素人でもわかるフタバとアコムの審査の内容について。どちらが甘いのか?

「カードローンとは?」わかりやすく解説



 このエントリーをはてなブックマークに追加
ローン会社のフタバとアコムの審査の違いやサービス内容の比較

フタバローンの審査をアコムと比較

した結果を解説します。

フタバもアコムも同じ貸金業社であり、消費者金融系のローンです。

しかし、アコムは株式上場している大手金融会社、フタバは中小企業の金融会社であり、ビジネスの規模感としては大きな差があります。

では審査のハードルに違いがあるのか?について比較をしてみました。

当サイトにはフタバとアコムの審査についての質問も多く寄せられているのですが、この質問の結論から申しますと、審査の内容に大きな差はないといのが答えです。

このページでは、ローンでお金を借りる時の

  • フタバとアコムの審査について、
  • 総合的にフタバとアコムのどちらがおすすめなのか?

について詳細に解説しています。

ぜひ最後まで読んでみてください。

フタバとアコムの審査を比較してみて分かること

まずフタバとアコムの会社概要をご覧ください。

フタバ アコム
商号 フタバ株式会社 アコム株式会社
住所 東京都千代田区岩本町3-2-10 東京都千代田区丸の内二丁目1番1号 明治安田生命ビル
電話番号 03-5833-5511(代表) 0120-07-1000
貸金業者登録番号 東京都知事(3)第31502号 関東財務局長(13)第00022号
加入団体 東京商工会議所 日本貸金業協会 日本貸金業協会 一般社団法人日本クレジット協会 一般社団法人日本経済団体連合会
主な事業内容 ローン事業 ローン事業・クレジットカード事業・信用保証事業

2社とも貸金業を中心としてローン事業を展開する会社です。

フタバとアコムの規模感


フタバとアコムは同じ消費者金融系のローン会社でありながら、規模感は大きな違いがあります。

フタバは、関東を営業エリアとした中小企業規模の消費者金融会社です。ローンで利用できるATMも少なく、電話もフリーダイヤルがありません。

アコムは、ローン事業のほか、クレジットカード事業、信用保証事業も行っています。またアコムは、三菱UFJフィナンシャルグループであり、東証1部にも上場しています。

規模感で言うと、圧倒的にアコムの方が大きいことがわかります。

フタバとアコムのローン審査について


では審査の中身について比較すると
大きな違いがあるのでしょうか?

フタバとアコムの審査の違いについて


フタバとアコムは同じ貸金業の会社です。審査の中身には大きな違いはありません。

貸金業のローン審査の中身がほぼ同じになる理由は、審査の方法が国によって法律で決められているからです。さらに上限金利および全体の金利もほぼ同じであるため、審査のハードルは同等ということになります。

これらの状況は他のローン事業をおこなう貸金業社の場合とも同じことが言えます。

例えば同じ中小金融業で知名度の高い消費者金融会社の「セントラル」の場合でも、アコムやフタバと同じ貸金業社であり、上限金利も年18.0%同じですので、審査のハードルはほぼ同じです。



※セントラルのローン動画解説

この結果、フタバとアコムの審査のハードルは同じ程度と考えられます。

「フタバとアコム」と「銀行系カードローン」の審査の違いについて

「貸金業」と同じようにローンを取り扱う「銀行」と審査を比較した場合は、一般的に貸金業の方が審査のハードルは低いと言われています。

その理由としては「金利の違い」があります。

相対的に銀行ローンの場合は、貸金業のローンと比較すると金利が低くなっています。

カードローンの上限金利を比較してみると、

アコム 年率18.0%
フタバ 年率18.0%
楽天銀行 年率14.5%
横浜銀行 年率14.6%

このように、銀行のカードローン金利の上限は貸金業の消費者金融系ローンと比べて低い金利です。

ですので、金利が低い銀行は利息の収入が少ないため、必然的に貸金業より審査のハードルが高くなると言えます。

参考 ページタイトル「カードローンの審査で7つの質問の回答。内容を比較しておすすめの会社はどこ?※解説はこちら

ここで参考のため貸金業と銀行との審査を比較しておきます。

銀行系カードローンと比較した場合の、貸金業の審査のメリットは、

  • 審査時間が早い
  • 審査のハードルが低い
  • 即日融資が可能

といった点です。

例えば「アコム」なら、「審査時間は最短で30分」と公式ページに書かれています。


フタバの場合、審査時間は書かれていませんが、即日融資が可能と書かれていますので、ほとんどの場合、2日以上かかることはないと言えます。

銀行カードローンは金利が低いメリットがありますが、即日融資には対応できず、審査時間も長い会社では約1週間程度かかる場合も多くあります。

このように、貸金業のカードローン審査の場合、圧倒的に審査の時間が早いということがわかります。

ただし、消費者金融系ローンの審査が早いからといって、審査が甘いということではありません。

貸金業者の審査が早い理由は、審査のプロセスが電子化・マニュアル化されており、そのため結果が早く提示できる点にあります。また、銀行系カードローンより審査項目が若干少ないと言うことも要因の一つです。

フタバ・アコムで審査落ちした場合


貸金業のローン審査の内容はほぼ同じです。※銀行系ローンの審査についても中身はほぼ同じ。ただし自主規定においてハードルが高くなっている。

仮にフタバでローン審査に落ちた場合、アコムのローン審査でも落ちる可能性は非常に高いと言えます。逆のアコムのローン審査に落ちた場合でも、その後フタバのローン審査に申し込んでも落ちる可能性は高いと言えます。

何故ローン審査に落ちるのか?


ローン審査に落ちてしまう原因については次の条件に当てはまっていることが考えられます。

  • 過去にクレジットカードやカードローンで長期の支払い遅れ・返済遅延・延滞をしている、または繰り返している
  • すでに他社から個人向け無担保ローンで借入をしている場合、年収の3分の1の金額に到達してしまっている
  • 過去に自己破産・債務整理・任意整理をしている
  • 安定した収入がない
  • 無職

  • 1に該当する場合、金融会社から信用・信頼を失ってしまっている可能性があります。
  • 2に該当する場合、総量規制という法律に基づいて、追加の融資ができない状態になっています。



ここまで、フタバとアコムのローン審査について詳しくまとめてみました。

結果的には「フタバとアコムのローン審査のハードルはほぼ同じ」ということが理解していただけたかと思います。

では次に審査以外でフタバとアコムとの違いを解説します。ここを押さえておけば、おすすめポイントがしっかりと理解できます。

↑topに戻る

フタバとアコムの違う部分と共通する部分

ここまでフタバとアコムの審査については、そう大差のない内容と考えられることを解説しました。しかし、審査以外のサービス内容については大きな違いがあります。

ではその内容についてみてみましょう。2社を比較して違う点を解説します。

商品サービス内容を比較


金利利率(年率)


フタバ 年18.0%
アコム 年18.0%

金利年率については、上限金利は同じです。※ただし、下限金利は、

  • フタバ 年率14.959%(利用状況に応じて)
  • アコム 年率3.0%(貸付限度額が501万円〜800万円の場合)

と大きく違いがあります。

貸付限度額が大きい利用者にとっては、アコムの方が金利利息が大幅に少なくできる可能性があります。

融資可能額


フタバ 最高額50万円
アコム 最高額800万円

アコムの方が圧倒的に大きな融資額を提供しています。

貸付上限額と金利の関係

実際にお金を借りたい金額が50万円までなら、フタバ・アコムどちらを選んでも違いはありません。しかし、50万円以上の借り入れ・貸付上限額を希望する場合はアコム一択です。

そしてもし、アコムで貸付上限額100万円以上でローン審査が通った場合は、金利が7.7%〜15.0%に下がります。※融資限度額100万円〜300万円の場合。

ですので、仮に50万円以下の借入を考えていても、アコムのローン審査で貸付限度額が100万円以上になれば、金利が下がるわけです。

これがフタバにはないアコムの大きなメリットの一つです。

借り入れ方法について


カードありとなしの違い


ここまでの解説では、「ローンとカードローン」を同じ意味と考えて解説してきました。

しかし実は、フタバのローンではカードが発行されません。キャッシングの方法が銀行振込のみとなっています。※返済の場合も同じ

ですので正確に言うと「カードローンではない」ということになります。

対してアコムはキャッシングカードが発行されますので、アコムに融資の希望の連絡をぜずとも、カードを使ってコンビニATM等から借入ができます。


アコムは繰り返し借入がカード・振込が管理画面で簡単にできる

さたに、アコムの場合、カードまたは口座振込を使って、融資限度額までなら何回でも借り入れができますが、フタバの場合は、最初に一度借り入れをすると、全額返済をするまでは、追加の借り入れはできません。

フタバで追加融資を希望する場合は、総合デスクに電話連絡をして伝える必要があります。また、電話連絡をしても必ず追加融資ができる
とは限りません。

さらにアコムではWEB管理画面サービスがあります。この管理画面から、コンビニATMを使わずにお持ちの銀行口座に振込をしてもらい借入する
ことも可能です。

この場合、振込手数料は無料です。※コンビニATMを利用する場合は、借入・返済とも手数料がかかります。


貸付上限額の増額について

アコムの場合、増額の希望がWEB・ネットでの管理画面から連絡が簡単にできます。

フタバの場合も増額は可能ですが、WEB管理画面サービスは行われていないので、総合デスクに電話連絡で伝える必要がります。

また、ローン商品自体の融資額上限が50万円ですので、最高でも50万円ということになります。※アコムは最高800万円まで可能。

返済方法について


返済についても、フタバ・アコムそれぞれ借り入れの場合と同じです。

返済について


フタバとアコムの毎月の返済金額は、次のようになっています。

フタバの毎月の返済額の場合

利用金額 最小返済額
10万円まで 2,300円
20万円まで 4,600円
30万円まで 6,900円
40万円まで 9,300円
50万円まで 11,500円

※返済方法 元利均等 6年以内(2〜72回)残高スライド式元利定額返済

アコムの毎月の返済額の場合

契約極度額 一定の割合
30万円以下の場合 借入残高の4.2%以上
30万円超、100万円以下の場合 借入残高の3.0%以上
100万円超の場合 借入金額の3.0%以上 借入金額の2.5%以上
借入金額の2.0%以上
借入金額の1.5%以上

定率リボルビング方式となっています。

返済方法の選択肢は圧倒的にアコムの方が多い

返済方法については大きく違います。アコムは、

  • インターネット
  • 店頭窓口
  • アコムATM
  • 提携ATM
  • 振込・口座振替(自動引き落とし)

というようにさまざまな返済方法があり、カードローン利用者にとっては、返済が行いやすい状況となっています。

それに対してフタバは、「毎月1回の銀行口座振り込みのみ」となっています。

 


このように商品サービス内容を項目ごとに比較してみると、大きな違いがあり、あきらかにアコムの方が、利用ユーザにとって魅力的な内容となっています。

その他同じ点については以下の通りです。

  • 初めての契約なら契約後30日間は無利息
  • 即日融資が可能
  • 無担保・無保証

この2点はフタバもアコムも同じように可能です。


↑topに戻る

フタバローンのおすすめポイント

フタバカードローンのおすすめポイントは、

  • 初めての方は契約後30日間無利息
  • 即日融資が可能
  • 審査が銀行系カードローンより早い

といった点が魅力です。ただし、これらのフタバのおすすめポイントはアコムでも同じです。

レディースキャッシング窓口がある


女性オペレーターが専属で対応している女性ローンがあります。※申し込みに関しては、PC・スマートフォンからできます。

アコムにも女性専用ダイヤルがあります。


フタバの口コミをチェック


実際にフタバのローンに申し込みをした方の口コミサイトでおすすめポイントをチェックして見ましょう。↓


↑topに戻る

よくある質問と回答FAQ

フタバとアコムのローンの審査を比較してどちらが通りやすいですか?

ほぼ同じと言えます。同じ貸金業社であり、審査の基準・方法に大きな差はありません。※詳しくはこちら

  


カードローンの審査通過のために大事なことは?

まず各会社の利用条件に準じていることです。(年齢条件や安定した収入があること等)そして審査申し込みは正確な情報を記入すること、年収の3分の1以上の借り入れがないこと(総量規制)、といった点が挙げられます。※詳しくはこちら

  


フタバとアコムのローンの違いはなんでしょうか?

フタバはアコムと同じ貸金業社ですが、カードが発行されません。したがって借入・返済は振込での方法を利用することになっています。アコムはカードローンがあり、カードが発行されますので、コンビニATM・むじんくんATM等で借入・返済が可能です。また、フタバは貸付限度額が最高50万円ですが、アコムは最高800万円まで可能です。※詳しくはこちら

  


フタバとアコムの共通するメリットはどこでしょうか?

2社とも初めての契約の方は、契約の次の日から30日間の無利息サービスがついています。また審査が早く即日融資が可能といった点が挙げられます。※詳しくはこちら

  


記事執筆


カードローンおすすめ比較ドットコム編集部

実際にカードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行勤務経験者が集まって記事執筆・監修を行っています。
●twitteアカウント カードローンおすすめ比較.com編集部


実際にカードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行勤務経験者が集まって記事執筆・監修を行っています。
●twitteアカウント カードローンおすすめ比較.com編集部


↑topに戻る

ページの先頭へ戻る
TOP