2021年のおすすめカードローンを比較して選んでみよう!

 このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年〜2021年のおすすめカードローンを比較して選んでみよう!

カードローンおすすめ比較で推奨ランキングを公開

とひと言で言っても、その種類やサービスの違いが意外と多く、現実にはどの会社を選ぶべきなのかがズバッと決めるのが難しい点があります。

今まさにカードローンの申し込みをしてみたいと思っている方に、当サイトが独自に取材を行いメリットごとにまとめたおすすめのカードローン会社情報を自信をもって、ランキング形式でご紹介します。

ぜひ最後まで読んでみてください!


そもそもカードローンって?意味や特徴は?

「カードの意味は」いくつかありますが、ここで言う「カード」は日本語でクレジットカード・キャッシュカードなどの略です。

個人向けローンはカードを使って借りるのがおすすめ

「ローン」は日本語で「何かを貸す」という意味で、「お金に関する事」だと「融資」という言葉として使われています。融資の種類はたくさんあります。

例えば銀行が行っている融資サービスなら、

  • 住宅ローン
  • リフォームローン
  • 事業ローン・ビジネスローン
  • 教育ローン
  • マイカーローン(車の購入)
  • リバースモーゲージローン

などの一般的なローンから、

  • 子育て応援ローン
  • シニアライフローン
  • ブライダルローン(福岡銀行)
  • メディカルローン(福岡銀行)

といった、地方銀行・信用金庫などでは地域との密着性を考えたローンもあります。

その中で「個人向けカードローン」は、カードを使って「ATMでシンプルかつ必要な時に借りる・返済できるという利便性」が特徴です。緊急性のある融資には大変メリットの高いサービスです。

しかも、借りたお金の使いみちは基本的に限定がなく、現金が必要とされるさまざまなシーンで使うことができます。

  • 急に決まった旅行
  • クレジットカードの引き落とし

などで、絶対に現金が必要だからお金を借りたい!という時には、このローンカードを持っておくのはおすすめできます。

実際に緊急性のあるローンを求めている人は多い


「ヤフー知恵袋」などを見ていると、「すぐにお金が用意できるカードローン会社を教えてください!」という質問が多く見られます。


公務員勤めの安定した収入がある方でも、緊急性のある即日融資を希望されている方もおられ、意外と職業に関係なく相談をされているようです。

そういった時に、現金をすぐに借りられるカードローンが役に立つことは間違いありません。

ではここからカードローンを利用するにあたり「おすすめのカードローン会社」を色々な角度から分かりやすくまとめてご紹介していきます。

↑topに戻る

ローン会社の比較で欠かせない7つのポイント


カードローンの契約をする際、チェックしておく項目は次の7つです。


この7つで「一番優先したい項目」から比較していくと、カードローンの初心者であっても、そうでなかってもあなたに合ったおススメのカードローンの会社を見つけやすくなります!

この7つの並び順は当サイトの運営者が考えるところの、カードローンを選ぶ際に重要度の高いポイントで上から並べています。

後から「知らなかった…」と後悔がないようにこのページで詳しく、分かりやすく解説します。

このページなら2021年現在の最新情報で確認できます!

↑topに戻る

即日で借りれるおすすめカードローン会社を比較して選ぶ

カードローンのオススメ会社を探すとき、まず一番に優先するべきポイントは

即日で借りれる会社をピックして比較することです。

※結論として即日融資ができるおすすめの会社はあります!この後に実際の会社と申し込み方法をご紹介します。

何故かと言いますと、カードローンを必要とされている方々は、「お金が必要」であるわけですが、その「緊急度」によっては「今すぐ必要」という方も多くおられるでしょう。

そして、「今すぐ現金を手にできなければ困ったことが起こる」というピンチの方が多いわけです。

例えば、

  • 光熱費の口座引き落としの為の現金の入金
  • クレジットカードの口座引き落としのための現金の入金
  • 住民税・固定資産税などの税金の支払い

といった「期限のある支払い」などでは、期限を守るために「今日・明日に現金が必要」となる場合があるわけです。

ですので、「即日融資を優先する」場合は「できるだけ低金利」でとか「できれば銀行で」とかの要望を言っている暇はありません。

急いで借りる分、返せる状況になったらすぐに返済する、これを目指して、即日で借入ができる会社を探すのです。

但し、「審査の通過の期待」に関しては「期待が大きなところ」を選べるなら選ぶ必要があるでしょう。

審査に通らなければ、いくら即日融資ができる会社でも、実際の融資を受けることはできません汗

その両方を考えた場合、おすすめできる選ぶべき会社は銀行ではなく、

貸金業である消費者金融の会社です!

では実際に、

  • 「即日融資可能」
  • 「審査の期待感で優秀」
  • さらに「安心感のある大手」

の会社から、おすすめ度の高い貸金業の順から推奨ランキング形式でご紹介します。

※当サイトで業務している金融専門のプロの監修がおすすめする推奨ランキングです。


レイクALSA(レイクアルサ)

即日借入でおすすめのレイクALSA(アルサ)カードローン

まず一番におすすめしたい人気のカードローン会社は新生フィナンシャルグループのレイクALSA(レイクアルサ)です。

レイクALSA(レイクアルサ)のカードローンは新生銀行カードローンATMで借入・返済が無料で使えるのでおすすめ
※街中にあるレイクALSA(レイクアルサ)の無人契約機

断然におすすめの理由は、

  1. 審査は、WEB申し込み後最短15秒で結果表示(簡易審査)
  2. 即日融資はカードなしでも振込で可能。
  3. 消費者金融ならではの審査スピードと期待感

この3つはもちろんですが、さらにユーザーにとって手厚いサービスとなるおすすめポイントは、

初めての方は無利息サービスが条件次第で30日・60日・180日という3つの期間のどれかを使える!

というものです。

この無利息サービスはこの後ご紹介するアコムやアイフルでも提供されているのですが、「期間の長さ」はレイクALSA(レイクアルサ)が飛び抜けて長期間サービスを行っています。

レイクALSA(レイクアルサ)の貸付条件


サービスを利用できる方 満20歳以上70歳以下(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)の方で安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方も可)は、ご利用いただけます。※お取引期間中に満71歳になられた時点で新たなご融資を停止させていただきます。
融資額の範囲 1万円〜500万円
貸付利率(実質年率) 4.5%〜18.0%※貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。
遅延損害金(年率) 20.0%
返済方式 残高スライドリボルビング方式・元利定額リボルビング方式
返済期間・回数 最長8年・最大96回(ただしカードローンは最長5年・1回〜60回)※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数はお借入れ及び返済計画に応じて変動します。
必要書類 運転免許証等※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
担保・保証人 不要

@WEBで申し込むと初回契約翌日から60日間無利息期間適用。

※ご契約額が1〜200万円の方が対象です。
※WEB経由で申しこんだ方が対象です。
※Web申込でも契約額200万円を超えた場合30日間無利息となります。
※WEB以外で申しこまれた場合は、初回契約翌日から30日間は無利息となります。


A借入額5万円まで180日間無利息期間適用。

※ご契約額が1〜200万円の方が対象。

※いずれの無利息サービスも初回契約翌日から無利息期間適用。
※無利息期間経過後は通常金利適用。
※30日間無利息・60日間無利息・180日間無利息は併用不可。
※初めての方限定

・Web以外(自動契約機や電話)で申し込んだ場合は30日間無利息を選択できます。
・Web申込でも契約額200万円を超えた場合は30日間無利息のみ利用が可能

さらにレイクALSA(レイクアルサ)のおすすめポイントや、特徴を詳しく解説したページがありますので、参考にしてみてください。↓




アコム

即日融資でおすすめのアコムカードローン

次におすすめの会社は三菱UFJフィナンシャルグループのアコムです。

アコムのおすすめポイントはむじんくん自動契約機でカードローンを使って即日借入が可能な点
※街中にあるアコムの無人契約機

知名度・歴史の長さは抜群です。テレビを見る方なら、アコムのCMは一度は見たことのある方も多いかと思います。学生さんにもおすすめできる人気が高いカードローンです。学生の方でも審査に通っている方は社会人と同じ割合くらいの数字です。

※20歳以上の方・アルバイト・パートなど安定した収入がある学生や主婦の方に限る

アコムの貸付条件


サービスを利用できる方 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
融資額の範囲 1万円〜800万円
貸付利率(実質年率) 3.0%〜18.0%※貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。
遅延損害金(年率) 20.0%
返済方式 定率リボルビング方式
返済期間・回数 返済金額4.2%以上の場合

最終借入日から最長3年0ヵ月・1〜31回
返済金額3.0%以上の場合

最終借入日から最長4年11ヵ月・1〜51回
返済金額2.5%以上の場合

最終借入日から最長5年9ヵ月・1〜60回
返済金額2.0%以上の場合

最終借入日から最長8年7ヵ月・1〜89回
返済金額1.5%以上の場合

最終借入日から最長9年7ヵ月・1〜100回

必要書類 運転免許証等※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
担保・保証人 不要

アコムのおすすめポイントや特徴を解説したページがありますので、こちらも参考にしてみてください。↓




アイフルファーストプレミアム

おすすめのカードローン「アイフルファーストプレミアム」

即日融資・無利息サービス・審査の優先度については、1位のレイクALSA、2位のアコムでほぼメリットを網羅できるのですが、

  • 即日融資
  • 無利息サービス

そして、もうひとつ「金利面」でメリットのあるおすすめの会社がアイフルのファーストプレミアムです。

アイフルは通常のカードローンともう一つ、ファーストプレミアムというサービスがあります。

審査は限度額100万円以上の方が対象


ファーストプレミアムの最大の特徴は、

100万円以下の貸付限度額の方は対象外

ということです。

つまり、割と高額な年収のある方のみを対象としているということです。その代り、この審査が通れば金利がかなり低い設定になります。

通常、消費者金融のカードローンでは、限度額100万円〜の枠がもらえると、金利が年利率約18%から、約14%前後まで下がります。

しかし!ファーストプレミアムなら、金利を必ず年利率9.5%というかなりの低金利で設定してれます。

この金利は、ほとんどの銀行のカードローンでの限度額100万円〜よりも低い金利です。

もちろん、100万円〜の限度額だからといって、100万円を借りなければいけないわけではなく、1万円でも10万円でも借りる金額は、限度額までならいくらでも問題なく借りることが可能です。

※その場合でも、金利は年利率9.5%となります!

上限額は800万円まであり、金利ステージは以下の通りです。

ご融資限度額 金利利率(年率)
100万円以上〜200万円未満 年4.5%〜9.5%
200万円以上〜300万円未満 年4.5%〜8.5%
300万円以上〜400万円未満 年4.5%〜6.5%
400万円以上〜500万円未満 年4.5%〜5.5%
500万円超〜800万円 年3.0%〜4.5%


100万円の限度額の申し込みで審査が通るの?


個人の方が貸金業(消費者金融等)からお金を借りる場合、「総量規制」という法律に基づいて審査が行われます。

総量規制の法律では、年収の3分の1以上の貸付けはしてはならないという明記がされています。

つまり、仮に100万円の融資を受けられるための限度額を獲得するためには、最低でも300万円以上の年収が必要となります。

その他、今現在の借入をしている金額、過去の借入の状況などを個人信用情報で確認した上で、総合評価点により審査が通るかどうか?が決定されます。

ファーストプレミアムのデメリット


申し込みの際ですが、利用限度額が50万円を超える場合は源泉徴収票や給与明細書などの収入証明書類が別途必要となります。

例えば、先にご紹介したレイクALSA(レイクアルサ)やアコムでは、

  • 当社のご利用限度額の総額が50万円を超える場合
  • 当社のご利用限度額の総額と他社のお借入れ総額の合計が100万円を超える場合

という明記がされています。

つまり、利用限度額の総額が50万円を超えない場合は収入証明の提出は不要となり、手間が一つ省けます。※但し他社の借入れ総額の合計が100万円を超えない場合。

100万円という割と高額な借入の場合は、収入を証明するための書類で確実に収入がいくらなのか?を確認する必要があるということです。

アイフルファーストプレミアムの貸付条件


サービスを利用できる方 満23歳〜59歳の方で一定の年収があり当社を初めてご利用される方。定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方。なお、お取引期間中に満70歳になられた時点で新たなご融資を停止させていただきます。
融資限度額の範囲 100万円〜800万円
貸付利率(実質年率) 3.0%〜9.5%
遅延損害金(年率) 20.0%
返済方式 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
返済期間・回数 1回のお支払いにつき35日以内または毎月約定日払い。借入直後最長9年6ヵ月(1〜101回)
必要書類 本人確認書類、源泉徴収票等収入を証明する書類
担保・保証人 不要

通常のアイフルもおすすめ


カードローン比較でおすすめの「アイフル」

アイフルファーストプレミアムではハードルが高そう。。と感じる方は、アコムとほぼ同じ条件の「アイフル通常版」もあります。

アイフルってどんな会社?やおすすめポイントをまとめているページはこちらになります。↓


その他にも「プロミス」「SMBCモビット」といったおすすめのカードローン会社もありますので、時間のある方は、特徴やメリットをじっくりと比較してみてください。↓


↑topに戻る

無利息サービスがある人気のローン会社を比較して選ぶ


無利息サービスとは、

初めての契約の方限定で、契約日から30日間、もしくは会社によってはそれ以上の日数の間はキャッシングをしても、金利・利息が0円で借りられるというサービスのことです。

このサービスは主に消費者金融である貸金業の会社が行っているサービスです。

ですので初めてカードローンを持ちたいという方はこの無利息サービスはぜひ受けていただきたいおすすめのサービスです。

詳しくはこちらのページで解説をしていますので参考にしてみてください。↓


↑topに戻る

銀行カードローン同士でおすすめを比較して選ぶ

低金利が魅力のネット銀行・店舗系銀行(ginkou)カードローンを比較しておすすめの会社をご紹介します。

「銀行系カードローン」は「銀行の数だけある」と言っても過言でなく、どの銀行でもほぼ、個人向け無担保カードローンを扱っています。

但し、地方銀行などは「地域性の限定」がある銀行も多く、「本店・支店の営業区間に限定して受付」している場合があります。

ですので、このページでおすすめする銀行系カードローンは、「全国ユーザーを対象」とした大手の銀行系カードローンを中心にご紹介します。

 


三菱UFJ銀行バンクイックカードローン

おすすめの銀行系カードローン三菱UFJ銀行バンクイック

銀行カードローンの中では申し込みがしやすく使いやすさが抜群。提携コンビニATMなら手数料0円でキャッシングが利用できます。

利用条件


  • 年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人
  • 原則安定した収入がある人。学生でのアルバイトなどで収入があればOK
  • 無担保・無保証

借入利率


年1.8%〜年14.6%

貸付限度額


10万円以上500万円以内(10万円単位)

三菱UFJ銀行バンクイックカードローンの特徴↓


 


楽天銀行スーパーローン

カードローンの楽天銀行スーパーローンおすすめポイント

楽天カードマン♪でもお馴染みの楽天銀行のカードローンです。

ネット銀行では日本で一番口座数が多い700万口座の契約者がいる銀行です!!
※2020年12月現在。

ちなみに楽天銀行は、イーバンクという会社が前身です。


その他のおすすめできる銀行系カードローンはこちらのページで解説しています。↓



 


イオン銀行カードーローン

銀行系カードローンのおすすめイオン銀行カードーローン

○おすすめポイント
  • 金利年3.8%〜13.8% 契約極限額10万〜800万円
  • 年会費・入会金0円・コンビニATM手数料が0円
  • 毎月の返済・借入が1,000円〜と小額にも対応!



 


三井住友銀行カードーローン

銀行系カードローンのおすすめ三井住友銀行カードーローン

○おすすめポイント
  • 金利年4.0%〜14.5% 契約極限額10万〜800万円
  • 全国の三井住友銀行ATM・提携コンビニATM利用手数料が0円
  • 毎月の返済・借入は2,000円から



 


ソニー銀行カードーローン

銀行系カードローンのおすすめソニー銀行カードーローン

○おすすめポイント
  • 当行の金利年2.5%〜13.8% 契約極限額10万〜800万円
  • カードローンの借入は月4回まで提携コンビニATM利用手数料が0円
  • 毎月の返済・借入は2,000円から


 


6位 auじぶん銀行カードーローン

銀行系カードローンのおすすめauじぶん銀行カードーローン

○おすすめポイント
  • 当行の金利年2.2%〜17.5% 契約極限額10万〜800万円
  • 借り換えコース(auユーザー限定)なら金利年1.7%〜12.5%
  • カードローンの提携コンビニATM利用手数料が完全0円
  • auユーザーの方限定で最大年0.5%金利優遇あり
  • 毎回の返済額は1,000円〜と少額が可能


その他の銀行系おすすめカードローン

ここまで紹介した銀行系おすすめカードローンランキングは、「全国申し込み」を前提としていますが、地方系銀行でも人気の会社はあります。

「都道府県が営業店舗に限定される」という、縛りがありますが、地元都道府県ならではの地域に密着した他の会社にはないサービス・魅力もあります。

詳細はこちらをご覧ください↓


また、「地域密着性」を重視するなら、「信金」(信用金庫)もおすすめです。

「銀行系カードローン」は低金利で返済負担も小さくなりおすすめ


銀行は消費者金融より低金利です。

返済負担を軽減できるため、銀行カードローンはおすすめと言えます。

↑topに戻る

審査通過の優先度でおすすめのローンはあるの?

※この項目のお話しは「個人的な体験談」や「元銀行員の方からの経験取材」をもとに解説をしています。

カードローンの会社を選ぶ際に比較しておきたい重要な点として、

「審査」

があります。

カードローンの利用には必ず事前審査があります。※「審査なし」という正規のカードローン会社はありません。カードローンの審査とは、主にお金を借りたいユーザーの個人信用情報を調査して、

  • その方の年収
  • 現在の借入状況
  • 過去の借入での返済状況
  • 自己破産等の履歴情報

などの情報を参考にして、今このユーザーに幾らまでお金を借りてもらうことができるのか?を審査してくれます。

貸金業には総量規制という法律もあり、年収の3分の1以上の貸付けはできないという国の法律の決まりもあります。

これによって、ユーザーがお金を借り過ぎて返済に四苦八苦し、生活に支障が出ないように配慮しています。

審査でおすすめなら消費者金融系カードローン


消費者金融系カードローンの場合、審査通過率を見ていると銀行系カードローンより高い数字となっています。

特に個人事業主・自営業といった方は、年収が安定していない場合が多く、そういった場合、銀行系カードローン会社は追加資料を求めて、年収の根拠を詳しく調べます。

銀行は独自の目線で信用調査しているため「審査通過率が低め」ということになっているようです。

また消費者金融系カードローン会社の方が「審査が圧倒的に早い」という利点もあります。※但し「審査が甘い」というわけではありません。

審査に影響すること


「過去にカードローンや借金で返済が滞り、債務整理や任意整理などを弁護士に依頼して行ったことがある」という方は、その後のカードローンの審査には大きなデメリットとなり、審査が通過しない可能性がかなり大きくなります。

ちなみにクレジットカードの使用状況についても合わせてチェックされます。

「リボ払い」などで「返済の遅延・延滞」があると、カードローンの審査に悪影響がありますので注意が必要です。

カードローンの審査の比較はぜひチェックしておいてください。

さらに詳しい審査の内容については、こちらのページで解説していますでの参考にしてみてください。↓


↑topに戻る

低金利・低利息のカードローンで比較

金利・利息とは、お金を借りた際に支払う手数料に当たるものです。

銀行でも貸金業でも、お金を貸している住宅ローンや自動車ローンなどどんなローンにおいても、金融機関がお金を貸した場合は、この金利の数字に基づいて、利息の金額(つまり手数料)が決まり、お金を借りているユーザーは借りた元金と利息のお金を支払って返済していきます。

低金利のカードローンは?


貸金業(消費者金融)より銀行の方が金利は低いのが一般的ですのでおすすめといえます。

但し、ネット銀行のオリックス銀行などでは、最高金利が18%と貸金業とほぼ同じところもありますので、必ず公式ページでのチェックが必要です。

金利の数字や長期無利息サービスなど、それぞれ独自の会社サービスも見落とさず十分に比較・検討することで、便利と感じる度合いも変わってきます。

各カードローン会社の金利の詳細についてはこちらのページで詳しく解説しています。↓



大手消費者金融は過払い金はなし


ちなみに、大手消費者金融は、銀行カードローンより金利が高く設定されていますが、「過払い金」は発生していませんので安心してください。

また、中小規模のカードローン会社は金利がさらに高めの会社もありますが、過払い金は法律上発生していない場合がほとんどです。

↑topに戻る

銀行系ローンカードの金利のお得感!で見た推奨おすすめランキングをまとめてみた!


さて、ここまではカードローン各社の特徴やメリットをご紹介してきましたが、ここで最終のまとめとして、当サイトに多い質問から、その答えとして個別条件に基づいた推奨ランキングをご紹介したいと思います。

消費者金融(貸金業)・銀行すべてを対象にして調べています!

※しかし現実には「低金利でおすすめ比較」をすると、ベスト4には消費者金融は登場せず、銀行一択となります。

金利が低いカードローンを探しておられる方は割と多くの方がいます。利息が安くなる訳ですから、どんなカードローン会社でも審査通過に自信があるという方はここに注目しておくのはGOODです!

 


ではおすすめベスト4の紹介です。

※金利比較は10万円以下の契約限度額(上限金利)の数字を比較しています。
※このランキングはあくまでも当サイト編集部の取材・調査に基づくものです。

  • 1位 みずほ銀行 金利年率〜14.0%
  • 2位 楽天銀行スーパーローン 金利年率〜14.5%
  • 3位 三菱UFJ銀行バンクイック 金利年率〜14.6%
  • 4位 横浜銀行 金利年率〜14.6%

金利面で比較するとみずほ銀行の金利年率14.0%が最も低い金利です。


しかし、銀行同士で大きな上限金利の差はないと言えますので、金利以外のサービスについても、検討材料として考えておきたいところです。

↑topに戻る

ATM手数料・使い勝手で見た推奨おすすめランキングもまとめてみた!


ここは消費者金融(貸金業)・銀行を分けて調べてみました。

銀行カードローン


  • 1位 楽天銀行スーパーローン→提携ATMが多く手数料も多くが借入時無料。返済はすべて無料。
  • 2位 三菱UFJ銀行バンクイック→自行ATM台、提携ATMも全国コンビニATM利用可能。すべて無料。
  • 3位 横浜銀行→自行台数は少ないものの、全国展開のコンビニ提携ATMがすべて無料。


消費者金融(貸金業)カードローン


  • 1位 レイクALSA→提携ATMがすべて無料。スマホを使ったカードレスでの現金借入・返済も可能。
  • 2位 SMBCモビット→三井住友銀行のATMが利用可能で手数料0円。
  • 3位 アコム→即日振込の時間が最短1分と早く、無利息サービスもある。


※提携ATM手数料など、ATMに関しての詳細はこちらのページを参考にしてみてください。↓



↑topに戻る

「在籍確認電話連絡なし」で借りれる会社で選ぶ


在籍確認の電話とは何か?というと、カードローンの審査において、必ずある確認項目として、

  • 本人確認の電話
  • 勤め先に間違いなく在籍をしているかの電話

があります。2番目の項目が「在籍確認の電話」です。つまり「職場に電話がかかってくる」わけですね。

この職場への確認の電話が何らかの理由で「してほしくない、回避したい、」と考える人も割と多いようです。そういう場合、

SMBCモビット

の申し込みなら、一定の条件を満たせば、在籍確認の電話はなしで審査が可能となります。

こちらのページで詳しく解説していいますので、参考にしてみて下さい。↓


このように、一見どのカードローン会社も申し込み条件や審査内容は同じのようであっても、実際には各社いろいろなカードローンのキャッシングの申し込み方法がありますので、できるだけ比較してみましょう。

↑topに戻る


カード不要の「カードレス」の会社もあります!


プロミスなら、スマホにアプリをダウンロードすれば、セブン銀行ATMでカードレスの利用が可能です!

詳しくはこちらをご覧ください。↓



↑topに戻る

必須!カードローンの申し込みにあたっての注意が3つあります!

まず最初にこれからカードローンのおすすめ・比較情報を解説していきますが、申し込みをお考えの方に伝えておきたい重要な注意点を3つ書いておきます。

カードローンの申し込みをしても審査に通らない人は?


カードローンの申し込みには審査があります。この審査に通らなければ、カードローンを所持することはできません。

審査を通過できるかどうかは申し込んでみないとわからないわけですが、あきらかにこういう条件の人は審査に通らないよ!という条件が3つあります!ここをまず読んでおいてもらいたいと思います。

(「お金を借りたいのに審査に通らない」のであれば、いくらこのページをくまなく読んでも、意味のないことになりかねません。。)

 


1、

すでに、他社からのカードローンの借入が3社以上ある方は、審査に通過する確率はとても低いです!

ですので新規借入の申し込みはおすすめできません。申し込みを一旦止めてください!まず今のローンを返済することを考えてください。

ポイントとしてこの「3社以上から借りている」という内容には、実際にお金は借りていないくても、「カードローン会社と3以上の契約がある」場合も、対象になります。

3社以上から「貸付限度額の枠」をすでにキープしているので、いつでもお金を借りられる状態になっています。

ですので、場合によっては多重債務になってしまう可能性があり危険と判断されます。

※借入も多くあるという方は、新規申し込みではなく借り換え・おまとめローンの申し込みの方をおすすめします。ローンの一本化を考える方法は検討できます。


 


2、

すでに、他社でのカードローンの借入があり、その総額が、年収の3分の1以上あるという方は、審査に通過することは極めて低くなりますので、カードローンの申し込みはおすすめできません。

この後ご紹介するアコムやレイクALSA(レイクアルサ)の貸金業のカードローン会社では、総量規制という法律によって、年収の3分の1以上の貸し付けは禁止されています。


また各銀行でも自主規制として、年収の3分の1以上の個人向け無担保カードローンの貸付は行わないとされているのが一般的です。

 


3、

すでに、他社からカードローンの利用がある人、VISAやJCBなどのクレジットカードの利用がる人で、返済の遅延・支払い遅れ・口座引き落とし入金忘れを数回繰り返しているという方も審査通過は厳しいです。

審査ではカードローンやクレジットカードでの使用状況を国が法律で定めている「個人信用情報機関」へ情報を提供することが決まりとなっています。借入金額の総額や支払いの延滞などがないか?などいくつかの項目をストックされています。

これらは「金融機関のお金の貸し過ぎの防止」などのリスクを回避する役割があります。

 


少なくともこの3つの条件に当てはまるという方はカードローンの申し込みはおすすめできないので、事前にお伝えしておきます。また、当サイトカードローンおすすめ比較サイトから申し込みをする前に、

「カードローンと上手につきあう6つのポイント」」

もぜひ見ておいてください。↓


特に返済方法はしっかりと熟知して、返済に支障がでないようにしてください。

その他、「一般的な申し込み条件」として、知恵袋などで質問の多いものから抜粋して書いておきます。

無職ですが申し込みはできますか?

20歳以上で安定した収入が継続してある方なら学生さんでも申し込みは可能なカードローン会社はあります。※しかし、一部のカードローン会社では申し込みが出来ない場合があります。

  


派遣社員でも申し込めますか?

申し込めます。20歳以上で安定した収入が継続してある方ならOKです。※ごく一部のカードローン会社では申し込みが出来ない場合があります。

  


女性・レディースでも申し込めますか?

もちろん男性・女性関係なく申し込みが可能です。

  


専業主婦でも大丈夫?

ほとんどのカードローンでは、「収入のない主婦の方」は申し込みができない場合が多いです。※ちなみに、専業主婦の方でも、「配偶者貸付」が利用できる金融機関もあります。配偶者に安定した収入があれば少額ですが借入することができます。カードローンでは少ないですが、銀行やろうきんのフリーローンなどで探してみるといいでしょう。

  


※安定した収入のある方、およびその配偶者である専業主婦の方で申し込みが可能なカードローンのおすすめはこちら。→・横浜銀行カードローン

↑topに戻る

銀行系ローンカードの金利のお得感!で見た推奨おすすめランキングをまとめてみた!


さて、ここまではカードローン各社の特徴やメリットをご紹介してきましたが、ここで最終のまとめとして、当サイトに多い質問から、その答えとして個別条件に基づいた推奨ランキングをご紹介したいと思います。

消費者金融(貸金業)・銀行すべてを対象にして調べています!

※しかし現実には「低金利でおすすめ比較」をすると、ベスト4には消費者金融は登場せず、銀行一択となります。

金利が低いカードローンを探しておられる方は割と多くの方がいます。利息が安くなる訳ですから、どんなカードローン会社でも審査通過に自信があるという方はここに注目しておくのはGOODです!

 


ではおすすめベスト4の紹介です。

※金利比較は10万円以下の契約限度額(上限金利)の数字を比較しています。
※このランキングはあくまでも当サイト編集部の取材・調査に基づくものです。

  • 1位 みずほ銀行 金利年率〜14.0%
  • 2位 楽天銀行スーパーローン 金利年率〜14.5%
  • 3位 三菱UFJ銀行バンクイック 金利年率〜14.6%
  • 4位 横浜銀行 金利年率〜14.6%

金利面で比較するとみずほ銀行の金利年率14.0%が最も低い金利です。


しかし、銀行同士で大きな上限金利の差はないと言えますので、金利以外のサービスについても、検討材料として考えておきたいところです。

↑topに戻る

ATM手数料・使い勝手で見た推奨おすすめランキングもまとめてみた!


ここは消費者金融(貸金業)・銀行を分けて調べてみました。

銀行カードローン


  • 1位 楽天銀行スーパーローン→提携ATMが多く手数料も多くが借入時無料。返済はすべて無料。
  • 2位 三菱UFJ銀行バンクイック→自行ATM台、提携ATMも全国コンビニATM利用可能。すべて無料。
  • 3位 横浜銀行→自行台数は少ないものの、全国展開のコンビニ提携ATMがすべて無料。


消費者金融(貸金業)カードローン


  • 1位 レイクALSA→提携ATMがすべて無料。スマホを使ったカードレスでの現金借入・返済も可能。
  • 2位 SMBCモビット→三井住友銀行のATMが利用可能で手数料0円。
  • 3位 アコム→即日振込の時間が最短1分と早く、無利息サービスもある。


※提携ATM手数料など、ATMに関しての詳細はこちらのページを参考にしてみてください。↓



↑topに戻る

「在籍確認電話連絡なし」で借りれる会社で選ぶ


在籍確認の電話とは何か?というと、カードローンの審査において、必ずある確認項目として、

  • 本人確認の電話
  • 勤め先に間違いなく在籍をしているかの電話

があります。2番目の項目が「在籍確認の電話」です。つまり「職場に電話がかかってくる」わけですね。

この職場への確認の電話が何らかの理由で「してほしくない、回避したい、」と考える人も割と多いようです。そういう場合、

SMBCモビット

の申し込みなら、一定の条件を満たせば、在籍確認の電話はなしで審査が可能となります。

こちらのページで詳しく解説していいますので、参考にしてみて下さい。↓


このように、一見どのカードローン会社も申し込み条件や審査内容は同じのようであっても、実際には各社いろいろなカードローンのキャッシングの申し込み方法がありますので、できるだけ比較してみましょう。

↑topに戻る


カード不要の「カードレス」の会社もあります!


プロミスなら、スマホにアプリをダウンロードすれば、セブン銀行ATMでカードレスの利用が可能です!

詳しくはこちらをご覧ください。↓



↑topに戻る

よくある質問と回答FAQ


即日融資ができるおすすめのカードローンは?

アコムアイフルレイクALSA(レイクアルサ)プロミスSMBCモビットなどのノンバンクと呼ばれる消費者金融カードローンです。銀行カードローンでは即日融資がほとんどありません。※詳しくはこちら

  


無利息期間があるおすすめのカードローンは?

初めての契約なら30日間〜180日間などの無利息期間サービスがあります。アコム・アイフル・レイクALSA(レイクアルサ)・プロミスなどの大手のカードローン会社があります。銀行カードローンでは一部の会社しか無利息期間がありません。※詳しくはこちら

  


できるだけ金利の低いカードローンは?

銀行系カードローンがおすすめです。大手では三菱UFJ銀行バンクイック・みずほ銀行・楽天銀行などがあります。※詳しくはこちらのページ→低金利・低利息でおすすめのカードローンで比較をご覧ください。

  


カードレスでATM利用ができるおすすめのカードローンを教えて!

プロミスならスマホアプリを使ってセブン銀行ATMをカードレスで利用できます。※詳しくはこちら→カードなしでATMが使える!アプリの借り方・引き出し方プロミス編

  


記事執筆


カードローンおすすめ比較ドットコム編集部

実際にカードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行勤務経験者が集まって記事執筆・監修を行っています。
●twitteアカウント カードローンおすすめ比較.com編集部


実際にカードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行勤務経験者が集まって記事執筆・監修を行っています。
●twitteアカウント カードローンおすすめ比較.com編集部


↑topに戻る

  このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る