このエントリーをはてなブックマークに追加
お金に困った時のピンチを救ってくれる
おすすめの方法が、

カードローンの活用です!

カードローンとは、金融機関やカード会社等が提供している
個人向け融資サービスのことです。

しかし、カードローンには

銀行とノンバンク(消費者金融・信販会社)に大きく分けられ、
これらの貸し付条件には大きな違いもあります。

例えば、代表的な違いは

  • 金利の違い
  • 審査の違い
  • 無利息期間の違い

等で、この他にも知っておくべき
メリット・デメリットがあります。

今回は、多くのみなさんに選ばれている
銀行と消費者金融のカードローンに焦点を当て、
徹底的に比較していきたいと思います。

どっちを選べばいいのか?おすすめはどっちなの?

それぞれ使う人の理由や悩みによって、
銀行か消費者金融か?を決める必要があります。

さらに同じ銀行系・消費者金融系同士の中でも
比較してみると違いがずいぶん見つかります。

このページを読んでいただければ、選び方が理解でき、
ご自身にぴったりのカードローンが見つかるでしょう。

本記事では、銀行と消費者金融の特徴別に
おすすめのカードローン会社をご紹介します。

ぜひ最後まで読んでみてください!


消費者金融は貸金業、銀行とは適用法律が違う点で注意すること

消費者金融は「貸金業」にあたるため、
「貸金業法」が適用されます。

銀行は「銀行法」が適用されます。

※ちなみにJCB等のクレカ(クレジットカード)
会社は貸金業となります。

利息制限法と総量規制


貸金業法には、

利息制限法・・・貸付額によって適用できる金利年率上限がある
総量規制・・・債務者に年収の3分の1以上の貸し付けはできない

この2つの法律が適用されます。銀行法には
この要件はありません。

しかし、現実には銀行もこの2つの法律の
条件を目安にして自社基準を設けています。

法律の適用は違いますが、カードローンに
関して言うなら、法律の違いによる区分けは、

借りる側としてはあまり深く考える必要はないでしょう。

では実際に何が違ってくるのか?を項目ごとに
解説していきます。

↑topに戻る

審査の違いを比較。申し込み時間やハードルの温度感

まずは、消費者金融系カードローンと銀行系カードローン
の審査の流れとして共通している点を確認しておきましょう。

本人の申し込み


今ではほとんどがインタネット・WEBからの申し込みです。

本人確認が行われる


申し込み後、本人に電話連絡をして借り入れの意思等を確認。

仮審査(属性スコアリング)


個人信用情報機関に申し込み者の情報を照会。
年収・職業・雇用形態等をチェックします。

本審査


申し込み内容や提出書類のチェック。不備や間違い等がないか?を見ていきます。

在籍確認


勤務先への電話確認。


契約


契約が完了するとメール連絡が来ます。

消費者金融会社から開示されている審査通過率の
数字等を比較してみると、

消費者金融での審査の方が通過している
数字は高いものになっています。

理由としてはまず、金利の違いです。

銀行系カードローンの方が消費者金融系
カードローンよりほぼ低金利になっており
利息の利益が少ないため、

できる限りリスクを小さくすることを
重視します。

そのため、銀行は申し込み者の勤続年数
・雇用形態等もシビアに見ます。

また、銀行は預金を扱っており、
多くの人が預けている大切な資産が
ローンの貸付原資にもなっていることから、

貸し倒れリスクが高くなるような貸し付けは
避ける傾向があります。

そのため、全体的に消費者金融系より
「厳格性」を常に求めます。

これらの理由で、審査通過のハードルの違いが
生まれています。

↑topに戻る

金利の違いを比較すればキャッシングは銀行系に軍配

金利に関して違いを解説します。

金利は消費者金融系と銀行系のカードローン
が大きく違う理由の1つです。

結論から行くと、

銀行系カードローンの方が消費者金融系カードローンより低金利設定

されています。

たとえば、大手銀行と大手消費者金融の
公式サイトに掲載されている金利を見てみると、

  • 消費者金融系・・・約3.0%〜約18.0%
  • 銀行系・・・約2.0%〜約14.5%

と銀行系の方が低くなっており、
上限の金利に大きな違いがあります。

100万以下の貸付限度額で契約した場合は、
ほとんどがこの上限金利の設定となるので、
借入先選びの際は、上限金利を目安にしましょう。

この違いが実際に同じ金額のキャッシングを
した際に、支払う利息が高い・安いの違いが
出てきます。

たとえば、50万円を借りて2年かけて返済するとしても、
金利が18.0%と14.5%では、支払う利息に約2万円の差が
出ることになります。

借入金額と金利を使って利息の計算が簡単に
できます。詳しい計算方法はこちらのページを
参考にしてみてください。↓


消費者金融系会社の金利が高い理由


銀行は融資だけでなく、預金、振り込み、
投資信託などの運用他、多くの業務を
行っています。

それぞれから利益を得る仕組みになっているため
融資の際の金利も低めに設定することができます。

しかし、消費者金融の収入源は融資、
つまりキャッシングの利息がメインとなるため、

少しでも多くの利益を得るために
金利を高く設定しています。

各会社の金利を比較


大手のカードローン会社の金利を比較
したページがありますので参考にしてみて
ください。↓


↑topに戻る

無利息期間の違い。初めての融資はアコムやアイフルがお得な理由

初めてカードローンでキャッシングをするなら、

消費者金融系の無利息期間が適用できます。

  • アコム
  • レイクALSA(レイクアルサ)
  • プロミス
  • アイフル

等の大手消費者金融でサービスが
あります。


大手銀行では無利息期間サービスがほとんどありません。

↑topに戻る

即日借りる必要があるなら消費者金融一択

銀行系カードローンでは、

即日融資ができません。

最短でも翌日融資です。翌日融資ができる
銀行カードローン他、いくつかのおすすめ
会社の解説を参考にしてみてください。↓


大手の消費者金融系カードローンでは、
どの会社も即日融資を行っています。

どんな特徴があるのか?会社別に解説
していますので、参考にしてみてください。↓



↑topに戻る

大手の消費者金融系と銀行系カードローンおすすめランキング一覧

銀行系カードローンと
消費者金融系カードローンの会社の
特徴をじっくりと比較してみましょう。↓

↑topに戻る

借り入れ・返済にコンビニATMが使えるのはどっち?

現在では、大手銀行系カードローンも
消費者金融系カードローンも、

コンビニATMでの借り入れ・返済

ができる会社が多くなっています。

各会社での条件等を確認してみてください。↓


↑topに戻る

それぞれのカードローンの比較についてよくある質問と回答

銀行と貸金業のカードローンの違いは何ですか?
適用される法律が違います。貸金業(消費者金融)は貸金業法、銀行は銀行法となります。その他の違いはこちらで解説しています。※詳しくはこちら
銀行と貸金業のカードローンを比較して金利が低いのはどちらの会社ですか?
一般的には銀行系の方が消費者金融系より低金利といえます。※詳しくはこちら
審査に通りやすいのは銀行と消費者金融のどちらですか?
一般的には消費者金融の方が審査が通りやすいと言えます。※詳しくはこちらのページ

記事執筆


記事執筆 S・T 元銀行員 男性

約10年間京都の銀行でリテール営業をメインとして預金・
カードローンの受付・審査等を担当をしていました。
経験者であるからこそわかるローンに関する知識を
読者の方の「知りたい情報」に役立てることができれば
嬉しいと思っています。中立的な立場で親身なアドバイスを
心がけています。

記事監修


記事監修者 佐久間翠(さくま・みどり) 女性

記事監修者 佐久間翠(さくま・みどり)

大手生命保険会社勤務時にはファイナンシャルプランナーとして、お客様のニーズに応じたライフプランを作成し、保険・投資信託商品を提案。現在は、金融関連の記事を得意とするライターとして活躍するとともに、セミナー講師も務める。保有資格:2級FP技能士(AFP)、証券外務員2種

↑topに戻る

  このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る