借入方法も多種多様!プロミスカードローンがおすすめの理由を他社と比較してみました。

「カードローンとは?」わかりやすく解説



 このエントリーをはてなブックマークに追加
プロミスカードローンで借入。審査・金利・返済比較

プロミスとは?

「プロミス」は大手消費者金融系のカードローンブランドです。

プロミスカードローンを運営しているSMBCコンシューマーファイナンス株式会社は、SMBCグループです。

SMBCグループには三井住友系の会社が多くあり、安心感や信頼度が大きく、お金を借りる会社としては申し分ありません。

さらにプロミスカードローンはテレビCMでも人気があり、即日融資もでき、初めての方限定の無利息サービスもあるメリットが多いおすすめのカードローン会社です。

このページでは、プロミスカードローンの特徴を次のポイントを中心に解説しています。

  • 審査や電話確認の内容
  • 他社との金利の比較
  • 借入の方法
  • 返済の方法
  • 問い合わせ方法

「プロミス公式サイト」だけでは中々見つけられない特徴を調査して解説しています。

これからプロミスのカードローンの申し込みを検討されている方は、参考のためにぜひ最後まで読んでみてください。


プロミスカードローンの会社概要・基本的な貸し付け条件


「プロミス」の会社概要



商号 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(英訳名 SMBC Consumer Finance Co., Ltd.)
設立 1962年(昭和37年)3月20日
資本金 140,737百万円
株主 株式会社三井住友フィナンシャルグループ
決算期 毎年3月 年1回
本社所在地 〒104-0061 東京都中央区銀座四丁目12番15号
TEL (03)3543-7100(代)
事業内容 貸金業・保証業 事業のご紹介
登録番号 関東財務局長(13)第00615号
従業員 (2019年3月末現在) 2,252名(男性1,255名、女性997名)
平均年齢 40.9歳
加盟団体 日本貸金業協会 (社)日本クレジット協会
(社)日本経済団体連合会
店舗・チャネル(2019年3月末現在) 951店 お客様サービスプラザ(有人店舗):18
自動契約機店舗(無人):933
自動契約機店舗:987
自社ATM店舗:963
提携CD・ATM店舗:108,235
提携コンビニストア:32,345
個人情報の取扱い 「個人情報の取扱いに関する規約」


「プロミス」の貸し付け条件


プロミスカードローンは「フリーキャッシング」です。(借入資金は何に使ってもOK。ただし事業資金を除く。)借入条件は以下のとおりです。

融資額 500万円まで
契約額 お客さまご指定の契約額(極度額)の範囲内で、当社が決定した金額
金利適用方式 単一金利
借入利率 4.5%〜17.8%(実質年率)
遅延利率 20.0%(実質年率)
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済期日 5日、15日、25日、末日の中から、お客さまのご都合にあわせて選択可能※三井住友銀行またはジャパンネット銀行以外の金融機関からの口座振替によるご返済を希望される場合、ご返済期日は5日となります。
返済期間・返済回数 最終借入後原則最長6年9ヵ月・1〜80回
お申込みができる方の条件 年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方 主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合
資金使途 生計費に限ります。(ただし、個人事業主の方は、生計費および事業費に限ります)
担保・保証人 不要

ツイッター公式サイト




↑topに戻る

公式サイトではわからないプロミスカードローンの審査内容と時間は?

プロミスのカードローンの利用する場合、事前にローン審査があります。

この「ローン審査」はどのカードローン会社においても、またお金をローンで借入をしたいときには必ずおこなわれる手順です。

ローン審査を通過して初めて契約を完了でき、融資を受けることができます。


公式サイトではわからない「プロミスカードローンの審査」


「プロミス公式サイト」では、ローン審査の内容については詳しく書かれていません。

ローン審査内容がわからないと不安。。という方も多くおられるかと思います。

プロミスカードローンの会社に電話問い合わせをしても、ローン審査の中身については回答しません。

ですので、プロミスのローン審査を詳しく知るために次の情報を参考にして解説します。

  • 過去にローン審査の仕事をされていた方
  • ローン審査を受けた方の「口コミ」や「体験談」
  • 金融の専門家等の意見


銀行系カードローンよりもハードルが低い


「プロミス」は消費者金融系カードローンです。

比較対象となる銀行系カードローンと比較すると、一般的には審査のハードルが低いといえます。

ハードルが低い理由としては、

  • 銀行系カードローンと比較して「金利が高い」ので、利息収入に余裕がある
  • 貸金業者なので、預金業務もおこなっている銀行のような権威性は低い

といった点が挙げられます。

貸金業者の事業目的の主体は、お金を貸すことです。

ユーザーの方に借り入れをしてもらわないと事業経営が成り立ちません。

しかし、銀行はローンのほかにもさまざまな事業目的をもっており、収入源が多くあります。※銀行もほとんどが株式会社です。

ですので、カードローン事業に大きなリスクをかけておこなう必要がありません。

融資の積極性を考えても消費者金融系である「プロミス」の方が借りやすいと考えられます。


審査時間について


お金を借りる必要があるとき、それが割と「急いでいるんです!」という方は多いはずです。

ここで最大のメリットを発揮できるのが、プロミスカードローンです。プロミスカードローンは「即日融資」が可能です。ローン審査が終わればすぐに契約ができ、借り入れができます。

ですがプロミスカードローンの公式サイトでは、ローン審査時間について最短●●分とか、●時間とかの表示が分かりにくくなっています。

ですので、ここでプロミスカードローンの申し込みを迷ってしまう方もおられるようです。

そこで当サイト編集部が調査したところ、 であることが分かりました。

「プロミスの会社」に実際に電話で質問をしてみました。

質問者Q 初めてプロミスのカードローンに申し込むのですが、急いでいます。ローン審査の時間はどの位かかりますか?

電話オペレーターA ご質問ありがとうございます。ローン審査時間は最短で約30分程度です。

このようにはっきりと審査時間の提示をしてくれました。

また、プロミス公式サイトに表示されている「初めての申し込み方法」の手順がわかるサービスモードを確認しても、やはりローン審査時間最短30分の表示がありました。

※クリック・タップで拡大↓

プロミスカードローンのローン審査時間はWEB申し込みで最短30分と表示


「WEB申し込み」と「自動契約機」の場合のローン審査を比較


先ほどの質問でのローン審査時間は、WEB申し込みの場合です。もし店舗の自動契約機で申し込みをおこなった場合はどうなるのでしょうか?

プロミスカードローンの自動契約機店舗の場合でも、ローン審査時間は最短約30分で完了されるようになっています。

※クリック・タップで拡大↓

プロミスカードローンのローン審査時間は自動契約機でも最短30分と表示

上の画像はプロミスカードローンの自動契約機店舗で申し込んだ場合の契約までの時間が示されています。

赤枠で囲っているところに、「最短30分〜40分程度で完了です」と明記されています。この時間はローン審査以外の時間も含まれているため、やはり最短30分程度のローン審査時間で完了できることになります。

プロミスカードローンは、申し込みをしたその日に即日で融資を受けることが可能です。したがって、ローン審査時間はかなりスピーディーにおこなわれます。


ローン審査における「勤務先の在籍確認」について


ローン審査では、最後に「勤務先の在籍確認」が必ずあります。

勤務先に電話がかかってきますが、番号非通知・個人名でかけてくるので職場の人に知られる心配はありません。

詳しくはこちらのページで解説しています。↓




こんなユーザーはローン審査に通らない


プロミスカードローンの申し込み前の段階で「まずローン審査には通りませんよ」という条件を持っている方は、申し込みをすることはやめておきましょう。時間と労力の無駄になります。

詳しい解説はこちらのページで用意していますので、必ず見ておいてください。↓



一般的なカードローンの審査内容はこちらのページに詳しく解説がありますので、参考にしてみてください。↓




↑topに戻る

プロミスの金利利率(年率)は?利息計算シミュレーション

プロミスカードローンの金利は次のようになります。

  • 金利利率(年率) 4.5%〜17.8%
  • 借入限度額 500万円
  • 返済回数 1〜80回

金利はローン審査によって決定されます。借入限度額が大きいほど金利が低くなります。借入限度額が100万円以上になると、金利は必ず年15%かそれ以下に下がります。(「利息制限法」で決められている)

 


ではプロミスカードローンで借り入れをする場合の「利息計算」をしてみましょう。

例えばプロミスカードローンを使って30万円を金利年率17.8%で借りた場合、30日後の利息は4,389円となります。

※計算式

30万円×17.8%×30/365=4,389円

したがって、借り入れから30日後に一括返済する場合の返済額は304,389円となります。

分割払いで返済する場合は、返済時点の借入残高に金利年率を乗じて利息を計算します。

30万円を毎月12,000円ずつ分割払い返済する場合、1回あたりの元金と利息は以下のようになります。

  • 第1回返済日(30日後とする) 元金7,611円、利息4,389円 返済額12,000円 残高292,389円
  • 利息計算 (残高300,000円×17.8%×30/365=4,389円(利息))

  • 第2回返済日(30日後とする) 元金7,723円、利息4,277円 返済額12,000円 残高284,666円
  • 利息計算 (残高292,389円×17.8%×30/365=4,277円(利息)) 

    以降、同じように計算すると33回目(2年9か月)で完済します。完済までの総返済額は393,409円(うち利息93,409円)となります。

    ※次の目次で「返済額の仕組み」を詳しく解説します。

    ↑topに戻る

    返済額と返済・完済方法について

    プロミスカードローンで分割払い返済をする場合、借入残高に応じて利息が変動する「残高スライド元利定額返済方式」が採用されています。

    利息の金額は変動しますが、元利を合わせた毎月の返済額は一定になります。

    目次・プロミスの金利利率(年率)は?利息計算シミュレーションで解説した内容をおさらいします。

  • 第1回返済日(30日後とする) 元金7,611円、利息4,389円 返済額12,000円 残高292,389円
  • 利息計算 (残高300,000円×17.8%×30/365=4,389円(利息))

  • 第2回返済日(30日後とする) 元金7,723円、利息4,277円 返済額12,000円 残高284,666円
  • 利息計算 (残高292,389円×17.8%×30/365=4,277円(利息)) 

    1回目と2回目の利息は変動していますが、返済額は同じです。(借入残高が減ると利息も減っていきます。)

    プロミスカードローンの場合、借入残高に応じた毎月の返済額は以下のように決められています。

    借入残高 返済額
    30万円以下 借入残高 × 3.61% (1,000円未満切り上げ)
    30万円超過〜100万円以下 借入残高 × 2.53% (1,000円未満切り上げ)
    100万円超過 借入後残高 × 1.99% (1,000円未満切り上げ)

    この計算式に基づくと、毎月の返済額は次のようになります。

    • 借入残高10万円 毎月の返済額 月4,000円(返済回数32回)
    • 借入残高50万円 毎月の返済額 月13,000円(返済回数58回)
    • 借入残高100万円 毎月の返済額 月26,000円(返済回数58回)

    この返済額は毎月必ず返済しなければならない額です。この返済額以上の返済も任意で可能です。任意返済の場合は、毎月の最低返済額に関係なく好きな返済額を決めて返済ができます。

    ↑topに戻る

    「即日融資で借りる」が可能な条件や方法

    プロミスカードローンは「即日融資」が可能です。

    「即日融資」が可能な消費者金融系カードローンは他にもありますが、その中でもプロミスカードローンはスピーディーに融資を受けられるのが特徴です。

    即日に借りるための方法としては、主に2つの方法があります。


    • 銀行などの金融機関口座に振込で即借入する→金融機関ATM
    • 「プロミス自動契約機店舗」で契約、カード発行→店舗ATMで即借入


    融資までの時間


    プロミスカードローンに申し込みを開始してから、ローン審査は最短30分、契約まで最短1時間程度で融資を受けられます。

    銀行などの金融機関口座振込の場合、プロミス独自の「瞬フリ(しゅんふり)」(振込キャッシング)と呼ばれる方法でおこないます。

    三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行の口座を持っていれば、最短10秒で口座に振込されます。※「24時間」「平日・土日・祝日問わず」対応。

    ※他の金融機関口座の振込時間を調べることができます↓


    プロミス自動契約機で契約なら、カードを使ってその場のATMで即借入が可能。

    注意点 システムメンテナンスについて


    毎週月曜0:00〜7:00は受付を停止。また毎週土曜日・日曜日・月曜日に限り、以下の時間帯に受付をおこなった場合振込予約となります。

    プロミスカードローンの即日融資の方法。金融機関振込のメンテナンス時間


    ATM利用手数料


    提携コンビニATMを利用した場合は手数料がかかります。


    金融機関口座の振込手数料は無料です。

    ↑topに戻る

    「プロミス」の無利息期間は借入後何日間ある?

    プロミスカードローンは、初回借入から30日間は無利息です。

    30日間無利息の消費者金融系カードローンは他にもありますが、ほとんどは初回「契約」から30日間です。

    プロミスの場合は「初回契約」ではなく、実際に借入をしてから30日間無利息となっています。

    ですので、お金が必要な時より前にあらかじめ前もって契約をしておき、必要になる時点で借入をすればその日から30日間無利息となります。

    また銀行系カードローンの場合、無利息サービスをおこなっている会社はほぼありません。


    30日間無利息が適用される必須条件



    プロミスカードローンで30日間無利息サービスを受けるためには、申し込み時に次の2つをおこなうことが必須となります。

    • メールアドレスを登録
    • WEB明細での取引を選択


    また、「プロミスポイントサービス」に申し込むと、獲得ポイントに応じて一定期間、無利息サービスを受けることができます。

    必要ポイントと無利息期間は以下のとおりです。

    • 250ポイント 7日間
    • 400ポイント 15日間
    • 700ポイント 30日間

    ちなみに40ポイント貯まると、最大60日提携ATM手数料が無料になります。

    ↑topに戻る

    借り入れはコンビニATMが使える?手数料は?

    プロミスカードローンを利用できるATMは以下の3種類があります。

    • プロミス専用店舗のATM
    • 提携銀行のATM
    • 提携コンビニのATM

    プロミス専用店舗のATMは全国のプロミス店舗および自動契約コーナーに設置されています。手数料は休日、時間外問わずすべての時間帯で365日・24時間いつでも無料です。

    提携銀行ATMとしては、三井住友銀行、セブン銀行、三菱UFJ銀行、西日本シティ銀行、イオン銀行、横浜銀行、東京スター銀行、第三銀行、福岡銀行、熊本銀行のATMで借入・返済ができます。

    他に、親和銀行、広島銀行、八十二銀行のATMでは返済はできませんが借入ができます。

    手数料は、三井住友銀行ATMは無料、そのほかのATMは1回110円〜220円となります。


    提携コンビニATMとしては、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、スリーエフ、コミュニティストア、デイリーヤマザキ、生活彩家、セーブオン、ポプラ、セイコーマート、ゼロバンク等のATMで借入れ・返済ができます。

    他に、ローソンLoppi、ミニストップLoppi、ファミリーマートFamiポートの各端末で返済のみ利用できます。

    手数料は1回110円〜220円となります。


    ATM手数料について


    提携ATMの手数料は、三井住友銀行のATMなら、借入・返済ともいつでも無料です。

    その他の提携ATMでは手数料がかかります。金額は借入時・返済時とも取引額によって以下のとおりに決められています。

    • 借入・返済とも取引額1万円以下 110円(税込)
    • 借入・返済とも取引額1万円超 220円(税込)

    なお、・プロミスポイントを利用すればATM手数料を無料にすることもできます。

    ↑topに戻る


    ネット申し込みから契約までの流れ。店舗でもできる?


    プロミスカードローンでの申し込み方法は次の4つです。

    • WEB申し込み
    • プロミスコール(電話)申し込み
    • 郵送申し込み
    • プロミス自動契約機に来店申し込み

    よく使われている申し込み方法は、パソコンやスマートフォンを使ったインターネット申し込みです。


    WEBからの申し込み方法(WEB完結との違い)


    WEB申し込み方法の手順です。

    「プロミスの公式サイト」にアクセスして、Web上で申し込みフォームに必要事項を入力して送信します。

    このとき、必要最低限の項目のみ入力する「カンタン入力」とすべての項目を入力する「フル入力」の2種類を選べます。

    「カンタン入力」を選ぶと、未申告の項目は電話で確認されます。

    「フル入力」を選ぶと、送信後すぐに審査が始まります。

    申し込みの際に、契約書類やカード、ご利用明細などの受け取り方法を選択します。また「ローン審査結果の連絡方法」については、「メールか電話」のどちらかを選択します。

    最後に「Web完結」を選択すると、郵送物は一切ありません。カードも「発行なし」となります。(あとからカードをもらうこともできます)

    「カードあり」を選択すると契約書類・カードが郵送されます。郵送を希望する場合は、自宅や勤務先など送付先を指定します。

    ※カードが送付される場合でも、契約が済めばカードなしでの即日融資は可能です。(※「プロミス」インターネット会員サービスにログインして金融機関口座振込を希望する)


    WEB完結の条件


    「WEB完結」を選択する場合は、お客さまの選択された金融機関で本人確認が完了していることが前提となります。

    その条件を満たさない場合、契約書類の郵送が必要となります。


    ローン審査が完了すると、指定した方法でローン審査結果が通知されます。

    ローン審査を通過した場合は契約可能額(借入限度額)も通知されるので、確認しておきましょう。

    その後、再度メールが送られてきます。返済方法を選択します。返済方法について、ATMか口座振替のどちらかを選びます。

    Web完結を選択した場合は口座振替のみとなります。口座振替を選択した場合も、インターネット返済は随時利用できます。

    最後に口座振替を選択した場合は、カードの郵送を希望するかどうかを選択します。

    カードがなくても、金融機関口座振込で「キャッシング」ができます。また借入・返済も利用状況などは、すべてWEB管理画面で確認できるので、カードは必ずしも必要ありません。

    カードの受け取りを希望する場合は、「郵送」か「プロミス店舗」のどちらかを選択します。

     


    以上の手続が完了すれば、すぐに「キャッシング」を利用できます。

    ↑topに戻る


    「アプリ登録」ならログイン後残高チェックも可能


    プロミスカードローンには、アプリローンという便利なアプリがあります。

    24,000台あるセブン銀行ATMなら、スマートフォンを利用してカードレスで借り入れ・返済をおこなうことができます。
    わざわざカードを使う必要がありません。


    利用方法


    プロミスカードローンの契約が完了後、スマートフォンにアプリをダウンロードをします。

    以下のサービスを利用してダウンロードができます。

    • AppStore
    • GooglePlay


    プロミスカードローンのアプリローンがダウンロードできるGooglePlayとAppStoreのロゴ

    ダウンロード→インストールが完了すれば、あとは「プロミスカードローン管理画面」にログインをすれば、簡単に利用が開始されます。たったこれだけです。


    QRコードを読み込む


    管理画面に「スマートフォンでの取引」のボタンがありますので、クリックするとセブン銀行ATMに表示されているORコードをスマートフォンで読み込みができるようになります。


    アプリATMの使い方動画解説


    プロミス公式動画で分かりやすく解説している動画ががありますので参考にしてみてください。↓



    ↑topに戻る


    電話・メール問い合わせ・相談窓口一覧


    インターネットでの問い合わせ


    会員のお客さま向けと、はじめてのお客さま向けの問い合わせフォームがあります。




    電話での問い合わせ


    フリーコール0120-24-0365

    ※一部時間帯は、自動音声応答となります。カード紛失・盗難についてのご連絡は24時間承ります。


    女性専用ダイヤルフリーコール 0120-86-2634

    (女性オペレーターが電話に出ます。※一部時間帯は、自動音声応答となります。)

    はじめての申し込みでも大丈夫です。現在すでにプロミスカードローンを利用されている方の相談・質問も気軽に連絡できます。

    ↑topに戻る


    プロミスのまとめよくある質問と回答


    プロミスカードローンは学生・主婦でも申し込みはできる?
     

    プロミスカードローンは学生・主婦でも安定した収入が継続してある場合は、キャッシングの申し込みが可能です。※申し込みに関する方法はこちら


      


    ローン審査では勤め先の確認の電話はありますか?
     

    ローン審査では勤め先への電話による在籍確認があります。プライバシーに十分配慮され、担当者個人名にて連絡があります。「プロミス」の名前で連絡はされません。※在籍確認の電話の詳しい解説はこちら。


      


    初めてプロミスカードローンの申し込みをする場合、いくらまで借りられますか?
     

    プロミスカードローンの貸付上限は500万円です。ただし申し込み後の審査によって借りられる上限の金額は変わります。希望の金額がある場合は、インターネット申し込みフォームで希望金額を記入することができます。※申し込みに関する方法はこちら


      


    プロミスカードローンで借りる時の利息が知りたいです。計算方法は?
     

    計算方法は利息=借入残高×借入利率(金利)÷365日×利用日数です。シミュレーションの事例を見るとより分かりやすいです。※利息の計算事例はこちら


      


    プロミスカードローンの申し込み時に収入証明書は必ず必要ですか?
     

    次の2つに該当すれば収入証明書が必要です。1、希望する借入額が50万円を超える。2、希望する借入額と他社での借入残高の合計が100万円を超える。これらに該当しない場合は収入証明書類の提出は不要です。※参考公式ページ


      


    ↑topに戻る

    借入限度額増額ができるタイミングはいつ?

    プロミスカードローンで契約をおこない、その後増額を希望する場合は、少なくとも利用後約半年を経過してから、増額の申し込みをするのがベストです。


    カードローン増額の注意点


    カードローン会社は増額時のローン審査内容として、借り入れ・返済のルールを守ってカードローンを利用されているか?の経緯を確認しています。

    そのため、利用の経緯が確認できない期間に申し込むより、利用をして半年後程度を一つの目安として申し込みをおこなうようにしてください。

    増額時のローン審査で、「返済の遅延」や「支払い滞納」など確認されなければ増額ができる可能性は高くなります。

    また、利用状況が評価されれば、プロミスカードローン会社側から「増額の案内メール」が届く場合もあります。


    また、「増額後の借り入れ限度額」によっては収入証明書が必要となる場合があります。

    プロミスでカードローン契約をする際、貸付上限額が一番多い割合は100万円以下です。その中でも、50万円以下で契約をしている方が多いです。

    この理由は、次の2つの条件により収入証明書が必要になるからです。

    • 希望の借入額が50万円を超える場合
    • 希望のお借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超える場合

    収入証明書の提出をなしにして、できるだけ簡易に申し込みをしたいというユーザーのニーズも関係しています。

    したがって「カードローンの増額の金額」については色々なパターンが考えられます。

    • 10万円から20万円に増額をしたい
    • 30万円から50万円に増額をしたい
    • 50万円以上に増額をしたい

    増額後の借り入れ限度額が50万円以下なら収入証明証の提出は不要ですが、50万円以上になると必ず収入証明証の提出が必要となります。

    ↑topに戻る


    カードローンの金利を消費者金融系と銀行系で比較


    「プロミス」は消費者金融系カードローンであり、ここまで説明したメリットは次のとおりです。

    • 即日融資可能
    • 無利息期間がある
    • 審査の温度感が低い

    ただしプロミスカードローンを含め、消費者金融系会社は金利が相対的に高いので、利息負担が大きいデメリットがあります。

    しかし、消費者金融系カードローンでありながら低金利でキャッシングができる新しいカードローンも登場しています。

    「JCBカードローンFAITH(フェイス)」は、金利が年4.40〜12.50%となっており、銀行系カードローンより低金利でキャッシングが利用できます。詳しくはこちらのページを参考にして下さい。↓



    短期キャッシングではなく、中長期キャッシングをお考えの方は、銀行系カードローンの選択をするのも一考となります。

    銀行系カードローンを選ぶ際にはどういった会社があり、比較するとどういった違いがあるのか?については、おすすめの会社を紹介している専用の解説ページがありますので、会社選びの参考にしてみてください。↓


    ↑topに戻る


    「プロミス」×「三井住友VISAプリペイドカード」で街の利用が便利に


    「プロミスカードローン」と「三井住友VISAカード」が連携したサービスがあります。

    プロミスのカードローンから前もって現金チャージをしておけるプリペイドカードです。

    ※クリック・タップで拡大↓

    プロミスカードローンと三井住友VISAプリペイドカード連携の特徴

    使い勝手の良いプリペイドカードです!実際に使った分だけしか金利・利息が掛かりません。チャージ手数料も無料です。

    詳細についてはプロミス公式サイトのページを参考にしてみてください。↓


    ↑topに戻る


    ゴールデンウィーク・年末年始の借り方に注意


    プロミス公式サイトには、ゴールデンウィークと年末年始(正月)での利用の注意が掲載されています。

    毎年内容が変わります。なお、常時メンテナンスもわずかな時間ですが実施されています。

    詳しくは公式サイトをご覧ください。↓



    記事執筆


    カードローンおすすめ比較ドットコム編集部

    実際にカードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行勤務経験者が集まって記事執筆・監修を行っています。
    ●twitteアカウント カードローンおすすめ比較.com編集部


    実際にカードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行勤務経験者が集まって記事執筆・監修を行っています。
    ●twitteアカウント カードローンおすすめ比較.com編集部


    ↑topに戻る

    「プロミスカードローン」で借入。審査や返済・金利について公式サイトでは見えないおすすめ情報記事一覧

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ページの先頭へ戻る
    TOP