がある大手の会社」を選ぶことをおすすめします。


一括返済をすると利息はどうなる?


アコムでは毎月の返済日以外でも任意返済ができます。ですので、返済日までに一括返済を行えば、その後の利息はかかりません。、(もちろん一括返済で借入元金残高も0円になる)

また、一括返済が無理でも任意返済で「少しでも多めに返して借入を減らす」ことを行えば、利息を軽減することができます。


アコムは過払い金の心配はないの?

過払い金とは、「過去に貸金業者カードローン会社の金利が、法律で定められた設定より高くなっていた時に、利用者が借入金に対して支払った利息」のことを指します。

これは数十年前にあった出来事であり、現在のアコムや大手消費者金融では過払い金となる金利設定はされていませんので、安心して利用できます。


豆知識 アコムカードローンの金利を下げる方法は?


金利が低ければ、借入による支払い利息は少なくなります。では金利を下げる方法はあるのでしょうか?

アコムカードローンの金利を下げるには、一般的に次の2つの方法があります。

  • カードローン契約をしている貸付限度額を上げる
  • 金利の低いカードローン会社に借り換えをする

1つづつ詳しく解説をします。


カードローン契約をしている貸付限度額を上げる


アコムのような消費者金融会社には「利息制限法」が適用されています。次のような内容となっています。

  • 貸付限度額10万円未満 年利20%
  • 貸付限度額10万円以上100万円未満 年利18%
  • 貸付限度額100万円以上 年利15%

つまり、貸付限度額100万円未満であれば金利年利は上限18%〜20%まで設定されます。

(下限はないので18%以下も可能ですが、金利を下げ過ぎるとカードローン会社の収益が落ちてしまうので現実には上限金利で設定されています)

しかし、「貸付限度額100万円以上」になると金利年利は15%が上限となり、上限18%〜20%と比較して確実に金利を下げることができます。

「貸付限度額を上げる」ことで金利が下がる可能性があります。ただし100万円以上の貸付限度額で契約するためには再審査があり、年収や過去のカードローンの利用状況などで判断されることになります。


金利の低いカードローン会社に借り換えをする


銀行系カードローンの場合、金利年利の上限は一般的に14%台になっています。

アコムや他の消費者金融カードローンで借入している場合は、銀行系カードローンに借り換えをすることで、金利が下がる可能性は高いといえます。

ただし、銀行系カードローンは無利息期間サービスがないところがほとんどなので、初めてカードローンを利用するなら、アコムの30日間無利息期間サービスを使うのがおすすめです。


金利の低いおすすめのカードローン会社は?


2021年3月現在、消費者金融会社の中で金利が低いおすすめのカードローンに借り換えを考えるのがまずはおすすめです。

JCBカードローンFAITH(フェイス)

なら上限金利が12.5%となり、銀行系カードローンより低金利となっています。

詳細はこちらのページをご覧ください。↓


↑topに戻る

学生でも無利息で借りることはできるの?

アコムのカードローンの無利息は学生の方にも100%適用されます。

学生・大学生の方がアコムで申し込む際の条件を確認しておきましょう。※ただし無職の方は申し込みができません。アルバイトをしているなど安定した収入があることが条件となります。↓


↑topに戻る

「無利息期間」と「無利息残高」の違い

アコムの無利息期間と無利息残高の違いを解説します。

このページの初めに解説した通り、「無利息期間」は初めてカードローンの申し込みを行った際に「金利・利息負担を0円」にするという仕組みです。

「無利息残高」というのは、通常時の借入において、「お金は借りているけれど金利・利息がかからない」という場合を指します。

※この場合の残高とは「借りているお金の金額」です。

アコムやその他の多くのカードローン会社では、「借入残高が1,000円未満になった場合は、金利・利息がかからない」システムになっています。

しかもこの場合は、返済期限も設定されない残高として取り扱われています。

結論として、1,000円未満の借入残高は返済をしなくても利息は発生しません。また返済する期限もないためそのままにしておいても問題はありません。

ただし、「カードローンの解約」をしたい場合は、すべての借入残高を返済したのち、解約手続きとなります。


無利息残高が決められている理由


いくつか考えられますが、アコム公式サイトでは、ATMでの取引が千円単位のためということが書かれています。残高が千円以下になると、ATMでの返済はできなくなるので、それが理由であると考えられます。


残高を0円にしたいときどう支払ったらいいですか?


利息がかからなくても、残高が残っているのが気になる方は、次の方法で完済することができます。

  • 1、インターネット返済(アコム管理画面にログイン)
  • 2、アコムの店頭窓口で返済
  • 3、アコム無人店舗の自動契約機(むじんくん)でATM返済
  • 4、アコムの口座に銀行振込で返済

※1〜3については手数料は無料。4については他行金融機関から振込となるので手数料がかかります。

↑topに戻る

銀行や他のカードローンでは無利息期間はないの?

銀行カードローンは消費者金融と比べて金利が低いというメリットがあります。しかし、無利息期間サービスに関しては、ほとんどの銀行では行われていません。


即日融資もできない


ほとんどの銀行系カードローンでは、契約完了と借入可能となるのが、最短で翌日となっています。即日融資ならアコムのような大手消費者金融がおすすめです。

カードローン参考情報


銀行系カードローンの特徴やメリットは?


無利息期間サービスがなくても良いという方は、銀行系カードローンの特徴やメリットをまとめたページがありますので、参考にしてみてください。↓



プロミス・アイフル・レイクアルサ(レイクALSA)の無利息について


アコムの30日間無利息期間サービスの概要は、テレビCMでもよく紹介されているので、認知度が高いですが、アコムと同じように無利息期間30日間がある大手の消費者金融会社は他にもあります。

おすすめの会社は以下の3つです。

  • アイフル
  • プロミス
  • レイクALSA(レイクアルサ)

アコム以外のプロミス・アイフルの無利息期間サービスについては、こちらの各専用ページをご覧ください。↓

消費者金融カードローン参考情報


金利0円がキャンペーンから「いつでも」に変更されたレイクALSA(アルサ)は60日〜180日間と期間が長い


アコム・アイフル・プロミスには、初めて借りる場合に30日間金利0円の無利息期間があります。同じ大手の消費者金融のレイクALSA(レイクアルサ)にはさらに長い期間の無利息サービスがあります。

詳細はこちらのページで解説していますので、参考にしてみてください。↓



↑topに戻る

借入・返済(一括・完済)をする方法

アコムカードローンの無利息期間中に借入をした場合、「30日間以内」に返済をすれば金利手数料は0円です。

アコムの返済方法の1つが「提携コンビニATM」です。また無利息期間終了後引き続きアコムを利用したい方は、借入も可能です。

コンビニ店舗はほぼ24時間営業も多く、土日や祝日、GW・SWでも営業していますので利便性に優れています。ただし提携コンビニATMを利用する場合は、利用手数料がかかります。

ATM種別 取引金額 手数料
アコムのATM すべての金額 0円
提携ATM 10,000円以下 110円
提携ATM 10,001円以上 220円


利用手数料がかからない方法


割と少額のお金をアコムで頻繁に借りるという方にとって、提携コンビニATM利用手数料は、支払い負担が大きくなってしまいます。

その場合は、利用手数料のかからない返済方法をおすすめします。

方法は3つです。

インターネット返済

アコムのWEB管理画面にログイン後、「インターネット借入・返済」から金融機関振込での借入・返済ができます。一括返済も可能。(「ペイジー」を利用。)

アコム無人ATM「自動契約機(むじんくん)」

全国に1,000店舗以上ある自動契約機(むじんくん)ATMを利用することもできます。

アコム有人店舗窓口

店舗窓口では、担当者と対面で返済・借入ができます。一括返済も可能です。その場合1,000円未満の端数がある場合、小銭を用意しなくてもおつりがもらえます。

※各都道府県のアコムの店舗は公式サイトで店舗検索をしてみてください。↓


お知らせメールで返済日・返済金額がわかる

事前に「返済日」「返済金額」がわかるメールが届きます。万が一返済を忘れていても気が付くことができるので、返済遅れの心配は少ないです。


「賢い返済」のポイント


アコムの返済日は、毎月1回決められた日にちを契約時に設定します。ただし、返済日以外の日でも「任意返済」が可能です。

また「毎月の最低返済金額」は残高によって決まります。ただし、返済金額は「多めに返済する」」こともできます。

利息を減らすためには、「なるべく多めに返す」ことがポイントです。

↑topに戻る

アコムの無利息についてよくある質問と回答


アコムの無利息期間金利0円の適用は何日間ですか?

アコムのカードローンの無利息期間は「契約日の翌日」から30日間が金利0円適用期間となります。ただし初めての申し込みの場合に限ります。※詳しくはこちら

  


通常アコムのカードローンで借入すると利息はいくらかかりますか?

利息の計算をする必要があります。まず金利年率が貸付限度額によって3.0%〜18.0%の範囲で決まります。それに借入金額を乗じると1年間の利息が計算できます。さらに365日で割ると1日分の利息が計算できます。アコムの金利や利息の詳細はこちらを参考にしてください。→※詳細はこちら

  


アコム以外に無利息期間のあるカードローンはありますか?

大手消費者金融のアイフル・レイクALSA(レイクアルサ)・プロミスならアコムと同じように無利息期間サービスがあります。会社によって30日間以上の期間がある会社もあります。※詳しくはこちら

  


↑topに戻る

問い合わせ電話窓口


アコムの電話問い合わせは、フリーダイヤルなので通話料無料です。電話窓口は2つあります。

はじめてのお客さまのお問い合わせ


フリーコール 0120-07-1000

他社でのカードローン取引、はじめてのお申し込みに関するご質問や相談。


すでに会員になられている方の各種お問い合わせ先


フリーコール 0120-62-9215

契約後の疑問点や質問があれば、電話問い合わせが可能。


新しく「チャット相談」がスタート


疑問や相談があればアコムのオペレータにチャットでやり取りができるサービスも開始されています。


↑topに戻る

アコムの店舗自動契約機「むじんくん」で契約するメリット

アコムの自動契約機(むじんくん)店舗のメリットは、「申し込み」「審査」から「契約後のカード発行」までを一気にその場で完了できる点です。

さらに、自動契約機(むじんくん)内に設置されているATMで即日でお金を借りることも可能です。

この間、最短で約1時間程度です。

さらに自動契約機(むじんくん)の使い方やカードレスの方法など、詳しい内容はこちらのページを参考にしてみてください。↓


↑topに戻る


解約をして借り換える上手な借り方


アコムの無利息期間はカードローン利用者にとって、大変メリットのあるサービスです。またアコムはカードローン会社の中では契約がしやすい会社です。SNSでも話題となることがよくあります。


だたし、この無利息期間が終わればもちろんですが、キャッシングの際は通常通りの金利・利息がかかります。

もし、継続してカードローンの利用を考える場合は、金利の低い他のカードローン会社に借り換えるという選択肢もあります。

アコム以外のカードローンに借り換える場合は、再度申し込み・審査がありますので少し手間は増えますが、将来的なことを考えると、利息を減らすメリットがあります。

借り換えについて調べてみてい方は、こちらで詳しく解説しているページがありますので参考にしてみてください。

※ただし、アコムで借入をしていて、返済を遅延したり、延滞・払わない、踏み倒し、任意整理、債務整理などをしてしまった方については、審査では大きな不利になります。その場合審査に通らない可能性は非常に高いので注意してください。↓



記事執筆


記事執筆・監修 りく 女性

元アコムの社員。主に審査窓口としてお客様と誠実に対応していました。経験者だからこそ知っている価値の高いアドバイスを元にカードローンに関する必要な情報をみなさまにお届けしています。


記事執筆・監修 りく 女性

元アコムの社員。主に審査窓口としてお客様と誠実に対応していました。経験者だからこそ知っている価値の高いアドバイスを元にカードローンに関する必要な情報をみなさまにお届けしています。


↑topに戻る

ページの先頭へ戻る
TOP