キャッシング会社アローの審査時間や申し込み方法について解説します。

 このエントリーをはてなブックマークに追加
アローのキャッシングと他のカードローン会社と比較しておすすめのポイントは?

個人向け無担保ローン会社「アロー」のキャッシング

について解説します。

アローとは、愛知県にある「中小貸金業社」です。

対して大手貸金業社で有名・人気なカードローン会社には、

  • アコム
  • アイフル
  • レイクALSA(レイクアルサ)
  • プロミス
  • SMBCモビット

といった会社があります。

これらの大手消費者金融カードローン会社とアローとを比較し、アローのおすすめできるポイントと、逆におすすめできないポイントをまとめてみました。

ぜひ最後まで読んでみてください。

※ちなみにアローはキャッシングカードは発行されませんので、厳密にはカードローンとは呼べません。銀行振込を利用し、カードレスでキャッシングができる消費者金融です。

アローの会社概要・利用条件

アローの会社概要とキャッシングの利用条件を解説します。

アローの会社概要


  • 商号 株式会社 アロー
  • 本社 名古屋市中川区高畑二丁目144番地 (代表)052-353-9900 (FAX)052-353-9911
  • 設立 平成12年11月6日
  • 役員 代表取締役 林 正律
  • 登録番号 貸金業:愛知県知事(4)第04195号  
  • 加盟団体 日本貸金業協会会員 第005786号
  • 問い合わせ電話番号 ナビダイヤル 0570-055-553

アローのキャッシングの利用条件


  • 商品名 フリープラン(使途自由フリーローン)
  • 融資額 200万円まで
  • 使途 原則自由
  • 貸付利率 15.00%〜19.94%(実質年率)
  • 遅延利率 19.94%(実質年率)
  • 返済方式・期間・回数 残高スライドリボルビング 契約日より5年60回
  • 元利均等返済(2〜180回 最長15年以内)
  • (※ご相談の上返済回数を設定します)
  • 担保・保証人 無担保・無保証(原則不要)

↑topに戻る

口コミでわかったアローのおすすめポイントと注意点

アローのおすすめポイントを解説するとともに注意点もお伝えします。

他社カードローン会社と比較してわかりやすく解説します。

アローの審査に関する解説


審査のハードルの低さ


アローを利用したユーザーの口コミが紹介されているサイトがあります。全体の評価・評判ですが、このサイトの口コミを見てみると、

  • 多重債務で借り換えができた
  • 増額ができた

といった内容の口コミが割と多く見られます。


ですので、「審査のハードルは大手消費者金融カードローン会社より低い」ということは、十分に考えられます。

審査が通過できるかどうか?

まずなんといっても「年収」が目安となります。

貸金業法では「総量規制」という法律があり、個人無担保ローンは年収の3分の1までの融資が上限と決められています。

例えば、年収300万円の人が、今現在個人向け無担保ローンにおいて(アコムのような無担保カードローンも含む)50万円の借入があるとします。

300万円の3分の1は約100万円ですから、差し引き50万円の追加借入は法律上は可能ということになります。

これが年収150万円の人だと、3分の1となる50万円をすでに借りているので、「追加融資はできない」というのが、総量規制に基づいた、貸金業社の審査での基本的な考え方です。

審査時間が早く即日融資が可能


審査時間は早く、最短45分となっています。審査に通過すれば、その日でも融資を受けることが可能です。

在籍確認の対応が必要


アローキャッシングの審査では在籍確認が行われます。


在籍確認に関しては、他のカードローン会社の審査でもほぼ行われますので、覚えておいてください。

さらにこのあと、審査に関する情報を解説していますので参考にしてみてください。


無担保・無保証で利用可能


第三者の保証人は必要ありません。また、不動産などの担保も必要ありません。

したがって、申し込み方法もシンプルですぐにキャッシングが必要な方でも戸惑うことはありません。

アローキャッシングでの注意点


ではここからはアローのキャッシングを利用する際の注意点を解説します。

申し込みはインターネットからのみ


電話での申し込みはできません。すべてネットからの申し込みとなります。

カードローンではない


アローのキャッシングは証書貸付となりますので、カードが発行されません。借り入れ・返済は銀行口座の振込・自動引き落としとなります。そして、コンビニATMが使えません。

借り入れ・返済の利便性を重視する方は、大手消費者金融系カードローン会社がおすすめです。


金利について


アローの貸付利率は「15.00%〜19.94%(実質年率)」となっています。

アローより金利の低いローンは?

アローは他の大手貸金業社(消費者金融系)より、金利設定が高めです。

例えば、同じ中小ローン会社のアプラスやセントラルと金利を比較した場合、

  • アプラス 18.0%(クレジットカード(クレカ)のカードキャッシングの場合)
  • セントラル 4.80%〜18.00%
  • アロー 15.00%〜19.94%

となり、アローの金利は高い設定となります。

また、大手消費者金融系カードローンでお馴染みのアコムなら、貸付利率は「3.0%〜18.00%(実質年率)」となっています。

初めての契約の場合、ほとんどが一番高い方の金利が採用されますので、

  • アロー 19.94%
  • アコム 18.0%

となり、アコムの方が金利が低くなる可能性が高く、利息軽減を優先して考えるならアコムや他の大手消費者金融系カードローン会社がおすすめとなります。

他のサービス内容も充実しています。


年金が収入源では利用不可


アローのキャッシングでは、年金を年収のメインの収入源としている方は利用ができません。年金以外に主となる定期的な収入がある方に限られています。

収入証明書の提出について


意外かもしれませんがアローの場合、他の大手消費者金融系カードローン会社より、提出書類の条件が厳しくなっています。

アローではキャッシングの申し込み時点で収入証明書を必ず提出する必要があります。


しかし、大手消費者金融系カードローン会社のレイクALSA(レイクアルサ)やアイフル、アコムもそうですが、借入限度額(または借りたい金額)が50万円以下なら、収入証明書の提出は必要ありません。

提出書類の手間を軽減したいとお考えの方は、大手消費者金融系カードローン会社がおすすめとなります。

各大手消費者金融系カードローン会社の解説をご覧ください。


↑topに戻る

キャッシング・カードローンの審査について

アローのキャッシングや他のカードローン会社の審査について詳しく解説します。

カードローンの申し込みでは必ず「審査」が行われます。ローンの審査は「国の法律」で決められています。

審査が行われる最大の理由は、利用ユーザーがお金を借りることで、生活に支障をきたしてしまわないようにするためです。

審査に落ちる場合


審査に落ちる理由はいくつかありますが、

  • すでに現在他社から審査基準となる貸付上限以上のお金を借りている
  • 過去に破産や任意整理をして5年以内である
  • クレジットカードやキャッシングの利用で返済遅延・延滞が多い・長い

といった点が挙げられます。


決められたルールで返済していることは重要


金融機関からお金を借りた場合、必ず毎月定期的に返済をおこなう必要があります。

どんな理由であれこの返済が滞ってしまうと、債務不履行となり、通常のカードローンの利用が制限されてしまいます。

借り入れを繰り返してしまうと、債務不履行になる可能性が高くなります。パチンコやギャンブルといった資金のためにお金を借りるのは絶対NGです。

必要でない借り入れは避け、毎月の返済金額をしっかりとシミュレーションして計画性を持って利用することが重要です。

↑topに戻る

よくある質問と回答FAQ

金利はいくらですか?

15.00%〜19.94%の範囲となります。※詳しくはこちら

  


主婦の申し込みはできますか?

専業主婦で収入がない方は申し込みができません。収入がある主婦・主夫であれば給与明細等収入の証明になる書類を提出することで申し込みは可能です。※詳しくはこちら

  


申し込み方法は?

アローはインタネットからの申し込み方法となります。(電話は不可)※詳しくはこちら

  


記事執筆


カードローンおすすめ比較ドットコム編集部

実際にカードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行勤務経験者が集まって記事執筆・監修を行っています。
●twitteアカウント カードローンおすすめ比較.com編集部


実際にカードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行勤務経験者が集まって記事執筆・監修を行っています。
●twitteアカウント カードローンおすすめ比較.com編集部


↑topに戻る

ページの先頭へ戻る
TOP